声優・川上とも子逝去を悼む海外の声

a9f9e233.jpg


先日、声優・川上とも子(wikipedia)が逝去されました。
『少女革命ウテナ』のウテナ、数々のKEYシリーズ、『ブリーチ』のソイフォン等を演じ人気だっただけに海外でもその死を悼む声が数多く寄せられていました。

引用元:VA Kawakami Tomoko Passes Away
続きを読む

スポンサードリンク

「いろは、Tiger & Bunny、シュタゲ、C、あの花」2011年春アニメを見た海外の反応その10

8da4ea13.jpg


2011年春アニメ、海外の反応その10です。
『花咲くいろは』は緒花の風邪引き回。
『Tiger & Bunny』は物語が大きく動き出し始めました。
『シュタインズゲート』は鈴羽回、『C』は日本を救おうとする三國の行動によって日本が窮地に。
『あの花』はめんまの存在を信じたメンバーが願いを叶えるために動き始めます。

※シュタインズゲートはエピソードの内容からの推測も翻訳しており、ネタバレになっている可能性もあるのでご注意ください
続きを読む

オーストラリア人「今からブリスベンにオープンしたモスバーガー行ってくるわ」

e181c45a.jpg


欧米への出店計画を発表したモスバーガーですが、その第一弾はオーストラリア・ブリスベンでした。
オープン時は大変な盛況で行列も出来ていたようですが、とあるオーストラリアの日本車愛好家の集うサイトで”プレオープンのモスバーガーに行って来る”というスレッドが立っていました。

引用元:Mos Burger tonight
続きを読む

「5人全員欲しい!」figma 魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか、海外の反応

5517e41a.jpg


グッドスマイルカンパニーの『figma魔法少女まどか☆マギカ 鹿目まどか』が現在好評予約受付中です。
海外でも大人気だったアニメだけに、このフィギュアも大いに注目されているようです。

公式サイト:figma+鹿目まどか
引用元:myfigurecollection.net


※発表時からの時系列でお送りします
続きを読む

「シュタインズゲート、C、あの花」2011年春アニメを見た海外の反応その9の2

751d516f.jpg


2011年春アニメ、海外の反応その9の2です。

『シュタインズゲート』は過去改変による影響がオカリンの上に圧し掛かってきます。
『C』は金融街の影響が人間世界に波及しはじめ、『あの花』はめんまの死に囚われ続けている登場人物たちの関係に更なる軋みが生まれてきました。
続きを読む

「応援するってばよ!!」海外のファンによる実写版『NARUTO』予告動画の反響

96f53550.jpg



海外でも大人気の『NARUTO』ですが、ファンによる実写映画予告動画が作られていました。
作る、と告知されてから約9ヶ月、本格的なアクションに海外のファンも大興奮です。

Naruto Shippuden: Dreamers Fight - Fan Film Trailer


↓この動画への反応
続きを読む

「才能の集まる場所」コミティア96に参加した海外の人のレポート

0f2e901d.jpg


先月5月5日、東京ビックサイトで『COMITIA96』が開催されました。
震災後の開催ではありましたが過去最大の約3600サークルが参加し大変な賑わいとなりました。
海外からの参加者によるレポートを紹介します。


公式サイト:comitia.co.jp
引用元:comitia-96-report
(※元記事にアクセスできなかったのでキャッシュです)
続きを読む

「シュタインズゲート、C、あの花」2011年春アニメを見た海外の反応その8の2

1177c433.jpg


2011年春アニメ海外の反応その8の2です。

『シュタインズゲート』は今後の展開への導入回でした。
『C』は三國と真朱二人の内面に迫った回でした。
『あの花』はめんまの願いを叶えるため超平和バスターズが動き始めます。
続きを読む

「いつもポケットに入れておきたい」ぺんてる『Graph Gear1000』アメリカAmazonのレビュー

f0d5bf28.jpg


以前三菱のシャープペン『クルトガ』のレビューを紹介しましたが、今回はぺんてるwikipedia)の製図用シャープペン『Graph Gear1000』のレビューを紹介します。
1968年に発売されたこのシャープペンは海外での評価も高く、今尚大きな人気を持っています。

引用元:Pentel-Automatic-Drafting-Brushed-PG1015A
続きを読む

「電波女と青春男、シュタインズゲート、C、あの花」2011年春アニメを見た海外の反応その7の2

160f2479.jpg


2011年春アニメ、海外の反応その7の2です。
『電波女と青春男』は流子回、『シュタインズゲート』は物語がいよいよ核心に迫っていきます。
『C』は公麻呂に選択の時が近づき、『あの花』はジンタンが男を見せました。
続きを読む
海外の反応アンテナ
AD
お知らせ
Twitterやってます
記事更新のチェックにご利用ください


Feedlyボタンを設置しました。登録にどうぞ。
follow us in feedly



コメント欄にIDを表示するようにしました


記事検索
月別アーカイブ
アクセスランキング
メール
メールは下記のリンク先のメールフォームから送ってください。
メールフォーム
AD