sd9


未登録の宇宙人がいると聞きつけてダンディ達がやってきたのは植物が進化した惑星。
うっかり捕まってしまったダンディは妙な事に巻き込まれて…
第9話『植物だって生きてるじゃんよ』を見た海外の反応です。


引用元:MyAnimeList.net


スポンサードリンク


●男性
よく分からなかったな。
今回はシーンとサントラを見せたかったのかも。
最後の植物の感情なんかもかな。
凄く奇妙なエピソードだった。
ちょっと笑えた部分もあったけどね。

●アメリカ:女性
私、アニメの植物に悲しい気持ちを抱いてるかも?

●男性
このエピソードはなんか満足した。

●女性
なんだろう…変な感じだったね。
音楽はちょっと『パプリカ』を思い出したかな。
それと、太ったミャウが面白かった。

●ジョージア州、アメリカ:男性:22歳
結果として、ダンディはあの惑星の知的生命体を全滅させたって事か。
良い事とは思えないんだが。

●カナダ:男性:20歳
完璧に奇妙なエピソードだったな。
所々”これは何処に向かっているんだ”と感じる部分があったけど、プロットを追うのをやめてアートワークを見るようにしたよ。
それに今回は音楽が場面に凄く合ってたと思う。
ラストも楽しかったしね。

●オハイオ州、アメリカ:男性:17歳
今回のダンディは凄く変だったな。
面白かったけど。

●男性:20歳
かなり良いエピソードだったと思うぞ。
ユーモラスと言うにはちょっと色鮮やかで、ダンディが結果的にあの星の知的生命体を破滅させてしまったのはメランコリーだったけど。
(QTが何の情報も与えられずにフォアグラ状態になってたのは面白かったけど)

●不明
全く持って変で奇妙なエピソードだった。
つまり、ごく普通のスペースダンディエピソードってわけだ。

●不明
これは湯浅政明がゲスト監督してるだろ。
メチャクチャ『カイバ』っぽかったぞ。
あまり色んな事が起こらず、ビジュアルと音楽を堪能できたのが実に良かった。

●シンシナティ、オハイオ州、アメリカ:男性:21歳
シュールレアリスム、夢幻的で、ダリ的なビジュアルが最高に良かった!
あの植物文明には特に問題があるようにも感じなかったし、科学者植物が惑星全体を普通の植物に戻す権利があるように思えなかったけどね。

●オレム、ユタ州、アメリカ:男性:23歳
トリッピーなエピソードで、凄く『カイバ』に似てたな。
誰が監督なのか知りたいぞ。

●男性:24歳
↑うむ、実にイマジネーティブなエピソードだった。
↑これによると、彼女は『カイバ』、『ケモノヅメ』、『キックハート』、『四畳半神話大系』に参加していて、春に湯浅政明が監督する『PING-PONG』のキーアニメーションもするらしい。

作画wiki:EunYoung Choi

●ロングアイランド、ニューヨーク州、アメリカ:男性:29歳
↑それで説明がいった。
湯浅政明自身か、彼とかかわりのある誰かのような気がしてたんだ。
憂鬱で奇妙なあたりが『カイバ』そのままだったもんな。
今回はスペースダンディの中でも特に奇妙なエピソードだったし、いい塩梅でペースが変わったと思うよ。

●アイオワ州、アメリカ:男性:25歳
今回はとにかく素晴らしかったな。
ビジュアルの饗宴で、奇妙な中にもSF的な教訓譚があったよ。
毎週見る度にこのアニメに対する理解が深まってきてる感じがする。

●不明
今回は今敏のトリビュートエピソードかな?
ナイス。

●カリフォルニア州、アメリカ:男性:22歳
今回はSFの有機的な部分を見れた感じだな。

●男性:20歳
個人的には最高と言えないけど、次回は凄く良さそうだ!
あまりない事だけど、今回はあの惑星の植物たちにちょっと感傷的になっちゃったな。

●フロリダ州、アメリカ:男性
丁度今見終わったところなんだけど、サイケデリックなビジュアルと奇妙な音楽に頭がぶっ飛んだ感じだ。
それでも楽しく見れたし、ラストがああなるとは思わなかったな。
彼女が「サヨナラ、ニンゲン」的な事を言った所は悲しくなったよ。
宇宙人達の不気味なデザインは夢に出てきそうだけどね。
ミャウを捕まえた宇宙人は最初羊みたいだと思ったけど、実はミャウを食べようとしてたってのが面白かったな。
食虫植物って事か。

●不明
最後に惑星が火星みたいになった時はちょっと驚いた。
凄く良いエピソードだったけど、こういうアイディアは2話欲しかったかな。
もっと話が膨らませたと思う。

●男性
今回は奇妙だったけど、同時に物悲しくもあったかな。
こういうの好きだ。
今回使われた音楽と作画デザイン、アニメーションはとにかく凄かったよ。
植物達、特に娘が寂しくなるけどね。

●スロバキア:男性:18歳
このシュールレアリスムな感じが好きだな。
ゲームの『LocoRoco』を思い出すよ。
良いエピソードだった。

●男性
こういうのがあるからこのアニメが好きなんだよ。
どの話も全く似ていなくて、予想すらつかないところが良いんだ。
今回はビジュアルが良かったね。
良い内容だった!

●男性:22歳
ワオ、全然予想もつかない内容だったから結構驚いたよ。
ラストは悲しい終わり方だったけど、凄く楽しかったな。

●男性:22歳
なんというワンダフルなエピソード。
今回は色が高揚感あって素敵だったな。
ともあれ、安らかに眠れ、植物の少女。

●男性
退屈だった。

●男性
今まで見てきた中でも相当に奇妙なエピソードだな。
アニメーションが凄く『カイバ』に似てた。
音楽も良かったね。

●タコマ、ワシントン州、アメリカ:男性:32歳
今回の話は60年代に出てた、出来の悪いイギリスSF小説って感じだな。

●女性
スペースダンディで2番目に好きなエピソードかな。
美しいアニメーション(みんなと同じように『カイバ』を思い出した)と素晴らしい音楽。
それに、素敵でビタースィートなストーリー。

●ピュアラップ、ワシントン州、アメリカ:男性:18歳
スペースダンディで一番のエピソードかも。
雰囲気と世界観が本当に良かった。





なんというサイケ。
やはり湯浅政明監督の事を思い出した人は多いようで。
何らかの形でこのアニメに関わっているようなので、実は回の監督をしてましたと言われても驚きは無いような。
次回はミャウのエピソードになるのでしょうか。
一転して昭和な雰囲気です。


管理人よりお知らせ:
家の事情により実家のある北海道に戻る事になりまして、それに伴いアニメのエピソード毎の海外の反応は今期で一旦停止となります。
今期は最後までやります。
(すらるど自体は引き続き更新していきます) 
なにぶん急に決まったことなので、北海道でアニメを見る環境が全く整っていないもので。
今まで楽しみにしてくれ、応援してくれた皆様には申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
アニメについての海外の反応は今後も何らかの形でお送りしていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。
(このお知らせは今週分のアニメの反応の記事全てに載せます)

 

TVアニメーション「スペース☆ダンディ」O.S.T.1 ベストヒット BBP
TVアニメーション「スペース☆ダンディ」O.S.T.1 ベストヒット BBP