japan_license


運転免許証を持っているほとんどの人が数年おきに必ず行わなければいけないイベント、それが免許の更新です。
写真を撮ったり講習を受けたりとなかなかに面倒な手続きなのですが、とある海外のライターが日本での運転免許更新手続きをレポートしていました。




スポンサードリンク



木曜の朝、私は学校を半日休んでようやく資格を得たゴールド運転免許証をゲットしに運転免許センターへと出かけた。
このプロセスは効率化のモデルで、ゴールド免許証取得者である私の手続きは更に迅速に行われることになったよ。
建物に入って手続きをして、出てくるのに大体55分くらいだったかな。

日本に住んでいる人にとって、私のゴールド免許の手続きが簡単であることが気になると思う。
何故なのか?
それはほとんどが”ペーパードライバー”だから。
kotakuのライターBrian Ashcraftが言っているように、彼の義理の母親のように日本の年配女性には車を運転した事がない人も多く、そういう人は簡単にゴールド免許証ホルダーになれるわけだ。
しかし私は違う。
私は日本に来て7年間ずっと車を運転してきた。
月曜から金曜まで、平均して毎日60kmは運転してるし、週末だってよく出かける。
車に嵌っている人ならゴールド免許をゲットするのは難しいと思う。
いや、本当に難しい。
教育委員会のスーパーバイザーにゴールド免許を取りに学校を半日休む旨を伝えたら”ワオ!おめでとう!(ゴールド免許)クラブにようこそ!”という素敵なメールを貰ったよ。
車通勤仲間として、彼は一歩間違っただけでゴールド免許がふいになる事を良く知ってるんだね。

手続きの話に戻ろう。
私は日本のことをよく知らない人には日本の運転免許センターのことを”日本のDMV(アメリカの陸運局)”だと説明してる。
とはいえ、日本の運転免許センターはDMVとは違う。
自動車登録センター(運輸局)は別の街の別のビルにある。
運転免許センターは本当に運転免許証の発行と試験しか行わない。
車両登録や納税なんかはしないんだ。

運転免許センターはそのほとんどが警察によって運営されていて、民間ではない。
だから、内部にいる人間は普通の格好をしているけどみんな警察バッジをつけているし、制服を着た人もたくさん見かける。
ほとんどが年配の人で、退職した人や警邏には年をとりすぎている人の行くところだと聞いたこともある。
それ以外にベストを着てスカートをはいた若かったり中年の女性職員もいる。
その数人は警察官で、何でそれがわかるかというと名札にそう追記されているしバッジもつけているからだ。
(薄い銀色のものが多い)

私は8:17に着いたけど、公式に手続きが始まるのは8:30からとなっている。
年配の(しかし警察バッジはつけている)人が来てきちんとスペースをとって4列に並ぶように私達に指示をした。
なんだか学校に戻ったような気分。
あるいは、まだ学校にいるような。
私は中学1年、2年、3年生の生徒の列をチェックする教師の1人でもあるわけだから。
並ぶ側に戻るのは妙な気分ではあるけど、これが日本の典型的な集団のコントロール方であり、日本人は子供の頃からこれを見につけているわけだね。
そして今は私も。
私はもう長い間日本人だから。
列に並んですぐに、これも学校と同じように書類等を渡すためのグループリーダーが選ばれた。
(写真はコバトンといって、この地域のマスコット。
彼らは警察の一員で、新しい免許証にはICチップが埋め込まれていて銀行のカードや電子切符の側においておくと破損してしまうと教えてくれている)
japan_license2

ここまでで大体8:22位だろうか?

8:30ちょうど、同じような身なりの4人の職員(それぞれの列の前についている)に持っている免許証と今の自分の情報が違うものはいないかと聞かれるところから幕を開けた。
私は自分の前にいる職員に何も変わってないと告げたよ。
彼女は私の免許証をスロットの中に入れると(凄いことに)その中のICチップを読み取ってその免許証が吐き出されて、それからすぐに免許証の写真やもろもろの項目欄に記入済みの書類もプリントアウトされてきた。
それからすぐに椅子に腰掛けて色んな項目を埋めて、そこからすぐに印紙を買った。

japan_license4


(写真の上の部分にある、紙に貼ってるもの)
それを貼ったらまた別のグループに並んで、もう一度全て正しく記入されてるかと聞かれたよ。
私はハイと答えた。

ドアを開けたら制服を着た職員がいて、私の視力を検査した。
(そこでは携帯電話をあずけた。写真撮影は禁止だと礼儀正しく、だけどしっかりと警告されたよ)
彼はサインを記入してまた別の列に並ぶように指示した。
2分も経たないうちに私は書いた書類と在留カード(私の日本版”グリーンカード”や外国人登録証)とシステム内にある以前の情報をチェックする女性職員の前に立っていたね。
そしたら彼女の顔が困惑した表情になって頭を傾げてきた。
何かエラーを発見したらしい。
(少なくとも彼女はそう考えたみたい)

彼女は私からは見えないスクリーン上のどこかを指でなぞってた。
その後で私を見て、私の書類にある女(Female)という項目を見て、私の在留カードに記入されている女性マークを見た。
彼女のため息、すくめた肩、申し訳なさそうな顔がはっきりと”このシステムしょぼすぎ、こんなエラーあり?”と物語ってたね。
それから彼女はシステムの項目を男から女に修正して、時間が掛かったことを謝ってきたよ。
(1分くらいのことなんだけど)
彼女が直接3階まで案内してくれたけど、私はさっきのおかしな体験の笑いをかみ殺すのに必死だったね。
その階にはまた別の警察官がいた。
そこで彼はまた私の書類をチェックして、顔写真を撮る女性職員のところに案内してくれた。
彼女は4階に行くように案内して、そこで警察官じゃない別の女性職員2人が(バッジをしてなかった)また書類をチェックして、長い廊下を行った先の警察の青いブレザーに警察のエンブレムのボタンをつけて赤いネクタイをした私服の年配警察官のいるところに行くように指示された。
(名札にはミニチュアバージョンのバッジもついてた。制服警官だけど凄くフレンドリーだったよ)
案内された部屋にいる人間は6人くらいで、ここでちょっとの休憩があった。
朝にいた大勢の人間の中でゴールド免許の短時間講習を受けるのはたったの6人だけだったというわけ。
安全運転の特権だね。

青いブレザーに赤いネクタイを締めた年配の警官が私達に飲酒運転について、捕まったらどの位罰金を払うか、飲酒レベルによっては刑務所に入ることもあるなどのレクチャーをした。
日本ではお酒を飲んだら車に乗ちゃ駄目だよ。
一滴でも駄目。
それから警察が定めた、ゴールドドライバーであっても問題となる運転に関するビデオも見た。
(ロータリー、縦列駐車、障害者や高齢者のタグに関して等)
それから階下に案内されて、そこで制服を着た警官に迎えられて番号を呼ばれ、ゴールド免許証を貰って、日本の交通規則を護っていることにお礼を言われたよ。

これが貰ったゴールド免許証(もちろんもろもろの個人情報は消してあるけど)
japan_license
japan_license4



●In a Mini; let them mock me as My Mini Countryman is higher than yo
バイクの免許も獲らないと!

●Kat Callahan(記者)
↑獲ろうとしてはいるんだけど、時間がないんだよね。
それに運転の記録がリセットされてゴールド免許じゃなくなるのかどうか確認しないと。
そうはならないと思うけど、確かMTの免許は必要なはず。

●Doctor-G-and-the-wagen
日本にはどんなものにでもマスコットを付けなきゃいけないという法律でもあるのか。

●Kat Callahan(記者)
ぐんまちゃん>コバトン
ぐんまちゃんは私の助手席にもいるよ。
 
gunmachan

●TerraTech
これなんて車?
それと、このシートはロングライドには向かないんじゃ?
少なくとも真ん中にアームレストが欲しいな。

●Kat Callahan(記者)
↑ホンダ・ロゴGA3。
このシートはストックシートよりも快適だよ。

●Zack Danger
記事を読んだけど(自分はアメリカ人だ)、ゴールド免許を取るのがどれだけ大変かはよく分からなかったな。
掴み取ったところからすると、運転履歴がクリーンって事なのかな?
ゴールド免許になると何か特別な権限があるのか?
アメリカだと警官はデーターベースから運転履歴を引っ張る事が出来るから、免許証そのものに何かを載せる必要はないけど。

●Kat Callahan(記者)
私の場合は6年間無事故無違反で取れた。
色んなものが割引になる特典があるよ。
免許証にSD(安全運転者)カードが付いてきて、これがあると色んな場所でディスカウントされるから。
確か保険が安くなるし、タイヤ交換やガソリン代も安くなるはず。
免許証にはチップが埋め込まれてるから、日本の警察も免許証に何かを書く必要なく情報を引き出すことが出来るよ。
特典は警官に対してというよりも(ゴールド免許とさよならするから捕まりたくはない。私は一度も違反したことないよ)むしろ他の日本人に見せたときかな。
免許証に四角で囲まれた太字の日本語があるでしょ?
これは”凄く安全”って事。

●Zack Danger
↑これは凄く興味深いな。
マサチューセッツの場合陸運局に登録されてる運転レコードが保険会社に行くから自分は自動的に”安全運転者”として保険が安くなってるよ。
それ以外だとどれだけ安全運転かはあまり特典にならないから見せる事はないかな。
でも、車のへこみや擦り傷でそのドライバーが下手かどうかは見分けることも出来るね。
特にバイクに乗っている場合はどの車から離れていたほうがいいか知るのは凄く助けになる。

●smalleyxb122
アメリカだと逆の場合が多いかな。
運転自慢をしてる人は色々交通違反で捕まってる事が多い。

●BenArsenal
これはもっといろんな国に広がるべきだね。
安全運転者はもっと有利であるべきだ。

●wbizarre
これは凄く面白いな!
それに凄くビデオゲーム的だ。
達成することでアンロックされたり、グランツーリズモでレベルアップするとタイヤを格安でゲットできる、みたいな。
警察はゴールド免許を持ってて捕まった場合に何か配慮してくれるのかな?
例えば、ちょっとしたスピード違反で捕まっちゃった時にゴールド免許を見せたら警告だけで見逃してくれるとか?

●Kat Callahan(記者)
↑一度も捕まったことがないから分からないな。
何らかの裁量権はあると思うけど、テストしてみたいとは思わない!

●Smulders
効率化の見本?
色んなデスクに行って、いろんな人物とコンタクトを取って、意味のないレクチャーを受けて、グリーンカードの情報も間違っていて、個人情報を何度もチェックするのは凄く効率的とは見えないんだけど。
それにバイリンガルでもないし。
もし日本語を話せなかったらどうなるんだ?
しかも更新のために休みまで取ったんだろ?

オランダの場合はこうだ
・オンラインで政府のシステムにアポイントを取る
・その時間に市役所を訪れて、案内のデスクに行く
・古い運転免許証とIDカード/パスポートを見せる
・サインを入れる(自分のサインだけ!他の情報は既に埋められている)
・家に帰る。一週間後に市役所に戻る
・受け取り用のデスクに行く。アポイントは必要なし。新しい免許証を受け取る。古いのはシュレッダーにかけてもらってもいいし、穴の開いたのを返してもらってもいい

それぞれ市役所にいるのは5分くらいだ。
一週間はチップの書き換えとか免許証を作るための時間だね。
それはその場では出来ないから。

●Kat Callahan(記者)
↑朝、一緒に更新を受けに来た人達の裁き方が効率的って事。
動き始めたら途中で止まることがなかったからね。
レクチャーも不必要だとは思わないな。
というかそこがポイント!
みんながゴールド免許になってだれも危険運転をしないのなら不必要かもしれないけど。
講習は明らかに必要だよ。

それに私のグリーンカードが間違ってたわけじゃなくて、システムが”正しくない”情報を持ってたんだよね。
私は複数の場所でチェックするのは結構評価してる。
特にコンピュータが間違った性別を記録してるときなんかはね。
それにバイリンガルも出来るよ。
私は日本語が話せるから気にしてなかっただけ。
前は英語でやったけど問題なかったし。
確かに休みは取ったけど、オランダは祝日に免許の更新をするとかなの?
私にとってはオランダのシステムはあまり信頼が置けないかも。

●NorthEast
一週間後にまた来るというのは複雑だと思う…

●DarthDukes
まずはおめでとうを。
でも免許証のレベルなんかを教えてくれると嬉しいな。
そうするともっとストーリーにパンチが効くと思う。

●Kat Callahan(記者)
緑:運転1年目
青:ゴールド以外の全て
金:ここで説明したとおり

運転資格に関して違いはないね。
ゴールドを取るには期間中違反しない必要があるけど。
何を運転していいかという資格はここには含まれないんだ。
それは全部試験があるから。

●Jordaneer, The Mountaineer Man
免許を取得して18年経ったから昨日免許の更新にいったんだ。
基本的には書類を1枚埋めて写真を撮って視力検査をして25ドルを払う、だ。
日本はアイダホよりもかなり厳しいみたいだな。

●Kat Callahan(記者)
↑凄く厳しいよ。
テキサス州は(新しい免許が郵便で送られてくるけど)効率的だとは思えないんだよね。単にものぐさでテキサスのシステムは悪いドライバーを作ってると思う。
アメリカの色んな州がそんな感じだけどね。

●Rastervision
アリゾナだと免許証をゲットするのに文字通り4~6時間掛かるから、これは凄いな。
プロセス全体を請け負う会社の施設内で行うんだ。
金儲け目当てのね。
凄い金儲けだ。
嬉しいことに、65歳になるまで1回受ければいいんだけど。

●vc-10
免許証の更新のためにどこかに行かなくちゃいけないというのが煩わしいな。
ここイギリスだとオンラインで出来るよ。
有効なパスポートがあれば写真を用意して、そこにサインするだけでいい。
それ以外だとその写真を認可するための人物が必要だけど。
更新は10年おきで、自分は2009年に免許を取ったからまだ必要ないんでググってみただけなんだけど、凄くシンプルに感じるよ。
試験はまた別の話だけど、免許を取るプロセス自体は本当に簡単なんだ。
オンラインで出来て、簡単でシンプルだ。

●Kat Callahan(記者)
↑テキサスではそうしてたよ。
でもそれはドライバーをものぐさで自己中にさせるし、運転に関して復習が必要な人の助けにならないと思う。
(彼らが望むと望まざるとに限らず)
みんな不便さを気にしてるけど、それは個人主義と衆参主義の違いだと思うな。
みんな簡単に免許を更新できることが路上でどれだけ他人の迷惑になるかは気にしてないんじゃないかな。




ペーパードライバー暦が長かったんでゴールドです。
が、その分車の運転は今でも怖い…
日本の場合更新のときは講習も受けますが海外だとそういうことはあまりしないらしく、オンライン申請のみで受け取れる国もあるようで。
便利ではありますが、簡単に取れると確かに危険運転は増えそうな気も。

追記:画像を一部修正しました


1回でうかる!普通免許<ポイント攻略>問題集
1回でうかる!普通免許<ポイント攻略>問題集