kamikaze


昨年10月に長崎県の鷹島沖の海底で元寇船と見られる沈没船の残骸が発見されましたが、それ以外にも別の面からも当時の調査が進められており、モンゴル軍の船を沈めたと言われている神風台風はどうやら実際にあったようだという調査結果も発表されました。

マサチューセッツ州アマースト大学の地質学者ジョン・ウッドラフ氏は沈没船が見つかった湾近くの湖の湖底堆積物を調べ、その内容が岩が岩とぶつかり合って出来た破砕物やストロンチウムである事を突き止めました。
これらは大量の砂と貝殻の破片が台風によって岸で洗われた事を意味しています。
湖底を調べたのは湖には様々な物質が流れ込んでくるため、当時の気象状態を調べる事が出来るからです。
この研究によって当時の九州は今以上に台風が多かったことを突き止めました。
また、湖底堆積物を放射性炭素年代測定したところ、元寇のあった時代と大きな台風のあった時代は一致したとの事。

この調査結果に対する海外の反応です。



スポンサードリンク



●エル・パソ、テキサス州、アメリカ:男性
待った、神風台風が元寇を退けた主な理由というのは前から言われてたと思うんだが。

●マラガ、スペイン:男性
↑イエス。
同じことを思った。

●ウェリントン、フロリダ州、アメリカ:男性
これって既に確定してなかったっけ?

●バレンシア、ベネズエラ:男性
↑そう、フビライ・ハーンの侵略だ。

●男性
うーむ、これは何十年も前から言われてた事なんだが。
次は地球が丸い事を発見でもするのか?

●男性
↑写真だけじゃなくてちゃんと記事も読むんだ。
伝説通りに元寇と同じ時に巨大な2つの台風が日本に来たという事なんだよ。

●ブランズウィック、オハイオ州、アメリカ:女性
コメントする前にちゃんと記事を読んでほしい。
この記事は別の新たな調査についてで、古い調査の蒸し返しじゃなくてより詳細な確認が取れたって事だから。

●ジャカルタ、インドネシア
Kami=God、Kaze=Wind。
だからKamikazeはGod's Windだ。
Kamikaze Windだと重言だ。
HSS鋼みたいな感じだな。
(訳注:HSSはHigh-Speed Steel(高速度工具鋼)の事なのでHSS鋼だと高速度工具鋼鋼になる)

●フックス、テキサス州、アメリカ:男性
↑あるいはDCコミックスみたいな。
(訳注:アメコミのDCコミックスの前身はDetective Comics)

●男性
↑PINナンバーもな。
(訳注:PINはPersonal Identification Numberの頭文字)

●シカゴ、イリノイ州、アメリカ
この件の興味深い余談として、何故フビライの船はこの嵐に弱かったのか2つの理由があると読んだ事がある。
まず、モンゴル軍は馬上においては優れた戦士だったが、戦場での戦いの経験は少なかったというのがある。
そして彼らの日本侵攻は急だった。

1)モンゴル軍は河用の船底の浅い船を海に送り込んだため、この船は海が荒れると簡単に転覆してしまい、兵士達を海に沈める事になった。
2)モンゴル軍は(当時の)中国の船大工に短期間で船を作るように圧力をかけた。フビライ・ハーンの現場管理者にとっては質よりも量の方が大事だったんだ。
だから船は適当に作られ、嵐で簡単に壊れてしまった。
進捗が遅れるとモンゴル軍の催促は危険なものだったが中国の船大工達はあまり気にしていなく、中国とモンゴルの間にも友好関係は全くなかったとか。
フビライが中国に対して要求した結果がどうなったのか、それは後の歴史が語っているね。

●アデレード、オーストラリア
↑その通り。
当時の中国はモンゴルの支配を嫌っていて、意図的にスペック通りに作らなかったらしい。
確かに強い風はあっただろうけど、誇張されてる部分もあるんじゃないかな。
モンゴル敗走はむしろ中国が原因だったと思う。

●シカゴ、イリノイ州、アメリカ
↑確かに。
でも当時の日本はモンゴルと中国の関係が悪かった事を知っていたのだろうか?
艦隊が嵐と共に消えた時に、彼らは唯一納得できる説明を考えたんだと思う。
神がやったのだと。
これは西洋の宗教とそんなに違うものじゃない。
単なるセオリーだけど、納得はいくと思うな。

●男性
歴史で必ず出てくるよ。
日本の古代の記録に残ってるんだ。

●ジョセフ、オレゴン州、アメリカ:男性
伝承ってのは口伝で伝えられた歴史だから。

●サンフランシスコ、カリフォルニア州、アメリカ
これもオバマの失策か。
(訳注:あらゆるものをオバマ大統領のせいにするアメリカンジョークの一種)

●男性
つまり日本の歴史を信じてなかったって事なのか?

●ワークソップ、イギリス:男性
ずっと前から知ってるよ。
しかも2度日本に侵攻して、その度に嵐に襲われてるんだよな。

●男性
一般的な知識だな。
モンゴルの兵士は日本の兵士と陸上で戦いもして、馬上ではモンゴル兵の方が優秀だったとか。

●チェイピン、サウスカロライナ州、アメリカ:男性
中国、日本、モンゴルそれぞれ別個の歴史て語られている事だし、神風台風があったと言っても問題ないと思うな。

●マイアミ、フロリダ州、アメリカ:男性
元寇が失敗したのはモンゴルに船を作るよう強制された中国のサボタージュがあったからだと証明されてなかったっけ?

●男性
↑理由の1つとしてはそうだね。

●不明
1年くらい前の記事に”嵐で沈んだ元寇船のアンカーが海底で見つかった”というのが無かったっけ?

●男性
人々によって世代を渡って語り継がれてきた物語には現代社会では証拠が残っていないものもある。
我々は聞き漏らす事で多くの事を失ってきたんだ。

●シカゴ、イリノイ州、アメリカ:女性
強制労働で手抜きの船がたくさん作られたんだよね。
偉大なる征服者、チンギス・ハーンの孫であるフビライ・ハーンが強制労働させたのが怒りをかって、作られた船は辛うじて海を渡れるレベルだったとか。
最初の上陸で送り込んだ部隊が少人数だったのも失敗だった。
日本人は勇敢に戦ったから。
小部隊の船は撤退して、再編制して大艦隊で再度攻め込もうとした時に”神風”が吹いて、全艦隊を沈めたとか。
900~1000隻からなる艦隊だったはず。
当時としては世界最大の水陸両用の装備で、これ程の規模は1944年7月6日のノルマンディー上陸まで無かったとか。

●男性
中国が河用の船を海用としてモンゴルに与えたんだよね。
モンゴルは騎馬民族だから違いが分からなかったんだ。

●シダー・ヒル、テキサス州、アメリカ:女性
これは納得できるね。
エリザベスI世の時代にスペイン軍がイングランドに上陸しようとした時も嵐が影響したし。

●イーストハートフォード、コネチカット州、アメリカ:男性
チンギス・ハーンの孫であるフビライ・ハーンは自分が地球を征服できると信じていて、日本を侵略するために巨大な艦隊を送り込んだんだけどほとんどの船が嵐で沈んでしまって、上陸した兵士も日本の猛烈な攻撃で殺されるか捕虜になってしまったんだ。
日本人は彼らの美しい島国を征服しようとするものは絶対に許さないんだ。

●男性
巨大な嵐ってそんなに信じがたい事かな?
特に海の上じゃいつだって起きてるじゃん。

●男性
既に証明されてたと思ってた。

●男性
これは今までの調査をより詳細に確定したって事なんだろ。

●ハワイ州、アメリカ:女性
この話を聞いて育ったから、今まで一度も疑ったことはなかったな。
でも台風がどういう方向から来てるのかは考えた事もなかった。

●トロント、カナダ
モンゴルにとってはタイミングが悪すぎたんだ。
彼らの気象予報士のせいだな。

●ロングモント、コロラド州、アメリカ:女性
科学が伝承を実証するのって大好き!

●ガーランド、テキサス州、アメリカ:男性
500年前の西日本は今よりも台風が多かった?
それは出鱈目だ。
500年前は化石燃料などの人為的地球温暖化もなかった。
温暖化によって台風が増えて、より強力になっているのはみんな知ってる事だ。
とくに気象学者にとっては周知の事実なんだ。

●ブランドン、マニトバ州、カナダ/日本在住:男性
↑最近の台風は日本の東側に行ってるよ。
西側に行く場合は中国とか韓国に行ってる。
天気予報の予測では表示されてても西海岸に来ることはそんなにないね。

●イスラエル:男性
この地域の蟹の背中には将軍の肖像が乗ってるんだよね。
(訳注:ヘイケガニの事か)

●バンクーバー、カナダ
これは凄く興味深いな…

●テルフォード、ペンシルバニア州、アメリカ:男性
日本好きにとってはごく一般的に知られてる伝承だね。

●台北、台湾:男性
科学が神風は実在したと証明したのか!
ハレルヤ!

●不明
みんなちゃんと記事を読むんだ。
これは日本の歴史のキーイベントに興味を持ってる人にとっては一般的な知識かも知れないし、確かにこの記事タイトルはちょっと誤解を招くかもしれない。
でも、これは今まで歴史的事実というよりは伝説の類と思われていた事に一石を投じたと思うね。

●コンコード、カリフォルニア州、アメリカ:男性
神風の話が真実じゃないと思った事は一度もない。
もちろん神官とか時の天皇が神風を呼んだとは思ってないけど、それでも起こったんだよな?
スペインのアルマダの海戦の事を書こうと思ったんだけど、コメントでたくさん書かれてるね。
比較するとスペインもモンゴルも船の設計、船大工、仕事に対する熱意なんかが非常に弱くて、リーダーシップも貧弱だったというのが面白い。
どちらの軍司令官も基本的に船や海の事を知らず、海戦に対する戦略もなかった。

●トロント、カナダ:男性
古代の日本は気象兵器を使っていたのか。




神風があったというのは記録としては残っていますが、今回はその時代のその場所に台風が来ていたという物的証拠が見つかったという事になります。
調べていけば日本に来る台風の進路がどのように変化していったのかも分かるかもしれません。



長崎心泉堂 長崎カステラ 幸せの黄色いカステラ 10切カットタイプ (560g)
長崎心泉堂 長崎カステラ 幸せの黄色いカステラ 10切カットタイプ (560g)