MOKI


昔から刃物について世界的に評価の高かった日本ですが、西洋が本場であるナイフの世界でも一定の評価を得ています。
岐阜県関市でナイフ作りを手掛けているMOKI(モキ)について海外のナイフファンが語り合っていました。


スポンサードリンク



●david childers
次に買うナイフはモキのクロノスの大サイズにしようと決めた。
色んなナイフレビューを見てきて、情報はあまり多くなかったけどモキのナイフについて悪くいう人はいなかった。
モキがスパイダルコ(アメリカの大手ナイフメーカー)のナイフを作ってきた事は知っているし、もしモキのクオリティが最高級じゃなかったらスパイダルコも頼んでないと思う。
モキが多くの評価を得ていないのは彼らが限定的な注文しか受けてないからとしか考えられない。
今まで見てきたモキのナイフは1つだけ固定刃という例外はあるものの、どれもロックバック機構の付いたいわゆるジェントルマン・ナイフと呼ばれるものだ。
(ナイフの背中に刃をロックするためのバーが付いている折り畳みナイフ)
正直に言わせてもらうならモキのナイフはその価格帯の中では仕上げもフィット感も最高のものだと思っている。
更に箱出しの時点で信じられないほどの切れ味でほとんどがVG10スチール製(日本の鋼材メーカー武生特殊鋼材が作るステンレス鋼。刃材として評価が高い)だ。
最近のナイフレビューやナイフコレクターのトレンドはタクティカルブレードよりになっていて、それはそれでいいと思ってるんだけど自分としては色んなタイプ色んな価格帯のナイフレビューを見たいと思ってる。
モキのナイフは自分が知ってる限りブレードに遊びが無い唯一のロックバックナイフで、そのクオリティは他の高価格帯のナイフよりも遥かにとびぬけている。
他の人の反応も見てみたいね。

モキ・クロノス
Moki_Kronos

●manowar669
モキはアルマー(アメリカのナイフメーカー)のウルトラライトシリーズも作ってるよ。
他にもいくつか作ってたはず。
カーショウのジェントルマンズ・ナイフもモキが作ってたんじゃないかと睨んでる。
(訳注:カーショウはアメリカのナイフメーカー。現在は日本の貝印グループ傘下)
自分も1本持ってるけど仕上げとフィット感が素晴らしくて今まで持ってたどのファクトリーナイフよりも良いね。
自分もモキナイフには同じ感想を抱いてる。
モキは良いナイフを作ってるし、もっと注目されていいはず。
もう1本買う事を躊躇わないだろうな。
次はモキのブラキストン・フィッシュオウルを買おうと思ってる。

●david childers
↑フィッシュオウルは自分も考えてる。
でもクロノスの呼び声が大きすぎるんだ。

●fsatsil:ロングアイランド、ニューヨーク州、アメリカ
日本の他のナイフメーカー、G・SAKAIやMcusta(エムカスタ)にも同じことが言えると思う。
なんでもっと注目されないのか全然わからない。

●Ken44:ジョージア州、アメリカ
モキがスパイダルコ用に作ったナイフを何本か持ってる。
モキは他のナイフメーカーのナイフも作ってるね。
彼らのロックバックは他のメーカーのよりも好きだな。
ちょっと前にブラキストン・フィッシュオウルの120mmを買ったけど仕上がりとフィット感は他のどのロックバックナイフよりも上出来で値段も良かった。
オープンする時はシルクの様に滑らかでロックもスムーズ且つ扱いやすい。
刃を開いた時に刃身とロックバー(柄の中にあるロックするための金属板)の継ぎ目は光を正しい位置に照らしてやらないと見えない位だ。
自分が最近買ったファルクニーベン(スウェーデンのナイフメーカー)のTK4もモキ製だと思う。
デザインが気に入ってて出来も凄く良いんだけど刃を開いた時のロックバーとの継ぎ目は眼で確認できる。
フィッシュオウル程スムーズではないけどそれでもかなりスムーズだ。

あまり良い写真じゃなくて悪いけど(訳注:下がモキのフィッシュオウルで上がファルクニーベンのTK4)
1.
moki1

●david childers
G・SAKAIは聞いた事あるけど持った事はないな。
エムカスタは何本か持ってて気に入ってる。
でもモキの方が出来は良い気がするな。
エムカスタのナイフはブレードのセンタリングがちょっと外れてる時があるんだ。
いつもではないけど時々ね。
自分にとってのエムカスタの魅力はもの凄く日本的な外観だね。
エムカスタもモキも切れ味は信じられない位だ。

>ちょっと前にブラキストン・フィッシュオウルの120mmを買ったけど仕上がりとフィット感は他のどのロックバックナイフよりも上出来で値段も良かった。
凄く良いな!
自分も欲しい!
何処で買ったんだ?
馴染みのナイフショップはフィッシュオウルを扱ってないんだ。

●timberweasel
自分が持ってるモキは唯一セラピスだけだ。
(モキが作ったアルマーのウルトラライトも持ってるけど、これも凄く良い出来だ)
セラピスは絶妙だね。
柄は黒と金色の真珠貝のチェックで悪魔的な切れ味だ。
もっと良い写真があれば良かったんだけど。
2.
moki2

●manowar669
>自分が最近買ったファルクニーベン(スウェーデンのナイフメーカー)のTK4もモキ製だと思う。
本当にモキがTK4を作ってると思ってるのか?
TK4は独自のSGPS(Super Gold Powder Steel:鋼材の一種)を使ってなかったっけ?
ファルクニーベンが自分達のパウダースチールを扱う権利をモキに許すとは思えないから気になるな。

●mtangent
自分はファルクニーベンのTK4とFH9を持ってる。
FH9は高級路線だからTK4よりもしっかりと作られてるな。
何処で作られてるかは知らないけど、ファルクニーベンのナイフは全て日本製で日本の鋼材を使ってると思ったんだが。
自分の持ってるTK4は3Gスチールを使ってるんだけど、多分SGPSと互換性があるんだと思う。

●manowar669
↑興味深いな。

●david childers
>自分が持ってるモキは唯一セラピスだけだ。
美しいじゃないか!
自分は刃と柄の形が似ているブロッサムを持ってるよ。

●Ken44:ジョージア州、アメリカ
ファルクニーベンは日本に職人を持っている
鋼材も日本のだ。
デザイナーのみ自国の人間で、それがかなり上手く働いてるな。
ファルクニーベンのナイフを作ってるのはモキだと聞いたけど確かではない。
日本でファルクニーベンのナイフを作っている2社のうちの1社だったと思う。
(訳注:ファルクニーベンのナイフは同じく関市にある服部刃物が作っているとの事)

●Bushido185:ミズーリ州、アメリカ
モキのトルコ石と黒瑪瑙を使ったラコタ・ティールを持ってるけどこれは絶対にトレードしない。
仕上がりとフィット感は持ってるジェントルマン・ナイフの中で一番だ。

3.
moki3

●XiaolongJackson:カリフォルニア州、アメリカ
好奇心から聞くんだけど、スパイダルコのナイフでどれがモキ製かって分かる?
Caly3、Caly3.5がそうなのは知ってるけど、それ以外は知らないんだ。

●david childers
↑正直に言うと知らない。
Calyシリーズはモキ製で他のシリーズも作ってると聞いた事はある。
スパイダルコがその情報を公式に発表してるかどうかも知らないな。

●Mikael W:ストックホルム、スウェーデン
>TK4は独自のSGPS(Super Gold Powder Steel:鋼材の一種)を使ってなかったっけ?
SGPSはファルクニーベン独自の鋼材って訳じゃない。
日本の武生特殊鋼材が作ってる鋼材なんだ。
ファルクニーベンのナイフを作ってるのはモキだったと思うな。

●YoYojunkie
彼らは高品質な物を作る事に注力していて、人目を引くような機能(刃を開く部分の指先を引っかけるためのコブやロックバック以外のロック機構等)を追加する事はあまり考えてないみたいだ。
ググってみたら公式ウェブサイトは普通の広告が載ってる位で(2ページのあまり目が惹かれない基本的な情報と写真が載っている)、このスレッドや他のウェブサイトの下に表示されていたあたり、まだまだ知名度は低いんだろうな。
モキのナイフはスタイリッシュで清潔感があってキリッとた、余分な装飾のない実用一点張りのジェントルマンナイフだから、義理の父親のプレゼント用に考えてる。
モキのナイフに関してはずっと何の知識も無かったからシェアしてくれた事を感謝。

●brownshoe
確かファルクニーベン自身がナイフを作った事は無いはず。
スウェーデンでナイフを作った事も無かったはずだ。
ファルクニーベンの鋼材技術は日本のものなんだ。
彼らのただし書きを読めばわかるけど、ファルクニーベンが行っているのはナイフの設計とテスト、それと販売だ。
自分は一度だけモキのナイフを見た事があるけど、骨も柄もちゃんとと作られてて凄く良いナイフだったな。
しっかりした良い感触だったよ。

●Mikael W:ストックホルム、スウェーデン
↑その通り。
確かモキは鍛造の下請けをしていて決まったモデルは服部刃物が作ってたはず。
モキと服部刃物、この2社は現在世界最高のナイフを作るメーカーだ。

●Boozoo Chavis:テキサス州、アメリカ
確かにモキは十分な注目を浴びていないな。
自分はモキのナイフを3本持ってるけどフィット感と仕上がりに関してナイフ業界で右に出るものはいないと思う。
クロノスは素晴らしくハイクオリティな刃物だ。
(しかもいつものように美しい)
エムカスタもみんなのレーダーに引っかかっていない日本のハイクオリティなナイフカンパニーだね。

●1234:スウェーデン
モキのフィット感と仕上がり、そして金額に対する質については自分も同意だ。

●lambertiana:ビサリア、カリフォルニア州、アメリカ
自分はモキ・グローリーしか持ってないけど、フィット&フィニッシュは最高級だ。
もう少ししたら別のナイフを変えるだけの金が入るから、A.G.ラッセル(アメリカのナイフメーカー)のスパイアを買おうと思ってる。
これもモキが作ってるんだ。
セラピスも凄く見た目が良いんだよな。

●InSpectre Gadget
モキは自分の購買対象には入ってないなあ。
確かに素晴らしいナイフだと思うけど自分は出来るだけ自分の金はアメリカのナイフを買うのに使おうと思ってるんだ。
難しいことも多々あるけど、社会経済的な理由から可能な限り外国のナイフは買わないようにしてる。
自分がスパイダルコのナイフを買う理由はメンテナンス工場がコロラドにあるからという理由だけだ。
自分が買い続けているナイフは1種類だけで、嬉しいことにデザインで興味を引くナイフもそれだけなんだ。
モキ、ロックステッド(石田工業の作るナイフ)、エムカスタのナイフを見ると本当に苦しくなるけど、海外のナイフメーカーがアメリカのナイフメーカーを超えるのを助けるわけにはいかない。
少なくとも近い将来は。

●Ken44:ジョージア州、アメリカ
↑スパイダルコは複数の国でナイフを作ってるから仮にアメリカ製のナイフだけを買ったとしてもスパイダルコが他国でナイフを作る助けになってしまうんだけどな。
もし本当にモキがアメリカ経済の脅威になると感じているなら100%アメリカで作っているナイフを買わないと。
追記しておくと自分もアメリカ製のナイフを買おうとしたんだけど結局海外製のスパイダルコを2本持つ事になった。
地元で買えたし、モダンなデザインはアメリカでハイクオリティだから全く問題は無かったし。
でも、自分はもっと色んなナイフが欲しいし、伝統的なロックバックナイフ(クリップも刃を引き出すためのコブや穴もない)で中/軽量級の高品質ナイフとなるとアメリカ国内製は諦めるしかなかったんだ。
ケース(アメリカのナイフメーカー)のカッパーロックも好きだし買ったけどクオリティではモキに及ばない。
最近はグレートイースタンカトラリー(アメリカのナイフメーカー)の#72の付け根に遊びが出来たり、ロックが固くなり過ぎたり、背中にジグザグの模様が出てきたから送り返した。
自分はナイフショーでアメリカブランドのナイフを色々買ったけど、今では伝統的なロックバックナイフで高品質な物を買う場合はアメリカ製のは買わないだろうという気持ちだ。
ナイフは100本近く持ってるけど外国製のナイフは6~7本しか持ってない。
中国製のは1本もないよ。

●rpttrsn:リトルエッグハーバー、ニュージャージー州、アメリカ
自分はモキのアイオラ・モデルのMK509を持っていて、これはナイフを集めるようになってから買った初めてのナイフだ。
美しいナイフだと思うよ。
アワビ、真珠層、真珠貝がはめ込まれてる。
ブレードは2と3/4インチ(約7cm)でATS-34鋼だ。

4.
moki4
 
●david childers
↑こんなナイフは見た事が無い。
美しいな!!
絶対にもう売られてないだろうな
何時ごろ作られたものなんだろうか。

●rpttrsn:リトルエッグハーバー、ニュージャージー州、アメリカ
↑スパイダルコが人気になり始めたばかりでスタンダードモデルやポリスモデルを作り出した頃だから70年代だと思う。

●FortyTwoBlades:メイン州、アメリカ
モキは仕上がりとフィット感に関して最高の物を作るね。
愛用してるよ。




知名度はまだ低いものの、クオリティに注目しているファンもいる模様。
モキを含め日本のナイフメーカーは海外のナイフメーカーから受託生産をしている所も多く、そのクオリティは海外メーカーも認めるところのようです。