sasamoto_1

1914年の生まれの笹本恒子さんは日本初の女性報道写真家とも呼ばれており、今も写真家としての活動を続けています。
25歳から報道写真の世界に入り、写真グラフ誌の相次ぐ廃刊に伴い一旦は活動を休止しましたがその後写真家として再活動し、2014年には左腕と両足を骨折し現在はリハビリ中ですが今も現役として活動しているとの事。


スポンサードリンク



※クリックで大きい画像が開きます
 
現在の様子
sasamoto_2

紹介しているサイトでは活動を続ける秘訣としてテレビのインタビューで答えた
”いい言葉で言えば好奇心。
怖いくせに行ってみたい、嫌だけど見たい。
世の中を見つめて、少しでも知らない方に知ってもらいたいことを書き残して、写真で写しておいておきたい。”
という彼女の言葉も紹介しています。

sasamoto_3

笹本恒子さんの撮った作品

1.1953年、原爆ドーム
sasamoto_4

2.1951年、芸者学校
sasamoto_5

3.1957年、ジャーナリスト・徳富蘇峰
sasamoto_6

4.1956年、南極観測船宗谷
sasamoto_7

5.1955年、政治家・浅沼稲次郎
sasamoto_8



●不明
なんて女性だろう!
これは奮い立たされるね。

●不明
今も現役?
見た目と同様才能にも賞味期限があるんじゃなかったっけ?

●メルボルン、オーストラリア
希望が生まれてきた。

●ブリスベン、オーストラリア:女性
ワオ、彼女はこの写真の出来事を見てきたんだろうな。

●女性
ワオ、凄く若く見える。

●ヘイワード、カリフォルニア州、アメリカ
これは凄いな。
みんな、健康を保って決して諦めないでくれ。

●バカウ、ルーマニア:女性
超クール。

●女性
凄く素敵だと思う。
彼女は素晴らしいね!

●不明
101歳はかくありたいね!!!!
彼女は見た目も素晴らしいと思う!!!!

●ジェームスタウン、カリフォルニア州、アメリカ:女性
真の”ナショナル・トレジャー(国宝)”だと思う。

●ソルトスプリング島、カナダ:女性
彼女が正しいと思う。
好奇心を持ち続ける事が何より大事だよ。

●男性
100歳を超えてるようには見えないな。

●女性
凄く励みになるね。

●女性
凄く若々しいね。
20歳は若く見えるよ。

●女性
ファンタスティック!

●女性
彼女が凄く綺麗だと思ったのは自分だけじゃないみたいで良かった。

●ヴィリニュス、リトアニア:女性
凄い女性だね。

●不明
オーマイゴッド、どうやったらこういう101歳になれるんだろう?

●フローニンゲン、オランダ:女性
80年後にこうなりたいね!

●ヨーテボリ、スウェーデン:女性
美しい写真!
彼女は才能あるね。

●オクラホマシティ、オクラホマ州、アメリカ
ワオ、今でもしゃんとしてるし、凄い目力!
凄い遺伝子を持ってるんだろうな。
才能もあるだろうけど。

●バタヴィア、オハイオ州、アメリカ:男性
凄過ぎる。
101歳どころか、70歳にも見えないぞ。

●フェニックス、アリゾナ州、アメリカ:女性
とてもその年代とは見えない!
凄い!

●男性
アメージング。

●女性
60代に見える…

●シュタットレングスフェルト、ドイツ:女性
今でこれなら60年代、70年代はどんな見た目だったんだろう?

●エルギン、イギリス:女性
何とも凄い女性だね。
101歳には全然見えない、70歳くらいに見えるよ。

●ゲルフ、オンタリオ州、カナダ:女性
とてつもない女性だね。
この年代の全ての人間にとって励みになると思うな。
好きな事なら続けていかないとね!

●女性
101歳?
60代に見えるんだけど。

●オリリア、オンタリオ州、カナダ
凄く美しいし、ハッピーに見えるね。

●女性
しかも着ている服はほとんど自作だとか!
凄い才能だね!
(訳注:写真家を休止していた時はオーダー服のサロンを開いていた)

●不明
私は39歳だけど、彼女の手の方が若く見える。

●男性
1914年生まれ…日本の報道写真家としても最初期に入るんじゃ。

●女性
彼女は良い意味で60年代後半から70年代前半の女性に見える!

●不明
人生に対して好奇心を持ち続ける事が命を伸ばしてくれるんだな。

●コルカタ、インド:女性
本当に励まされるね。

●女性
エキサイティングな人生の物語だね!

●ロビンソン、イリノイ州、アメリカ
報道写真を愛する者として、これは本当に素晴らしかった。
彼女は国宝どころか世界の宝だ。

●不明
(写真が)生きる力なんだろうな。

●女性
”人生を肯定的に捉える事、決して諦めない事が大事”
笹本恒子
本日のお言葉。

●マリエータ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
私にとって参考になる事がたくさんありそう。
彼女が私のロールモデルになるかな?

●タレクゥア、オクラホマ州、アメリカ:女性
情熱をかけるものを追い続ける事が健康に繋がるという証明だね。

●ロサンゼルス、カリフォルニア州、アメリカ:女性
どんなに年をとっても心の中のアートは死なないという事だね。

●男性
本当にアメージングな話だ。
それに彼女の写真も素晴らしいな。

●不明
ワオ!
彼女は素晴らしいな。
彼女の健康の秘訣は寿司を食べる事だと思う。

●ダラス、テキサス州、アメリカ:男性
アメージング。
彼女の好奇心とエネルギーが良いね。

●不明
自分も同じ年になった時にこうでありたいな。

●不明
好きな事をするのに若すぎる(あるいは老い過ぎている)という事はない!





101歳でしかも左手と両足を骨折してもなお続けるというのが凄い。
いつまでも好きなものを持ち続けていたいものです。
追記:徳富蘇峰氏の説明を政治家からジャーナリストに修正。ご指摘感謝です。



好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント (小学館文庫 さ 23-1)
好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント (小学館文庫 さ 23-1)