face

海外のサイトで日本にある言葉として1つの文が紹介されていました。



スポンサードリンク



日本人は”人は3つの顔を持つ”と言う。
1つ目は世間に見せる顔。
2つ目は友人や家族に見せる顔。
そして3つ目は誰にも見せる事のない、本当の自分を映した顔。



●ハイデラバード、インド:男性
必然的に真実だ。

●イプスウィッチ、イギリス/日本在住:女性
ほんの数人だけが私の本当の顔を知ってる。

●ポートオブスペイン、トリニダード・トバゴ:女性
本当の自分は絶対に隠し続けないと駄目。

●不明
自分が聞いた事あるのは2面だけだ!
本音と建て前。

●ハルツーム、スーダン:男性
人によっては3つどころじゃないけどね。

●女性
興味深い!

●パナマ:男性
ホーリーシット、3つ目の顔は闇の中に隠された秘密か。
見せれば見せるほど、本当の姿を知る訳だ。

●ラバト、モロッコ:男性
3つの顔というよりも3つの層(レイヤー)なんじゃ。

●ミルナートン、ケープタウン、南アフリカ:女性
とりあえず私が持ってる顔は1つだよ!

●ノーザンプトン、イギリス:女性
これは本当に興味深い。
Omoshiroi desu ne?

●男性
これには全面的に同意!
時には自分の真の姿を自分自身からも隠そうとするくらいだ!

●男性
嬉しい事に自分が他人に見せる顔は1つだけだ!
好む好まないに関わらず、みんなが見る自分の顔は1つだけだよ。

●女性
2つの顔だと思ってた。

●女性
3つ目の顔は絶対に自分の恐ろしい別人格だろうな。

●ボストン、マサチューセッツ州、アメリカ:女性
ふーむ、同意するべきかどうかわからない。

●ヒューストン、テキサス州、アメリカ:女性
これ以上ない位同意。

●ヒューストン、テキサス州、アメリカ:男性
自分は二重人格じゃないから誰でも同じように接してる。

●チェンナイ、インド:女性
真実。

●女性
これは本当。
それから、自分自身に見せているのはほんの少しだね。

●ロンドン、イギリス:男性
これはジェームズ・クラベルの小説『将軍 Shogun』に出てきた1節だ。

●グワーハーティー、インド:男性
宇宙の真実だ。

●オーモンドビーチ、カリフォルニア州、アメリカ:男性
自分はこれの事を他の人が自分に対してこうあって欲しいと思っている自分を演じる”演技ゲーム”と呼んでる。
自分を売っているわけじゃない。
人はその人自身にとって真実であって、ただ演じているにすぎないんだ。
真の姿は人によっては居心地の良いものではないからね。

●コロラドスプリングス、コロラド州、アメリカ:男性
諺だね。
とは言え、実際に日本人がこう言ってるかどうかは知らないけど。
これは見かたに対する昔からの文化か、もしくは心理学における”エゴ(自我)”、”スーパーエゴ(超自我)”、”イド”と同義だと思う。
1つは社会に対して見せる自分、もう1つは愛する人や友人に見せる自分、そして内に秘めた自分だ。
色んな事を学んでいきたいね。

●ゴールウェイ、アイルランド:女性
知ってる日本人何人かに聞いてみたけど、誰も言った事ないと言ってたよ。

●ジョス、ナイジェリア:男性
真実は大抵苦いものだし、正直でいると爪弾きにされる事もあるから時には人工的に快適な状況を作り出す事だってある。
正直であるのは良い事だけど、そうする事で疎外感を得る事もあるから。

●ダルース、ミネソタ州、アメリカ:男性
自分の3番目の顔は絶対に笑顔ではないと思う!
偽った態度は嫌いだから。

●ウェリントン、ニュージーランド:男性
”We all have a face / that we hide away forever / and we take it out to show ourselves when every one has gone..”
”俺達はみんなずっと隠し続けている顔を持っている。そしてみんなが去った時にその顔を見せるんだ”
ビリー・ジョエル:『The Stranger』

●チェンナイ、インド:女性
でもそれは人類みんなそうだと思う!

●シーサケート、タイ:男性
人が生きてる間に持つ別の顔は仕事をしてる時の顔と寝てる時の顔だと聞いた事がある。

●エクス=アン=プロヴァンス、フランス:女性
もしこれが真実だとしたら、言いたいのは最初の2つの顔は取った方が良いって事。

●セントルイス、ミズーリ州、アメリカ:女性
自分自身も知らない4番目の顔というのもあると思う。

●シャーマン・オークス、カリフォルニア州、アメリカ:女性
私は隠してないよ。
健康に悪いからね。

●マディソン、ウィスコンシン州、アメリカ:男性
1度会ったくらいで全て見せるなんて出来っこないからね。

●シドニー、オーストラリア:男性
かなり同意できる…

●女性
これは実に本当の事だね。
で、これは違うと言っている人達はこの言葉の意味を理解してないんだと思う。
これは本当の自分を偽るとか隠すとか言ってる訳じゃない。
もっと深くて精神的な事だよ。

●ソケル、カリフォルニア州、アメリカ:男性
俺達はみんな玉ねぎみたいなものなんだ。

●ウェーコ、テキサス州、アメリカ:男性
鏡の中にいた男に聞いてみたが答えてくれなかった。

●女性
心理学に同じ考えがあるね。
パブリック・セルフ)、プライベート・セルフ、トゥルー・セルフ、アイデアル・セルフ。

●タルラック州、フィリピン
↑ジョハリの窓!
訳注:コミュニケーションにおける自己の公開とコミュニケーションを円滑に進め方を考えるために提案されたモデル。wikipedia:ジョハリの窓

●男性
おそらく真実なんだろうけど、紳士的であればこの3つの差を埋める事は出来ると思う。

●マイアミ、フロリダ州、アメリカ
興味深いな。
自分は常々人には3つの人生があると言ってるんだ。
パブリック向けの人生、プライベートな人生、そして秘密の人生だ。

●不明
間違い。
家族も友達も同僚もみんな自分の3つの顔を見てる。

●女性
正解過ぎる…

●コタキナバル、マレーシア:女性
確かに私はこの3つの顔を持ってると思う。

●アデレード、オーストラリア:女性
同意できない。
私の場合だとその人が見た自分こそその人の受け取った自分だから。
偽ったりする時間はないよ。

●ロンドン、イギリス:女性
3番目の顔はなかなか他人には見せられないものだけど、本当の親友になら見せても問題にならないと思う。

●女性
興味深い考えだね…

●男性
自分は自分に誇りを持ってる。

●男性
人によって違う自分を見せる必要なんかない。
ありのままの自分を見せるんだ。

●シンガポール:男性
誰にでもこういう所が少しはあると思うね。

●女性
これは信じる。

●シティアワン、マレーシア
3つだけ?

●不明
人生はそんなに複雑である必要はないよ。

●女性
全面的に同意。




実際に日本にこういう言葉がある訳ではなく、ジェームズ・クラベルの『将軍 Shogun』に出てきた言葉のようですが、同意する人も多いようです。
西洋の心理学にもこれに該当する考えは幾つもあるので普遍的な概念ではないかと。