mizuki

本日、漫画家・水木しげる氏が亡くなられました。
93歳でした。
『ゲゲゲの鬼太郎』や『悪魔くん』の作者であり、『昭和シリーズ』は海外で賞を受賞する等、海外でもその作品は高く評価されていました。


スポンサードリンク



●デイトン、オハイオ州、アメリカ:女性
安らかにお眠りください。

●男性
偉大なる水木しげるが亡くなったなんて信じられない。
無類の才能が失われてしまった。

●パチューカ、メキシコ:男性
泣いた。
彼の絵は自分の人生の大きな部分を占めてるんだ。

●リバーサイド、コネチカット州、アメリカ:男性
オーマイゴッド。
水木しげるの漫画はもう随分読んでないけど、自分の好きな漫画を描いてくれた事にありがとうを言いたい。
本当に悲しいね。

●アトランタ、ジョージア州、アメリカ:女性
伝説的なアニメ&漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、水木しげるが亡くなってしまった。
アニメは見た事なくても主人公の絵は見た事がると思う。



●フィラデルフィア、ペンシルバニア州、アメリカ:男性
『ゲゲゲの鬼太郎』は好きなシリーズだからこれは悲しい。

●フェニックス、アリゾナ州、アメリカ:男性
自分も93歳の時に彼ほどの事を成していたい。

●イロイロ、フィリピン:女性
家族にお悔やみ申し上げます。
安らかにお眠りください、水木さん。
世界で最も偉大な漫画家の1人でした。
『ゲゲゲの鬼太郎』や他の作品を作ってくれてありがとうございます。
本当に素晴らしい人で尊敬しています!
あなたはもういないけど、作品はずっとみんなの記憶に残り続けると思います。
グッドバイ、Sir.

●ガニソン、コロラド州、アメリカ:男性
彼のようなアーティストが去ってしまうのは悲しいね。

●グレンジャー、インディアナ州、アメリカ:女性
ああ、このニュースは悲しくなる。
自分みたいな怪奇マンガ好きにとって水木しげるの漫画は最高だったから。
悲しくなるよ。

●メンフィス、テネシー州、アメリカ:男性
レジェンドが逝ってしまった。
次に日本に行った時に彼の漫画を買ってみようと思う。

●スラバヤ、インドネシア:男性
93歳って凄いな。

●男性
最近『ゲゲゲの鬼太郎』を読んだところで、本当にクールな漫画だった。
第二次世界大戦を題材にした彼の漫画も読んでみたい。
このニュースは本当にがっくりきたけど、彼は完全にクリエイティブな人生を全うしたんだね。
レスト・イン・ピース。

●男性
いいや!!!!!!! うそ!!!! (NO!!!!! LIES!!!!!) Porque??? (Why???)(原文ママ)

●ブレマートン、ワシントン州、アメリカ:男性
ワオ。
自分は彼の漫画を読んで育ったんだ。

●クチン、マレーシア:男性
彼の描くストーリーは好きだったな。
R.I.P

●メカニクスビル、バージニア州、アメリカ:女性
彼は80歳くらいだった頃に書かれた彼の記事を読んだ事がある。
彼は長生きしたんだね。
ありがとう、水木しげるさん。

●ヴァレンズエラ、フィリピン:男性
昔のアニメが好きだった。
ありがとう、Mr.水木しげる…

otsukaresama deshita、しげる先生。
素晴らしいアニメを作ってくれてありがとう。
絶対に忘れないよ…

●ナシュア、ニューハンプシャー州、アメリカ:女性
これは悲しい。
9年(中学3年)になる息子は彼の影響された絵を描いてるから!
RIP!
貴方の描く世界を見せてくれてありがとう!

●男性
RIP.
『ゲゲゲの鬼太郎』のファンだった。

●プチョン、マレーシア:男性
不気味な鬼太郎は自分の子供時代のアニメだった。
このアニメの事は絶対に忘れないよ。

●男性
漫画界のグランドファーザーよ、安らかにお眠りください。
貴方の作品に感謝します。
素晴らしいストーリーを作ってくれてありがとうございます。

●サンティアゴ、チリ:男性
子供の頃アニメ版を見てたよ。

●ビクトリア、テキサス州、アメリカ:男性
彼の漫画を元にしたPS1のゲームがあったよね。
良いゲームだった!

●男性
『ゲゲゲの鬼太郎』のファンだった…
悲しいよ。

●不明
自分は『昭和シリーズ』をちょっと読んだだけであまり注目はしてなかったんだけど、他の作者のホラー漫画を読むようになって彼が伝説的な漫画家だと知ったよ。

●ジャクソンビル、フロリダ州、アメリカ/日本在住:男性
彼の生まれ故郷と博物館に行った事がある。
彼自身の像も買ったんだ。
本当に寂しくなるね。

mizukishigeru

●女性
RIP.
最後の最後まで素晴らしかった。

●r31ya
『妖怪ウォッチ』は彼が生み出したフレンドリーで恐ろしいクリーチャーがいなければここまで流行しなかっただろうな。

●dandank
↑全くもって正しい。

●ro37
子供のころから古典な『ゲゲゲの鬼太郎』の大ファンだったんだ。
明るくてヒロイックな近年バージョンよりももっとダークな昔のバージョンの方が好きだったな。
RIP、水木しげる。
あなたの作品はいつも自分を笑顔にしてくれたし、10歳の想像力を怯えさせた悪夢の思い出にもなってるよ。

gegege

●dbzispimpin
>ハンバーガーやケーキ、コーヒーが好きだった(記事本文)
つまり、次の世界大戦を生き抜いて、マラリアに罹ってそこからも生き延びて、それから先の人生を漫画家として生きてハンバーガーとケーキを食べてコーヒーを飲めば93歳まで生きられるんだろうか?

とりあえず正しい道(ハンバーガーとケーキを食べてコーヒーを飲む)を辿ってるから、後は世界大戦とマラリアから生き延びて漫画家になるだけだな。

●c-2
↑腕を失うのも忘れちゃいけない。

●Shippoyasha
彼は高齢になっても熟練したスキルを持っていたんだな。
凄まじい人生だ。
戦争で片手を失ったベテラン兵として近代日本を生き、漫画界の偉大なグランドファーザーになり、アニメの偉大なる貢献者でもあり、手塚治虫よりも前に生まれて彼よりも数十年あとまで生きたんだ。

なんだかもっと長く生きるものだと思ってたよ。
90代になっても活気のある人生を生きていたから。

●relic1980
本当に悲しい。
水木しげるは歴史上もっとも偉大な漫画家の1人だった。
彼は『ゲゲゲの鬼太郎』だけじゃなく、自伝や第二次世界大戦の作品も描いてるんだ。

●GunFlame
80年代、90年代のアニメ版『ゲゲゲの鬼太郎』が好きだったな。
この作品は今見ても自体凄くユニークだった。

●Berfince
因みに2010年に漫画家として苦労していた彼と彼の奥さんを描いた映画が公開されてる。
『ゲゲゲの女房』というタイトルだ。

●chronoboy
『昭和シリーズ』(太平洋戦争時の彼の自伝)を読んだから彼が高齢だというのは知ってたけど、彼は永遠に生きて最後まで作品を描き続けると思ってた人もいるみたいだ。
それに彼は自分を妖怪に引き合わせてもくれた。
アメリカ人である自分達にはヨーロッパやアジア、南アメリカ諸国に比べて超常現象の伝承が無いから。
水木しげる先生、全ての作品に感謝します!

●Reverend Hunt
今日は彼を偲んで『水木しげるの妖怪武闘伝』を遊ぼうと思う。

●TalesOfFan
原節子の死から余りたっていないのに。
2人とも自分達の作品の中で生き続けるだろうね。
今は水木しげるの『昭和シリーズ』を読んでる所なんだ。
彼は彼自身の幼年時代と並行して起こった歴史的なイベントを実に上手く描いてるよ。
単純に起こった事を描くのよりももっとずっと楽しい作品だ。
本当に素晴らしい人物を失ってしまった。

●gerrycomo
medama






日本の漫画史のみならず妖怪史におうても欠かす事の出来ない人物でありました。
氏の作品は海外でも販売され、アニメも海外で放映されていた事もあり、子供時代からファンだったという人も多数いるようです。
謹んでお悔やみ申し上げます。



現代妖怪譚[全] 他 (水木しげる漫画大全集)
現代妖怪譚[全] 他 (水木しげる漫画大全集)