sega_vr_0

セガがVR機器を使った倉庫サイズの巨大なゲーム施設を作ると発表がありました。
今年の7月に東京ジョイポリスで稼働予定との事。
オーストラリアのゼロ・レイテンシー社との共同開発でプレイヤーはVRヘッドセットと銃型のデバイスを使って遊びます。
ハードウェアの一部には軍用品のメーカーが作った物もあるとの事。
VRヘッドセットを付ける事でゲームエリアがゾンビなどの徘徊する舞台へと早変わりし、プレーヤーは仲間と協力したり対決したりして遊べるようになっています。
セガの提供する新たな体感ゲームに対する海外の反応です。





スポンサードリンク



●Jango_the_Blue_Fox
プレステのモーションコントロール技術を使ってるな。

sega_vr_1
credit:kotaku.com

●Whiteblaze
これは興味ある。

●OCELOTR
初のVRプロジェクトか。
面白そうだ。

●Hank Hill
基本的にはVOIDと同じコンセプトだな。
※2016年にアメリカでオープン予定のVRを使った体感ゲーム施設



●JustWatching2k12
このアイディアをベースにしたX-Fileのエピソードがあったような。
※シーズン7の13話『ファースト・パーソン・シューター』の事か

●Espilonarge
必要なのはこの技術を使った『エイリアン』のゲームだろ。

●Mike Minier
ここでバックパックにゾンビの臭いを詰め込む仕事に就きたい。

●ninjajuicer
2~3年後に大人気のゲームになると思うぞ。

●Longshadow
昔は”レーザータグ”って呼ばれてたよな。
ピザパーティの余興でよくやってた。
※レーザーを発射するモデルガンでセンサーが付いたベストにレーザーを当てる体感ゲーム。日本でも遊べる施設がある。

●pandafresh
つまり高価なレーザータグって事か?

●stymie99
これをやろうと思ったら倉庫を買わなくちゃいけないのか…
ゲームはますます高価になっていくな!

●Brzostek
素晴らしいじゃないか。
これはレーザータグ2.0としてブームになるだろうし、リアルに(バーチャルだけど)体験してみたいぞ。

●Araisikewai
倉庫サイズの空間にバーチャル世界を構築するんだとしたら壁をすり抜けたりするわけだからどうやってストップさせるんだろうか?

●Maxtro
これはVRの使い方として完璧だな。
レーザータグの施設を持ってる企業ならどこも自前のハードウェアをVRに切り替えるだろうな。

●Doctor Nein
(セガのゲーム)『ハウス・オブ・ザ・デッド』のテーマでやってないのが若干残念。
でも近いうちにこのプロジェクトが日の目を見る事を期待してるよ。

●sonicsean89
↑(ハウス・オブ・ザ・デッドで)やらない程愚かじゃないと思うぞ。
この動画はセガとパートナーシップを結ぶ前に作ったものだろう。

●kainkusanagi
オーマイゴッド、つまりウェアハウス(倉庫)・オブ・ザ・デッドになるという事か。

●Prozac4545
↑それだ。
バックパックをドリームキャストの形にしてキーボードを持つようにしよう。
※『タイピング・オブ・ザ・デッド』ネタ

●Assassin_Kensei
これは酷いアイディアかもしれない。
いや、アイディアは素晴らしいんだが、結果が酷い事になりそうだ。
なんせウォルマートで歩き回っててスキップもしてないのに怪我するような連中ばかりだし。
目隠しをして倉庫の中を歩き回らせたいか?
壁の中をすり抜けたりできちゃうし、VRが作り上げた机をパンチしても結果は残念な事になりそうだし。
でも、こういうものは断然やってみたい。
頼むからこういうのを台無しにしてしまう人にはやらせないでほしいね。
このゲームについて言うなら倉庫はまるきり空っぽでセッションの開始から舞台が切り替えられそうだ。
友達と一緒にミリタリーシューティングをやるのはどうだ?
あるいはホラー映画の世界に放り込まれるのは?
それともシューティングじゃなくて宝探しとか?
素晴らしいアイディアだから滅茶苦茶する人達に台無しにされてほしくないな。

●A Bomb!
最近地元のマイクロソフトの店でVive(HTCのVRヘッドセット)を試したんだけど、どのデモもVRヘッドセットをつけて狭い店内の中を歩き回る内容だった。
その中の1つがシューティングで、ロボットにレーザーを撃ったらロボットが撃ち返してくるからスペースを利用して動き回ったり避けたりして、シンプルだったけど凄く楽しかった。
同じような感じでしかも範囲が倉庫並みに広くなるんなら最高だろうな。

●ExistentialEgg
唯一望むのはVRヘッドセットのパッドが交換できるようになることだ。

●CHRONICpeace
自分としてはこういうのでゴーストバスターズのゲームがやってみたい。
友達4人VS幽霊、ってね。
原作のシーンを再現するんだ。
新しいシナリオだとしても素晴らしいアイディアだと思う。
VRでこういう事をするのが見てみたいぞ。

●ababyseal
売るためにはこの男を見つける必要がある。



●Orionsangel
25年前に12歳だった自分は既に…

sega_vr_2
credit:kotaku.com

●kokotauroX
アメリカでも似たようなアイディアがあるのを聞いた記憶がある。
VRヘッドセットと広い空間を組み合わせて、風や水滴による雨の表現といった本物の環境変化エフェクトとVRを使ったマッピングチェンジによる標高の変化も出来るとか。
こういうのはテーマパークなんかで実現できると思う。
レーザータグをVRで補強するならさほど効果にもならないんじゃないかな。
一番の疑問は動力、プロセス、VR世界とシンクロさせるための待ち時間だ。
VRヘッドセットを付けて複数人と一緒に広い空間を動き回るとして、実際の位置とVR空間での位置を一致させなくちゃいけないし、ちょっとのずれでもかなり違和感を感じると思う。
特に誰かをカバーするために走り回ってる時なんかは。
どういう風に処理してるのかも興味あるね。
バックパックにGPUを搭載したPCが入ってるのか、無線で処理してるのか。
クールだけどハードルは高いと思う。

●Spustatu
↑ユタ州をベースにしてるVOIDという所だな。
そこは完全に世界を構築してるけど。

●Assassin_Kensei
PCを携帯してるって事はないんじゃないかな。
むしろサーバー内のリモートPCで各プレーヤーを処理してると思う。

●outpatientzero
何年も前から言ってた事だけど、VRで空間をデザインするのはゲーセンの復権の始まりとしてかなり良いオッズだと思うね。
ランパーティーとクラシックなゲーセンが死んだ時からゲームは苦戦してると思ってたんだ。
こういうものが始まる事でコミュニティ内のボンクラが多少減ってくれることを期待してるよ。

●wahyudil
死ぬまでに一度はやってみたいぞ。

●Steven James Goldsmith
しかしこれを遊ぶためには倉庫が必要になるのか…ハハハ。
しかしどちらにせよクールだな。
レーザートロン(レーザータグ)よりも良さそうだ。

●Garren Seifert:フォートウェイン、インディアナ州、アメリカ
何故みんないつもミリタリーグレードの物を使いたがるんだ。
安物だぞ。

●Tourrea Levon Wright:ロサンゼルス、カリフォルニア州、アメリカ
1つの文の中にVRとミリタリーグレードのハードウェアという言葉が入っているのはなんか映画みたいだ。

●Zachery Palmer:グランドラピッズ、インディアナ州、アメリカ
未だにVRには惹かれないんだよな。
古臭いと言われるかもしれないけどやっぱり自分にはテレビとコントローラーでやるゲームが最高だ。
(PC派は同意しないだろうけど)

●James Galasso
↑俺はマウスとキーボード、あるいはコントローラーとヘッドセットとモニターだな。

●Kevin Bélanger
コンソールかキーボードとマウス、ウルトラワイドスクリーン。
でもVRには興味なし。

●Bec Lee
見たたら面白い事になりそう。
VRヘッドセットを付けた人達が伏せたり避けたり隠れたりしてる訳だけど、付けてない人にとっては何もない空間でみんな走り回ったり存在しない物の陰に隠れたりしてる訳だし。

●Ryan Parman
2016年、人々はゲーム映画の中に出てくるようなゲームを遊ぶようになるのか。

●David Grubb:ダッボー、オーストラリア
デモを見た感じだとプレステのMoveモーションコントロール技術とオキュラス・リフトを組み合わせてバックパックにPCを仕込んでるみたいだな。
これはクールなマッシュアップだと思う。

●Simon Bravo
流石メルボルン!
おめでとう!






オーストラリアでは連日予約が埋まる程の人気となっているようです。
レーザータグは一度やった事がありますが、自分がやった時はレーザーが目視できなかったので暗い空間でひたすら撃ちあうだけという結果になってしまいましたがこれは仮想空間が目の前にあるだけ面白くなりそうです。
現実に壁や障害物を用意してVR空間のオブジェクトと同期させれば更にリアルになりそう。
個人的に対戦よりも強力プレイで巨大なモンスター討伐をやってみたい。
(あるいはプロトンパックで幽霊退治)
任天堂と協力してリアル(VR)スプラトゥーンも面白そう。




(テポインー)Tepoinn® 3D VRメガネ 超3D映像効果 3.5- 5.5インチのスマートフォンに適用
(テポインー)Tepoinn® 3D VRメガネ 超3D映像効果 3.5- 5.5インチのスマートフォンに適用