tenyo-logo
credit:テンヨー

東京に本社がある玩具会社のテンヨーは手品用の道具を主に製造販売しています。
テンヨーの手品道具は海外でも知られており、海外のマジシャンが集うサイトでテンヨーの道具について語っていました。

引用元:themagiccafe.com

スポンサードリンク



●不明
先週イタリアで行われたFISM(世界最大のマジシャンの連合体のイベント)でテンヨーの開発部門の3名と会ってきた。
親切にも9月に発表するトリック3点を見せてくれたよ。
1つは完全に圧倒されて、もう1つは凄く良くてかなり実用的になりそうだった。
3番目と4番目はもう1か月以上前からここで待ち望まれていたものだ。
これは楽しみになると思うぞ。
今は干し首の口みたいに唇を閉じておくことにしよう。

●不明
これは良さそうだ…

●ベルギー
OK、よだれを垂らしながら名前を想像しつつ予約の予約を始めようじゃないか。

●不明
ルーバーフィドラー(2014年に逝去したアメリカのマジシャン)は今もテンヨーでアイテムをリリースしてるんだろうか?

●パリ、フランス
2012年の11月、テンヨーの元にルーバーフィドラーから大きな荷物が届いた。
中には今後1年に渡ってテンヨーが作る作品の数々が入ってた。
その後にゴーストカードやセキュリティロックがリリースされた。
テンヨーの所に他のプロトタイプやルーバーがトリックや作品を解説した動画があるのは間違いないだろうけど、テンヨーがそれを使うのか、そもそもルーバー亡き今法的に使えるのかもわからない。

●不明
↑プロトタイプはルーバーが亡くなる前に彼の元に送り返されてる。
テンヨーはルーバーのプロトタイプを持っていないし、自分が知る限り彼のトリックをリリースする予定はないはず。
新製品にもルーバーの作品は入ってない。
プロトタイプの中にテンヨーが将来製品にしたいものがあったらルーバーの遺族と交渉を始めることになると思う。

●パリ、フランス
ざっくりとGoogle翻訳にかけてみた

フューチャーパズル:箱に入ったジグソーパズルが登場する。観客はカードの中から1枚引くように言われる(自由に選べる)
箱を開けると中には観客が選んだカードの柄のジグソーパズルが入ってる。

四次元コンテナ(不思議なドッグハウス):3つに区切られた白いプラスチックの箱が登場する。
それぞれの区切りの中には異なる色のスポンジでできた犬が入っている。
観客がどれかの色を選んで、蓋をして開けると中の犬は全てその色になっている。

ファントムハンケチ―フ(ゴーストカメラ):どうやらスマホを使うらしい

小さなプランジャー(魔法のプランジャー):これはワールドベストマジックシリーズらしい

Tenyo2016
credit:テンヨー

●不明
↑この中のどれに圧倒されたんだろうか?

●不明
↑フューチャージグソー。
まだ明確な説明をするに至ってない。

●不明
↑素晴らしいニュースだ。
そうじゃないかと思ってたんだ。

●不明
テンヨーの新製品は9月中旬に販売されるんだろうか?
来月買えるといいんだけど。
お勧めに従って去年の12月に日本に行った時に新製品を全部買ってきたけど失望しなかったね。
どれか1つに絞るのは非常に難しいだろうし。
(他にもアメリカでは売ってない、売ってても高いものを10ばかり買ってきた)

●不明
9月6日に東京で行われるテンヨーフェスティバルで売られるはずだけど他の店に並ぶのはもう少し時間がかかるだろうな。

●不明
昨日テンヨーフェスティバルのことを聞いたばかりだ。
1日違いで見過ごしなんて残念すぎる!
いつも来年こそはになるんだ。

●不明
テンヨーフェスティバルは非常に人気だからチケットは抽選になる。
だからチケットを得るチャンスは1か月くらい前になるな。

●不明
土曜日に全てのトリックを見て幾つかセットを買って遊んでみた。
魔法のプランジャーに関しては一点違う部分があったね。
(それ以外だと現在市場に出ているバージョンよりも33%安い)
で、これには1枚のギミックカードがいる。
ブリーザークリンプ(カードに特殊な折り目を付けてマーキングする方法)は使ってない。
プランジャーはオリジナル版についてるのと同じようにギミック無しのもので、バイスクルカードも1セット付いてくる。
日本のテンヨー製品の顧客に売れるようになってる。
我々(西洋の手品愛好家)はテンヨーの顧客としては数%だし、今回のリリースは我々用には設計されてないという事だね。
それ以外の製品はかなり良いよ。
スマホとハンカチのはかなり利用されると思う。
ジグソーパズルのは最も独創的だね。
スポンジの犬のは最も色んなことができる。

●パリ、フランス
日本のマジックショップが新製品全ての動画を公開してる。
チェックしてみてくれ。


 


●不明
日本から戻ってきたところで新製品をいくつか買ってきた。
10月前に販売できるのはテンヨーのオフィシャルディーラーだけで、英語の説明書は10月末になるらしい。
ともあれこの新アイテムをプレイするのは楽しかったよ。
もし日本に行ってデモンストレーターを見る機会があるなら買う製品についてのコツを質問する価値はあると思うね。
説明書には載ってないよくできたトリックを色々見せてもらったよ。

●不明
テンヨーの新製品をゲットした。
自分のランクはこんな感じ。
1.魔法のプランジャー
2.不思議なドッグハウス
3.ゴーストカメラ
4.フューチャージグソー

●不明
今年のは買う気になれないな。
どれも”パズル”的で自分にとってマジカルな部分がない。

●不明
↑実際に試してみた方がいい。
その評価よりも遥かに良いものばかりだぞ。

●不明
誰か不思議なドッグハウスをゲットした人はいないか?
買う価値ある?

●不明
↑ああ、これは素晴らしいぞ。
多用途な道具なだけに犬のスポンジだけじゃなくて色んな物で代用できる。

●不明
数週間前に新製品をゲットして、今週末それを使う機会があった。
面白いセットだったな。
正直に言うとテンヨー版の魔法のプランジャーが一番気に入ったかも。
不思議なドッグハウスが一番オールドスクールなテンヨーのアイテムで、色んな理由からこれも好きだ。
ゴーストカメラはクールなビジュアルで色んなアイディアがあるね。
マシュー・ビシュ(フランスのマジシャン)はテンヨーにとって第2のルーバーフィドラーになるのかも。
彼は幾つかクールなコンセプトを披露してる。

●不明
自分が注文したのが今日届いた。
今年のラインナップは嬉しい驚きだったな。
昔の”素晴らしいトリックが誰でもできる!”や”練習の必要なし!”が懐かしくなってきた。
2011年のポップアップボックス、2012年の魔法のメモパッド、2013年の4Dプリンターにはがっかりしてて、子供の頃に買った箱から出してすぐに使えるプラスチックの手品道具が懐かしくなってたんだ。
今年のラインナップは本当に気に入った。
昔のテンヨーが戻ってきた感じだ。
早速魔法のプランジャーを使ってみたけどよく出来てて楽しかったね。
見た目もくだらなくて面白いし、サイズはあれとしてトリックは全くないようにも見える。
早速追加で注文したよ。
不思議なドッグハウスも凄くクールではあるけど蓋を開ける前にギミックがちゃんと作動してるか確認しないとだめだね。
(自分のが不良品だったのかも)
今はゴーストカメラをよく使ってる。
最近はみんなカメラ付きのスマホを持ってるしね。
最後にフューチャーパズル。
確かにこれは本当に独創的だけど一番テンヨーらしくない感じもする。
でもみんな引っかかりまくってる。

●不明
今年のラインナップはちょいがっかりだったけど不思議なドッグハウスは好き。
なんせ可愛い!
手品が好きな息子のために追加で買うつもり。

●不明
↑うん、今年の勝者はドッグハウスだね。

●ロンドン、イギリス
↑犬が1つから2つ、2つから3つになってそれから消えるのよりも複数職だった犬が同じ色に変わる方がインパクトが強いと思ったな。
犬が増えてくのはギミックをしくじるリスクもある。

●不明
誰か追加のスポンジドッグを買えるか知らないか?
早速1個無くしてしまった!

●不明
↑だから予備の犬がついてるのさ。
でも追加の犬を買う手立てはないね。
でもこのアイテムは十分安いしもう1個買って余った箱の方は別のエフェクトに使えばいいんじゃないかな。

●不明
↑予備のも無くしてしまったんだ。
新しく買うことにするよ。
安いしね。







テンヨーは毎年新製品を発表しており、海外にも注目している人たちがいる模様。
海外マジシャンの考案した道具の商品化も行っているようです。





魔法のプランジャー
魔法のプランジャー