kumiko_5
credit:Facebook.com

障子や欄間などに使われている、細い木を接着剤を使わずに組み合わせて模様にした組子は古くは飛鳥時代から使われてきた日本の木工技術です。
日本の組子に対する海外の反応です。

引用元:Facebook.com

スポンサードリンク



1.
kumiko_1
credit:Facebook.com

2.
kumiko_2
credit:Facebook.com 

3.
kumiko_3
credit:Facebook.com

4.
kumiko_4
credit:Facebook.com 

5.
kumiko_5
credit:Facebook.com 

6.
kumiko_6
credit:Facebook.com 

7.
kumiko_7
credit:Facebook.com

8.
kumiko_8
credit:Facebook.com

9.
kumiko_9
credit:Facebook.com


●女性
これは凄い。
この技術は不滅だね。

●女性
このテクスタイルパターンは興味深いね。
アフリカのテクスタイルパターンとの類似性が見て取れるよ。

●バンジュール、ガンビア:男性
印象的だ。
こういうの好きだな。

●スポケーン、ワシントン州、アメリカ:女性
行燈のが好き。
壁に模様が映るのが美しいね。

●ローカストグローブ、バージニア州、アメリカ:男性
教本なんかはあるんだろうか?

●男性
ジオメトリックな模様だな。

●リオリコ、アリゾナ州、アメリカ:男性
この模様は革のデザインにも良いような気がする。

●男性
マーベラス…
完璧なアートワークだ。

●バンダルスリブガワン、ブルネイ:女性
ブラボー。
素晴らしい芸術品だね。

●シュリーナガル、インド:男性
美しい。
同じような木工技術がカシミール地方にもあるよ。

●クアラルンプール、マレーシア:男性
うちの玄関口にあるのに似てる。
光が通ったらどんな感じになるかな。

●女性
なんだか刺繍の模様を思い出した。

●女性
本当に凄いし美しいね。

●テルアビブ、イスラエル:女性
アーティストは誰なんだろう?

●ラ・ルヴィエール、ベルギー:男性
ワオ!これは凄い作品だな!

●男性
どうすれば買えるんだろうか?
値段は幾ら位なんだろう…

●ビワンディー、インド:女性
これは良い職人芸だね。

●男性
1平方フィートあたり幾ら位なんだろうか。

●ジャカルタ、インドネシア:女性
日本式のバティック・スタンプかな。
※東南アジア、南アジアで作られるバティック布(wikipedia)を染めるのに使うスタンプ

●女性
美しい模様だね!

●パリ、フランス:男性
きれいです。(原文ママ)

●ローカストグローブ、バージニア州、アメリカ:男性
どこに行けば作り方を習えるんだろうか?

●ラ・マルサ、チュニジア:男性
↑日本。

●ラホール、パキスタン:男性
これはどうやってくっつけ合わせてるんだろうか?

●女性
作り方を覚えたいな。

●女性
日本の織物のパターンにも似てるね。

●女性
数週間後に日本に行くからその時に探してみる。

●女性
美しい芸術作品だね。
どうやってあんなに小さく切れるんだろう?

●ポシート、アルゼンチン:女性
ファビュラス!
美しいし作るための根気が素晴らしいね。

●ムンバイ、インド:女性
これは本当に興味深い工芸だね!

●ムンバイ、インド:女性
本当に芸術的!

●ムンバイ、インド:女性
このランプシェードはとにかく素敵。
誰かプレゼントしてくれないかな?

●サンノゼ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
大きい行燈が特に好きだな。

●男性
レーザー加工で作ってるのかな。

●女性
↑ううん、手作りだよ。

●トリポリ、レバノン:女性
手で小さな部品を切り出して小さな四角に組んでるね。
忍耐が必要だよ。

●キングストン、オンタリオ州、カナダ:女性
まずレーザーカッティングはジャンルが違うしね。
こっちは本物のアート。
職人には敬意を表さないと。

●女性
この行燈は幾ら位するんだろう。

●ナイロビ、ケニヤ/ブランプトン、オンタリオ州、カナダ:女性
このパネルはナイロビに売ってないかな?

●女性
絶妙だね。

●ルイスビル、ケンタッキー州、アメリカ:男性
8の五芒星のを使ったものを見てみたいな。

●エードリアン、ミシガン州、アメリカ:女性
なんという器用さ!
もちろん忍耐力も。

●ムンバイ、インド:男性
凄い作品だな。
言葉も出ない。

●アレクサンドリア、エジプト:男性
日本人は人生かけて打ち込んでるな。

●ホーチミン、ベトナム
繊細な作品だね。

●ギーラーン、イラン:女性
凄く良いね。
難しそうだけど面白そう。

●ムンバイ、インド:男性
昔、こういう風に木を組んで布のような柔軟性を持たせて作ったリラクイニンググチェアを見た事がある。
もう失われてしまった技術だ。

●女性
ワオ!職人が作り上げた複雑なデザインだね!
本当に凄い!

●ムンバイ、インド:女性
こういう作品はインドに売ってないかな?

●女性
この素材はワードローブのコートに使えないかな?

●チヤン、チリ:女性
忍耐力と繊細さ…
美しい作品だね。

●メルボルン、オーストラリア:男性
大きいのを家の飾りに使ったら凄く良さそうだ。

●女性
正確で素晴らしい作品だね。

●女性
どこで作られているんだろう。

●シクーティミ、ケベック州、カナダ:女性
繊細な注意力と忍耐力が必要だよ。

●男性
これは凄いし美しいな。

●女性
信じられないくらい綺麗!

●パリ、フランス:女性
優雅で知的で創造性があるね!





和室の減少と共に組子を使った障子などの需要は減ってきてはいますが、現在にもその技術は受け継がれており、今では組子を利用した小物などを作りネットで販路を広げている所もあるそうです。
組子のランプなどは海外でも人気が出そうな気が。