gold_1
credit:Facebook.com

金沢は日本最大の金箔生産地であり、現在も金箔を使った様々な工芸品が作られています。
日本の伝統工芸で金箔を作品へと移す『箔移し』の工程を見た海外の反応です。

引用元:Facebook.com

スポンサードリンク





●ビクトリア、ブリティッシュコロンビア州、カナダ:女性
凄く興味深いね。
素晴らしい技術を必要とするんだろうな。

●女性
私の仕事だ。
私は箔職人でこういう金箔を仕事で使ってるよ。
本当に興味深いし良い感じだね。

●パリ、フランス:女性
↑動画では”Japanese Gold Leafs”と言ってるけど日本以外でも色んな飾りに使われてるよね。
(例えばフランスのベルサイユ宮殿も金で覆われてる)
これって日本からのものなのかな?

●男性
↑金箔は世界中で作られてるよ。
日本もそうだし、ロシア、フランス、タイ、イタリアでも作ってる。

●アセンズ、オハイオ州、アメリカ:女性
凄い技術だね!

●ジョージタウン、マレーシア:女性
こうやってるんだ。

●女性
イコン(キリスト教で使われる絵画:wikipedia)を作る時に同じような手法を使ったね。

●サレルノ、イタリア:女性
日本♥

●ウィンダミア、イギリス
伝統的な金箔の使い方だね。

●ロアート・パーク、カリフォルニア州、アメリカ:男性
ブックマークを作る授業で習った事がある。
ひたすらに面倒で大変だったな。

●ハイフォン、ベトナム:男性
日本の金箔術か。

●不明
凄い。
日本のデコレーション技術だね。

●サンパウロ、ブラジル:男性
ファンタスティック。
希少本には更に箔を押すプロセスがあるよ。
箔を切って背表紙に押して完成とするんだ。

●ソフィア、ブルガリア
日本の金箔は今でも手作業で行われているんだね。

●男性


●男性
これは特別だ!

●ロサンジェルス、カリフォルニア州、アメリカ:男性
美しい…

●シンガポール:女性
何でこんなに綺麗なんだろう!

●男性
↑ソフトクリームに乗せたりもするよ。
gold_2
credit:Facebook.com

●シンガポール:女性
↑値段は1000円位かな(笑)

●フレズノ、カリフォルニア州、アメリカ
これは面白い!

●男性
↑70年代、ロサンジェルスに金箔で写真を作る女性がいたよ。

●マドリード、スペイン:女性
ワオ!金箔の扱いが素晴らしいね!

●男性
凄く簡単そうにやってるな。

●ブジャク、ルーマニア:男性
スペインにも金箔を押す技術があるよ。
木槌で金箔を押した事がある。

●マリンガ、ブラジル:女性
これは本当に素晴らしいね。

●リスボン、ポルトガル:女性
日本の手作業で金箔を押すユニークな技術だね。

●ウルヴァリンレイク、ミシガン州、アメリカ:女性
シェアしてくれてありがとう。
どうやってあんなに薄い金箔を作れるのかずっと不思議だった。
これで分かったよ。
接合材料が適切だった場合、金はどんな素材にもしっかりつくというのが凄いね。
しかも汚くないし…
本当に凄い。

●ミネソタ州、アメリカ:女性
これは本当に素晴らしいな。

●ギルバーツビル、ペンシルバニア州、アメリカ:男性
↑何年も前に見に行った事があるよ。

●バリ、バーモント州、アメリカ:男性
花崗岩の墓石に彫るサンク文字は今でもこの手法を使ってるね。

●女性
私も作品作りに少しだけこの手法を使ってる!

●女性
以前働いていた美術店でこの手法を使った本を売ってたね。
アナグマのブラシを使って金箔を破かずに貼ってた。

●トゥルク、フィンランド:女性
これは古代から継承されてカソリックの彫像にも使われてたし、今でもスペインのとある地方では彫像の名人が使っているね。
”estofado”と呼ばれてる。
織物の複雑な模様や色んな質感を模倣するから凄い技術を要求される。

gold_3
credit:metmuseum.org

●女性
凄く綺麗だね。
私も家の壁を金箔で覆ってみたい。
朝は眩しくて眼が痛くなるかも。

●女性
大昔、レストランで特製のチョコレートに金箔を被せる様子を見た事がある。

●ハウンズロー、イギリス:女性
↑イギリスでは食品用の金箔を買う事が出来るよ。
凄く綺麗だけど使うのはメチャクチャ大変。

●イギリス:男性
このスキル…
自分なんかフィルムをきちんと貼る事も出来ないというのに。

●カナダ:男性
自作の獅子舞の頭に日本の金箔を貼ったよ。

gold_4
credit:Facebook.com

●マンスーラ、エジプト:女性
昔からある装飾の技法だね。
家具にも使えるけど時間とともにすり減るからもったいないね。

●男性
↑その通り。
日本だけじゃなくヨーロッパにもあるよ。

●女性
KamizawaじゃなくてKanazawaだよ。

●ミネアポリス、ミネソタ州、アメリカ:男性
タイだと自分を象った像に金箔を貼る事が出来る。
楽しいぞ!

●女性
億万長者と結婚したら金箔を貼ったウェディングドレスを着たい。

●トロント、オンタリオ州、カナダ:男性
とにかく何でも金にしてた友達のために額縁に金箔を押した事がある。
時間かかった!

●男性
何でこんなに高いのか分かった。
時間がかかりまくるからなんだな。

●男性
金は食べる事も出来る。
体に害が無くて、そのまま排出される。

●サンマテオ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
新大統領がホワイトハウスをリモデルする時のためにこの技術を買っておくことはできるかな?

●女性
これってレストランとかで使ってる金箔と同じものなのかな?

●ニーウェガイン、オランダ:女性
良いね。同じ技術はミャンマーでも使われてたと思う。
ミャンマーの寺院では仏像に貼るための金箔が売られてたよ。

●ロザラム、イギリス:女性
金箔って凄く興味深い事に気付いた。
作品に金箔を使うの好きだよ。

●男性
日本のものってクールで良いよな。

●女性
これは日本だけでなくて普遍的な技術だね。

●女性
息を呑んだ。

●女性
私は普通の紙ですら扱いかねるというのに。

●クラクフ、ポーランド:女性
金箔はイコンを描く時にも使うね。

●男性
↑私の仕事がそうだよ!

●男性
これって合ってるのか?
100nmって薄すぎるような。

●ホーチミン、ベトナム:男性
凄いな。
全然知らなかった。

●男性
見てて満足感があるな。

●女性
なんだかうっとりとしてくる。

●ワラワラ、ワシントン州、アメリカ:女性
ワオ!何というスキルと繊細さ!

●シドニー、オーストラリア:女性
金沢で見てきた!
素晴らしかったよ!

●男性
本物の芸術だ。



日本の金箔生産は金沢が99%を占め、ヨーロッパ最大の生産地であったドイツが第一次世界大戦で壊滅的被害を受けた事で金沢の箔生産は飛躍的に発展したそうです。
参考サイト:hakuichi.co.jp
ちなみに金は青い光を吸収し、金箔の場合は青を透過させるためにとことん薄くした金箔は向こうが青く透けて見えます。
一般的にアクアオーラやオーロラクォーツ(wikipedia)と呼ばれている青い水晶は金を蒸着させたものです。

gold_5
credit:wikipedia.org