gosen_4
credit:badmintoncentral.com

バドミントンラケットの世界シェアトップと言えば日本のヨネックスですが、バドミントンのガット(ストリング)は化学繊維でできたシンセティックガットだと日本のゴーセンが世界トップの生産量となっています。(OEM製品含む)
ゴーセンのストリングに対する海外のバトミントンプレーヤーの反応です。


スポンサードリンク



『ゴーセン G-TONE 5』

●パナマ
ゴーセンのカスタムエッジV V2とX V2にゴーセンのG-TONE5を張って2週間使ってみた。
両方共張力は25lbs。
かなり気に入ったよ。
素晴らしいパワーで音も良い。
コントロールも良くて感触はハード寄りのミディアムかな。

音:素晴らしい。多分一番音が出るストリングで最高の音が出る。良い場所に当たった事を知らせてくれる最高に大きな切れのある音だよ。スマッシュが強くなくても音は強く出る位。

コントロール:自分の望む場所に一貫してドロップしたりサーブしたりできる。スマッシュも簡単に角度を決められるね。
ビクター(台湾のバドミントンメーカー)のVS-850やゴーセンのR4X-110と同じ位良いかな。
でも25lbsしか貼ってないからヨネックスのBG66UMには届いてない感じだ。

パワー:R4X-110と同じくらい簡単にパワフルなスマッシュを打てるしBG66UMと同じくらいパワフルだと感じた。
パワフルなスナップスマッシュが簡単に打てるからパワーヒッターじゃない人達は気に入ると思う。

感触:ハード寄りのミディアムと書いたけど間違いなくBG66UMよりも固いね。
でもBG80よりは柔らかい。
R4X-110っぽいけど若干ガラスっぽい。ほとんど感じない位だけど。
次はもうちょっと張ってみようと思う。

頑丈さ:まだ分からないけどゴーセンのレートだと10点中9点だからかなり頑丈なR4X-110と同じくらいだと思う。

テンション:2週間使ってみたけど最初にある若干の低下からずっと安定してたよ。

●ドイツ
↑まだ1回しか使った事ないけど言ってる事は全部同意する。

●パナマ
↑サンクス。
1個だけ追加させてほしい。
スイートスポットに当たると本当に素晴らしい音になるからミスヒットしたかどうかすぐに分かる。
スマッシュをミスヒットするとストリングを弾いたような音になる。

●南カリフォルニア、アメリカ
G-TONE良いよね。

●パナマ
ビクターのJS-10に張って使ってみたけどR4X-110からG-TONE5に替えるかもしれない。
ますますG-TONE5が好きになってきた。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
ゲットしてきたばかり。
ゴーセンのグングニル・イプシロンで試すのが楽しみだ。
アシャウェイ(イギリスのバドミントンブランド)のZM62やリーニン(中国のスポーツメーカー)#1と比べてどうなんだろうか。

●パナマ
↑きっと気に入ると思うよ。
自分はアシャウェイのZM62とZM62F、R4X-110を持ってるけどZM62とZM62FはやめてR4X-110とG-TONE5に絞ろうと思ってる。
ヨネックスのR4X-110とNBG99に並ぶ自分の新定番だね。
NBG99はプラスチックのシャトル用。
R4X-110をプラスチックのシャトルに使うと肩を打ちそうになるから。
でもGT5はその嬉しい中間って感じだ。
試せば言ってる意味が分かると思う。
張力は25~26の中間か30lbs。
GT5は30lbsがベストかな。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
ZM62やリーニン#1より細そうなのが良いね。
青いグングニル・アルファの方にはリーニンを張ってるから赤のイプシロンに青いGT5しか張れないのが残念だ。

gosen_1
credit:badmintoncentral.com

●カナダ
何か新しいのを試してみたいんだけどGT5はヨネックスのBG80の比べてどうなんだろうか?
リールについてるZM62Fが減ってきたからBG80に戻ってきたばかりなんだ。

●パナマ
↑GT5は62Fほど反発しないかな。
BG80よりも固くないのは間違いないけどハード寄りのミディアムだね。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
イプシロンに張って2時間ほどしっかりセッションをしたらどんどん気に入ってきた。
一番印象的なのはラフな位置からのコントロールだね。
プッシュ、ブロック、スライス時にもシャトルをグリップやカットできる。
VS850、ZM62、LN#1よりも良いよ。
同じようにタッチや感触もキレがある。
凄く触感があるストリングだ。
どんな時でもストリングとシャトルの間に何が起きてるかすぐに分かる。
上にあげた3つのストリングよりも上だね。
とは言え、まだLN#1とどっちにするか決めかねてるけど。
張りの持ちも素晴らしいね。
ラケットもストリングも凄く良いのがたくさんあるから決めるのが難しいな。

●シンガポール
高評価はどれも同意だ。
もう3回G-TONE5を使っていて、張りの持ちがヨネックスのアルティマックスよりも良いからG-TONE5の方が気に入ってる。
ゴーセンはRシリーズの4年後にG-TONE5を発売したんだけどこの4年間の研究開発がかなり上手くいったんじゃないかな。

●パナマ
今日はちょっと実験。
ビクター・ジェットスピード10にG-TONE5(32lbs)とZM62F(34lbs)を張ってみた。
家でサーブを打った感じだと良さそうだったな。
今夜どんな感じか試してみる。

gosen_2
credit:badmintoncentral.com

gosen_3
credit:badmintoncentral.com

●クアラルンプール、マレーシア
↑オーマイゴッド、これは素晴らしいコンビネーションだな。
自分もG-TONE5のコンボを試すのが待ちきれないね。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
面白いな。
どこからこのアイディアが出て来たんだ?

●パナマ
↑理由は、”やっちゃ駄目って事ないはず”と思ったから。
GT5以上の改善を求めてる訳じゃなくて、白とライムグリーンの組み合わせが良い感じだと思ったんだ。
何か明確な目的があった訳じゃないね。
何試合かして評価してみた。
急なドロップを何度も出来たし、コントロールは良くなったね。
打ち上げも今までより楽で、2~3mオーバーしてしまったからスイングを調整しなくちゃいけない位だった。
打ち上げはオーバーパワーだったけどスマッシュは今までと同じ感じだったね。
音は弾む感じじゃなくてもっとメタリックな感じだったかな。
感触はGT5だけの時より明らかに固くて0.5ポイント位固くなった感じ。
評価:他の組み合わせもしたくなった。
まだどうするか決めてないけどRX4-110をGT5とミックスしてみるかも。
どっちをメインにしようか?

●トロント/バンクーバー、カナダ
ビクター・メテオX JJSにG-TONE5の緑色を25lbsと27.5lbsで張って3.5時間ほど叩いてみた(シングルで5ゲーム、ダブルでハードに4ゲーム、それから練習)。
スマッシュした時の音は…ワオ。
普段はゴーセンのRX4-110を使ってるんだけどG-TONE5の方が良いと思ったな。
少なくともコントロール、タッチ、感触はRX4-110と同じだった。
反発はG-TONE5の方が良いね。
話題になってた耐久性に関しては注意して観察してみたけど外側の解れはRX4-110に負けてたかな。

●ハンプシャー、イギリス
オレンジと白で何か違いはあるんだろうか?
オレンジの感触は好きなんだけど色は好きじゃない…

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
↑オレンジを26×28lbsで張ってプレイしてみた。
ストリングを張ってもらってから1日放置した後の周波数は1300Hzだったよ。
※ラケットの面を弾いた時の音から面圧を判断する
触感は素晴らしかったし活発な音が出てたよ。
白、青、黄よりも良かったね。
青みたいにすぐ傷にならなくて白みたいに簡単に縒れないなら余裕でリールにはオレンジを付ける。

●不明
G-TONE5の緑を400m買ったばかりだ。
ヨネックスと比べたら驚くほど安いのな。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
興味深い事実として、ゴーセン(とアシャウェイ)は両社とも40年代に釣り糸のメーカーとして始まったという点がある。
その後手術用の糸、織物、工業用ロープ、エアバッグやシートベルトのような生地へと手を広げていった。
そして50年代にラケット用ストリングの研究開発を始めたんだ。
ヨネックス、ビクター、リーニンなど他の会社と違ってゴーセンとアシャウェイのストリングは特別なものを持っている。
そしてGT5とZM62Fに特にそれが現われてるね。
しかも両社とも他社製品よりも物が良くて安いときてる。
好きにならないのは難しいね。

●シンガポール
白とオレンジを試してみたけどかなり良いな。

●オーストラリア
赤を試してみたけど、赤というよりもピンクに近いな。
音は相変わらず素晴らしい。
張ってる最中に伸びるらしくてストリンガー(ガット張り職人)からの評判は良くないけど。

●シンガポール
↑伸びるのが問題になった事は無いな。
設置したらメチャしっかりしてるよ。
テンションが緩む事もないし。

●スウィンドン、イギリス
なんだかますます騒がれてきてるな。
これはどうやら新たな人気製品か?

●ヨーロッパ
ストリンガーが張り終わって数時間後に使ってみた。
音が素晴らしいね。
BG80位頑丈でVS850みたいにすぐ緩むことが無いよう期待してるよ。
しかし本当に色による違いってあるのか?
自分は黄色を使っていて、赤はどっちかというとサーモンピンクっぽいからあまり魅力に感じないんだ。

●パナマ
台湾と日本から戻ってきた。
新しいストリングを買ってきたよ。
G-TONE5をね(笑)
これはミズノ・キャリバーレグ奥原エディションにG-TONE5(サーモンピンク)@27lbsを張ったもの。

gosen_4
credit:badmintoncentral.com
gosen_5
credit:badmintoncentral.com

gosen_6
credit:badmintoncentral.com

●シンガポール
ワオ、色によって違いがあるなんて知らなかった。
今はリーニン#1の黄色を使ってるけどG-TONE5のオレンジか黄色をゲットしないと。





ゴーセンはシンセティックガットの草分け的存在であり世界でも高い評価を得ています。