00017
credit:npr.org

日本で古くから作られてきた根付は海外でも高い評価を受けている伝統工芸です。
現代の根付職人・駒田柳之氏による根付製作の様子を見た海外の反応です。
駒田柳之氏は根付職人の三代目で1つの根付を作るのに2か月、顔を彫るのに7~10日間かけるとの事。

引用元:Facebook.com

スポンサードリンク








●ジャクソンビル、フロリダ州、アメリカ:男性
なんという忍耐力だ。

●サンフランシスコ、カリフォルニア州、アメリカ
彼は素晴らしいよ。
私の英雄。

●ニューヨーク市、ニューヨーク州、アメリカ:女性
凄く好き!

●ブルックリン区、ニューヨーク市、ニューヨーク州、アメリカ:女性
これは興味深いね。

●女性
素晴らしい芸術だよ!
ウン十年になるアンティークコレクションをしてる!

●女性
保持に使う道具ですら完璧!

●女性
凄い技術だね!

●カンザスシティ、ミズーリ州、アメリカ:男性
これは凄い内容だ。

●ウェストコビーナ、カリフォルニア州、アメリカ:男性
とんでもないな。

●女性
素敵な彫刻だね。

●男性
この彫刻は美しいし独特だと思う。

●女性
前からこの小さな美が好きだった。

●ブレントウード、カリフォルニア州、アメリカ:男性
凄い技術と忍耐力だな。

●オーロラ、コロラド州、アメリカ:男性
20年前に入手した木製の根付を今でも持ってるよ。
自分にとっての幸運のお守りだ。

●男性
自分もミニチュアを彫ってるけどこの素晴らしい作品には遠く及ばない。

●バーンズビル、ノースカロライナ州、アメリカ:女性
根付を2つ持ってて大事にしてるよ。
素晴らしいから!

●ウィリッツ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
ローリー・R・キング(アメリカのミステリー小説家)の『The God of the Hive』を読んだばかりなんだけどそこで根付の事が書かれてた。
何たる偶然!

●グランド・ブラン、ミシガン州、アメリカ:女性
こういうのを見ると芸術と世代から世代に受け継いでいく芸術の重要性を思い起こさずにはいられないね。

●イェルビル、アーカンソー州、アメリカ:女性
凄く良いね!
特に作品を押さえておく台が気に入った。
素晴らしいアイディアだよ。

●サンディエゴ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
前から好きな芸術形式の1つ。
ロサンゼルス・カウンティ美術館の日本芸術パビリオンには素晴らしい根付のコレクションがあるよ。
複雑なミニチュア彫刻に勝てるものはないね。

●スプリングデール、ユタ州、アメリカ:女性
凄い!
ロサンゼルス・カウンティ美術館の根付カタログの仕事は楽しかったな。
全てのジャンルを網羅する最高のコレクションの1つだね。
作品そのものの中に小さな世界が内包されてる。

●マンチャカ、テキサス州、アメリカ:女性
30年位前に母親と一緒にアンティークオークションに行った事があって、そこで1時間位根付を見てたよ。
幾つか根付コレクションがあって、ドアを開いて中を見られるキャビネットの根付もあった。

●レッドランズ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
ファンタスティック!
シェアしてくれてありがとう!

●女性
古代の芸術技術は全人類の財産だよ。
私も伝統的な彫刻技法を習得してみたい。

●ハーウィッチ、マサチューセッツ州、アメリカ:女性
1880~1913年の根付を持ってるんだけど特定する事は可能なのかな?

●男性
オーマイゴッド、根付じゃないか。

●男性
根付が好きだ。

●アルバカーキ、ニューメキシコ州、アメリカ:男性
どんな種類の木を使ってるんだろうか?

●女性
破壊は楽だけど創造は時間も忍耐もいるね…

●アセンズ、ジョージア州、アメリカ:女性
プレゼントで貰った根付を大事にしてる!

●女性
通訳は駒田さんの娘さん。
家族だからこの取材を受けてくれたんだよね。
日本の芸術的伝統を学ぶ機会をくれた事に感謝。

●ベセスダ、メリーランド、アメリカ:女性
根付のコレクションについて書かれた『The hare with amber eyes.』という素晴らしい本があるよ。
※イギリスの三代に渡る陶芸家について書かれた本

●女性
素晴らしい芸術だし今日まで生き延びてくれた事が嬉しい。

●タコマ、ワシントン州、アメリカ:女性
根付は前に見た事があるけど人物じゃなくて風景だったと思う。
ゴージャスだよね。
根付には前から敬意を持ってる。

●男性
道具は全て自作のカスタムツールで、300種類以上あるんだとか。

●ボルダー・クリーク、カリフォルニア州、アメリカ:女性
情熱はどこにでもある。
日本人はこういう職人に対する感謝を持ってるんだよね。

●男性
これこそ元祖ポケモンだな。

●不明
実に上手いね。
昔の根付のちょっとしたコレクションを持ってて、大事にしてるよ。

●男性
根付には凄く面白いのもあれば恐ろしいのもあって、単なる風景のもあるんだよな。

●女性
この職人を最大級に尊敬する。
これは複雑な芸術だよ!

●女性
異文化に触れるのって好き。
いつか日本を訪れてみたいな。

●ワシントンクロッシング、ニュージャージー州、アメリカ:女性
日本人は細部や毎日の生活の中にある美しさに対する注意力が凄いよね。
日本人の芸術やデザインに対する姿勢は刺激されるね。
この職人を紹介してくれたJICC(在米国日本大使館広報文化センター)とスミソニアン博物館アーサー・M・サックラー・ギャラリーに感謝。
JICCの根付展示会は楽しかったよ。

●キューガーデン、ニューヨーク州、アメリカ:女性
あの工具と彫刻、まるで蝋を削ってるみたい。

●不明
オハイオ州トレド美術館には根付の美しく歴史的なコレクションがあるね。

●女性
これは見た目よりも遥かに難しいよ。

●女性
これは日本大使館からの素敵な贈り物だね。
光栄だよ。

●女性
私の根付技術はまだまだ修練が必要だって事だけははっきりと言える。

●ツーソン、アリゾナ州、アメリカ:男性
根付を集めてるよ。
複雑な彫刻をする技術と才能は感動だ!

●不明
この芸術を覚えてみたい。

●ワシントンクロッシング、ニュージャージー州、アメリカ:女性
これはクール!

●タコマ、ワシントン州、アメリカ:女性
素晴らしい工芸だね。
先週根付のレクチャーを受けに行ったよ。
そこでの根付はバナナに滑って転んだ瞬間を切り取ったものだと言ってた。
面白かったな!

●不明
↑根付は職人が彫りたいものを彫ってるんだよな。
ユーモラスなものもあれば職人が好きなものもある。
(動物も一般的だ)

●女性
魅了されたよ。






特殊な道具を使い、凄まじい集中力をもってしても完成までに数か月かかる根付。
昔から今に至るまで数多くの職人が様々な作品を残しており、海外でも高い評価を得ています。
追記:児玉龍兒→駒田柳之に修正。ご指摘感謝です。




根付 NETSUKE ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)
根付 NETSUKE ジャパノロジー・コレクション (角川ソフィア文庫)