00327
credit:japantimes.co.jp

1994年に酒税法が改正された事で日本各地に小規模なクラフトビールの醸造所が生まれました。
現在日本のクラフトビールは人気を増してきており、海外で高く評価されている醸造所もあります。
海外のビールファンが日本のクラフトビールの醸造所はどこが最高かを語り合っていました。

引用元:ratebeer.com

スポンサードリンク



『2016年版日本のベスト醸造所』

●投稿主
まだ少し早い事は分かってるけど忘れる前に始めておこうと思う。
自分の日本のビールの対する印象は変わったし、みんなもそうだと思うからこれは議論する価値があると思うんだ。
また投票するべきだと思う?
もしそうなら自分が音頭を取ろう。
興味があるなら日本の醸造所で好きな所を10あげて欲しい。
それをソートして新年に発表するよ。

●comment
上から順に?
今年のに関してだよね?

●comment
乗った!

●投稿主
>上から順に?
>今年のに関してだよね?
その通り!

●comment
1.ヨロッコビール
2.鬼伝説
3.京都醸造株式会社
4.志賀高原ビール
5.ワイマーケット
6.湘南ビール
7.富士桜高原麦酒(山梨県)
8.日本海俱楽部
9.デビルクラフト(東京都)
10.スラッシュゾーン(神奈川県)

●comment
1.ヨロッコビール
2.富士桜高原麦酒
3.ワイマーケット
4.日本海倶楽部
5.志賀高原ビール
6.湘南ビール
7.京都醸造株式会社
8.ベアレン
9.うしとらブルワリー(栃木県)
10.鬼伝説

●comment
富士桜高原麦酒を忘れてた。
1.湘南ビール(神奈川)
2.志賀高原ビール(長野県)
3.富士桜高原麦酒
4.日本海倶楽部(石川県)
5.鬼伝説(北海道)
6.ワイマーケット(愛知県)
7.ヨロッコビール(神奈川県)
8.ヤッホーブルーイング(長野県)
9.ベアレン(岩手県)
10.京都醸造株式会社(京都府)

●comment
1.富士桜高原麦酒
2.ワイマーケット
3.志賀高原ビール
4.ヨロッコビール
5.湘南ビール
6.AJBブルワリー(長野県)
7.デビルクラフト
8.京都醸造株式会社
9.常陸野ネストビール
10.ソングバードビール(千葉県)
良い醸造所はたくさんあるんだけど今年のビールはあまり飲んでなかったり新作が出てなかったりでこのリストには入れられなかった。

●comment
↑ソングバードは確かにかなり印象的だった。
AJBは初めて登場だな!
これでリストに入れる事を思い出した人もいるだろうか?
自分は違うかな。

●comment
↑1杯飲めば2017年度版のリストに入れたくなることは保障する。
なんでみんなのリストに入らないのかは大体わかるけど。
大きくは価格とリザーブメンバーシップの影響を受けてるからだと思う。
価格とリザーブメンバーシップ、2つの要素があるとなかなかリストには入らないだろうし。
※リザーブメンバーシップは年会費を払ったメンバーに定量のビールを提供するサービスの事
AJBは来年初頭に醸造所の規模を拡大するから、会員用じゃない樽ビールの品質が同じだったとしたら来年はもっと多くの人がリストに入れると思う。

2017年の予想
AJBが多くの人のリストに入ってトップ10に返り咲く
京都醸造株式会社が大幅アップ
みんなのレーダーに引っかかっていない醸造所が少なくとも1つは登場する。
ソングバードがランクアップする。
一番ありそうな予想:コエドビール(埼玉県)が話題になる。
うしとら(自分は入れてないけど)はほぼみんなのリストに入るようになると思う。
今回自分なら11番目に入れるだろうけど質にばらつきが多すぎて。
好きになるか買ったのを後悔するかよく分からなかった(イギリスの)ブリュードッグを思い出すんだ。

●comment
2015年にデビューして2016年に最も質が向上した醸造所だったらソングバードで決定だな。
今の時点で自分の中で11位。
トップ10に入れる事も考えた。
デビルクラフトも自分の中でかなり評価が上がった。
今年のAJBは自分の中でかなり上下したけどトップ15には入るかな。
大山Gビール(鳥取県)は去年の冬からピルスナーに力を入れてて他に何種類か作ってるけど匂いがきついのもあるから自分としての評価は落ちたな。
今はアメリカの低アルコール度数のビールが懐かしくなってきてる。
ここだとどのクラフトビールも度数が7~8%みたいだから。
京都醸造は『二度目まして』が凄く良かったな。
今年お気に入りのビールだ
京都醸造は『小麦畑で捕まえて』と『なごり雪』もホームランだった。

●comment
ソングバードはますます楽しみだね。
まだ少ししか飲んでなくて荒い部分もあるけどかなり興味深い。
間違いなくもっと美味しくなるともうな。
AJBももっと高い評価になると思う。
今年はさほど印象的じゃなくてレギュラービールはそこまで興味深くはなかった。
大山Gビールは『DUBBEL』、『CBM 』が素晴らしかったな。
確かに匂いがきついのもあったかな。
自分の中だとトップ10ではないけどトップ15には入る感じだ。
デビルクラフトのビールも素晴らしいのは幾つかあったけどほとんどがまあまあって感じだったかな。
箕面ビール(大阪府)も入れたかった。
後半はかなりしっかりしたビールだった。
新作の幾つかはあまり良くなかったけどコーヒーのような香りのするペールエールは本当に素晴らしかった。
間違いなく評価されるだろうな。

●comment
1.ヨロッコビール
Sky WalkerとCultivatorが大ホームラン!
2.京都醸造
興奮するのは稀だったけどバランスが取れてて質が一貫してた
3.ワイマーケット
ここのドライホップボムが好きなんだけど最近の流行っぽい
※ホップを効かせたビールの事 
4.志賀高原ビール
平均的でボトリングも普通な年だった
5.鬼伝説
ペールエールシリーズが楽しくてワイマーケットとのコラボが凄かったね
6.スラッシュゾーン
ホップヘッド(ホップの効いたビール)としては日本一の価値だけど質は一定じゃなかったかな
7.デビルクラフト
地元らしさを出したのが素晴らしかった。IPA(インディア・ペールエール)も良かった。
8.うしとら
明らかに出しすぎだったけど美味しいホームランもあった
9.麦雑穀工房マイクロブルワリー(埼玉県)
今年のラインナップはしっかりしてたし期間限定品も素敵だった
10.ソングバード
流通量は少なかったけどおそらく最も独創的で向上してたと思う。


●投稿主
(幡ヶ谷で国産クラフトビールを出している)グレムリンのトップ10はこんな感じ。
1.京都醸造
2.志賀高原
3.鬼伝説
4.麦雑穀工房
5.湘南ビール
6.ワイマーケット
7.富士桜
8.ロコビア(千葉県)
9.ヨロッコビール
10.AJB

●comment
新たな疑問。
2016年に開業した醸造所で一番はどこだろう?
自分としてはタルマーリー(鳥取県)が思い浮かんだ。
でも比較するほど開業した数は多くないか。

●comment
↑自分だったらアンカーポイント(東京都)で決まりかな。
2016年は色んな醸造所がオープンしたけどタルマーリーは試してみたいね。
近い将来アンカーポイントが種類を増やしてくれることを期待してる。

●投稿主
結果発表。
1.志賀高原ビール:117pt
2.京都醸造:103pt
3.ヨロッコビール:101pt
4.ワイマーケット:84pt
5.富士桜高原ビール:69pt
6.湘南ビール:60pt
7.鬼伝説:56pt
8.日本海倶楽部:52pt
9.麦雑穀工房:34pt
10.デビルクラフト:33pt
11.AJB:19pt
12.ベアードビール(静岡県):14pt
13、スラッシュゾーン:12pt
14.うしとら:11pt
15.ベアレン:10pt
16.伊勢角屋麦酒(三重県):8pt
17.ソングバード:7pt
17.大山Gビール:7pt
17.厚木ビール(神奈川県):7pt
20.スワンレイクビール(新潟県):6pt
21.門司港地ビール工房(福岡県):4pt
21.木内酒造(常陸野ネスト):4pt
23.ロコビア:3pt
23.ヤッホーブルーイング:3pt
25.アウトサイダー(山梨県):1pt
25.オラホ(長野県):1pt

ポイントは1位~10位で10~1点ずつ。

●comment
ありがとう!
どれもしっかりした醸造所ばかりだ。
他の国も含めたらどういうランクになるのか興味あるな。

●comment
麦雑穀工房が驚くほど上だな。
最近はなかなか見つけられないし。
2016年のランクに入れたくても去年飲んだ記憶がない位だ。
2017年はベアードビールとうしとらが上がるような気がする。

●comment
興味深い比較として、untappd(ビール好きのためのスマホアプリ)の日本のクラフトビールトップ20はこんな感じ
1.スラッシュゾーン
2.ヨロッコビール
3.志賀高原ビール
4.鬼伝説
5.ファーイーストブルーイング(東京)
6.ノースアイランド(北海道)
7.デビルクラフト
8.箕面ビール
9.うしとら
10.京都醸造
11.ワイマーケット
12.麦雑穀工房
13.宮崎ひでじビール(宮崎県)
14.アウトサイダー
15.龍神ビール(埼玉県)
16.スワンレイク
17.オラホ
18.湘南ビール
19.富士桜高原
20.大山Gビール





2016年は日本のクラフトビールが世界で注目された年でもあり、ワールド・ビア・カップ2016では日本の醸造所9社が入賞しています。
クラフトビールは日本全国で作られているので旅行に行った時にその土地のクラフトビールを飲むのも楽しいかも。



日本クラフトビール紀行 (イースト新書Q)
日本クラフトビール紀行 (イースト新書Q)