00414
credit:pinterest.com

食事は旅行最大の楽しみですが同時に美味しいお店を見つけるのは旅行の難所でもあります。
海外のサイトで日本で外食する際のコツやお勧めについて語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本で行ってみたいレストランが何軒かあるんだけど、適当に入ったお店でも凄く美味しいと何人もの人に言われてる。
どうやって試したらいいのか、何が本当なのか分からない…
という訳で、Yelp(海外のレストランレビューサイト)に載っていないお店にはどういう風にアプローチをかけたらいいかコツとかないだろうか?

●comment
食べログやyelpが出る前に日本に住んでた事があるけど適当に入ったレストランで失敗した事は無いな。
失望する事は滅多になかったな。

●comment
プライムタイムに地元の人が並んでるお店に行くんだ。
それで間違いなし。

●comment
日本に10年以上住んで仕事をしていた叔父が美味しいお店の探し方をアドバイスしてくれた。
もしそのお店のメインの客が女性だったら基本的に料理の質は良い。
もしそのお店のメインの客が男性だったら基本的に料理の量が良い。
外国人でいっぱいの店は避けるように!
TripAdvisorで海外旅行者の採点が高いお店にも何回か行った事があるけど(そこで教訓も学んだ)、その中じゃ自分達はたくさんいる外国人カップルの1組だと気付いた。
料理は普通だったり美味しかったり最低だったり。

●comment
東京にいるけどいつも適当に入ったお店でも美味しいよ。
凄く地味な看板が多いんで説明は難しいんだけど、今のところ失望した事は無い。

●comment
”No”と言われたり腕で×マークを示されてもそれは差別してる訳じゃないから。
これは満席という意味で、空席が見えたり店内が空だったとしてもそれは予約されてたり貸し切りの時なんだ。
上で挙げた3つの事はごくごく普通にある。

●comment
↑でもでも、看板に”Japanese only”って。
(これは”日本語しか話せません”と説明してる訳なんだけどね)

●comment
最高のアドバイスは何かって?
もし行列ができてたらそのお店は美味しい可能性が高いね。
日本人は不味い店に並ぶような事はしないから。
私の家から下って行ったところにあるラーメン屋は毎日15~20人の人が行列を作ってるけど、これは超話題になってるからじゃないよ。
夫と一緒に一番長く待った行列は1時間半位かな。
それから胃袋、あるいは鼻に従う事。
もし良い匂いだったら行ってみよう。
もし美味しそうだったらメニューをチェックしてみよう。
店内が空いてるかどうかで判断はしない事。
そういう場所や時間帯だって事なのかもしれないから。
でも行列ができるお店は今のところ外れたことないね。
日本でも他のアジア諸国でも。
Yelpは使わない事。
日本人で使ってる人はほとんどいない(代わりに食べログを使ってる)し、観光地ばかりだから。
御多分に漏れず観光地のお店は避けた方が良いね。

●投稿主
↑了解。
鼻と目に従う事にする。
食べログもダウンロードしたよ。
サンクス!

●comment
↑食べログに関するコツを1つ。
食べログの採点システムは全てのレビューが満点なんだけどレビュアー数が少ないとYelpの標準から見ても低い採点になるような重みづけがされている。
(例えば2.8とか)
この採点基準だと3.5を超えるレストランは本当に美味しいという事になるし、4.0以上は日本全国でトップ1000に入る事になる。

●投稿主
↑ありがとう!
食べログのアプリをダウンロードしたけど英語版が無いみたいだ。
何かリンクはある?

●comment
↑食べログのアプリに英語版はないけどサイトに英訳するボタンが付いてるよ。

●comment
ドアを開ける。
まずは先払いかどうか(入り口近くに券売機があるかどうか)を確認する。
指で何人か示す。
座る。
もし店頭に料理見本があったり写真付きのメニューがあったり英語のメニューがあったら注文する。
もしなかったら手で説明したり絵を描いたり通訳アプリでコミュニケートする。
料理を待つ。
食べる。橋の使い方で褒められる。
支払う(食券制じゃない時は)
店を出る。
完了。

●comment
歩き回って、良さげなルックスや雰囲気のお店で料理見本も美味しそうだったら入店!
冒険して色んな違いを堪能するんだ。
自分が日本に行った時はどの食事も素晴らしいクオリティだったね。
好みじゃなかったのは漬け物とか、自分があまり好きじゃない珍味系を頼んだ時くらいだった。

●投稿主
↑ありがとう!
日本での食事に関して良い事を聞けて良かったよ。
日本は清潔な国だしお腹を壊すなんて事もないよね?

●comment
↑日本の清潔さは本当に驚く位だったぞ。
汚い場所が全くなかったとは言わないけどほとんどの場所が凄くきちんとしてた。
明らかに好みじゃない料理というのもあるだろうけど、もし目新しい料理に対して心を開いていけばどこでも美味しいものを見つけられると思う。

●comment
ただ座って食べればいいよ。
美味しいお店は通りの上か下にあるという事を心に留めておくように。
正直言うと自分が好きなお店はどれも2階にあったね。
東京で階上に小さなお店が集まってる所に行ったんだけど、そこで食べてたらJ-Popバンドの演奏が始まった事があった。
聞いた事ないバンドだったけどサイリウムを持った女性ファンが群がってたから、そういうタイプのバンドだったね。
私は食事をしたかっただけなんだけどそういうイベントに遭遇したのは嬉しい体験だったな。
写真付きの看板なんかを見ると良いよ。
上階や地階にあるお店もあるけど、1階にない時は2FとかBFと書かれてる。
ググらないでどんなものが出てくるのか試してみるのも良いんじゃないかな。

●comment
11月に東京に行った時はまだチェックインの時間じゃなかったんで昼食を食べに適当なラーメン屋に入ったんだけどその旅行でトップ3に入る料理だった。
という訳で歩き回って興味のあるお店に入る事を勧めるかな。
うどんのチェーン店でも美味しいし満腹になるから。

●comment
過疎りまくった田舎とか東京の薄暗い路地とかじゃない限り今まで適当に入って失敗だと思った事は無いから、どこでも美味しいと思う。
レストランの名前が読めるか心配だったらグーグルを通すか食べログでレビューを見ると良いよ。

●comment
人がたくさん入ってて雰囲気が良さそうだったら(会話に花が咲いてたり活気があったり)美味しくて料理の値段が安い可能性は高いと思う。
行列が出来てたら本当に美味しい可能性が高いね。
美味しくなかったら生き残れないからほどんトのレストランは基本的に美味しいよ。
メニューに迷ったらお勧めを聞けばいいし。

●comment
行く前に読んだり予約したお店と、その場で美味しそうだったから入ったお店での成功率は今のところ同率かな。
今までで一番駄目だった料理はごくごく普通のレストランで食べた天ぷらうどんだったけど、一応これは入る前から普通の味だろうなとわかってはいた。
ぱっと食べたくて入っただけだったから。
それでも心配だったら日本人の入るお店に入ると良いよ。
特に地元の人だったら美味しいお店を知ってるから。
歩いてる人について入ったお店は寿司も焼き鳥も焼肉も凄く美味しかった。
まだ分からないならグーグルで名前を調べるといい。
運が良ければレビューが見つかると思う。

●comment
東京に行ったら麺屋武蔵 武仁の1400円のラーメンを食べるんだ。
未だに自分にとって夢のラーメンだ。
帰る前日にもまた行ったくらい。

●comment
現在2週間の日本旅行中で、今のところ適当に入ったお店はどこも美味しかった。
期待外れだったのはYoutuber・Mark Wiensがお勧めしたお店だけだな。

●投稿主
↑フードアドベンチャーが上手くいってるみたいで良かったね!
ちょうどMark Wiensのチャンネルを見てる所だから彼について言ってるのが面白かった。
彼のレビューだと凄く良さそうとは思わなかったけど。
でもクールだ。
自分の場合食事旅行に関してはあまり心配してなくて、目下の心配はポケットWi-Fiやスマホのバッテリーが切れるんじゃないかって事。
どうしたらいいんだか。

●comment
↑モバイルバッテリーを買ったらどうだ?
Amazonで10~40ドルで売ってるぞ。
ポケットWi-Fiは夜に充電したら日中にバッテリーが切れる事は無いな。

●comment
適当なレストランに入った場合言語の壁はどうなんだろう?
行った時のエチケットがちょっと心配で。
券売機タイプのお店は見た事があるけど店内に入って注文するのが心配なんだ。

●comment
↑普通に入っていって何人かを告げて席に座ればいいよ。
注文する準備ができたら”Sumimasen”と言って食べたいものを指させばいい。
料理を持ってきた後にに伝票を渡されたらレジまで行って支払えば終了。
伝票が来なかったら伝票を頼んでレジに行って支払い。

●comment
別に難しい事ないね。
自分が食べに行った16軒中15軒は言語の壁は問題にならなかった。
英語のメニューがあるか券売機だったし、あるいはグーグル翻訳を使って指させばいい。
ともあれ、適当なレストランに入るのは素晴らしいし強くお勧めするね。

●comment
観光客が多い地域だったら英語を話せる店員がいる事も多いし英語のメニューもある。
そういうのが無い場合でもメニューの写真を指させばいいし、店頭に見本があればその写真を撮って見せればいいよ。






今はスマホの翻訳アプリがあるのでかなり楽になっています。
日本はメニューに写真を使っている事が多いので日本語の分からない外国人旅行者にとっても便利なようです。
食べログは英語版のサイトもあるので徐々に浸透してきている模様。



POPEYE特別編集 シティボーイの東京グルメガイド2 (マガジンハウスムック)
POPEYE特別編集 シティボーイの東京グルメガイド2 (マガジンハウスムック)