00464
credit:japan-guide.com

旅館は日本で昔から使われてきた宿泊施設で温泉を併設している所も数多くあり、最近では海外の旅行者にも人気があります。
シンガポールのサイトで日本の温泉旅館について語り合っていました。


スポンサードリンク



●投稿主
旅行者が温泉付きの伝統的な旅館に泊まってる動画を見てたんだけど1人旅でも1~2日位そういう場所を体験できるのか気になってきた。
泊まれるなら1晩300シンガポールドル(当時のレートで約2万2000円)位なら喜んで払うんだけど。
ちなみに12月にまず関西圏で6泊してそれから東京で4泊する。
出来れば温泉付きで、京都か東京付近で1人旅でも泊まれる旅館のお勧めは無いかな?

●comment
大阪/京都から東京に移動するなら何故箱根か河口湖周辺の旅館に泊まらないのか。
一口に旅館と言っても色々あって、夕食付の旅館もあれば温泉付客室のある旅館もある。
出るのは朝食のみという旅館もある。
1部屋で2人分の宿泊費がかかる旅館がほとんどだね。
JAPANiCAN(るるぶの外国人向け宿泊予約サイト)だと1人分の宿泊費のみという旅館も扱ってるけど1人分の宿泊費だけでいい旅館はそんなにないから選択肢は限られてくると思う。
まずはJAPANiCANで検索してみると良いんじゃ。

●comment
京都付近だったら鞍馬温泉がお勧めだな。
街の北側にあって公共交通機関で(京都から)1時間以内で行ける。

●comment
日本人の友達が自分と友達を兵庫県の神戸市の北にある有馬温泉の陶泉・御所坊に連れてってくれた。
神戸市からローカル線で行ける。
初めての日本の温泉体験だったな。
料金に朝食と夕食が含まれてた。
丘の上にあったから温泉街を散歩するのも良い体験だったね。

●投稿主
ありがとう!
自分の日本語スキルはゼロに近いけどJAPANiCANは英語かな?
300シンガポールドル以内だったら2人分でも喜んで払うよ。
食事と温泉が付いてるなら完璧!
箱根の旅館は京都の旅館よりも安いのかな?

追記:
全て申し分なし!
東京に行く前に箱根の青巒荘という温泉旅館を1泊予約した。
旅程はこんな感じ。
1日目:大阪
2日目:大阪
3日目:大阪+京都
4日目:京都
5日目:京都
6日目:京都
7日目:箱根
8日目:東京
9日目:東京
10日目:東京+帰国!

本当にありがとう、JAPANiCAN!
旅館の宿泊費は凄く高かったけど凄く良いサイトだった。
未だに1泊予約しようと頑張ってる段階だと思ってた。

●comment
助けになれたようで嬉しいよ。
旅館の宿泊費が高くなってるのは残念。
1人だと追加料金がかかったり2人分かかるところが多いしね。
確かにJAPANiCANは日本旅行初心者には良いサイトだね。
凄く分かりやすいし検索した後に色んなオプションを選べるし。
JAPANiCANが扱ってる1日ツアーもかなり良いよ。

●投稿主
↑本当に!
もう1つ質問があるんだけど、自分は京都~箱根でしか新幹線を使わないんだけどJRパスを買う価値があるかな?
京都から箱根までの新幹線が既に150シンガポールドル(約1万1000円)かかるんだけど。
新幹線や鉄道を格安で乗れる他の手段ってあるんだろうか。
日本の鉄道に関してはまだよく分かってなくて。

●comment
↑『ぷらっとこだま』という切符があるけど箱根最寄りの新幹線停車駅である小田原には停まらないな。
ちなみに小田原からも箱根エリアを旅行してまわるなら小田急箱根フリーパスを買った方が良い。

●comment
1人旅で岐阜県の新穂高温泉にある水明館に泊まった事がある。
booking.comで1泊180シンガポールドル(約1万3000円)だったな。

●comment
>『ぷらっとこだま』という切符があるけど箱根最寄りの新幹線停車駅である小田原には停まらないな。
これはちょっと興味深いな。
(箱根から)一番近い駅は静岡になるんだろうか。
それとも御殿場駅が最寄りになる?
もしそうなら箱根までバスで1時間だな。

●comment
大阪~東京の往復をするならJRパスを買う価値が出てくる。
新幹線は基本的に日本で一番高い切符で、残念ながらあまりディスカウントチケットはない。
違う地域で違う日数のJRパスがあるだけだ。
こだまは一番遅い新幹線で京都~東京間のほとんどの駅で停まるね。
旅費を算出するのに良いサイトと言えばhyperdiaかな。
日本全国の新幹線、地下鉄に至るまでの切符代や鉄道の運行予定まで網羅してる。
慣れるのに少し時間がかかるけどね。

●comment
>東京に行く前に箱根の青巒荘という温泉旅館を1泊予約した。
予約早!
予約した旅館を調べてみたけど箱根じゃなくて湯河原だな。
いわゆる箱根として知られている箱根湯本や強羅温泉からは少し離れてるからもし箱根をを廻りたいなら良い選択では無かったかも。
このスレッドで既に言われている様に1人旅での旅館宿泊は間違いなく通常よりもお金がかかるね。
ほとんどの旅館が2人分の70%の宿泊費になる。
お一人様を泊めない旅館もあるし。
それでもお勧めを求めるなら自分は塔之沢温泉・山の茶屋をお勧めするかな。
1人だったら一番安い部屋は朝食夕食付で3万円。
もし初めて旅館に泊まるならまずは旅館の大浴場が良い体験になると思う。
滅茶苦茶温泉が好きとかじゃない限り温泉付客室に泊まる必要はないし。
温泉付客室となると1人だったら4万8000円からだね。
自分は2014年に行ったけど素晴らしい体験だった。
旅館は伝統的な木造建築だったよ。

00458
山の茶屋 by Liwei, on Flickr

00459
山の茶屋 by Liwei, on Flickr

畳間
00460
山の茶屋 by Liwei, on Flickr

部屋によってはバルコニーが付いてる
00461
山の茶屋 by Liwei, on Flickr

来月また行くつもり。

●comment
ワオ、これは確かに凄い。
自分も他人の前で裸になるのが居心地悪いとかじゃない限り温泉付客室に泊まる必要はないと思う。
(中国の)広州のスパに行った時や兵庫県の有馬温泉に行った時も全然平気だったし。
ジロジロ見なきゃいいだけで。

●comment
↑その通り。
それに旅館は10~20部屋の所が多いから大浴場も空いてる事が多いしね。
大きな旅館やホテルでも朝6時とかを狙っていけば空いてるし。

●comment
先週箱根に泊まったけどその時1人の白人を見かけた
泊まった旅館は朝食と夕食を大広間で食べる形式で1部屋につきテーブルが1つだったからその白人は1人旅だったと思う。
彼がどの位払ったのかは知らないけど、日本の体育の日に被ってたから安くはなかったと思う。

●投稿主
>それでもお勧めを求めるなら自分は塔之沢温泉・山の茶屋をお勧めするかな。
>1人だったら一番安い部屋は朝食夕食付で3万円。
ワオ!3万円!
ちょっと自分の予算だと高すぎるかな。
とりあえず自分の予約した旅館で満足してるよ。
1泊だけだから多分旅館で過ごす事が多いと思うし。
チェックアウトした後で東京に行く前に箱根を散策するかもね。
ともかくみんな助けてくれてありがとう!
それから他人の前で裸になる事は全く気にしてない。
みんな温泉に浸かりに来てるだけだしね。

●comment
↑荷物を軽くして大涌谷の黒い茹で卵を朝食で食べる為に始発の箱根ケーブルカーに乗れるように早めにチェックアウトするんだ。
運が良ければ早朝の空気を吸いながら富士山が見られるぞ。
それから芦ノ湖の桃源台駅まで行く。
可能ならその駅から1km位歩いて箱根湖尻ターミナルに行って民芸品を買ったりパドルボートに乗ってもいい(これは興味ないか?)
乗れたら海賊船に乗ってもいいし、東京に戻る前に富士屋ホテルの有名なカレーライスを昼食に食べてもいい。(100年の歴史のあるホテルのカレーだ)

●投稿主
↑OK!
考えてみる。ありがとう!

●投稿主
クイックアップデート。
日本は凄い所だ。
食事に関しては冗談抜きで美味しくない料理が全くない!

●投稿主
更にクイックアップデート。
湯河原のホテルに泊まって本当に良かった。
箱根まで行く時にバスで大観山の道路を抜けていくんだけど晴れてて富士山が見えた!
 
00462
credit:hardwarezone.com.sg

●comment
良い時間を過ごせてるみたいで良かった。
自分が行った時は富士山の雪は山頂に少し残ってるだけだった。
運よく箱根にいた2日間雲が全くかかってなかった。
残念だったのは大涌谷が硫化ガスで閉鎖されてた事で、強羅から桃源台までかなりのエリアが枯れた木とむき出しの大地になってる中をバスで下っていくのはかなりドラマチックだったな。

●投稿主
↑ハハ、自分は湯河原に泊まったんで強羅は通ってないし硫黄谷に行く時間もなかった。
自分にとっての箱根はとにかく温泉で、午後3時50分の最終バスに乗る前に行ったのは神社と芦ノ湖だけだったな。
バス停は小さな町の中にあって、もしそれを逃したらタクシーで旅館に戻る羽目になる所だった。
滅茶苦茶美味しかった懐石を食べ逃すわけにはいかないしね。

●comment
↑良い時間を過ごせて、バスのスケジュールをきちんと調べてたみたいで良かったね。






旅館というシステムは長い伝統を持っているので日本独特のルールなどもあり、日本人でも慣れない部分がありますが、最近はネット予約システムが充実しているので海外からでも簡単に予約できるようになっています。
昔は旅館よりも断然ホテル派ですが最近は旅館もいいかなと思ってきたり。
西日本の旅館はまだ経験がないので是非一度泊まってみたいものです。



ネコ温泉
ネコ温泉