00666
credit:Kyodo/FOTOLINK/Associated Press/East News

海外のサイトで日本は数世紀も続く伝統と炸裂する革新が平和に共存する驚きの国であるとして16の事柄が紹介されていました。


スポンサードリンク



1.東京は世界で1番安全な大都会
00659
credit:ncousla/DEPOSITPHOTOS.COM

英エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによると個人情報、保健、インフラ等の分野も含めて世界で1番安全な大都市は東京。
2番がシンガポール。

2.詳しい説明がある
00660

日本はガイドやマニュアルに溢れていて、イラストが使われ文字は英訳されているために外国人にも理解しやすい。

3.日本の子供達には社会的な誕生日がある

11月15日はその年3歳5歳7歳になる子供にとって大きなお祝いの日で七五三と呼ばれている。
奇数は古代日本において魔法の数字でこの年齢は成長における重要な段階である事を象徴している。

4.朝の運動

日本は朝にエクササイズをする学校や会社も多い。
この伝統は1928年に始まり、気分を良くするだけでなく人々の繋がりを近くするものとして広く利用されている。

5.プレミアムフライデー
00663
credit:EAST NEWS

オーバーワークに苦しむ日本の労働者のために政府はプレミアムフライデーというプログラムを立ち上げた。
毎月30日に社員は数時間早く家に帰る事が出来る。

6.千年の歴史を持った会社
00664
credit:wikipedia.org

法師旅館は718年から存在し、46代続いている。

7.素晴らしき野生動物の聖域

本州の宮城県にある蔵王キツネ村は野生のキツネが満載で小さな子供以外はどんな人でも訪れてキツネに餌をあげたりできる。

8.超高速の道路修理

2016年に福岡で地下鉄工事に起因したと思われる巨大な穴が路上にあいた。
しかしその穴は僅か48時間で塞がれ、世界中のネットユーザーが驚愕した。

9.周囲に気を配る作業者
00667
credit:24warez.ru

道路工事の作業者は作業中に他者の車に泥が跳ねないようにカバーをしている。

10.最小限のエリアに最大限の努力

小さなアパートに住む日本人も多いけど新しい建物には花に水をやるのが楽なようにバルコニーにシンクが付いている所もある。

11.細部に対するこだわり

マンホールの蓋ですら美術館にある展示のライバルとなりえる。

12.新幹線

新幹線は200mph(時速320km)で走り、時間通りに到着する。

13.日本では全ての携帯に警報システムが組み込まれている
00671
credit:EAST NEWS

政府がメディアやスピーカーで警告を出すJアラートの他にSMSアラートというものもあり、これは全ての新式の携帯に組み込まれていて緊急時には地方自治体が警告を通知できるようになっている。

14.食べ物の種類が信じられない位ある

伝統的なお好み焼から桜味のチョコまで日本では何でも見つかる。
更に最近できたレゴファンのためのカフェにはレゴの形をしたフライドポテトまである。

15.アートとなった野菜
00673
credit:reddit.com

野菜や果物を彫り込む剥きものは日本全国に広まっていて地域ごとに異なる剥きもののテーマがある。


16.虫歯治療を助ける歯磨き粉

日本人科学者・山岸一枝が発明した歯磨き粉は虫歯を治療し、痛みなく歯の亀裂を修復する事が出来る。
まず歯磨き粉に含まれる成分が亀裂の入ったエナメル質の表面をわずかに溶かし、3分後に歯磨き粉が結晶化して人工エナメルが元のエナメルと完全に結びつく。



●クアラ・クライ、マレーシア:女性
日本人は自分の仕事に責任感を持って打ち込むからね。
だから数日でこれ程の作業が達成できたんだよ。

●女性
クール過ぎる!

●女性
ここフィリピンだったらあの規模の道路工事なら数年かかるね。(ジョークじゃなく)
10年単位もあり得る。

●イロイロ、フィリピン:女性
不可能じゃないよ。
必要な機器はあるし、2~3日で十分なんだと思う。
日本は海底トンネルだって作ったしね。

●レミンスター、マサチューセッツ州、アメリカ:男性
アメリカの道路にでかいシンクホールがあいたら塞ぐのに3か月はかかるし予算は当初の3倍かかる。

●オウィーゴ、ニューヨーク州、アメリカ:男性
道路工事にこんなに時間がかかるのはアメリカ位だ。
ドイツのアウトバーンだったら同じ様な修復は1週間もかからない。
労働組合のせいじゃない、企業が貪欲なせいだ。
アメリカだと利益を得るためにわざと遅くしてる。

●ロンドン、イギリス:男性
↑イギリスを忘れてるぞ。

●バルクルーサ、ニュージーランド:男性
ニュージーランドでももうちょっとできるはずだ!
例えば2011年2月22日に起きたクライストチャーチの地震で破損した道路の修復には数年かかった。
街の東側の道路はまだ修復されてない所もたくさんある。
下水管なんかはまだ取り換えられてないし、街には”災害現場”みたいに見える箇所がまだまだたくさんある。
2011年2月22日にとある男性が修復するのに少なくとも10年はかかると言ってて、その時は信じてなかったんだけど、未だにみんな大聖堂の今後について議論してる最中だしこれは15年から20年位掛かるんじゃないかと思い始めてるよ。
嘆かわしい事だけど、これが”我々のやり方”なんだろうな。

●デトロイトレイク、ミネソタ州、アメリカ:男性
うちの街は1992年以来港の修復を待ってる最中。
今までの町長は4人はみんなコンクリで修復すると公約に掲げていて、そのうちの1人が最近再選したけど自分の妻を副町長に据えやがった。

●ルーマニア:女性
日本は力だね。

●サイレンセスター、イングランド、イギリス:女性
次は日本に行こうかな?

●女性
日本は効率的だね。

●女性
日本は本当に腰の据わった国だよ。

●ブルックリン、ニューヨーク市、ニューヨーク州、アメリカ:男性
ニューヨークだったら最低半年はかかるかな。

●女性
ここだったら2年はかかる。

●サンタガット・デ・モン、ケベック州、カナダ:男性
一方ケベック。
修復に3か月かかった。

00675
credit:facebook.com

●女性
この歯磨き粉欲しい!

●リュブリャナ、スロベニア:男性
スロベニアだったら数年はかかる。

●女性
イングランドだったら丸1年かな。

●男性
日本は腐敗よりも援助する事に真剣だから。

●男性
歯磨き粉の名前を知りたいぞ。

●プノンペン、カンボジア:男性
驚き満載というかスーパーパワー満載だな。

●女性
ビルには何のダメージも無かったのかな。

●ナッシュビル、テネシー州、アメリカ:女性
アメリカがもっとこうだったら良いのに…

●ブリストル、イギリス:男性
素晴らしい。

●女性
全部の家のバルコニーに流しがある訳じゃないけどね。

●男性
日本は適当にやる時間も惜しんでるからだな。

●男性
最高の国だ!

●カンパラ、ウガンダ:女性
信じられない。

●女性
新幹線♥

●ファリーダーバード、インド:女性
日本は人があまり集まってないね。
私の街だったら人がたくさん集まってきて仕事の妨げになってるよ。

●イーターナガル、インド:女性
あの歯磨き粉欲しい!
どこで買えるんだろう?

●ネルール、インド:女性
グードゥル近くの道路は2年経ってもまだ修復されてない。
インドの話ね。

●女性
これが日本。
インドだったら道路に穴が開きっぱなしでみんなはただ見てるだけ。

●ハワイ州、アメリカ:女性
これがもしハワイだったら数日どころか数か月かかるよ!

●女性
このシンクホールを修復したチームはテキサスに来てもう何年も壊れっぱなしの道路を修復してほしい!

●オタワ、オンタリオ州、カナダ:女性
オタワのリドーストリート。
1週間後には走れるようになったよ。

00676
credit:facebook.com

●女性
うちの国にもこの虫歯を直す歯磨き粉と道路の修復技術が必要だよ。

●マイアミ、フロリダ州、アメリカ:男性
ニューヨークで10年くらいあきっぱなしのシンクホールを直すために人を送ってもらえないだろうか?

●ベイショア、ニューヨーク州、アメリカ:女性
1ヶ月後くらいに再び沈下して新しい修復計画に2週間位かかってたと思う。

●男性
これこそが迅速かつ効率的な公共サービスというものだ!
これ以上でもこれ以下でもない!
素晴らしい仕事ぶりだね。

●スターリングハイツ、ミシガン州、アメリカ:女性
アメリカは日本からもっと学んで見習う部分があるよ。
道路の修復とか!

●ファヴァロ・ベネト、イタリア:男性
イタリアも同じだぞ。
シンクホールがあるという意味では。

●男性
シンクホールの修復は2日じゃなくて1週間だったような。

●タギッグ、フィリピン:女性
日本人は凄くクリエイティブで器用だけど常に親切で地元の人であろうと旅行者であろうと他者を思いやってるよ。
常に他者に対する敬意を忘れない。

●男性
日本が恋しい。

●女性
私達はあまりに遅れ過ぎてる。

●ロンドン、イギリス:男性
福岡にいたけどこれは本当の事だし、他の信じられないような物事もそうだよ。





やはり福岡の道路の復旧の速さは今でも驚きなようです。
あのセブンイレブンは一緒に崩落しなかった事から受験の験担ぎの場所になったのだとか。
追記:福岡のシンクホールの年を2016年に修正。ご指摘感謝です。



「超先進国」日本が世界を導く
「超先進国」日本が世界を導く