00993
credit:jnto.go.jp

四国の今治と本州の尾道を結ぶ西瀬戸自動車道はしまなみ海道という名前で知られており、自転車用の道路か併設されてる事から日本全国のサイクリスト憧れの地となっています。
レンタルサイクルの施設も充実している事から近年は海外の旅行者にも人気のスポットとなっています。
しまなみ海道サイクリングに対する海外の反応です。

引用元:TripAdvisor.com

スポンサードリンク



●不明
凄く良かった!
片道70km行って、47km戻った(フェリーも使って)。
乗ってて楽しくて景色も良かったし、坂も多くなくて傾斜も楽だった。
ローソンや自販機は色んな所にあったけどランチを食べられる場所はそんなになかったな。
美しい島もあったけど道の途中は工業地帯や倉庫街を通ってる部分もあって、そこはちょっと奇妙な感じだった。
どちらかの側のGIANT(台湾の自転車メーカー)のショップでしっかりしたロードバイクを借りた方が良いね。
道ははっきりしたマークがついてて追いやすいんで迷う事はほぼ不可能だと思う。
自転車道は最高に安全だし、車も追い越す時に凄く気を付けてくれるよ。

●ローンセストン、オーストラリア
素晴らしい体験だった。
最高のライドだったね。
運良く天気も完璧だったよ。
これを楽しむにはある程度の運動レベルが必要かな。
キャンプで1泊してビーチで水泳もしたよ。

●サンカルロス、カリフォルニア州、アメリカ
美しい橋で素晴らしい自転車道だったけど景色は工業地帯や住宅地帯もあって宣伝のような田舎の風景ばかりじゃないからそこは気を付けよう。

●パース、オーストラリア
本当に素敵なライドだったし人混みからの良いエスケープにもなった。
でも、自転車初心者の人の場合は短いセクションだけにしておく事を勧めるかな。
見た所自転車専門の人が多かったし、80km以上の距離はそういう人達に向いてるっぽいから。
でもこれは自分なりの見方で、自分が乗った7月は滅茶苦茶暑かったからかもね。

●シンガポール
尾道駅で自転車を借りて向島までフェリーで行ってからサイクリングコースを始めた。
飲み物を調達するためにラムネ工場に寄って、因島大橋の近くでカフェを探して島を探索したりもしたよ。
因島大橋を自転車で通るのは楽しかった!
とは言え、6月でも晴れてたからかなり暑かったし夏に行くなら日焼け止めを持って行った方が良いね。

●不明
天気も良くて凄く良い旅だった。
けど背がが高くて体重も重い男性だったら地元のレンタルサイクルじゃなくてGIANTのお店でしっかりした自転車を借りた方が良いな。
安かったんで尾道グリーンホテルの近くにあるレンタルサイクルを借りたんだ。
レンタル代が1000円でデポジットが1000円。
デポジットは同じお店に返却したら返ってくる。
サイクルシャツとヘルメット、サングラスと水は持って行く事をお勧めする。
楽なライドだったよ。
40km位走った所で自転車の調子が悪くなって瀬戸田から尾道にフェリーで戻る事になってしまった。
自転車込みで1300円だった。
運良くそこで同じ様にシフトに問題を抱えてたロードバイクに乗った若い日本人男性に出会えた。
彼も尾道までフェリーで戻る所だったらしい。
だからもし今治までちゃんと行きたいなら軽いギアが電動アシスト付きの良い自転車を借りた方が良いな。
尾道は静かで凄く良い街だよ。

●メルボルン、オーストラリア
本当に美しいライドだったけど滅茶苦茶疲れた。
行ったのが真夏で、外がかなり暑かったから。
もししまなみ海道に行くつもりならあまり暑くない時期にして時間をたっぷりとる予定にしておく事を絶対にお勧めする。
レンタルサイクル店が閉まる前に自転車を返さなくちゃいけないからね。
自分も仲間もかなり忙しく廻る事になっちゃったから。
返す時間を気にせずもっとゆっくり廻れたらもっと楽しかったと思う。
でもそれ抜きでも凄く楽しかったけどね!

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ
道は印が付いてるから分かりやすい。
橋の勾配はしっかり計算されてて平均的な自転車乗りだったら普通に登れるようになってるね。
私達は70代のカップルで、実用的な自転車に乗って29℃で湿度の高い中、今治市まで完全に走破できたよ。
でも橋以外は海の横を通る道はそんなになくて、工業地帯を通る事もあったね。

●ウスター、イギリス
この地域に来たら絶対にここを通って欲しい。
自転車にそれ程興味が無くても時間を作っていこう!
どの位時間がかかるのかちょっと心配だったけど橋に向かう時にちょっとした坂を上る位の凄く楽な楽しい自転車旅になった。
自転車の質も良くて(2日間乗ったけどサドルも良い感じだった)レンタル代も安かったし(1日1000円)。
私達が借りたのは尾道駅からふ頭に向かって右に進んだ所にあるお店。
あらかじめメールを送っておく事も出来るけど、自転車の数は凄く多いからハイシーズン以外は直接行っても大丈夫だと思う。
最悪の事態でも次のサイクルステーションまでフェリーに乗っていってそこで借りればいいだけだし。
サイクルステーションは全部で13か所あるよ。
朝にレンタルバイク屋が開いた時にまず自転車を選ぶ。
シンプルな籠付きのママチャリから18段の近代的な自転車まであるから書類に記入する。ヘルメットと鍵は無料でつくけど水のボトルケージと空気入れや修理キットは付いてこない。
でも経験から言わせてもらうならパンクしても日本の効率性が生きてパンクなんてあっというまに対処されるよ。
(私がパンクしたのはコンビニを通り過ぎてすぐの場所だったからコンビニに行ってここがどこなのか尋ねてみた。
店員はジェスチャーがよく分からなかったみたいだから状態を見せて、ヘルプセンターに電話するために携帯を貸してもらった。
ヘルプセンターの人も説明が通じなかったから店員さんに日本語で説明してもらったら、その店員さんが300m程下ったところに別の自転車を手配できる自転車センターがあると地図で教えてくれた!
凄く親切な女性店員さんだった!
シンプルに新しい自転車を選んで、雨でヘルメットがぐちゃぐちゃになってるからと自転車センターの女性に勧められてヘルメットも変えてもらった!
数分後にはまた道に戻っていたよ!)
ライド自体は凄く楽だったね。
橋の入り口がちょっと坂になってる以外はほぼ平坦で、坂も自転車が良ければ全然問題にならない。
そういう登り坂も分離されてるし。
(ほとんどの自転車道は道路の片側を走ってる。
私達が帰りでやったようにわき道にそれてもいいしね。)
他のレビュアー同様にお勧めする!
(私達が乗った2日は霧雨が降ってたけど、それでもお勧め!)

●不明
暑い日本の夏であっても美しく新鮮なライドだった。
道は青い線ではっきり区切られてるから迷う事は無い。
道は自転車用に作られていて、橋にさしかかる坂道も急じゃないし、自分のようにランチに1時間かけても80kmを1日で走破できる。
道にはコンビニ以外にもサイクリストのための休憩場所がたくさんあるから途中でランチを楽しむ事も出来るよ。
青い海と瀬戸内海の島々が広がっていて、美しい景色の中で自転車に乗れた。

●サンフランシスコ、カリフォルニア州、アメリカ
サイクルホテルに泊まって(最高にお勧め!)、そこで良いクロスバイクを借りた。
2人とも50代で恰幅が良かったから”普通の”レンタルサイクルを借りるのは想像も出来なかったな。
2人ともレクリエーションライダーで”サイクリスト”じゃないし。
まずシャトルフェリーで今治まで行って、それから尾道までの70kmの道を自転車で戻ったよ。
天候も完璧だった。
(翌日が雨だったから本当に丁度いいタイミングだったね)
道はほとんど平らで橋に行く時だけ若干の坂道だったけど傾斜もしっかり考えられてた。
唯一チャレンジだった部分は距離だけ(単にあまり自転車に乗ってなかったから)。
写真を撮るためのちょっとした休憩を含めて70kmを5時間半で走破したよ。
道中は何人かしか見かけなかったから混んでたりはしなかったな。

●メルボルン、オーストラリア
海の景色が素晴らしかったし橋も壮大だった。
道路のマークははっきりしてて方向の標識もあったね。
努力する甲斐があるよ。

●パース、オーストラリア
日本の別の一面が見られて楽しかった。
景色は壮大でサイクリング用の標識も充実してて安全な気持ちでサイクリング出来たと思う。
4月の天候は安定しないと言われてて、1日目は雨で2日目は晴れだったからそれほど悪くなかったかも。
雨の中のサイクリングは大変だったけど泊まった旅館には良いお風呂と美味しい食事があったから助けられた。
自分達は2日かけて、ハードコアなサイクリストじゃない場合はこのやり方をお勧めするけど、普段自転車を乗ってる人だったら1日あれば余裕で渡れると思う。
道中で神社仏閣や食べる場所に寄ることもできるよ。

●ロンドン、イギリス
マークがはっきりしてて大部分の道が自転車用に分けられている素晴らしい自転車道だね。
レンタルサイクルは凄くリーズナブルだけど子連れだったら予約しておいた方が良いと思う。
サイクリングは70kmで橋の部分はアップダウンもあるから私達は3日かけて渡った。
9歳になる子供はちょっと大変そうだったけど、途中に休憩できる場所もあるし道を逸れて観光地を回るのも素晴らしいよ。
日本語が分からないと良い宿泊場所を探すのは大変かも。
結構混んでるから早めに予約した方が良いね。

●オスロ、ノルウェー
尾道で自転車を借りて3つの島に渡るのに最低でも1日かけるべき。
道中の景色は素晴らしいし、橋で海を渡るのも良い物だよ。

●ベルリン、ドイツ
背の高い人用の自転車を借りられるように早起きしていった。
フェリーでルートの起点まで行って、青い線に沿って今治まで向かったよ。
景色は素晴らしくて、特に橋から見る景色が良かった。
瀬戸田の港まで30km走って、それから船で尾道まで戻った。
この旅行で唯一苦労したのがどちらの船もエアコンが効いてないかなかった事位かな。
満員の船は船外の気温が36℃位、船内は50℃位になってた。
尾道についたらビールが必要になったよ。

●ドバイ、アラブ首長国連邦
私達の日本旅行で一番のハイライトだったかもしれない。
私と夫が尾道としまなみ海道のサイクリングをした時は運よく晴天と冷たい空気に恵まれてた。
自転車道はマークがしっかりついてて標識も凄くたくさんあったね。
車もあまり見かけなくて、凄く静かで落ち着いたライドができた。
道中であった人達も凄くフレンドリーで微笑みかけてくれたし。
1時間半ほど普通の道と小さな丘を走って、自転車初心者が初めて遭遇する難関になるだろう場所は最初の橋に至る坂道。
でもそこに至る前に素晴らしい写真を何枚も撮ってると思う。
本当に素晴らしい体験だったし、いずれまた行きたいと思ってる。

●不明
あらゆるレベルのサイクリストに向いている最高に美しくて簡単なルートだね。
このルートは幾つかの島を橋が結んでる。
景色は壮大だしルートはほとんどが平ら。
尾道から今治、あるいはその逆を行く片道70kmを2日で行くスケジュールをお勧めするかな。
初めての自転車旅行だったけど最高に楽しかった。

●クライストチャーチ、ニュージーランド
尾道から30km位走ってから引き返した。
素晴らしい1日だったね。
素晴らしい景色だったし良い運動にもなったよ。
橋を作った工業力が素晴らしい。
小さな港町である尾道も楽しかったね。
尾道から広島までのローカル線も乗る価値があるよ。

●ロンドン、イギリス
尾道のレンタル店の店員は親切で籠付きの自転車がなかったから荷物を縛っておけるようにロープも貸してくれた。
レンタル代は1000円で元のお店に帰したら返金されるデポジットが1000円。
ちょっとだけフェリーに乗って青い線に沿って進む。
青い線に沿って行けば迷う事は無いし、標識もたくさんある。
乗り始めたのが8月の午前11時(日焼け止めはたっぷり塗ろう)でゆっくりした自転車だったから橋を2つ越えた所でビーチに行く事にして、そこから瀬戸田発のフェリーに乗ることにした。
フェリー代(1200円)を払って終点の尾道まで。
ライド自体は大変じゃないけど自分達は週に何度か通勤で自転車に乗る位だったからね。
途中には色んな所に自販機があるし、生島までの3時間の間にローソンやセブンイレブンもあった。
暑かったけど賑やかな都市部から離れられた素晴らしい体験だったね。






単純に道が整っていて景色が良いというだけでなく自転車レンタルが楽、故障した時の対応が迅速、途中でフェリーを使って引き返せるなど諸々の利便性も高い評価となっているようです。
最近クロスバイクに乗り始めたのでいつかしまなみ海道は行ってみたいものです。
最近は京都や東京などの有名観光地だけでなくサイクリングなどのアクティビティも人気となってきています。



ノッテミテ 広島・宮島 尾道・しまなみ海道 (昭文社ムック)
ノッテミテ 広島・宮島 尾道・しまなみ海道 (昭文社ムック)