01027
credit:piterest.com

日本には鉄道模型の会社が数社あり、雑誌も刊行されているなど鉄道模型は根強い人気があります。
海外の鉄道模型ファンが日本の鉄道模型人気について語り合っていました。

引用元:ogaugerr.com

スポンサードリンク



●投稿主
一週間の日本旅行から帰ってきたばかりだ。
鉄道模型のしっかりした売り場を持ったデパートのオモチャ売り場やホビーショップが多い事に驚いたよ。
ほとんどの場所がカトーやトミックスのNゲージのフルモデルを揃えていて、中にはHOゲージやZゲージを置いてる所まであった位だ。
アメリカにも良い鉄道模型のお店はあるけど自分の地元にはそういうお店が全くない。
地元に残っていた最後の鉄道模型のお店は1年前に閉店してしまった。
どうやら日本では鉄道模型の趣味が上手くいっているらしい。
これは東京のような大都市では多くの人が鉄道や地下鉄を使っているし、人々の生活に対する鉄道のインパクトが大きいからだと思う。
のぞみ新幹線のような都市間旅客列車も世界クラスだし非常に使われているしね。
日本を旅行してこういう部分に気付いた人は他にもいるだろうか?

●comment
それを知れて良かった。
値段はどうだった?

●comment
日本の鉄道模型に関しては地元で開かれた鉄道模型のショーに日本鉄道模型のファングループが来るまで知らなかったな。
素晴らしいレイアウトでディテールも細かかったね。

●投稿主
↑日本でクールなアイテムを見てからNゲージで日本の鉄道模型を集める事を本気で考えようかと思ったよ。
アメリカに日本鉄道模型のグループがあるというのはクールだね。
日本にいた時は鉄道にもたくさん乗ってきたよ。

>それを知れて良かった。
>値段はどうだった?
為替レートはここ何年かでかなり良くなってるからね。
カトーのJR貨物列車EF-210-100機関車両を46ドルで、カトーの平型貨物列車を21ドルで買ったよ。
最高に安いかどうかは知らないけど、このアイテムは自分の地元では売ってないしかなり良い価格に思えたんでね。

●comment
カトーは美しい鉄道模型を作ってるね。
自分も何台か持ってるよ。
旅客列車が好きでニューヨークのマンハッタン住みだからOゲージを走らせるスペースがないもんでね。
カトーの作る旅客列車で好きな部分の1つが窓の配置を正確にモデリングしてる部分。
Oゲージはこれをしてないメーカーが多い。
日本には鉄道模型の雑誌もあって、凄く質の高い雑誌で模型も高品質なんだけど残念ながら輸入すると値段がかなり上がってしまうんだ。
自分が持ってるカトーのNゲージはバージニア急行鉄道の旅客車両4本セットで新品を100ドルでゲットした。
Oゲージのメーカーで近いうちにMP36PH(バージニア急行鉄道で使われている車両)を作る所がないのは疑いの余地もないし。
メトラ、GOトランジット、マストランジット(T)、コースター、メトロリンクのファンにとっては残念な事だけど。
※メトラはシカゴ近郊の鉄道会社、GOトランジットはトロントの公共交通機関、マストランジット(T)はマサチューセッツ州の公共交通機関、コースターはカリフォルニア州を走る通勤列車、メトロリンクはカリフォルニア州を走る通勤列車

カトーの模型はこの趣味全体の正確さにおけるゴールドスタンダードだと思ってる。
カトーが作ってるトロリー用の線路は素晴らしいよ。
最近トミーとカトーが凄く小さな素晴らしいトロリーの模型を作ったんだけど正確さが凄かったな。
日本の鉄道模型のレイアウトテーマに関してはアメリカで日本をテーマにしたレイアウトを組んでる人よりも、日本でアメリカをテーマにレイアウトを組んでる人の方が多いと思う。
最近世界中の鉄道模型の雑誌を買ってそう感じたんだ。
アメリカ国外のモデラーはアメリカのモデラー以上に自国以外の国をテーマにレイアウトを組んでる人が多いね。
自分が持ってるのはこれ。

01028

01029
credit:ogaugerr.com

●投稿主
↑カトーは高品質な鉄道模型を作ってるね。
今でも日本製で賃金の安い海外で作らせてない所が良い。
かなりNゲージが欲しくなったよ。
確かに世界中にアメリカ鉄道の模型を好きな人がいるみたいだ。
アメリカ鉄道の歴史や情報を知ってる人もたくさんいるし、それが人気を支えてもいるんだと思う。
残念ながらここアメリカではアメリカ鉄道の模型はなかなか売ってなくて、それがニッチな趣味になってる要因なんだろうな。

●comment
>一週間の日本旅行から帰ってきたばかりだ。
東京に行ったのなら銀座の天賞堂は見逃せない。
天賞堂は1階が宝石ショップになってて2~4階に凄い規模の鉄道模型ショップがある。
1階に妻を残して4階まで見て廻るんだ。
余裕で1時間位過ごせるぞ。

●comment
仕事を引退する前はかなりの回数日本に行ったよ。
素晴らしい友達がたくさん出来て、色々興味深い場所にも行った。
そこで日本の鉄道模型趣味についても学んだよ。

・日本には豪勢な鉄道模型のレイアウトをずっと残しておける広いスペースを持った鉄道模型家はあまりいない
・オペレーティングセッションでは個人でも(凄く人気な)グループでも、畳間で線路、すぐに組める信頼性のある電気配線、あらかじめ作ってあるビルの模型などでレイアウトを組むことが多い。
そしてセッションの後で全てばらして次回のために慎重に仕舞われる。
・それ故、鉄道模型のスケールは小さなものになり、特にNゲージが人気でサポートもしっかりしてる。
Oゲージはそれ程でもないかな。
・そして確かにカトーの製品はこの産業における正確さ、信頼性、携帯性、設計の柔軟性のベンチマークになっている。
・カトーは日本最大のメーカーだ。アメリカではそこまでではないかな
・カトーは機関車と客車を別にしてバラバラに組み合わせるようにするのではなく旅客列車の完全なセットを作る事を好んでる。
もしカトーの完全版カタログ(もちろん日本語だ!)を見る機会があるならおそらく驚愕する体験になるだろうし、彼らの市場における仕事ぶりを垣間見る事も出来る。
・カトーの模型は恐ろしい程正確だ。
共通のボディ/エンジンの型に別のロゴを貼って別物にするのは異端に近い事らしい。
・新幹線(最近はバレットトレインとも呼ばれている)に乗るのも忘れがたい体験だ。
しかも乗車ですら特記する価値がある。
アメリカだと都市の鉄道の乗車時間が限られているため群衆が大騒ぎしている。
列車がゆっくり停車すると扉にみんな殺到して漏斗のような形になる。
新幹線はどうか?
みんな停車時に扉が来る位置で列を作って待っている。
列車は時間通りに到着して扉のマークぴったりに停車する。
全ての扉が同時に開き、人々は素早く滑らかに列車に入っていく。
駅員がホイッスルを鳴らし、ドアが閉まり、出発する。
時間通りに!
・そう、日本の生活において鉄道は重要な位置を占めていて誇りでもある。
だから日本では老いも若きも鉄道模型が人気なのだろう。
こちらではどうか?残念ながらそこまでではないね。

とりあえず昔の思い出を紹介してみた。

●comment
Oゲージに出会うまでの2007年から2012年までは日本の鉄道模型を集めてたな。
トミックスが日本のNゲージの最大メーカーで子供向けに鉄道模型と線路を作ってる。
トミテックはトミックスの別ラインだね。
カトーもトミックスも東京に大きなショールームを持ってるよ。
現行の鉄道車両はほぼ全て作られている。
特にNゲージで。
日本の鉄道模型はほとんどが電動だけど日本の鉄道模型家は電力を頭上配線せずに電柱はダミーを使用している。
これはスケールが小さいからと、レイアウトが一時的だからだろう。
日本のディーラーでOゲージを扱ってる所は珍しいね。
ホビーサーチがネットで日本の鉄道模型を扱う最大手で、扱ってるのはほとんどがNゲージだ。

●comment
カトーの取り扱い規模の大きさを見てみるんだ。
あと、グリーンマックスもチェックてみてくれ。
安いのに凄くクールだからという理由でグリーンマックスの鉄道模型を幾つか買ったよ。
人口比で言うと日本の鉄道模型はアメリカ以上の規模だね。
Nゲージが席巻しててZゲージはアメリカよりも人気があって、1/450のTゲージまである!※Tゲージは世界最小の鉄道模型で軌間幅(線路幅)は3mm
カトーの出してる線路をチェックしてみたんだが…フルリモートコントロールのダブルクロス(複線両渡りポイント/シーサスクロッシング)がたったの40ドルだ!
かなり良い製品で惹かれる…。
自分のレイアウトを片付けてNゲージで組んでみるかな

複線両渡りポイント
01030
credit:ttrak.wikidot.com

●comment
日本ではNゲージが人気でNゲージの鉄道模型がたくさん出てるのも知ってる。
でも自分としてはこの車両をOゲージで見てみたい。
01031
credit:ogaugerr.com

Oゲージには絶対に日本の鉄道車両が必要だ。
MTH(アメリカの鉄道模型会社)はヨーロッパの鉄道車両なら幾つか作ってるけど。
でも日本だって巨大で多様な鉄道の歴史があるのにOゲージでは無視されてる。
日本の新幹線、通勤列車、トロリーを買いたいんだ。

●comment
↑左から2番目が良いな…昔の新幹線車両だ。
でもカモノハシみたいなのは…
日本ではOゲージがなかなか売れないんだよな。
日本で多く売られてるレイアウトは都市レイアウトで2×3フィート(約60×90cm)のサイズだから。
そのスペースでどうやってOゲージをレイアウトしたらいいのか。
だからこそ日本でTゲージが生まれた訳だし。
Tゲージでビッグボーイ(ユニオン・パシフィック鉄道4000形蒸気機関車)が作られたら100両編成で組んでみたいね。
で、自分の28×40フィート(約8.5×12m)の部屋でレイアウトしてみたい。

●comment
>Oゲージには絶対に日本の鉄道車両が必要だ。
クマタ貿易という会社がOゲージの新幹線を作ってるぞ。

●comment
↑検索して見つけた。
でも8290ドル(当時のレートで約98万円)か…

●投稿主
日本ではスペースが貴重だと思われるし、レイアウトも一時的なものが多いのは納得だ。
だからマイクロレイアウトが人気なんだろうな。
日本で売られているのは機関車と客車がセットになったものがほとんどだったのは自分も気付いた。
貨物車はあまり人気が無いらしい。
日本で見かけた貨物車の模型は客車と比較してかなり少なかったし。
自分ものぞみに乗ったけど素晴らしい体験だったな。
アメリカにも高速鉄道があればと思ったね。

●comment
模型に関して日本は一般的にアメリカよりも市場規模が大きい。
世界最高の模型会社を日本が輩出してるのは幾つかの理由がある。
自分の理解だと模型コンテストも品質と独創性で本当に畏敬の念を獲得してるし。
悲しいかな日本ではロボット模型の方が規模が大きいんだけど。
ここ10~15年のHobby Japanという日本の雑誌を見ればわかるけど主だった模型はほとんどがフィクションのロボットだ。
日本のテレビアニメも日本の模型文化に一役買ってる。

●comment
日本のOゲージ。
JAMは毎年8月に開催される日本の大きな鉄道模型のイベントだ。
日本のOゲージは幾つかのメーカーからの限られたサポートを受けて個人個人がそれぞれが実験をしているという感じだったね。




●comment
日本の蒸気機関車が好きだ。
自分が走らせてるのはカトーのNゲージD51 498号機。
小さくて美しいマシンだよ。
いつか日本の蒸気機関車でレイアウトを組むつもりだ。

01032
credit:ogaugerr.com





日本だと鉄道模型はNゲージ(縮尺1/148~160)が主流で海外だとNゲージよりもHOゲージ(1/87)やOゲージ(1/43、45、48)が人気となっていますが、海外でも都市部はやはりスペースに限りがあるのでNゲージの人気も増えてきているのだとか。
追記:2×3フィート(180×270cm)→2×3フィート(約60×90cm)に修正。ご指摘感謝です。