01450
credit:pinterest.jp

高齢になると食べ物を飲み込む力が弱くなり、結果食べ物が気管に入る事によって肺炎を起こし死に至る事例が増えています。
現在、交通事故による死亡者よりも嚥下障害によって亡くなる人の方が多いのだとか。
そこで日本では飲み込みやすい嚥下食の研究が行われています。
日本の嚥下食研究に対する海外の反応です。

引用元:facebook.com

スポンサードリンク






●女性
実際これは素晴らしいよ。
飲み込むことができないからスープやアイスクリームを食べてるような人にぴったりだと思う。
上手くいけば不自由さを感じている高齢者が健康な気持ちでいられる助けになってくれるかもね。

●フォートローダーデール、フロリダ州、アメリカ:男性
そもそも物を噛むという行為は過大評価されてる。

●女性
高齢者の為だけじゃないよ。
私も線維筋痛症のせいで物が食べられなくなることがよくあるし。

●男性
口腔に障害がある人にとっても助けになれると思うぞ!

●ポートランド、オレゴン州、アメリカ
とろみをつけた飲み物やピューレタイプの食べ物は新しいコンセプトって訳じゃないよ。
アメリカ(それに他の国)だったら嚥下障害の専門に研究してる人に嚥下の診断をしてもらえるしこれと凄く良く似た製品を提供されるから。

●女性
↑その通り。
介護施設で働いてるから分かる。
病院や技術のある介護施設には固形食を飲み込めなくなった患者のためにこういう食べ物を使ってるね。

●オースティン、テキサス州、アメリカ
これの革新的な部分は盛り付けに関してだと思うぞ。

●サンディエゴ、カリフォルニア州、アメリカ:女性
↑同意。
食欲を向上させるには何よりも盛り付けだからね。
父親も脳卒中になるまでは食欲旺盛だったのに。
介護施設で出てきた食べ物はまさにトレイの各セクションに盛られた色とりどりのドロドロしたものだけ。
もしあれがこの動画で紹介してるようなちゃんとした食べ物の形をしてたら父親にももっと楽に食べてもらえたと思う。
全然食べてもらえなかった時も多かったし。
父親が家に戻ってきた時は普通の食べ物っぽく見せるようにしてたよ。

●女性
アメリカで働いてた時にピューレタイプのフードを食べ物っぽく見せるために型を使ってる施設をたくさん見たよ。

●セントルイズ、ミズーリ州、アメリカ:女性
型で固めたピューレタイプの食べ物はアメリカにもあるね。
ちょっと値段が高めだけど。
私は言語病理学者なんでこういうものを何年も見てきた。
食欲を刺激するインパクトがあるようには思わないかな。

●オースティン、テキサス州、アメリカ
アメリカにこういう固めたピューレタイプの料理を出すレストランはあるのだろうか?
日本にはある。
何処にでもあるという訳じゃないけど、全く見つからないという訳じゃない。

●ガーデンシティ、ミシガン州、アメリカ:女性
高齢者の看護師をしてる身から言わせてもらうなら盛り付けはかなり重要。
担当してる高齢者には私が盛り付けをしてるんだけど、そのピューレが何なのかを知るには紙を見なくちゃいけない!
見た目は料理にとって重要な役割だし、食欲増加にとってもそうだよね。

●女性
誤嚥による窒息の増加の解決は日本に任せよう。
”噛む必要すらない”ものであればいいと言ってる訳だし。

●女性
↑アメリカでもやってるよ。
ほとんどの介護施設では超見た目の悪いピューレタイプの食べ物を出してるだけだけど、この会社みたいに型で固めたのを出してる所もある。
でも日本の方がもっと食べ物っぽいね。

●女性
日本はアメリカと違って料理を芸術とする文化があるからね。
それに年長者を敬う文化もある。
これは高齢者だけじゃなくて嚥下障害を持った人にも素晴らしいし、食感に敏感なせいで栄養を摂取できない人にだって有効かもしれない。
味気のないペーストや気持ち悪いピューレを許容できない人って凄くたくさんいるから。
これは真剣にアメリカでも注目されるべきだね。

●女性
これは素晴らしいね!
一度食べ物をのどに詰まらせたことがあってから、一人で食事をするのが怖くって。
今でも怖いから友達や家族が周りにいる時まで食事をしなかったり、駐車場で食べたりまでしてる。
超トラウマだよ。

●サウス・プレインフィールド、ニュージャージー州、アメリカ:女性
↑私も何度か薬を喉に詰まらせたことがあったから何年も一人の時に薬を飲むことができなかった。
今では上手く飲めるか飲めないかの感覚が掴めるようになったけど、確かに窒息は恐ろしい体験だよね。

●女性
↑私もある!
巨大なビタミン剤を飲んだ時に血管迷走神経にヒットして何度か気絶した事がある。
※血管迷走神経失神は嚥下によって起こる事もある
ほんと恐ろしかった。
今では大きな錠剤は飲まないようにしてて、錠剤を呑む時は水と一緒に飲むようにしてるよ。
嚥下で血管迷走神経失神を起こすのは本当に説明しづらい。
私はその数少ない一人なんだよね。

●女性
大きな錠剤を呑む時は既に口の中に食べ物を入れてる状態で口の中に入れると良いよ。
そうすれば飲み込んだ事にも気付かない。

●レイクウッド、コロラド州、アメリカ:女性
私は嚥下障害を持ってて、本当に最悪。
何かを食べようという気が失せるんだよね。
これは興味深いな。

●ウェストタウン、ペンシルバニア州、アメリカ:女性
これは喉頭嚥下障害のせいで必要量の栄養を摂取できていない人にとって咀嚼の労力を減らしつつ栄養を摂取できる助けになるかも。
喉頭嚥下障害の人は窒息するよりも誤嚥(食べ物や液体が気管に入る事)する可能性の方が高いから。
医療費や、患者数の少なさがこういう食べ物をメインストリームから排除してるんだよね。
正しい機材やゲル状の食材があれば家でも作れるけど、もちろん労力がかかる。
消化器官に問題があって固形食を食べられない人にとっても素晴らしいと思うな。

●女性
私はよく嚥下障害を起こしてる。
舌や喉が飲み込む事を忘れるって恐ろしいよ。
口いっぱいに食べ物を入れて、飲み込もうと思った時に飲み込めなかった場合を想像してみて欲しい。
吐き出す事も出来ないんだよね。
窒息するんじゃないかって恐ろしくなるよ。
このコンセプトは面白いと思うな。
私は食べ物の食感には結構うるさい方なんで、味がちゃんとしてても食感が違うと食べられないからこういう食べ物はほとんどが食べられなさそうなんだけど。

●オースティン、テキサス州、アメリカ
日本に住んでた時、新年になると決まって餅を喉に詰まらせて亡くなったり「病院に運ばれる人のニュースが流れてた。
これは噛むことができない人にとって本当に素晴らしいアイディアだと思う。
もっとも、健康な歯や歯茎は力強く噛む事で得られるんだけど。

●男性
日本では交通事故で亡くなるよりも食べ物が喉に詰まって亡くなる人の方が多いという事がまず凄い。
つまり、アメリカ人よりも全然長生きしてるって事だ。

●バンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダ:男性
日本の医療システムで高齢化を起こさないならむしろそっちの方が驚きだ。
祖母はカナダで敗血症を無視されたせいで(早すぎる)死を迎えた。
人間は病気になるもので、生きられるか否かの違いを生みだせるのが治療というものだ。

●ジャマイカ、ニューヨーク州、アメリカ:女性
流動食ならアメリカの介護施設にもあるよ。
形状を変えるのは珍しいかな。
看護師も介護センターもそれに割く時間がなくって。
介護施設のキッチンはろくなもんじゃないし。

●マイアミ、フロリダ州、アメリカ:女性
普通の食べ物がピューレになって日本スタイルの型で固められていくのが見てて楽しかった。
こっちだとこういうのは栄養局で行われてる。
豆やローストビーフ、トウモロコシが美味しそうなピューレ状の料理になっていくのを見た事があるよ。

●ランカスター、ペンシルベニア州、アメリカ:女性
老人ホームのレストランで働いてた時に豆をピューレにしてから型でまた豆の形にした料理を出した事があるのを覚えてる。
新しい事じゃないね。
(入居者の数が少ない施設じゃなきゃ出来ない事だけど)

●女性
こういうゲル状の食べ物を食べてるよ。
美味しくないし変な感じ。
15年前に友達がこういうアイディアを考え付いてたけど結局実行に移さなかったね。
滑らかにした食べ物と比べてどの位良くなってるんだろう。

●女性
これは興味深いな。
息子が自閉症で食べ物に対して嫌悪感が凄くて。
ゲル状の食べ物はちょっとやりすぎなんで、これなら良さそう。

●女性
母親が脳卒中からのリハビリで入居してたミネソタ州セントクラウドの病院でもこういうのを出してたね。
見た目を良くするために食べ物は型で固められてて、飲み物は喉に詰まらないようにしつつ飲み込む事を覚えられるようにアルギンでとろみが付けられてた。

●ベロ・ビーチ、フロリダ州、アメリカ:女性
高齢者のために仕事をしている栄養士は何年も前からこういう事をしてるね。
3Dプリンターでピューレ状の食べ物を普通の食べ物っぽくできるようになると思う。

●ロサンジェルス、カリフォルニア州、アメリカ:女性
言われている様に、まずは目で食べるものだからね。
毎日のっぺり同じものを食べるよりもちゃんとしたものを食べてる気分にさせてくれると思う。

●チャールストン、サウスカロライナ州、アメリカ:女性
ずっと前からあるよ。
そういう型もあるし、冷凍食品で買う事も出来る。

●女性
↑これはキューブ上にした豆のゼリーじゃなくて焼き鳥だから。

●チャールストン、サウスカロライナ州、アメリカ:女性
↑実際にはキューブじゃないけどね。
冷凍のは豆の形をしてるよ。
(豆の山みたいな形をしてる)
でも確かにその通りかも。
うちの病院じゃ料理にとろみを持たせたピューレを出してるし。
美味しそうな見た目ではないけど味はそれなりに近いよ。

●女性
日本が高齢者の嚥下障害にどう取り組んでるのか興味深い動画だった。

●ディラード、ジョージア州、アメリカ:女性
これは凄いアイディアだと思う!





高齢者になると食欲も落ちるので少しでも食欲が増せるようにと普通の料理のような見た目の嚥下食の研究が進んでいます。
海外でも普通の料理に見える嚥下食の開発を行っています。 

01451
credit:wiltshirefarmfoods.com
追記:嚥下→誤飲に修正。ご指摘感謝です。
追記2:誤飲→誤嚥に修正。ご指摘感謝です。





キユーピー やさしい献立 容易にかめるアソートセット 10種11個入り 【区分1:容易にかめる】
キユーピー やさしい献立 容易にかめるアソートセット 10種11個入り 【区分1:容易にかめる】