02245
credit:Kantaro:The Sweet Tooth Salaryman/Netflix

テレ東が今年7月に放送した実写ドラマ『さぼリーマン甘太朗』はアメリカの動画配信サービスNetflixとの共同制作で、今月からNetflixでも全世界で配信されています。
『さぼリーマン甘太朗』に対する海外の反応です。



引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
この番組に関して何かわからない?
今日から配信でRedditやレビューサイトをチェックしたんだけど何にも見つからなかった。
最初の数話を見てみたんだけど、何なのこれ?
面白かった。
アニメを実写にしたみたいな感じ。

●comment
素晴らしい番組だったね!

●comment
日本人はこの番組をどう思ってるんだろう?
これって日本人向けに作ってるのかな?
それとも日本の番組を見たい西洋人向け?

●comment
登場人物がラピュタのコスプレをしてるシーン見た?
甘太郎がロボットになってたのに笑った。

●comment
今シーズン分を見終わったけど…面白かった。
音楽とサウンドエフェクトがばっちりだったね。

●comment
今シーズン分を見終えたところ。
最初の数話の食べて恍惚としてるシーンは飛ばしたけど、なんか味まで分かる感じがして見るのが止められなかった。
セカンドシーズンが欲しい。

●comment
甘太郎の眉毛がなんで変なのか誰か知ってる?
歌舞伎役者だからかな?
※甘太郎を演じるのは歌舞伎役者の二代目尾上松也

●comment
日本の食へのこだわりを描いたドラマは『野武士のグルメ』が頂点だと思ってた。
それが間違いで嬉しいよ!

●comment
シーズン2が欲しい。
今日見終わった所だけど話が凄く良かったし、出てくる食べ物がとにかく素晴らしかったな。

●comment
漫画の英訳版が読みたいぞ。

●comment
見終わったけどこれは凄く良かったな。
『野武士のグルメ』も凄いよ。

●comment
このドラマは漫画の『さぼリーマン飴谷甘太朗』をベースにしてる。
全12話見終わったけど今度は漫画版が読みたくなってきた。

●comment
これ何?
普通の日本のテレビ番組?
それともニッチ系?

●comment
嵌った。
アニメを現実にして、トラベル番組みたいなデザートに対するディテールとミックスした感じ。
この番組はマジで傑作だよ。

●comment
2日で全話見終えた。
『食戟のソーマ』と『トリコ』と『坂本ですが』を足してビジネスマンが主人公の実写ドラマにしたみたいな感じだった。
もっと見たい!

●comment
今日全話見たよ。
滅茶苦茶面白かったし出てるデザートを全部食べたい!
アニメを現実にした感じだという意見に同意する!

●comment
どのエピソードも面白かったし涎が出たし東京に行きたくなった!
今は日本のデザートショップと料理本を探してる所。

●comment
去年からアニメに嵌ってるんだけどこのドラマはまさにアニメ的だったな。
なんか『ワンパンマン』と『食戟のソーマ』を足して日常系にした感じだ。
最高に面白くて、時に感動を呼ぶ素晴らしい番組だよ。

●comment
この番組はまさにリアル版『焼きたてジャパン』だな。

●comment
最初の3話を見たけど素晴らしかったな。
主人公が面白かったし、出てくるデザートが食べたくなる。

●comment
この番組は可笑しくて素晴らしいよ。
くだらなさが『クロマティ高校』を思い出す。
他の人もこの番組を気に入ってくれて嬉しいね。

●comment
チョコレートの回で『2001年宇宙の旅』のネタが出てきたのに気付いた人はいるか?

●comment
↑この番組は色んなパロディだらけだよな。
その前のエピソードにはエヴァネタが出てた。

●comment
↑3話の豆かんのエピソードだったかな?
甘太郎が天国に登ったシーン。

●comment
『野武士のグルメ』を見るんだ。
甘太郎よりも面白いぞ。

●comment
1話目を見た時は馬鹿げてると思ったんだけど見続けたらプロットの面白さに嵌った。
スイーツプリンセスが美人だ!

●comment
この番組はクレイジーで最高。
日本の実写ドラマを見るのはこれが初めてで、もっと探ってみたくなったんだけどこの番組はIMDb(海外の映画やドラマのデータベース)にも載ってないんだ。
この番組の役者やロケ地を紹介したIMDbみたいなサイトを知らないだろうか?
特に脇役の名前の元ネタを知りたいんだ。

●comment
これは基本的にバトルシーンを除いて、サボる事への戦いを追加した実写版『食戟のソーマ』だな。

●comment
この番組があまりに好きなんで番組に出ているお店のリストを作った。
幾つか逃した場所もあるけどこんな感じだ。

1.甘味処 初音(餡蜜)https://goo.gl/maps/TZGTFWRG4dq
2.氷屋ぴぃす(かき氷)https://goo.gl/maps/WtmQo5YuiHN2
3.豆かんトライアスロン
・甘味処 いり江(豆かん)https://goo.gl/maps/VEUyXKB9NjL2
・梅むら(豆かん)https://goo.gl/maps/4tQ87wV74fr
・相模屋(まめかん)https://goo.gl/maps/EnnDyuBz68B2
4.果実園リーベル(パフェ)https://goo.gl/maps/1SYq1UAFHPp
・清寿軒(どら焼き)https://goo.gl/maps/JhxB1WPAg3K2
5.珈琲天国(ホットケーキ)https://goo.gl/maps/MooscY1ATSy
6.紀の善(抹茶ババロア)https://goo.gl/maps/Tj1VAaM74eG2
7.Café Recherche(サバラン)https://goo.gl/maps/YSTyk29Xbcy
8.タケノとおはぎ(おはぎ)https://goo.gl/maps/E35Njz8B2Us
9.リュードパッシー(エクレア)https://goo.gl/maps/Bg9ty9kP4TF2
10.ESSE DUE(プリン)https://goo.gl/maps/SpRv9R45S6q
11.Minimal(チョコレート)https://goo.gl/maps/Y8tABSXGRZp
12.和栗や(モンブラン)https://goo.gl/maps/YcM7P2ennvr

●comment
↑サンクス!

●comment
かき氷とウィンストン・チャーチルにどういう関係が?

●comment
↑主人公がデザートに対して抱く哲学的な関係を強調するために用いられているんだろう。

●comment
このドラマに出てきたウィンストン・チャーチルが全然ウィンストン・チャーチルじゃないのが好きだ。

●comment
芸術ってこういう物だよね。
このドラマが自分の人生に必要かどうかは知らないけど、もう好きになった。
それに美味しいデザートの事も知れたし。
頭がお菓子のキャラが出るシーンは毎回笑えるし、主人公の白目顔も面白かった。
最高級に変で大好き。

●comment
1話目を見終わった。
自分はアニメを見てたのか。
これは一体何なんだ。

●comment
↑日本版の『ジ・オフィス』(※イギリスのドラマ)だな。
食に偏重しまくってるけど。

●comment
>1話目を見終わった。
>自分はアニメを見てたのか。
>これは一体何なんだ。
このコメントを読んで見る事にした。
そして…混乱してる。
なんでトルストイが出てきてるんだ?

●comment
甘太郎にシロップが注がれるところが最高に良い。

●comment
↑あのシーンは見る度に笑う。
滑らか~なシロップだよね。
今日はチョコレートのエピソードを見た。
カカオについてこんなにも知らない事があったなんて。

●comment
エクレアのエピソードはあらゆる意味で間違ってた。
この番組大好きだ。

●comment
↑個人的にこの回がベストエピソードだと思う。

●comment
このアニメに出てくるリアクションは今月ネットで見たものの中で一番ポジティブだと思う。

●comment
Amazonプライムに『昼のセント酒』という凄く良く似た番組があるよ。
とあるサラリーマンが毎回東京にある銭湯に入って、そこで売られてるビールとつまみを堪能する話。
主人公が凄く美味そうにビールを飲むんだ。

●comment
見終わった。
自分の感情をどう表現していいのか分からない。

●comment
今日から見始めたんだけど、これは今まで見てきた中で一番クレイジーなものかもしれない。
3歳半になる子供に、なんでとある人物の上に頭の上にサクランボが乗ってるのがこんなに可笑しいのか説明しようとしてみた。
ともかく、今年の初めに東京に行った時にこのドラマに出て来たお店に行ってればよかったと思ったよ。

●comment
今度東京に行く時、このドラマに感謝するためにもロケに使われたお店を保存しておいた。
このドラマは素晴らしい進化を遂げてるし、セカンドシーズンが待ちきれないよ。





ぶっ飛んだ内容ながら、それが大いに受けているようです。
現実にあるお店が舞台なので実際に行ってみたいと思う人も出ています。
Netflixは『深夜食堂』、『野武士のグルメ』、『さぼリーマン甘太朗』と継続して食関係のドラマを配信していますが、結構評判がいいのかも。
原作の『さぼリーマン 飴谷甘太朗』は1話とドラマ化の際のレポ漫画が講談社のWebコミック・モアイにて無料公開中です。