02520

子供の名前の付け方はその国によって様々です。
日本ではどういう風に名前を付けてるのだろうかと海外で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本で両親はどういう風に子供の名前を決めるんだろうか?
子供に名前を付ける時は漢字の意味で決めるんだろうか?
名前の響き?
漢字の意味や読みはどの位の役割なんだろうか?

●comment
名前の響き、漢字の意味、それから画数だね。
いい画数になるようにする(そして悪い画数にならないように)。
義母は自分達の息子の名前を決める時に良い画数と意味の組み合わせになるように漢字辞典を手に何時間もかけてたよ。

●投稿主
↑画数は失念してた!
ありがとう!

●comment
>いい画数になるようにする(そして悪い画数にならないように)。
しかも文字単体だけじゃないし(和、部分和も)苗字もそこに含まれる。
しかも漢字によっては良過ぎる、なんてこともある。
もちろんだけどネットには画数計算できるサイトがある。

●comment
うちも名前を決める時は妻が赤ちゃんの名前辞典から文字と画数、その他諸々の事柄から選び出して、最終的に妻の母親が候補の中から1つ選んでたな。

●comment
>義母は自分達の息子の名前を決める時に良い画数と意味の組み合わせになるように漢字辞典を手に何時間もかけてたよ。
今ならネットで幾らでも情報が転がってるんじゃないのか。

●comment
↑2006年位の話だからね。
それに義母は50代でメアドすら持ってなかったから。
義母は今もパソコンは持ってなくて、ネットにアクセスするのはスマホで孫とビデオチャットする時だけだね。

●comment
うちの奥さんは2017年の今も名前辞典を使ってたぞ。
本は素晴らしいUIだからね。
ページを破って取っておく事も出来るし栞を挟む事も出来るしメモを書いておく事も出来る。

●comment
ホストファミリーの娘さんは両親が梨を好きだったから梨の木にちなんだ名前になったと言ってた。
両親は野菜や果物を育ててる農家でもあったからそうする事にしたらしいよ。
漢字は珍しい感じにしたけど、それ以外は梨にちなんでるみたい。
その家がどの位伝統を重んじるか、名前に何を込めたいかに依るんじゃないかな。

●comment
↑ふなっしーはこうして名付けられたのか。

●comment
>ホストファミリーの娘さんは両親が梨を好きだったから梨の木にちなんだ名前になったと言ってた。
それって可愛いね!
それに理に適ってる。
Re:伝統的な家族だね!

●comment
他にも神社(あるいは占い師もかも)が良い名前を選ぶためのカウンセリングをしてるね。

●comment
↑お賽銭の額によって変わるとか…

●comment
家族によってはテーマ別に名前を付けてる所もある事を忘れちゃいけない。
息子に数字を振っていくのが古典的だね。
・健一
・健二
・健三
・健四
・健伍
・健六
・健七
・健八
・健九
・健十

更には単純に子供を数える為だけの”郎”を付ける事も。
・一郎
・二郎
・三郎
・四郎
・五郎
・六郎
・七郎
・八郎
・九朗
・十郎

あと、知人で娘に四季の名前を付けてる人もいるね
・春子
・夏子
・秋子
・冬子

●comment
父親によっては順番を飛ばす人がいる事も知ってる。
彼の名前はシンイチロウで、兄の名前(長兄)の名前が二郎だった。
なかなかからかい好きな父親だ。

●comment
必ずつける家族の文字というのもあるよね。
彼氏も兄も、父親も名前に信が付いてる。
それから神社やお寺に漢字の組み合わせや画数の縁起を相談するのも珍しい事じゃないね。
私が教えてる学校の生徒の名前はよくある名前が多いけど漢字は両親がその子にどういう期待を込めてるかで色々違ってる。
あるいは響きなんかがクールだと思って付けてたり。

●comment
子供への期待や夢を込めて名前を付ける親もいるね。
例えば子供に幸運になって欲しいから幸子、ラッキーな子供という意味の名前にするとか。
私の夫の名前も漢字は同じ風に選ばれてるね。
私達の子供の名前は日本の有名人から取ってる。
ちょっと手抜きだけどその名前が気に入ってるから。

●comment
両親や自分の名前から選ぶところもあるね。
ちなみに名前に使える漢字は限定されてるけど読みは制限がないんで子供にとんでもない名前を付ける親もいる。

●comment
↑子供にとんでもない名前を付けるのは英語圏だけの話じゃないと知れて良かった、かも。

●comment
>ちなみに名前に使える漢字は限定されてるけど読みは制限がないんで子供にとんでもない名前を付ける親もいる。
なんで名前に使える漢字が制限されていて、政府が名前の事を気にかけてるか知ってる?

●comment
漢字は5万字もあるし、もし5万字全部名前に使えたら読み方を説明されない限り読めないから。
それはそれとして、読めない例はあるんだけどね。
そういうとんでもない名前を集めたサイトもあるよ。

●comment
↑それはわかる。
分からないのは政府が何で名前の付け方に興味を持ってるのかという事。
文化的なものなんだろうな。
アメリカだったらどんな名前でも、それこそ発音できない名前でも付ける事が出来るけど政府がそれに対して何かできるとは思えないし。
道徳的にそれが正しいと必ずしも思ってる訳じゃないけど、自分は小さな政府を信じてるもんで。
政治的な話ですまない。

●comment
↑アメリカでも名前に使えるのはアルファベット26文字だけだよ。
記号やアラビア語版のアルファベットなんかは使えない。

●comment
↑別形態のアルファベットが使えないというのが本当かどうかは分からないけど信じる事にしよう。

●comment
↑出生証明書にギリシャ語しか書かれてなかったら流石にOKは出さないと思うぞ。

●comment
↑合衆国憲法には名前をアルファベット26文字に制限する法はないみたいだ。
それから名前に”ピクトグラム(絵記号)”を使う事を禁止してない州もあるらしい。
カリフォルニアは厳しい規制を敷いてるようだ。
※カリフォルニア州は名前に使えるのは英語アルファベット26文字のみに制限されている

●comment
政府が特定の名前を禁止してる国はたくさんある。
※世界各国で禁止されている名前

●comment
日本には形は違うけど読みは一緒とか、形は似てるけど読みが違う感じがたくさんあるからね。
これはアメリカの政府が名前に”サイレントレター(発音しない文字)”や”インビジブルレター(書かれない文字)”を使わないようにお願いしてるのと似てると思う。
例えば”Ballet”は”Bal-et”ではなく”Bal-lay”と発音される。
無声文字がある訳だ。
”やあ、僕の名前はフィリップ、でもスペルはxillなんだ”と言われた時のことを想像してみてくれ。
要するにサイレントレターやインビジブルレターという訳だ。
英語は全く同じという訳じゃないから完全に英語と比較をする方法はないけど。

●commend
オランダにも似たようなルールがあるよ。
例えばヒトラーという名前にしてはいけない。

●comment
↑アメリカにも子供にヒトラーと名付けてはいけないと定めてる州もあるね。
なんであれ名前としてはいただけないと思ってる。
言ってみればジョンソンと名付けてるようなもので。

●comment
アメリカでも日本でも普通に感じる名前にしようとして知人がいる。
ケンという名前にしようとしてるね。
名前を決めてからマッチする漢字を選ぶらしい。

●comment
↑多国籍カップルがどちらか一方の国でしか通用しない名前を子供に付けたくないと考えるのはよく分かる。
日本とアメリカどちらでも通じる名前はたくさんあるね。
(エリカ、アンナ、ジョー等々)

●comment
最近だと名前を選ぶんじゃなくて作る親も出てきているとか。
正しく読める人は誰もいない。
そういう名前はキラキラネームを呼ばれてる。

●comment
南の方に旅行に行ってる間に妊娠したから子供を南と名付けた友達がいるな。

●comment
妻は母親から一文字取って子供の名前に付けてた。
漢字は違うけどね。
今度産まれてくる子供は自分が名前を付ける!

●comment
両親が名前を決めて、祖父母が漢字を決めたという日本人の友達が何人かいるよ。






そう言えば名前に数字を含めるのって他の国では珍しいのかも。
草木や自然の名前が多いのも日本の名前の特徴かも。
上で紹介されている、『世界各国で禁止されている名前』によるとポルトガルでは名前にSayonaraを付ける事は禁止されている模様。
一体どういう経緯でそうなったのか気になるところであります。
スウェーデンでは子供にメタリカとイケアと名前を付けてはいけないのも興味深い。
やはり北欧としてはアメリカのメタルは許されないのか。



たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典2018~2019年版
たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典2018~2019年版