02651
image credit:nihondebaito.com

就職する際にはまず会社に履歴書を提出します。
日本の履歴書の書き方には厳しいルールがあると海外のサイトで紹介されていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
今日学んだこと。
日本には履歴書の書き方について厳しい社会的ルールがある。
例えば、詳細な個人情報と共に必ず写真を添付しなくてはいけない。
書類は一定のテンプレートを用いる。
手書きの場合は必ず黒インクで、修正箇所があってはならない。
コピーしたものは許可されない。

●comment
東ヨーロッパとそんなに変わらないな。
つまり、そこに就職したいとかじゃないなら履歴書は別に書きたいように書いても良いって事。

●投稿主
↑東欧の特定の国?
それとも東欧全体?

●comment
↑自分の国(ポーランド)について言ってるけど東欧だったらどこも同じだろうな。

●comment
本気で厳しいって訳じゃないな。

●comment
日本の就職は終身雇用みたいなものだと考えるなら、手書きの結婚式招待状を送るようなものなんじゃないだろうか。

●comment
↑いや、それは違う。
明らかに違う。

●comment
2018年になるのに顔写真を必要とする会社は尊敬できない。

●comment
つまり醜い人間は面接を受けられないかもしれないという事なのか……
これは公平じゃないんじゃ。

●comment
人事をやってるけどこれに対処するのは恐ろしく大変そうだな。

●comment
自分なんかMicrosft Wordを使うのすら嫌だぞ。

●comment
毎月フォーマットが変わるアメリカよりも良いんじゃないか。

●comment
↑厳しいテンプレートがあるというのは良さげに聞こえるな。
自分が全然興味ない仕事の場合、履歴書に創造力を発揮する必要はない訳で。

●comment
今までに書いたことのある履歴書は3年生の時のスペリングテストで金賞を取った時。
それ以外は全く必要としなかった。

●comment
まず手書きしてくれる人を雇わなくちゃいけないみたいだ。

●comment
全体的な印象は厳しいように感じるけど履歴書のルールとスタイルが標準化されてるのは素晴らしいんじゃないかな。
雇用者が応募者を比較しやすくなるし、求職者に適切なテンプレートを提供する事にもなるから。

●comment
日本のような先進国が履歴書に写真を必要とするなんて信じられないな。
差別問題もあるし、写真が使われなくなるだろうことは30秒もかからずに分かる。
今はそうならなくてもいずれそうなると思う。
日本の労働力の高さは自分にとって驚きのものだし、これは間違いなくしなくちゃいけない事だろうな。

●comment
日本にはあらゆるものに社会的ルールがあるだろ。

●comment
>多くの企業が今でも手書きの履歴書を好んでいる
※引用記事より
自分は字が恐ろしく下手なんで日本だと食いっぱぐれる事になりそうだ

●投稿主
↑日本だと学校で手書きの授業があるんじゃないだろうか。
こっちだとカソリック系の学校だと筆記体を勉強しなくちゃいけないけど、自分は使ってない。
大抵ブロック体で書いてるね。

●comment
↑中国だと高校最後の年にはなんとしてでも新漢字を覚えなくちゃならない。
中国では最後の最後まで手書きをしなくちゃいけないんだ。
更に中国では論文を手書きにするかどうかは教師にかかっている。
よって手書きをたくさんする事になる。

●comment
↑ドイツも同じだな。
テストと論文は全て手書き。
もちろん筆記体の方が早いから筆記体で。

●comment
>こっちだとカソリック系の学校だと筆記体を勉強しなくちゃいけないけど
勉強はしてるんだけどやっぱり下手だし、生徒達はますますタイピングを使うようになってるから他の事と同じようにますますひどい事になってる。

●comment
↑彼女の友達が日本で英語教師をしてて、彼女の受け持った生徒達に書いてもらったノートをアメリカ人に見せるために持ってきた事がある。
一番字が下手な日本人の生徒が書いた字でもアメリカの90%の大人が書く字よりも上手かったね。
ほんとふざけてんのかと思う位上手かった。

●comment
↑シンプルな英語?
それとも漢字?

●comment
↑英語。
それを読んで返事を書くように頼まれたんだ。

●comment
ぶっちゃけ手書きは就職プロセスの一環なんだ。
面接者はそこで手書きの上手下手を判断するんだよ。

●comment
>多くの企業が今でも手書きの履歴書を好んでいる
それじゃあ時間潰しの上手い人しか雇えないじゃないか…

●comment
彼女がインターンシップ用に履歴書を書いた事があるな。
3時間かかって既成の履歴書20枚に書いてた。
線を2mm長く引きすぎるとか細かな失敗をしてたんだけど、これじゃ完璧じゃないからインターンシップに落ちちゃうと言ってたよ。

●comment
親友が日本でしばらく働いてたな。
仕事を探す時に履歴書を数百枚書いたと言ってた。
20枚位失敗したと言ってたよ。
で、トータルで1か月くらいかかったとか。
日本で働こうと思ってたんだけどそれを聞いて諦めた。
ちなみに求職に1ヶ月じゃなくて履歴書を書くのに1ヶ月ね。

●comment
↑自動で手書きっぽい履歴書を一括で大量に書くビジネスを始められそうだな。
それぞれの筆跡に合わせてカスタムフォントを作るんだ。
(筆跡は機械学習させる)
文字の微妙な癖やちょっとしたミス、文字間の変化等もつけられるようにする。
で、プロッタータイプのプリンターで出力する。

●comment
↑友達にその話を聞いた時に自分もそれを考えた。
既に誰かが似たような事をやってるかも。

●comment
アメリカにも似たような辛い事があるぞ。
taleoと呼ばれている。
※taleoはオラクルが母体となっている人材管理サービス
この件に関するスレッドタイトルを書いておくかな
「TIL(今日学んだこと)。アメリカ人は面接応募のために各社毎に使いにくいWebアプリで毎回履歴書を打ち直している。しかも雇用者はそれを見もしない」

●投稿主
↑今日それを知った人がいない事を願うよ。
2000年初頭だと大学のキャリアアドバイザーは人材募集サイトへの応募はあまりしないと言ってたな。

●comment
↑カナダ人参上。
taleoって初めて聞いたぞ。
履歴書ファイルをアップロードするページを用意してる会社がほとんどだ。

●comment
>アメリカにも似たような辛い事があるぞ。
>taleoと呼ばれている。
自分がリクルート担当者を使ってのはこれが理由。
LastPass(パスワード管理、自動フォーム入力を行うソフト)があればかなり省力化できるけどね。

●comment
打ち直す?大抵はコピペでいけるだろ。

●comment
>親友が日本でしばらく働いてたな。
>仕事を探す時に履歴書を数百枚書いたと言ってた。
アメリカも同じようなものだって知ってる?

●comment
↑アメリカで履歴書を手書きで何百枚も書く事はないだろ。

●comment
↑俺の彼女はカバーレター(海外で履歴書に添付する志望動機や自己PRを書いた書類)が標準のビジネス書式ではなかったという理由で面接を受けられなくなるところだった。

●comment
↑書き方の解説を読まない人間を排除する良い方法のような感じがするな。

●comment
↑解説には載ってなかったんだ。
カバーレターは応募サイトのテキストフィールドに記入するようになっていて、ドキュメントを分割で送るオプションは無かったし、言われたカバーレター用の書式は古くて今じゃ教えられてないものだったんだ。
絶対に解説の問題じゃなくて採用担当者の個人的好みだ。

●comment
↑成程、それはかなり恣意的だな。

●comment
履歴書を書くためのワークショップに行った事があるなら分かるけどアメリカでも求職者は似たような事を言われるよ。
会社はどこも奇妙な要求をしてくるものなんだ。

●comment
↑とにかく大量に履歴書を送ってくる適切じゃない人材を排除するのに役立つんじゃ。
履歴書はその仕事に合わせてカスタマイズしてくんだ。
その仕事に関連する資格は目につきやすいようにリストのトップにしておくとか。
例えばJavaを使うWeb開発に応募する場合、20年間COBOLを使ってきた経歴は興味を持たれないだろうけど20年間Web開発をしてきたという経歴には興味を持たれるだろうしね。
とは言え、履歴書送付に加えて基本的に履歴書に書いてる事をコピペするだけの内容をWebフォームに記入しろと言ってくるのは嫌いだけどね。






日本だと今でも手書きで履歴書を求められることが多いようです。
アメリカだとアプリから履歴書を送る事もあるようですが、その度に自分の経歴を打ち直すのはそれはそれで大変そうです。
所定のフォーマットのWordかPDFで作った履歴書ファイルをメール添付かWebから送信だと楽で良いんですが。
銀行の口座開設も今はネット越しで行える訳で、企業的にもその方が人的コストがかからないような。