02720
image credit:ブレードランナー 2049/ソニー・ピクチャーズ

何かを勉強しようと決心するきっかけは人それぞれです。
日本語を勉強中の外国人が日本語を勉強しようと決めたきっかけを語り合っていました。

引用元:reddit.com
スポンサードリンク



●投稿主
君にとって日本語を勉強しようと決心させたものは何?
自分の場合は『Abroad In Japan』というyoutubeチャンネル。
(ここでも見てる人は多いと思う)
自分はまだ新人なんで皆が日本語を選んだ理由に興味がある。

●comment
アニメっス(笑)

●comment
普通にアニメや漫画。
10年以上続けることになるなんて想像もしてなかったし、日本語は自分にとっての第1言語になるだろうし自分の人生は永遠に日本と結びつくだろうね。
(結婚を通して)
今では日本が自分の故郷だよ。

●comment
前から日本のメディア、文化、歴史に興味があったんだ。
それに美しい言語だと思ってたからその時点で興味はあったね。
でも正直言うとそれ以外の事を止めて実際教本を手に取ったのは『大逆転裁判』と『帝都物語』を理解する手立てがなく、翻訳される事は絶対にないだろうと思った時だね。
それからすぐに勉強を始めた。
今は『よつばと!』レベルなら辛うじて読めるようになった。

●comment
自分の場合は思い出せる限りかなり前から興味はあった。
日本のスタイル、生活、水彩の伝統画、書道なんかが自分に向いてる感じがしてて。
正直言うとアニメや漫画が勉強しようと思った最大の理由かな。
で、自分はアーティストになった。
(アニメーションを専攻したんだ)
アニメのコンベンションや漫画のコンベンションに個人参加してここ3年間は自分の描いた水彩画のみで暮らすことに成功してるよ。
で、芸術的な面で言うと文字が書かれた日本の水彩画の意味をGoogle翻訳なんかを介さずに深く理解したいからだね。
後は短編コミックを書きたいという目標もある。
大きな目標は特別ゲストアニメーターとして大きなコンベンションで話がしたい。
更には日本のコンベンションにも出たいね。
出来ない事は色々あるけど、これは自分自身でやってみたい事なんだ。

●comment
子供の頃に最初に学んだのは折り紙の本だからこれが最初に触れた日本関係のものだね。
紙を折って複雑な形状にするのは凄く新鮮で楽しかったから、折り紙が生まれた国についてもっと知りたくなって。
後は言語学への愛、東洋の歴史、他の文化、アニメ(小声)なんかが組み合わさって今に至るって感じかな。

●comment
ジブリ映画、世界名作劇場、任天堂、YMO、シティ・ポップ。

●comment
Youtubeでなんとなく見つけた日本人レスラーの動画で日本語学習のワームホールに落ちて行った。

●comment
前からアニメは好きだったし日本の文化と歴史に興味はあった。
でも一番大きかったのは合気道を始めた事だね。
その時点から実際に日本語を使うようになったし。

●comment
日本に行ってクールだと思ったから。
4年前にフランスに行った時にも同じことを思ったんだけど何故かフランス語を勉強しようとは思わなかったんだよな。

●comment
日本語を勉強しようと決心したのは今年の1月初頭に『Only in Japan』というYoutubeチャンネルを見た後。
それから数週間かけて始める最適な方法を探してこの掲示板(LearnJapanese)に辿り着いて、町でGenkiBook(日本語の教本)を探して、ようやくそれを買う金をゲット出来たところ。

●comment
他国の言語と文化を勉強したかったんだ。
日本はみんな良い人だし文化は凄くクールで寺院とか日本の建物のスタイルも凄く好きだから日本は大好きだったしね。
自分はドイツ語しか話せないし14歳だから学校で習ってる外国語(スペイン語)以外の他国の言語を独学するのは凄くストレス溜まるから難しいね。

●comment
日本人が凡そあらゆる物に組み入れてる有名な日本の効率性を勉強して自分なりに活かしたいと思ったから。
それを学ぶ最善の方法は日本の文化と言語を学ぶ事だと思ったし、これは真っ先にやるべき事だと個人的に思ってる。
アニメも理由の1つだけど1年に2本位しか見てないから大きな理由ではないかな。

●comment
10代だった90年代に字幕付きの日本のアニメのVSHを売ってるお店を見つけたんだ。
凄く面白そうだったからお小遣いをはたいて買った。
そこから黒澤明の作品を見るようになってますます日本の文化に興味を持つようになって勉強しようと決めたんだ。

●comment
日本を旅行できるかもと心理学の勉強を始めた。
それから日本は景色が美しくて食べ物も興味深いと聞いて、日本人ともっと簡単にやり取りができるようになるために日本語を勉強したくなったんだ。

●comment
高校で勧められて始めた。

●comment
アニメ/漫画、日本の軍事史、日本の歴史、政治、それに日本語は自分の耳には凄く優雅に聞こえたし、そもそも日本という国に興味があった。
そういう諸々の要素が組み合わさってだね。

●comment
多国語を学びたいという理由で多国語を学びたかった。
日本語にしたのは目標として定めるのに凄く楽しめそうだと思ったから。

●comment
5歳の時に午後のお喋りにぴったりな人に会ったんだ。
彼は日本人で”智”という字を教えてくれた。
”君はその年なのに賢いからサトシ(智)というニックネームがぴったりだ。智はWisdomという意味があるんだよ。文字はそれぞれ部首と呼ばれていて、1つは太陽、もう1つは矢、もう1つは口という意味になってる。それらを組み合わせると口から太陽の光が矢のように出ているという風に解釈できるんだ”
その時から日本語に興味を持った。
勉強し始めたのは最近からだけどね。

●comment
勉強をし始めたのは習得にどの位掛かるか興味本位の趣味としてだね。
半年経った後で英語教師になりたくなってそれが組み合わさった。
日本で就職できた暁にはかなり有益になるだろうという唯一の目的のために日本語を勉強する欲求がどんどん沸騰してった。
日本語を知れば知る程、翻訳で手助けできる人も増えてるし理解も容易になってきてるよ。

●comment
前から日本は好きだったけど、日本に旅行に行けるようになったことはまだない。
今年から日本語の勉強を始めようと決めたのは日本旅行の貯金ができる経済状況になったから。

●comment
もっと子供の頃から日本語は勉強したかったんだけど自分は自意識過剰な小僧だったし、日本語の勉強は全くもって日本オタク的な事だったから笑われると思ってたんだ。
なんで勉強しようと思ったかって?
映画『ブレードランナー2049』を見てた時にカタカナで書かれた看板が出てきて、”あれって凄く良いとずっと前から思ってたんだけど、何て書かれてるんだろうか?”と思ったんだ。
で、まずは平仮名と片仮名を理解できる事を目標に始めてみた。
完全に理解できなかったとしても、単なる楽しみとしてね。
で、LingoDeer(学習用アプリ)をダウンロードして通勤で使うバスに乗ってる間に勉強をする事にした訳。
それからWaniKani(日本語学習サイト)に登録して、Genkiの教本を買って、ここのサイトを毎日読むようになった。
正直言ってこれは予想外だった。
でも日本語は言語の構築が凄く魅力的で、前に勉強したポーランド語よりも全然良く学べたし日本の文化、自分達の文化との違いを知る事に益々興味が出てきたんだ。

●comment
日本のレシピ本を輸入できる位日本語が上達したくて。
日本の料理は西洋でも人気のものは作り方も簡単に調べれられるんだけどものによっては英語じゃ全然見つからないものもあって。
ケーキなんかは餃子や豚カツみたいに有名なものと比べたらなかなか見つからないね。
それから今はカツ丼が食べたい…

●comment
母親が日本出身で自分は日系ハーフなんだけど母方の父は自分が生まれてすぐに亡くなってしまって、母親は自分に日本語で話しかけてから父親(アメリカ人)に英語に訳して話すのは大変だったから日本語は全然勉強してこなかったんだ。
今は27歳で、独学で日本語を勉強してるけど自分がそうしてる事を母親は凄く喜んでると思う。
自分が平仮名の書き取りをしてるのを見た時は涙を流してた。
それに自分が勉強してる事が凄く誇らしいみたいだ。
だから自分のモチベーションは多層に渡ってる。

●comment
↑これは素敵。

●comment
1.漫画を読むため
2.日本限定のゲームを遊ぶため
3.旅行
4.単一言語使いにはなりたくない
5.アニメ

●comment
養父が沖縄出身で、彼の作る日本料理が自分に影響を与えたから。
それから子供の頃は手書きのポップがたくさんあるアジアンマーケットによく行っていてそれから日本語と中国語を勉強するようになった。
料理が勉強に嵌まるきっかけになって、ゲームと文化がそれを固めたって感じかな。

●comment
まず自分は言語が好きで日本語は難しいからチャレンジし甲斐があるのが良かった。
卒業したらロボティクス業界で働きたいと思ってるし日本のメディアは前から見てたから実践する素材を探すのは難しい事じゃなかったし。

●comment
信じられないかもしれないけど自分の日本語への道はメキシコ経由。
日本のゲームを理解したいとは思ってたけど、日本語を勉強したいと思う程強力じゃなかった。
最終的に日本語を勉強し始めたのは先月からで、メキシコとコネのある2種類のプロレスを見に日本に行けるようになったから。
(メキシコには友達も何人かいて、ルチャ・リブレを知ってる人もいるし、何人かは一緒に日本に行く)
これは言葉を勉強するのに十分な理由だと思ったんだ。
旅行が終わっても読語とか勉強は続けるつもりだよ。

●comment
1つの言語しか使えないのってなんか駄目な気がして。
日本語は最高のチョイスだったと思ってるよ。

●comment
変かもしれないけどNHK Worldみたいな教育系の番組を字幕なしで聞けるようになりたかったんだ。

●comment
最初は漫画を直に読みたかったからで、その考えがクールだと思ったから。
そうなれるポイントに到達するのにどの位長い期間がかかるのか全く知らずに勉強を始めた。
でも勉強を進めて調べていくうちに普通のアニメ/漫画好きが知ってる以上の日本の文化にどんどん興味が出てきた。
日本の歴史に関する本を買ったけどこれは日本人に関するあらゆる歴史的な側面を理解する上で素晴らしかったよ。
(これはどの国でもある事だけど、日本の歴史は自分の国の歴史以上に興味深いと思った)
これが勉強を続けてくうえで助けになってくれたね。
漢字の勉強は凄く楽しくて、漢字は魅力的だと思う。
漢字のお蔭で読みやすくなるし自分の大好きな趣味になってるよ。
(ちなみに英語は自分のネイティブ言語じゃない)
(そして今では漫画を直に読めるようになったよ)

●投稿主
↑つまりトライリンガル?
自分はスペイン語がかなりできてネイティブは英語。
でも日本語の方が興味ある。

●comment
↑自分のネイティブはスペイン語。
どの言語も素晴らしいけど日本語は本当に興味深いよね。
日本語の構成と働きがとにかく好き。





当然アニメや漫画、ゲームの影響は大きいですがそれ以外の理由も色々挙げられています。
勉強を始めたのはかなり最近という人も。
好きな小説なりメディアなりは原文で読みたいというのはまさにそうだと思う。