02872
image credit:reddit.com

以前も紹介しましたが日本でゴマなどを摺るのに使われているすり鉢が海外の剃刀愛好家の間では髭剃り用の石鹸の泡を立てるのにちょうどいいと人気になっています。
とある海外の剃刀愛好家が実際に泡を立ててみた様子を紹介していました。


引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
OK、どうなるのかすり鉢を試してみた……オーマイゴッド、こんな事が可能なのか?
02872
image credit:reddit.com

●comment
自分も今日ゲットしてきた。
ヨーグルトみたいに固い泡にするには10秒ちょいかかるけど、確かにこれは本当だ。
自分の持ってる普通のボウルとの明確な違いは、水の量が多すぎる事がないって事かな。

●comment
自分も使ってる。
日本に住んでた時に泡立て用のボウルが必要になって最初に思い付いたのがすり鉢だったんだ。
結果は良好だった。

●comment
凄い。
玉ねぎスープ用のボウルを使ってたけど今朝すり鉢を注文した。
楽しみだね。

●comment
キャプテンズ・チョイスのシェービングボウルと比べてどう?
02873
image credit:captainschoicestore.com

●comment
↑内部に釉薬が塗られてないから投稿主の画像の奴の方が良いと思うぞ。
縁を使う以外に素材自体が粗いから泡が立てやすい。

●comment
↑その通り。
粗い面に小さな気泡がたくさん作られる事で泡を立てる助けになる。
あまりに早く泡が立つから驚くぞ。

●comment
なかなか良かったぞ。
卵白を泡立てて別の容器に移したのを投稿したんだな?

●投稿主
↑勘弁しろよ。
何故そんな面倒な事をしなきゃならない?

●投稿主
これは自分自身で試してみたかったからだ。
Amazonで買える日本のすり鉢だ。
すり鉢というのは日本版の乳鉢と乳棒のこと。
値段的にも素晴らしい。
すり鉢は中に釉薬が塗られていなくて、中は縁に向かって縦の刻みが入っている。
この無釉と縦の刻みが内部面積を9000%も増やしている。
つまり、マリオカートでトゲゾーこうらを選ぶのと同じくらい確実にギリシャヨーグルトみたいにこってりした泡が立てられるという訳だ。
この画像は10秒間泡立てたところ。
あまりに固い泡だから底で塊になってるんじゃないかと思った位だ。
シェービングブラシはMaggard Razorsの22mm化繊ブラシ、石鹸はBarrister&Mannの42。
おそらくBarrister&Mannの石鹸のせいという事もあると思うけどすり鉢は凄く早く泡が立つし違いは明らかだった。

●comment
↑表面が粗いという事はブラシにとって厳しいのでは?
そういう面は滑らかな面よりも早くブラシの毛がなくなってしまうんじゃないかと心配なんだけど。

●投稿主
↑それはあり得ると思う。
まだ1回しか使ってないけどブラシはとりあえず問題なかったな。
有用なデータが取れたらまた報告するよ。

●comment
ブラシを顔に使うよりは減りが少ないと思うぞ。

●comment
動物の毛だったら減るだろうけど化繊なら問題ないんじゃないだろうか。

●comment
T.J.マックス(アメリカの日用品店)で見かけたラーメン丼も良さそうだったな。
3~8ドルでサイズや内部の角度、中のテクスチャも色んな種類があった。
テクスチャがシェービングボウルの鍵だと思うんだ。

●comment
↑そういうので泡を立てたら画像を挙げてくれ。
ラーメンを作った時もだ。

●comment
↑まだ試してないけどサイズやテクスチャは結構良さげだったぞ。

●comment
なんでカナダのAmazonは何でも3倍高いんだ。

●comment
↑同じく。
為替レートのせいなんだろうけど、そのせいで倍も高くなるのは苛つく。

●comment
日系スーパーで見かけたぞ。
多分そこに行けば売ってるはず。

●comment
>なんでカナダのAmazonは何でも3倍高いんだ。
滂沱の涙ですわ。
ちなみにオーストラリア。

●comment
信じられないかもしれないけど今まで使ったシェービングボウルで最高だったのはパンダ・エクスプレス(アメリカの中華料理チェーン)で買った丼。
これが何年か前に撮った写真だ。
02874

02875

02876
image credit:imgur.com

●comment
セラミックの表面が粗いとアナグマや豚毛のブラシだと減ってくんじゃないかな?

●comment
↑自分もそれを思った。
でも自分は顔で泡立てる時にアナグマのブラシを使ってるな。

●comment
必要以上に泡が立ってるって感じだな。
普段と同じ量の石鹸をブラシにつけてこれだけの泡が出来たんだろうか?
半分位の量で必要な分の泡が出来ると思う?

●投稿主
↑石鹸の量は普段と同じくらい。
石鹸の量を半分にして大丈夫か確かめてみるかな。
そこまで必要じゃないかも。

●comment
↑教えてくれ。
もしこのボウルを使って石鹸の量が半分で済むなら買う価値がありそうだ。

●投稿主
↑どちらにせよ買う価値があると思うぞ。
10ドルちょいだし良い髭剃りアイテムだ。
更にこれでスパイスを挽く事だってできる。

●comment
↑結局どうだった?
石鹸の量は少なくて済んだ?
半分位でいい?

●投稿主
↑幅があるかな。
半分で済む事はないけど8割くらいでいける。
同じ石鹸パックで余分に数回髭剃りが出来る位で、流石に倍とはいかないな。
ついでに言うとブラシに何かダメージがあったという事はなかった。

●comment
そのすり鉢にはごま油石鹸が合ってるような気がするな。

●投稿主
↑大豆や生姜石鹸ってないかな?
うなぎダレや照り焼きソースの匂いがする石鹸とか。

●comment
その容器はゴマを砕いて粉末にして、油やソースに入れられるようにするためのものだな。
日本食レストランでテーブルの上に置いてあるお店もあって、いつも髭剃りに丁度いいんじゃないかと思ってたんだ。
上手くいくと知れて良かった!

●comment
質問:自分がシェービングボウルで泡立てると泡が固くなると縁からはみ出ていっちゃうんだ。
そういうものなんだろうか?
このすり鉢でもそうなる?

●comment
↑”起こる”とも”起こらない”とも言えるものじゃなくて、起こる事もあるって感じだな。
あまり考えすぎない方が良い。
好きじゃないなら泡立てる時の回転径を小さくするといい。

●comment
まあ起こる事だよ。
かき回して泡を立てる訳だから泡はボウルの中心から離れていく。
出なきゃ押し付けながら泡立てるしかないな。
イラっとくる事もあるし、結局は水の泡みたいなものだとほっとく事もある。
自分が手で泡立てるようにした時は8の字で泡立てるようにしたらその問題はなくなったな。

●comment
内側に張り出した縁を持ったシェービングボールを使ってる。
泡がその縁で止まるから溢れていかないぞ。

●comment
(幾つかの)乳鉢に縁や溝が入ってる理由が分かったようで良いね。
これは良さそうだ!

●comment
自分はすり鉢しか使ってない。
固形石鹸を使うためにこれをキープしてるよ。
サンディエゴにある日系スーパーで3ドルで買った。

●comment
この投稿を読んですり鉢を買ってきた。
ホーリィシット、全く誇張じゃなかった!
泡を立てるのが難しい固形石鹸を使ったんだけど何の苦労もなく泡が立てられたぞ。

●comment
俺の無精ひげの顔でも同じくらいの泡が立てられるぞ。
しかもこっちは満足感もある。
※シェービングブラシに石鹸を付けて顔でこすって泡立てる方法もある

●投稿主
↑実は自分も顔で泡立てる派なんだ。
何年も練習して試してきてる。
シェービングボウルを買ったのはコレクションに加えたかったからなんだ。
シェービングボウルでも大した違いはないんじゃないかと思ってたけどそれは大間違いだった。





簡単に泡が立てられ、更に使う石鹸の量も少なくて済むようです。
海外の髭剃り界隈では内部に溝を切ったシェービングボウルもsuribachiという名で売られている模様。
Large Wet Shaving Suribachi Scuttle #2 Light Green
02877
image credit:stevewoodheadceramics.co.uk