03567

日本は地域によって方言が大きく違ってきます。
日本語を勉強中の外国人が”なんや”とはどういう意味だろうかと海外の掲示板で聞いていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
”なんや”ってどういう意味?
色々調べてみたんだけど分からなかった。
(単語の一部として)
何人かと英単語の意味について話してる時に1人が”なんやたかちゃん”と言ってたんだ。
どんな返答でも大歓迎だ!

●comment
関西弁だな。
”だ”の替わりに”や”を使ってるんだ。

●comment
↑日本語の勉強を始めたのは関西に引っ越してからだった(家の都合で)
この事に気付くのにたっぷり5年かかった。
(大阪の外に出る事はほとんどなかったから)

●comment
”なんじゃ”も同じ意味なんだろうか。
ヤクザ映画とかヤクザゲームで聞いたんだけど。

●comment
↑そっちは中国弁(広島圏)だね。

●comment
前に関西に住んでたから必要に応じて関西弁を学んでったな。
一般的に関西では”だ”が”や”になるんだ。
例えば
それはなんだ?=それはなんや?(What's that?)
そうなんだ=そうなんや(Is that so?)
たけしだ!=たけしや!(Oh,it's Takeshi!)
明日木曜日だ=明日木曜や(Tomorrow is Thursday)
だろう?=やろう?(Right?)

●投稿主
↑サンクス!

●comment
>前に関西に住んでたから必要に応じて関西弁を学んでったな。
>一般的に関西では”だ”が”や”になるんだ。
初めて日本人のyoutube動画を見た時に、コメントで文の最後に”やろう”とか”やろ”がついてて、ずっとこれは悪口を言ってるんだと思ってた。
後になって”だろう”と言ってるだけなんだと気付いたよ。

●comment
関西弁話者と結婚してる。
感動詞単体としては英語に翻訳するのは難しいんだけど、言ってみれば自分が仮定していたことが間違っていた事に気付いてその事で若干イラっと来た時に口から出る”Oh,What?”が一番近いかな?
A:ミンチ余ってたっけ?夕食を作るのにいるんだけど。
B:冷蔵庫にあるよ
(数時間後、Aが調理済みの挽肉がある事を期待して冷蔵庫を開けたらそこには生の挽肉しかなかった)
A:ミンチはどこ?
B:そこにあるじゃん(生の挽肉を指さして)
A:なんや!調理されてへんやん!すぐに使えるのが欲しかったのに

自分が誤解してた事に気付いた時によく使われてるみたいだ。

●投稿主
↑サンクス

●comment
方言だね。
大阪弁だ。
この地域(近畿)の人達は”What's that”とか”what business do you have with me?”的な意味でこの言葉を使ってる。
で、”それ”とか”これ”もくっつく事が多い。
でも投稿主のいう文面だと感情の表れって感じかな。
”ああ!”と”ああ~(後悔)”の大阪弁版というか。

●投稿主
↑ありがとう!
東京弁しか勉強してないから辞書には載ってない単語の1つなのかと思ってた。

●comment
北野武映画から学んだ感じだと意味は(超ざっくり訳して)”that is”という意味で、”なんやそれ”みたいな短文だと”What is this”に訳せるんじゃないかな。

●投稿主
みんなありがとう!
関西弁は知らなかったから完全に面喰っちゃって。

●comment
↑心配しなくていいよ。
関西に住んでるけど自分も未だに面食らう事があるから。

●comment
なんやビジネス!
……ごめん、他の人も言ってるように関西弁だろうな。
※Nanyaは英語のスラングで”None of your business.(お前に関係ない)”という意味で使われる

●comment
↑これを言おうと思ってたのに。

●comment
>なんやビジネス!
こういう言葉遊びは嫌いになれない。

●comment
関西だと”だ”の替わりに”や”を使うんだ。

●comment
↑そう、例えば”だった”は”やった”になるし”だけど”は”やけど”になる。

●comment
↑関西弁は書き文字にしても可愛いな。

●comment
↑確かに可愛いんだけど、時々?となることもある。
例えば、”言う”が”ゆう”になるんだけど”言った”は”ゆうた”になって、”言って”が”ゆうて”になり、更に”てる”が”とる”になるから”住んでる”が”住んどる”になる。
それに関西弁では文中の”なんだ”が”ねん”とかそういう言葉にもなる。
例えば”楽しかったねんけど”という言葉はありで、訛りが文中に出てくるから変に感じるかもしれないけどありなんだ。
方言は時にかなり悩ましいものになるし、”とにかく好きなように使え(do-whatever-you-want)”って類のものかな。

●comment
↑自分は長崎に住んでるけどこっちも方言が凄いから興味持った。
地域ごとに独特なんだと思う。
でも思ってる以上にユニークだね。
がんばろう=頑張らんば!、とか”どうした?”の替わりの”どがんした?”とか。

●comment
↑”がんばろう”のは面白いな!
関西弁だと末尾の”う”がなくなって”頑張ろ”になってる。
それから”どうした?”じゃなくて”どうしたん”だね。

●comment
↑”がんば”が標準の部分なんだと思う。
FFXIVの日本サーバーでもこの言葉はよく見かけたし。

●comment
>確かに可愛いんだけど、時々?となることもある。
遭遇した事があるかどうかはわからないけど、”いる”の変形が”おる”だね。
”てる”は”ている”の短縮形だから”とる”は”ておる”の短縮形なんだ。

●comment
↑ああ!何度も遭遇したし使いまくってるよ。
でもこれは納得できるな。

●comment
>確かに可愛いんだけど、時々?となることもある。
また怖くなってきた。
日本語は例外が少ないと思ってたんだけど毎日別の事を学んでるから。

●comment
↑自分のホストファミリーは関西弁しか話さないから凄く奇妙だった。
1年間日本語を勉強したんだけど、いきなり聞いたのが関西弁になったから。
方言は人によってかなり違いがあるからInstagramで友達の投稿を読んでも分からない事もある。

●comment
↑興味深いな。
英語のスラングや方言と比較してもそれは納得できると思う。
スコットランド人が言ってる事はさっぱりわからないけど、それでも英語なんだよな……
”です”の末尾の”う”は地域的なものだと聞いた事がある。
関西弁も同じように地域的なものって事だろうか?

●comment
↑そう、関西弁は関西地方のもの。
東京では使わない言葉遣いも多い。
例えば関西では男性も”わ”をよく使うけど標準語で”わ”は女性的な言葉遣いって事になる。

●comment
>また怖くなってきた。
恐れる必要はない。
関西弁クイズに失敗したからって腕を折ったりする人はいないから。
最悪なケースでも何度か聞き直したらみんな標準語に切り替えてくれるよ。
一番ストレスになるのは覚えるのが難しい事位かな。

●comment
↑サンクス!

●comment
インターンシップで日本に行く前に2年間日本語を勉強したんだけど(全て日本語ネイティブの人が教えてくれた関東弁)、住んだ寮が京都と大阪の間だった。
最初の2週間は言ってる事がさっぱりわからなくて憂鬱だった。
(日本語学校じゃ結構いい成績だっただけに)
ある晩、同僚が関西弁の違いを全部教えてくれて、そっから先は問題なくなった。

●comment
↑枚方かな?

●comment
↑近い!
住んでたのは茨木だけど山崎や長岡京で働いてた事もあるよ。

●comment
↑枚方で勉強してたし枚方が大好きだから他の人が住んでた/住んでると聞くとちょっと心躍るんだ。

●comment
↑わかる。
22年前に一緒に働いてた人達が今でも高槻に飲みに行ってるのか確認するために戻りたいと思ってる位だ。







関西弁は使用者も多いので聞く機会も多く、標準語で日本語を勉強してると面食らう事も多いかも。
特に”なんや”は状況によって意味が違ってくるので方言だと説明してもどういう訳になるのかを説明するのが難しそうです。
追記:FFIV→FFXIVに修正。ご指摘感謝です。



4894768488
関西弁事典