03583
image credit:foodnavigator.com

日本は世界で最も長寿な国として知られていますが、同時に世界で最も塩分を摂取している国でもあります。
海外の掲示板で日本で求められている1日の塩分摂取量が紹介されていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本の厚生省が定める1日の塩分摂取量は8g、対してアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が定める1日の塩分摂取量は2.4g。

主要国で定める栄養素の摂取量はほとんど同じだと思ってた。
炭水化物、タンパク質、ビタミン等々みたいにどこも似たような量だと思ってたんだけど3倍ってのはちょっと凄いな。
とは言え日本の食べ物は低脂肪で野菜の量も多いし、運動もたくさんしてるだろうからそれが長寿となってるんだろうな。
しかし3倍ってのは驚きだ。

●comment
↑これはロビー活動の結果だと思うぞ。
日本の保存食は塩をベースにした物がほとんどだ。
食べ物を長く綺麗な見た目の状態にしておく事が重要だからね。
心臓病の多さも塩分の過剰摂取は良くない事だと示してる。

●投稿主
↑高血圧は日本で問題になってるけど、それでも平均寿命が長いことは驚きだ。
これで減塩生活になったらどうなるんだろうか……
それに醤油ベースの食べ物、漬け物は美味しすぎるんだよ。
自分がそういう食べ物を馬鹿食いしてないのは単に海外では買うのが難しいから。
もし金鮒佐が近くにあったら毎日佃煮を食べて当然のように高血圧になっていただろう。

●comment
確かに。
しかしアメリカ人は1年間で平均30ポンド(約13kg)のチーズを食べてるのに対して日本人が1日に食べるチーズの量はほぼゼロなんだよな。

●投稿主
↑良い指摘だ。
政府チーズの事が頭から離れないな……
※政府チーズ(Government cheese)はアメリカで配給に使われるチーズの事。

●comment
↑アメリカのチーズが低品質なのは政府のせい。
助成金出まくりだからだ。

●投稿主
↑税金から助成金が出てる物といえば、トウモロコシと乳製品だもんな。

●comment
政府が貯め込んだ山のようなチーズを消費するために色んな菓子/ファーストフードの会社が新しいメニューを考えてる。
(実際政府がチーズを補完してる洞窟(倉庫)がある)
チーズの乗ったピザを食べる時はアンクル・サム(アメリカ政府)に感謝だな。
※アメリカ政府は市場価格安定のために乳製品を買い取っている

●comment
>しかしアメリカ人は1年間で平均30ポンド(約13kg)のチーズを食べてるのに対して日本人が1日に食べるチーズの量はほぼゼロなんだよな。
アジアは乳糖不耐症の率が高いんだ。

●投稿主
他にも色んな要素があるし、こっちの高糖分、高脂肪、歩かない暮らしの三羽烏に比べたら一栄養素の突出はまだ許容範囲なんだろうな。
しかし3倍は驚きだけど。

●comment
フランスの1人当たりの年間チーズ消費量はアメリカとほぼ同じか多い位なんだけど肥満率や心臓病の率は全然低いんだよな。

●comment
ラーメンと醤油のせいだな。

●投稿主
↑主には醤油だろうな。
自分の場合は既に食生活に組み込まれてるから分からないけど、醤油をあまり使わない国の人が日本の空港に降りたら醤油の匂いがすると感じるらしい。
関西の方が塩分摂取量が少ないわけだけど、その場合は醤油じゃなくて出汁の匂いがするんだろうか。
どちらも美味しい保存食ではあるけど。

●comment
醤油の中にどれくらいの塩分が含まれてるか知ってるか?

●投稿主
↑全く知らない、だから調べてみたら、オーマイゴッド。
そっちは知ってると思うけど一応言っておくとテーブルスプーン1杯で1g位、1パックで0.3g位だそうな。

●comment
↑マジか。

●comment
1日の塩分2.4g以下に抑えようと思ったら生の野菜や果物を食べない限りほぼ無理だぞ。

●投稿主
↑自分は数年前から食事の栄養分を記録してるけど、外食はできないという結論に達した。
自炊の場合2.4gに抑えるのは簡単じゃないけどできる。
(1歳になる子供には1.8gにしてる)
500kcalのクランチラップ・スプリームは1日の摂取カロリーの1/4位かな?
含まれる塩分量は1.2g、自分の1日の摂取塩分の半分だ。
これは比率として悪いし、アメリカ人が1日に4gの塩分を摂取してる理由でもある。
※クランチラップスプリームはトルティーヤに具を乗せて五角形に包んだ食べ物
03491
image credit:tacobell.com

●comment
↑血圧が上がってきたんで塩分摂取量を記録し始めたんだけど、調べてみると凄い量の塩分を採ってる事がわかるな。
朝6時の時点で1日の摂取量の半分を超えてる。

●投稿主
↑ああ、あらゆるものに塩が含まれてるのがクレイジーだ!
記録を取り始めた頃の自分はこんな感じだった。
”は?ホットケーキミックスにまで塩が入ってるのか?こんなのただの小麦粉とベーキングパウダー(炭酸水素ナトリウム)じゃないか……って、ああ!”

●comment
↑ハハハ、こっちは仕事のために朝4時に起きてマフィンを食べたんだけど、それだけで塩分量は0.6g超だ。
しかも5時前の時点で。
夕食後には何gになってる事やら。

●投稿主
↑その苦労は分かる。
しかも健康的な料理を自炊しようとしたら時間がかかるし、大漁に作らないと金もかかるしね。
多分我々二人とも健康的なマフィンの作り方は知ってるんだろうけど、保存料を使ってないから長期保存はできないし、毎日食べたいとも思わないし、そもそも保管する場所もない。
自分で焼くのも良いけど、朝食を作るのに時間を全部使ってしまったし。
(横を見て)あ、お店に1ドルのマフィンが売られてるぞ。

●comment
↑健康的な食生活なんかクソ喰らえ、と言いそうになった。
食べたいように食べるといいたいところだけど、必要量の4倍も食べようとする前に、まず必要量だけを食べる努力はしないとな。
ポテトチップの袋は1~2回で食べ尽くすんじゃなくて、6~8回に分けて食べるようにしてる。
全く、食べ物/食事ってのはドラッグと比肩しうるくらいだ。
脳みそもドラッグとよく似た反応を示すんだよな。
健康に悪いのは分かっているのに、美味しすぎる。

●comment
つまり、塩分は健康でしっかり水分を取ってる人にとってはそんなに悪いものじゃないって事じゃないのか。

●comment
日本の労働環境も影響してるんじゃ。
日本の労働環境じゃコーヒーの消費量が増えるのもやむないだろう。

●comment
↑コーヒーに塩は入ってないぞ。

●comment
↑ごめん、何故かカフェインと読み間違えてた。

●comment
日本人は平均して1日13gの塩分を摂取しているらしい。
対してアメリカの平均は3.4g。

●comment
↑信じていいのやら。

●comment
3.4gってのは俄かには信じがたいぞ。
食事によってはかなり塩分多いし、特にファーストフードなんかは余裕で2~3gいくだろ。

●comment
↑平均してな。
ファーストフードを食べない人も多いし。

●comment
↑自分はアメリカ人だけど塩分と脂肪分たっぷりの食生活をしてる。

●comment
↑自分もだ。
でも塩分を蛇蝎の如く嫌ってる人もたくさんいるんだ。

●comment
この塩分ってのは海水塩?ヨウ素塩?
※ヨウ素欠乏を起こしやすい国ではヨウ素を添加した塩を使っている所もある

●comment
アメリカ人が1日平均3.4gの塩分を摂取してるって、どうやって調べたんだ?
かなり少なそうなんだが。
この数字は肥満率と合致してるのか?

●comment
↑塩分と肥満はほとんど関係ないぞ。

●comment
みんな知っておく必要があるのが、塩分摂取量は一般的に加工食品消費量の指標だという事。
(もちろんこれはアメリカの事で、日本の事じゃない)
塩分摂取量が多いという事は加工食品やファーストフードを多く食べていて、その結果野菜や果物を食べる量が少ないことを意味してる。
(野菜や果物は癌や糖尿病のリスクを下げる)

●comment
別に塩は悪いもんじゃない。
死ぬほど塩分を取る事なんてそうないしな。
通常摂取する塩分を問題なく排出できる健康状態にある限り、減塩は健康に対して何の効果もない。





日本人の塩分摂取量の多さと平均寿命の長さは海外の人にとって不思議な事でもあるようです。
とは言え、塩分の摂りすぎは決して体にいいわけではないので注意が必要ですが、今の時期は塩分摂取も重要になってきます。
最近体に気を付けてサラダにはドレッシングじゃなくてポン酢を使うようにしてたけどポン酢も結構塩分が高かった……





B07B9VTF81
カバヤ食品 塩分チャージタブレッツ 90g×6袋