03641
image credit:cottagelife.com

スバルはアメリカで人気の高い日本車メーカーですが、今年の夏に主にコロラドで熊がスバル車に閉じ込められる事件が頻発しているそうです。
何故か熊に気に入られたらしいスバル車に対する海外の反応です。

引用元:jalopnik.com

スポンサードリンク






GIF:The Orlando Sentinel

コロラド州のとある当局官によると毎週2~3頭の熊が車の中に乗り込む事件が起きており、熊はロックがかかっていなければドアを開ける事も出来るのだとか。
報道されたニュースでは車は全てスバルのレガシィ・アウトバックだそうで、海外のサイトでは幾つかの仮説を立てていました。
(当然ながら冗談としてですが)

1.単に熊の国(熊が多く生息する地域)に住む人が他よりもスバルを好んでいるのでは?
スバルはコマーシャルに森のシーンをよく使っていて、フォレスター(森)という車もあるし、熊は森が好きだからこれはあり得るかも。
2.熊の国の熊は他の車よりもスバル車が好きなのでは?
3.スバル車オーナーは他のメーカーのオーナーよりも車のロックをしないとか?
4.他のメーカーのオーナーは熊除けスプレーを使っているとか?
5.スバル車オーナーは他のメーカーのオーナーよりもアウトドア好きだから熊によく遭遇するのでは?スバルもみんなにそう思わせたいとか?
6.アウトドアブランドを確立するためにスバルが熊を雇っているとか?
7.もしくはスバルが熊の国でブランドを確立させようとしてるとか?
熊を乗せる事で熊用のコマーシャルにしてる?
スバルは既に犬を使ったコマーシャルを作っているから、その動機はあり得るかも。
8.熊の口コミが原因かも?熊の口コミサイトでスバル車の評価が上がっているとか?


●comment
つまり、スベアル(subearu)になるという事か。

●comment
↑退場。

●comment
1と5だな。

●comment
↑それが正解。
あと7も。

●comment
いや、6だろ。

●comment
1と5に続いて3もあるぞ。
周囲に何もない熊の国の人らは車のロックをかける理由はないと思ってるし。

●comment
車をロックしても意味ないぞ。
熊が入ろうと思ったらドアを引き剥がせばいいだけだからな。
下り坂に対して前を向くように駐車しておくとドアが開いたら開きっぱなしになるし。
防ぐには車内で物を食べない事、食べ残したものを車内に置きっぱなしにしない事、食べ物の匂いを車内に残さない事だ。

●comment
↑熊って結構賢いし嗅覚が凄いから観光地やキャンプ場には車内に食べ物を置きっぱなしにしないようにという警告が貼ってあるな。
ヨセミテとかによくキャンプに行ってる友達は行く前に車内に置きっぱなしになったエナジーバーやフロアに落ちたフライドポテト、非常食を綺麗に掃除してる。
そのお蔭で熊には入られてないみたいだ。

●comment
スバルオーナーはピクニックバッグを好きなんじゃないのか?
もしそうなら問題点は見つかったようだな。

03633
image credit:jalopnik.com

●comment
熊は茶色くなったヘッドガスケットの匂いが好きなんだよ。

●comment
このSUV(スポーツユーティリティービークル)はSUVじゃなくてCUV(クロスオーバーユーティリティビークル)だろ。
※記事でSUVと紹介している

●comment
↑Subaru Ubiquitous Vehicleなんだろう。

●comment
実際はスバルのフレームレスウインドウが理由だと思う。

●comment
他の場所のことは言えないけどニューヨークの上部(アディロンダックとバーモント州の州境の間)で走ってる車はどれもスバルだ。
そしてこの辺にも熊はいる。
だから熊がスバルを好きなように見えるわけだな。
他に熊とスバルが多い地域と言えば太平洋北西部、コロラド州、メイン州だ。
という事で理由ははっきりしてる。
熊とスバル好きは同じ地域に生息してるんだ。

●comment
03634
image credit:jalopnik.com
※熊、スバルをスバルたらしめているもの

●comment
ジョーク関係は他の人に任せるとして、ちょっと真面目に答えてみる事にしよう。
これはスバルのン人気も関わってると思う。
第1に、スバルはコロラドで人気があるという事。
第2に、熊もコロラドに多く生息してるいう事。
そして最後に、スバルは10年くらい前にハンドルをループハンドルに変えた。
これが熊にとって開けやすいんだと思う。

03635
image credit:jalopnik.com

●comment
コロラド人参上。
大デンバー圏をスバル車を見ずに通過する事は不可能だぞ。
自分はその流行を追ってはいないし、コロラド/デンバーの住むには暑すぎる点は嫌いなんだけど、コロラドに来たらみんながスバル車に乗ってる意味が分かると思う。
凄く汎用性が高くて雪が降ってもスバル車ならどんな場所にも行けるんだ。

●comment
2015年のスバル・フォレスタ―XTに乗ってるけど、確かに鍵の閉め忘れが多いことは認めざるを得ない。
オハイオ州北東部に住んでるけど、黒熊を見かけたこともある。

●comment
タホ(カリフォルニア州とネバダ州の州境地域)で育ったけど確かにスバルは多かった。
何故ならタホだから(※シエラネヴァダ山がある山地)
もしタホで4WDに乗ってないとしたら理由はこんな感じ
1)凄く貧乏だから
2)凄く馬鹿だから。これは5回位雪の中でスタックしたらすぐに学習する
3)新入りだから。これもすぐに学習する

●comment
次のドア用エクステリアは熊の手形のステッカーかな?

●comment
ミシガン州も熊が多いんだよな。
ミシガン州政府によると1万5000~1万9000頭の黒熊がいてロウアー半島(ミシガン州の人口の97%が住む地域)には1500~2000頭が生息してると言われてる。

●comment
最近アメリカ西部で2週間のロードトリップをしてきて、7つの国立公園/山にも行ってきた。
熊がスバル車に乗る理由は1と5の組み合わせだと思う。
スバル車はどこでも見かけたし、特にクロストレックが多かった。
ちなみにその旅行で唯一熊を見かけたのは何故かテキサス州だった。
キャンプ場近くの道路際でまったりしてた。
それから国立公園の通年パスというのもある。
80ドル(約9000円)で買うと自分の他にあと3名、その年は同じ車である限りどの国立公園にも何回でも入る事が出来る。
自分みたいなロードトリップをするとか、グランドキャニオンの近くに住んでて毎朝そこをジョギングしたいならお勧めだ。

●comment
↑実にスバルなコメントだ。

●comment
↑皮肉なことに自分らはスバルではなかったし、今までスバルに乗った事もないんだよな。
(スバルが嫌いな訳じゃないけど)
自分らが旅行に乗っていったのはマツダ6ワゴン(アテンザワゴン)で、何もかもが快適な旅だったよ。

03636
image credit:jalopnik.com

●comment
今日、別のスバルがまた熊に壊されたらしい。

03637
image credit:jalopnik.com
※コロラド州スティームボート・スプリングスでスバル・アウトバックが熊に壊される

●comment
↑コロラドか。
こういう事って毎週起こるもんじゃないだろ?

●comment
この熊は逃げる前にベアリングをチェックしておかないと。

●comment
論理的な説明としては5だな。

●comment
去年の夏に庭をうろついてた奴。
ガレージに隠していた俺のスバル・アウトバックを探していたに違いない。
この記事を読んでないと良いんだが……

03638
image credit:jalopnik.com

●comment
スバルはアウトドア派の、特に食べ物をピクニックバスケットに入れてくタイプに人気だからな。
こういうのは熊が食べ物だと認識してる。

●comment
まあ熊ってのは大きな犬みたいなもんだから。
犬はスバルを運転するしな。

03639
image credit:jalopnik.com
※スバルのCM

●comment
大西洋北東部のスバル乗り。
こっちは黒熊がたくさんいてスバルもたくさん走ってる。
そして車にロックなんかしない。
つーか誰がロックなんかするんだ?

●comment
必ずk.d.ラング(カナダのシンガーソングライター)かインディゴ・ガールズ(アメリカのフォークソングデュオ)のCDを積んでるからかな?

●comment
本当の疑問は、なんで熊の国にそんなにスバルが走ってるのかという事だ。

●comment
SUVドライバーはショッピングモールに行き、スバルドライバーはキャンプに行くからだ。

●comment
全部同じ熊なんじゃ。

●comment
野生の熊は水平対向4気筒エンジンが好きだからな。






おそらくは熊の生息地域とスバルが人気の地域が重なってるからだとは思いますが。
逆に熊にも好かれる車として宣伝に使えるかも。
ちなみにスバルだけでなくホンダ車に乗り込む事件も起きている模様。



追記:ビーグル→ビークルに修正。ご指摘感謝です。




B01NBNSIH8
熊出没注意 小丸ステッカー(No.7940-1) 8.5×8.5cm North Island