03774
image credit:tofugu.com

世界的にブームになっているハンドドリップコーヒーはカリタやハリオ等日本のメーカーが世界でも圧倒的な人気になっています。
では日本のコーヒー文化はどんな感じなんだろうかと海外で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
朝にビーハウスのドリッパー(日本製)でコーヒーを淹れてる時に頭に浮かんできたんだけど、なんで人気のあるハンドドリップの手法(カリタ・ウェーブやハリオV60等々)はどれも日本発なんだろうか?
※ビーハウスは渋谷にあるカフェ
別にステレオタイプに当てはめて語りたい訳じゃないけど、日本でのコーヒー文化についてはあまり読んだ事がなくて。
日本と言えばお茶だと思ってた(自分が無知なだけだと思うけど)。
地理的な条件からコーヒー栽培/生産はそんなに行われてないと思うけど、自分が思ってる以上に日本ではコーヒーが人気なんだろうか?
もしくは単に優れたハンドドリップの道具が作られているだけ?
何か教えてくれたら感謝だ。

●comment
↑『A Film about Coffee』という映画を探して見てみるといい。
日本のコーヒーに関する有名な人や場所が出てきてる。
日本のコーヒー文化は間違いなくあると思うけど、他の分野よりも人気ではないのかもしれない。
(例えば、『料理の鉄人』や『二郎は鮨の夢を見る』みたいな)

●comment
↑youtubeにあった。
勧めてくれてありがとう。
コーヒーを手に見てる所だ。



●comment
↑これは素晴らしいな、ありがとう!
2週間後に日本に行く予定なんだ。

●comment
↑もし東京に行くなら原宿にある『デウス・エクス・マキナ』というカフェに行ってみてくれ。
最高級のエスプレッソにラテアート選手権の優勝者が絵を描いてくれるだけじゃなく、カスタムバイクのショールームになってたり、地下のバーでDJが回していたりと2倍3倍に楽しい。

●comment
↑凄いな!
東京にしか行かない予定だし、絶対に行ってみる。

●comment
>youtubeにあった。
カフェ・ド・ランブル(新橋のカフェ)とそのオーナーの関口一郎は間違いなく魅力的な人物だな。

●comment
日本は世界最大のコーヒー輸入国の1つだぞ。
ジャマイカからかなりの率(80%)のブルーマウンテンを輸入してる。
自分は専門家じゃないし日本には1週間だけ行ったきりだけど、それでも最高に美味しいカフェが簡単に見つけられた。

●comment
↑これは本当。
確かコーヒー消費量で世界3位だったと思う。
ほとんどが缶コーヒーとしてだけど。

●comment
コーヒーは日本でかなり人気あるぞ。
京都なんか小さなカフェを見ない事なんかない位だ。
東京はあらゆる街角にコーヒーの自販機があるし、どのお店にもコーヒーマシンが置いてある。
文化の一部になってるんだ!

●comment
自分は香港出身だけどコーヒーを飲む時に長い間使われてきている考えがある。
即ち、何を選んでいいか分からない場合でも日本のコーヒーを選んでおけば大丈夫、と。
あともう1つ、日本食レストランがあってそこが本格的かどうかはそこのコーヒーを飲んでみるといい、とも。
日本食を出していたとしてもコーヒーが美味しくなかったらそこは一流とは認められない。

●comment
↑他の国でもコーヒーの味がレストランのベンチマークになってくれればいいのにな。
ミシュランの星付きのレストランで最高に美味しいコース料理を食べたんだけど食後のコーヒーが酷いものだった、なんて事も時々あるし。
屋台のカフェクオリティだ。
コーヒーに対する味覚は料理に対する味覚とは明らかに違っていて、レストランはもっとコーヒーに対する味覚を磨くべきだと思う。
多分デザート担当のシェフが磨くべきだな。

●comment
↑これだな。
自分は料理に対する味覚と反対にコーヒーに対する味覚がかなり鋭いし。

●comment
東京に行ってそこのコーヒーシーンについて2つ学んだ。
単にカフェインを摂取するだけ(例えばコンビニのコーヒー)か、全く知られていないコーヒー職人のいるお店に行くかということ。
渋谷の東急ハンズは中階に凄いコーヒーサイフォンを置いてあるカフェがあって、そこで飲んだイルガチェッフェ(エチオピアのコーヒー豆)は最高に美味しかった。
地下鉄に乗って新宿の素晴らしいカフェにも行った。
どこにあるか調べる必要があるけど、それだけの価値がある。

●comment
自分が西洋人だからそう思うのかもしれないけど、日本でコーヒーを出されたのはいつも朝食で、ランチの時は別途注文が必要だった。
一般的に日本のコーヒーは凄く美味しいね。
よく飲まれてるのは濃く淹れた中煎りのコーヒーだった。
日本のコーヒーは飲むたびにそのクオリティに感心したものだよ。
コーヒーの自販機はどこにでもあるし、ローソンやセブンイレブンの缶コーヒーコーナーはアメリカよりも大きい。
缶コーヒーは(アメリカのより)甘味が少ないのも素晴らしいね。
自分の印象としては日本は日に日にお茶よりもコーヒーを好きになっているという印象だ。
お茶はお茶で歴史があって点前もあるけどね!

●comment
↑これは同意。
日本の缶コーヒーのブラックはアメリカのカフェのコーヒーよりも美味しい場合がある。

●comment
日本で過ごしたことは少ししかないけど、日本は何でも手順を重視すると言われてるね。
みんなも日本の自動車製造や”常に改善し続ける”ビジネス姿勢の事はよく知ってると思う。
それがコーヒーに対してどう行われているのか見てみたいね。
牛肉やハンバーガー、ピザも。
関係ないけど日本人が食をどう自分達向けに解釈しているかはNetflixの『、『アグリー・デリシャス 極上の“食”物語』』の第1話を見てみると良いと思う。
ナポリのピザ当局代表は日本人にこれ以上ピザづくりをして欲しくないらしい。
このままだといずれイタリアのライバルになるだろうから、と。

●comment
東京に住んでいて、最近コーヒーに嵌った所。
そこで見聞きして感じた事をちょっと紹介しようと思う。
まず最初に、自宅でコーヒーを淹れる場合はハンドドリップが多いだろうという事。
日本は住居スペースが少ないからコーヒー/エスプレッソマシンでは場所を取り過ぎてしまう。
場所を取れるとしたら毎日豆を挽くのに使うミル位だ。
それより日本で人気なのは1杯ずつ淹れるドリップバッグタイプ。
こういうものでもハンドドリップの技術が要求されるんで日本人の味覚はコーヒーマシンで淹れたコーヒーを飲むよりも鍛えられてる。
お店に行けばどこでもkカリタやハリオのドリッパーが紙フィルターと一緒に売られてるから、一般的な消費者でも買いやすいというのもある。
あと日本は強力な食文化を持っていて、それがコーヒーにも繋がってる。
みんなこだわりを持ってるから料理は信じられない位美味しい。
(もちろん不味いのもあるだろうけど)
食べ物の量はヨーロッパやアメリカよりも少なくて値段も高めなんで、料理や飲み物にお金をかける場合はより美味しい物を、ということにもなる。
美味しいレストランやカフェはすぐに人気になり、更に人気が出るとテレビに出るようにもなる。
(日本の地上波テレビには料理番組が氾濫している)
美味しい食べ物や飲み物を作るお店があればそこに客が殺到するという訳だ。
それから可愛い、もある。
日本発のラテアートを見た事がないだろうか?
狂気ではあるけどコーヒーに可愛い物を足すことでお店の人気が出るんだ。
日本人はプレミアムで高品質なものが大好きだから、それがコーヒーにも適用される訳だな。
それからお茶とコーヒーはビジネスにおいても役割を持っているから良好な市場がある事になる。
会議は大抵お茶を出して始まり、家を訪問した時もお茶が出される。
残業や長時間の通勤ではよりカフェインの強いコーヒーがお茶の魅力的な代替物になる。
それにお茶の味に慣れていない海外の顧客はコーヒーの方を好むというのもある。
それと、コーヒーは世界的に人気となってきていて日本もその例外ではない、という点もあるね。
自分が住んでる場所はそんなに人気のある場所じゃないんだけど試しに検索してみたら近くに何軒もカフェがあって驚いた。
街に住む人はコーヒーが大好きだし美味しいコーヒーを出すお店はたくさんあるよ。

●comment
自分は日本の大きなコーヒー会社のアメリカ支社で働いてる。
一般的に日本人は酸味が少ない深煎りで強く淹れたコーヒーを好んでるね。
幅広く多種多様なコーヒーが好まれていない、という訳じゃなくて、本当に独特なコーヒーを使ってるよ。
うちの会社の試飲担当は剃刀みたいに鋭い味覚を持ってるし。

●comment
他の人も言ってるように自分も日本で素晴らしいコーヒーを飲んできたな。
まさに日本人らしく細心の注意を払って淹れていた。
お茶の様に正式な場で飲む場面はないけど結構影響力はあると思う。

●comment
日本人はコーヒーにかなり入れこんでる。
世界のコーヒーを巡る旅では絶対に入る場所だ。

●comment
1975~1978年に大阪/京都エリアに住んでいて、その後も仕事で何度も日本を訪れた。
エスプレッソは飲めなかったけど濃厚で満足のいく1杯がどこでも飲めた。
学生がよく来る良い音楽をかけてるカフェが特にそうだったね。
自分の経験だと日本の一般的なコーヒーはアメリカの”ダイナー(ファミリーレストラン)”の一般的なコーヒーよりも美味しいと思う。
濃厚さに関してはむしろドイツやオランダと比較するべきなのかもしれない。

●comment
日本のコーヒーはここ10~15年でますます美味しくなってきてると思う。
それ以前は今じゃ色んなカフェで挽きたてのを出してる”アメリカン”しかなかった。
今の日本でコーヒーは大きな趣味となっているね。
コーヒーやアイスコーヒーが好んで飲まれているし、セブンイレブンのコーヒーも美味しい(150~180円)
缶コーヒーも美味しい。
スターバックスに行く人はコーヒーというよりも勉強をしに行くって感じだ。
新聞を読んだり時間を潰す時はみんな喫茶店に行ってる。
個人的に外ではお茶よりもコーヒーの方が簡単に手に入ると思う。

●comment
他の国はほとんどがスターバックスやエスプレッソスタイルのコーヒーが席巻してるのに対して未だに伝統的なハンドドリップにこだわっている日本のコーヒー文化は魅力的だと思うな。
日本にもスターバックスはあるけどたいてい観光地だけだし。
ハリオやカリタは日本の場合日用品でコーヒー専門店に行かなくても買える。
ハンドドリップの道具は東京駅なんかでも売られてる。
ドリップコーヒーもどこでも売ってる。
味は深煎りなんで自分にとって慣れた味ではないけど。
それとは正反対に日本はサードウェーブコーヒーに走りまくってる部分もある。
東京のグリッチやノイジーと言ったカフェはゲイシャ(コーヒー豆の一種)やカップオブエクセレンス(コーヒーの品質審査制度の定める最高級の豆)、ラ・エスメラルダ農園の豆を使ってる事も多い。
イタリアやアメリカから輸入した高級なエスプレッソマシンを使っていたりね。
だからこそブルーボトルコーヒーやオールプレス・エスプレッソといった世界的な企業が日本に進出してるんだと思う。
日本に行った時に世界最高級のコーヒー豆を使ったコーヒーも飲んだし、伝統的なコーヒーも飲んできたよ。

●comment
日本のコーヒー文化を紹介した本もあるぞ。

4422210181
コーヒーと日本人の文化誌: 世界最高のコーヒーが生まれる場所





コーヒーメーカーだけでなく日本で飲むコーヒーも評価されてきています。
谷根千にあるカヤバ珈琲は前に行ったら客の半数以上が外国人旅行者でした。
(結局満員で入れず)
現在流行のサードウェーブコーヒーは浅煎りが人気ですが、日本では中/深煎りが人気となっています。
家で飲むコーヒーでもドリップタイプが人気で手軽にハンドドリップを楽しんでいるのも日本のコーヒーの特徴なようです。




B0042IWQ62
AGF ブレンディ レギュラーコーヒー ドリップパック スペシャルブレンド 100袋 【大容量】