03864
image credit:youtube.com

水に垂らした墨の上に紙を乗せて水面に出来た模様を写し取る伝統芸術・墨流しは9世紀ごろから行われてきたそうです。
wikipedia:墨流し
海外で墨流しを実際にやってみた様子を動画で紹介していました。



引用元:動画のコメント

スポンサードリンク



1.水を張った容器に筆に含ませた墨を垂らし
03858

2.次に筆に含ませた石鹸水を垂らす
03859

3.それを繰り返して模様を作り
03860

4.場所を移して更に模様を作る
03864

5.細い棒で模様に変化をつける
03861

6.気泡が入らないように紙を載せて転写
03862

7.出来上がり
03863
images credit:youtube.com

●comment
凄い!
これはびっくりした。
ありがとう!

●comment
使ってるのは水彩絵の具?アクリル絵の具?書道用の墨?
紙はどういう紙を使ってるんだろう?

●comment
まず、これは凄いと思う!
次に、その後で紙はどうするんだろう?乾かすの?
投稿主は額装するみたいだけど、それ以外の使い道もあるのかな?

●投稿主
素晴らしい質問だね。
特に素晴らしい模様が出来たら確かに額装するよ!
でも普通は良い出来のものはブックカバーにして、それ程でもないのは包み紙にしてる。
カードを作る人もいるし、大学で使ってる人もいるね。

●comment
これは素晴らしいテクニックだね。
自分もやってみよう。

●comment
どんな紙を使ってる?
あと染料は何か特別なのを使ってる?
一杯質問があるけどこの技術には凄く魅了された。

●投稿主
↑動画の説明で使ってる道具とどこで買えるのかを書いてあるよ。
今回使った紙はストラスモア社のコットンテキストウエイトペーパーだけど、紙によって出来栄えが変わってくるから色々実験してみると良いと思う。
※使っているインクは墨運堂の彩液マーブリングとのこと

●comment
素晴らしい解説だった。
ありがとう!

●comment
これ良いね。
凄くゴージャスでこんなの初めて見た。
自分もやってみる。

●comment
美しいね!
丁度東洋の本綴りをやってる最中だからこれは使えるかも。
本当にクールな動画だったよ。

●comment
なんで水の中にインクが落ちるんだろう?

●comment
↑筆先を水面より下にしすぎるとなると言ってた。

●comment
今まで見てきた墨流しの動画だとどれも底に落ちてるインクがあったぞ。
筆先を水面より下にしなくてもそういう風になるもんなんじゃないのかな。

●comment
これって容器の下にスピーカーのコーンを上にして置いておいて、墨を垂らし終わった時に音楽を鳴らしたらどうなるだろう?
ひょっとしたら上手い感じにいくんじゃ。

●comment
カンバス地でも大丈夫かな?

●comment
↑ぴったりだと思うよ。

●comment
まったりしてて見てたら寝落ちしそうになった。

●comment
紙のマーブリングって始めて見た。
※大理石の模様に似てる事から英語圏ではマーブリングと呼ばれている
だから自分は全くの初心者なんだけど、この紙って何に使う物なの?
後でどう使うんだろう?
この模様を作るのが目的?
それとも何かの製造工程の一部?

●comment
↑ハードカバーの本の装丁に使われたりするよ。
クラシックスタイルの本では今でも使われてる。

●comment
あるいはそのまま壁に飾るとかね。
こういう芸術の可能性は無限大だと思う。

●comment
包み紙に使ってもいいし、ブックカバーにしても良い。
そのまま壁に吊るしてもいいし、絵を描いたりランチョンマットにしても良い。
使い道は色々だよ。

●comment
ラブレターに使えるぞ。

●comment
↑それはロマンチックだね。

●comment
これなら自分にもできそう!

●comment
素敵だね。
学校でマーブリングをやった事があるけどこんな風にはならなかったな。
もし一部が失敗してもそこだけ切り取れば大丈夫だよ。

●comment
これは信じられない位クールだね。
日本は凄い。
日本の木版画は本当に驚異だよ。
でもこの技術は初めて見た。

●comment
圧倒された。
これは凄い技術だね。
出来上がりが本当に綺麗!

●comment
凄い。
恥ずかしながらこのスタイルは目にするのも耳にするのさえも初めてだったよ。
これは本当に感心した。

●comment
凄く良かった。
連続で墨を垂らしたらどうなるんだろう?

●comment
凄い効果だ!
マーブル模様が出来上がっていく様子を見るのが凄く楽しかった。

●comment
紙を平らに乾かしたい時はどうしたらいいんだろう?
吊るす?それとも平らな面に乗せる?

●投稿主
↑どういう風に吊るしても結局は少し皴になるよ。
一旦乾いたらアイロンを低温設定でかければすべすべになる。

●comment
Tシャツでもできるかな?

●投稿主
↑絶対できると思う!
でも色落ちを防ぐために冷水で洗った方が良いと思うけど。
(私はまだ生地でマーブリングはした事がない)

●comment
これはゴージャスだね。
なかなかマーブリングを再開できずにいたんだけど墨流しでやってみようかな。
エフェクトが凄く綺麗だよね。
シェアしてくれてありがとう。

●comment
魔法かな。

●comment
筆先を水面下に入れすぎないというコツをありがとう。
やってみたんだけどいつもインクが下に落ちすぎてた。
美しいデザインだね。

●comment
色んな色のインクに切り替えるのもありだよね?

●comment
道具を調べてみたんだけど良いトレイが見つけられなかった。
何かお勧めはあるかな?

●comment
これは紙の替わりに木を使うのもありかな?

●comment
これは凄く楽しそう!
私もやってみる!

●comment
やってみたんだけどインクが下に沈んじゃった。

●comment
これを油性絵具と薄め液で応用したら簡単に木目模様が作れるかもしれない。

●comment
凄い!
なんか等高線地図みたい。

●comment
インクを使いたくない場合は食品用の染料でも良いのかな?

●投稿主
↑下に沈んじゃうか水に混ざっちゃうんじゃないかな。
試したら結果を教えて欲しい。
インディアインク(墨汁)が代替として使えるよ。
(アクリル絵の具を使わなければいいだけなんだけど)

●comment
色んな種類のマーブリングをやってみた事があるけど、墨流しがとにかく大好き。
自分は判子用の詰め替えインクでやってみようかな。

●comment
アクリル絵の具は使えるかな?
このインクじゃなきゃ駄目?
紙は水彩用のが良いのかな?他の紙でも大丈夫?

●comment
↑アルカリ絵の具は水溶性だから。
水溶性の絵の具は水に溶けちゃうから使えない。
トルコにはEbruという水を使ったマーブリングの技術があるんだけど、それには水に溶けないインクを使ってる。
だからアクリル絵の具以外のインクを使った方が良いぞ。

●comment
マーブリングってのは液体の動きを撮影するようなものだな。

●comment
水紋は全然ピンとこなかったんだけど最後に息を吹いて変化を出したのが凄かった。
これで嵌った。
時間を割いて動画を作ってくれてありがとう。
トルコ式の華やかな色のマーブリングをするのは楽しかったから今度はこの美しいモノクロカラーでやってみようと思う。






本来の墨流しでは油を使うそうですが、石鹸水でも十分なようです。
途中紙を落としてしまっていますが美しい模様が出来ています。
綺麗な模様を作るのには修練が必要だと思いますが道具自体は揃えやすいものばかりなので夏休みの子供の課題にも良さそうです。



B000H6CM4Y
墨運堂 彩液 マーブリング 6色セット 15620