03955
image credit:ポケモンGO/任天堂/NIANTIC

ポケモンGOがリリースから2年がたっていますが、今でも世界中で人気があります。
今はトレード機能も実装されており、海外のポケモンGOプレイヤーが日本旅行でトレードをしてきた様子を紹介していました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
週末のスペシャルコードをゲットできないか期待して日本に来たんだ。
言語の壁やその他諸々の問題もあってそれは出来なかった。
アンノーン[J]をどうしても欲しくて無理を承知でSilph Road(ポケモンGOのツールサイト)のDiscord(チャットアプリ)に行ってみた。
そしたらケンタロス(※北米にしか出ない地域限定ポケモン)とアンノーンを交換してくれるという人が。
数日後に大阪で一緒にレイドをした人に”トレード”と言って自分のケンタロスを見せてみた。
運よくそれでアンノーン[M]をゲット出来た。
両者共最低限の英語だったけどその人達もケンタロスを喜んでるみたいだった。
日本に行く人は恐れず話しかけてみるといいよ。
自分の地域を見せて話しかけてみるんだ。

●comment
ありがとう!
来週日本に行くからバリヤード(※ヨーロッパ限定)を用意しておく必要があるな。

●comment
自分が日本に行ったのはレイドが始まる直前だったから日本でのポケモンGOを完全に体験する事は出来なかったな。

●comment
ありがとう。
親友と一緒に日本に行くんで、自分らの持ってるケンタロスをアンノーンや他のポケモンとトレードできないかと思ってた所だ。
バックパックにケンタロスの画像と自分らの欲しいポケモンの画像を貼っておこうかと思ってる。
”ケンタロスをアンノーンやコータスと交換します”という日本語を知ってる人はいないだろうか。
Goole翻訳でも良いんだけど。

●comment
ヘラクロス(※南米限定)とサニーゴ(※日本だと沖縄限定)はトレードする時の価値があるだろうか?

●comment
↑地域限定ポケモンでゲットできない所もあるからありだと思う。
ヘラクロスは南米で、サニーゴも同じだったと思うけどヨーロッパでもちょい前にゲットできたな。

●comment
2か月後に日本に行くけどますます楽しみになってきた。
ケンタロスの準備は万端だ。

●comment
>その人達もケンタロスを喜んでるみたいだった。
日本じゃ今でも超レアなポケモンだしな。

●comment
それって超最高だよな!
前に日本に行った事あるけどトレード相手を見つけられたら最高だぞ!
他の人が勧めている様に、次回は日本のユーザーに見せるようにカードを用意しておこうと思う。
”私は日本語を話しません。”みたいな感じのカードを。

●投稿主
↑自分と相手はGoogle翻訳を使って会話をしたよ。

●comment
どうやって相手の携帯とアクセスするのが良い?

●comment
↑自分は旅行の時はいつもポケットWi-Fiを持っていってる。
地元のプリペイドSIMも良いと聞いた事があるな。

●comment
どうやってアンノーン(unown)が欲しいと聞いたんだ?

●comment
↑図鑑を見せたとか?

●投稿主
↑アンノーンの名前は日本でも同じなんだ。

●comment
これは心から笑顔になれた。

●comment
日本のプレイヤーに質問。
日本でもイーブイのイベントはあるの?

●comment
↑コミュニティ・デイの話?
もちろんあるよ。
コミュニティ・デイはワールドワイドだからね。
でも時間が変わって18~21時になったとか。

●comment
バリヤードって日本で価値あるかな。

●comment
↑あるよ。
地域限定ポケモンで日本では捕まえられないからね。
義母がパリに帰省した時に父親と自分用に捕まえてきてくれた。

●comment
トレード用のケンタロスならいっぱい持ってる。

●comment
↑何と交換したい?

●comment
↑アンノーン、サニーゴ、ガルーラ(※オーストラリア限定)

●comment
↑ガルーラなら売るほど持ってるわ。

●comment
日本の任天堂スポンサードのポケモンGOイベントは他国のそれよりも全然良いぞ。

●comment
日本でのポケモンGOは全然別物のゲームになってる。
今月初めに札幌に行ってレジアイスのレイドで1つのレイドにつき20~40人くらい参加してたんだけど、誰も会話せずにお互いに2メートル位離れてた。

●comment
↑LAなんかの大都市でも同じだぞ。
レイドにみんな参加してるなら特に話す必要はないし。

●投稿主
↑自分の経験だと知り合い同士数名で会話をしながらレイドをしてたな。

●comment
>日本でのポケモンGOは全然別物のゲームになってる。
それは田舎にいるか都会にいるかで変わってくるな。
基本的にプレイヤー人口が少ない場所はお互いに話すことが多くなる。
でもプレイヤー人口が多ければ話す必要はない。
日本でもそんな感じだったんじゃないかな。

●comment
自分も日本でトレードするためにケンタロスを捕まえるかな!

●comment
↑同じく。
ここ数日見かけてなかったけど犬の散歩中に2体捕まえた。

●comment
こんな感じのカードを持ち歩くのはどうだろう?
アメリカ人です (I’m American)
日本語分かんない (I don't understand Japanese)
トレードしませんか?(want to trade?)
後はポケモンについても書いておいた方が良いか。

●comment
↑”わかんない”はざっくばらんとしすぎだな。
”話せません”の方が良い。

●comment
クールだな。
自分のレイドグループでも日本語アクセントで”toredo”と言ってみようかな。

●comment
↑日英バイリンガルだけど”To-Rei-Do”が正しい。

●comment
”トレード”じゃなくて”交換”でもいける。
”トレード”だと分かってもらえない事もあった。

●comment
その場で出会った人とポケモンを交換する場合はまずお互いにギフトを贈り合うんだっけ?

●comment
↑そう。

●comment
日本に住んでるんだけど情報が少なくてスペシャル・ウィークエンドへの参加方法が分からなかった。
投稿主は凄く幸運だったし、努力が実ったな。

●comment
↑日本語での情報は充実してるぞ。
英語での情報はあまりないけど。

●comment
↑どうやって情報を見つけた?
日本語は読めるんだけど、多分探す場所を間違えてたんだと思う。

●comment
↑アプリの通知とゲームのニュースタブ。
日本語版だけだけど。
英語版のアプリにはない。

●comment
↑教えてくれてありがとう。
英語版アプリを使ってた。

●comment
超クールだな!
地元の人とトレードでアンノーンをゲットできたなんて良かったじゃないか。
自分はマクドナルドのに参加しただけだからアンノーンの[M]と[D]を何体かゲットできただけだ。
去年の横浜のイベントでゲットしたバリヤードを同僚の持ってたアローラキュウコンとトレードした。
※2017年に横浜・みなとみらいエリアで行われた『Pokémon GO PARK』でバリヤードが期間限定で出現した

●comment
↑横浜のイベントは楽しかったな。
バリヤードとアンノーンが出現しまくってた。
今でも余ってるくらいだ。





リリースから2年経った今でも人気というか人気が再燃しているのだとか。
海外旅行でその地域限定のポケモンを捕まえたり、6月に実装されたトレード機能で現地の人と交換できるというのも魅力の1つとなっているようです。