04463
吉田宅浪 [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons

東海自然歩道は本州を横断する11都府県に渡る自然歩道で全長1697kmもの距離があります。
wikipedia:東海自然歩道
海外でこの東海自然歩道について語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
数か月間日本に行こうと思ってて(4月から6月まで)、この自然歩道を踏破あるいは一部でも通った事がある人はいないかと思って。
大阪から東京郊外までざっくり1000kmほどある。
※全長は1697km
英語での情報はここを通った事のある数名のブログ位しかない。
おそらく5~6週間かかるはず(京都での観光によって多少前後する)だけど、それよりも長野近くの日本アルプス(数日から1週間程度のいいハイキングコースがある)や北海道まで足を伸ばした方が良いだろうか?

●comment
6月は梅雨のピークシーズンで、梅雨は1か月ほど続くし洪水も起こるぞ。
キャンプに最適なシーズンとは言えないな。
厚さも寒さも耐えられるくらいで雨もさほど降らない9月10月の方が良いんじゃ。
3月4月もいいけど新学期前で桜の時期だから宿泊代が高くなるし観光客も増えるので注意。

●comment
↑1か月中雨が降るってのはちょっと大げさだだけど、自分だったら可能なら6月はパスするかな。
4月5月、9月中旬/10月/11月初旬の方が良いな。

●投稿主
>6月は梅雨のピークシーズンで、梅雨は1か月ほど続くし洪水も起こるぞ。
6月の北海道はどうだろう?
ハイキングを終えてから観光地巡りをしようと思ってるけど、どうだろう?
雨は気にしないけど洪水は?

●comment
↑6月でも北海道は雪や霙、寒さがあり得ると思うぞ。
それから北海道にはヒグマがいる。
日本にはクロクマもいる(※ツキノワグマの事か)けど北海道にいるのはヒグマだ。

●comment
↑まだ雪のあるところもあるけど虫は少ないね。
北海道は美しいところだけど場所場所ごとの支援は日本中央部ほどの数はない。
(日本中央部は自分にとっては人が多すぎなんだけど)
4月なら秋田や青森にも素晴らしいハイキングコースがある。
山羊みたいなやつ(※カモシカの事か)と雪解けの土砂崩れには気を付けなくちゃいけない。

●comment
この自然歩道の経験はないけど数年間飛騨高山に住んでて北アルプスでハイキングをたくさんしたよ。
もし北アルプスで時間を取れるならぜひ行ってみてほしい。
素晴らしい山小屋システムがあって夕食と朝食が美味しいんだ。
それに数日山で過ごした後で入る温泉は何ものにも代えがたい。

●投稿主
↑東海自然歩道で過ごすよりも日本アルプスで日帰りハイキング、数日間/一週間程度のハイキングをした方が良いと思う?
日本アルプスは凄く良さそうだし、東海自然歩道とどちらが良いかあまり詳しくなくて。

●comment
↑元の投稿を読んだら6月に日本アルプスに行くことを考えているのか。
6月なら山はまだ雪が残ってるし雨も多い(他の人も言ってるように雨季だ)。
自分は日本では山に登った事しかないから東海自然歩道についてはわからないな。
でも自然は体験できないかもしれないけどクールな文化体験が出来そうだ。

●comment
↑自分は大阪から東京まで歩くよりも日本アルプスの方が断然好きだな。
日本アルプスは素晴らしく美しくてチャレンジしがいのある道がたくさんある。
でも6月に日本アルプスには行かないかな。
7月終わり、8月、9月が最適だ。
スケジュール変更ができないなら東海自然歩道みたいに海抜が低いところの方が良いと思う。

●comment
この自然歩道の場合自転車ツーリングの方が良いんじゃないか?
ハイキングだったら熊野古道をチェックしてみるんだ。

●投稿主
↑自転車は相性が良くなくて。
数年前にボリビアのユンガスの道(死の道路と呼ばれている道:wikipedia)を通ったこともあるけど。
自分の場合2本の脚と杖で行った方が良いみたいだ。

●comment
どうやら投稿主は自分が書いたブログを読んだみたいだな。
自分ができるアドバイスはブログに書いてあるけど、いくつか付け足しておこう。
自分達が歩いたのは4月7日から5月12日で、タイミングとしては完璧だったと思う。
そういう意味で投稿主の旅行期間は東海自然歩道に合ってると思う。
霜はなかったし、暑すぎる日もほぼ無かった。
花が咲き乱れて新緑がまぶしかったからこの時期をお勧めすることに躊躇いはないな。
伊豆半島で1週間過ごしたのも楽しかったし、投稿主の旅行期間なら天気もそんなに悪くないと思う。
毎晩キャンプをしてたからゴールデンウィークで宿が値上がりする影響は受けなかった。
ゴールデンウィークは花のピークシーズンでもあるからこの時期のハイキングを避けるつもりはないね。
日本アルプスはハイキングしたことがないからその事については何とも言えない。
自分達のハイキングの目的は新たな文化に出会う事で、素晴らしい自然風景を見る事にはそれほど熱心ではないから。
そういう意味で東海自然歩道は自分達にとって完ぺきだった。
景色はそこまで良いわけじゃないけど許容できる範囲だったし、正しいルートを歩いてると感じられたね。
景色なら日本アルプスの方がもっとドラマチックだろうけど、休日の観光地としても人気だから東海自然歩道で得られるような”本物の日本文化”は得られないかもしれない。
こっちは観光客と出会う事は稀なんだ。
どちらが良いのかという元々の質問については、自分達は東海自然歩道と伊豆半島しか歩いてないから何とも言えない。
facebookで日本のハイキンググループと接触して聞いてみると良いかもね。
幸運を。

●投稿主
↑ありがとう!

●comment
PackConfig(※アウトドアのパッキングと道具の専門サイト)に日本人が寄稿してる。
もう読んだかな?

●comment
去年ハイキングしたけどGPSデータと役立つリンクは今も持ってる。
気軽にメッセージを送ってくれ。
適宜情報を更新するつもりだ。
東海自然歩道は凄くクールな道ではあるけど、真に自然を体験できるという訳ではないね。
アパラチアン・トレイル(※北アメリカを縦断する自然歩道:wikipedia)やパシフィック・クレスト・トレイル(※アメリカの長距離自然歩道:wikipedia)に比べたらデザイン面でかなりの違いがある。
キャンプ場はないし、舗装道路を歩く距離も多い。
日本を体験する意味では強くお勧めするけど、結構奇妙な自然歩道だ。

●投稿主
ありがとう。
GPSデータは特にありがたいね。
自分はテ・アラロア(※ニュージーランドの300kmある自然歩道)とビア・アルピニア(ヨーロッパのアルプスを通る5000km以上の自然歩道)を踏破したことがあって、両方とも数日ごとに街に入って舗装道路もかなり歩くからその点に関しては問題ないかな。
日本を歩きたいのは景色、食べ物、人々、文化が目的で、文明から離れたいわけじゃないから。

●comment
今年の春、4月5月に通ったよ。
他でも言ってるように自然のみという訳じゃない。
結構舗装道路も通る。
過去に地震が起きた場所も頻繁に通るし、県によっては自然歩道が閉鎖されてる部分もある。
乾燥系の食べ物は結構入手しにくい。
チョコレートは街でたくさん買えるけどナッツやレーズン、オーツ麦は珍しいしアメリカよりもかなり高かった。
でもコンビニは数日ごとに出会えると思う。
どこにでもあるからね。
夏には行かない方が良いぞ。
7月はモンスーンの時期でそれを過ぎると滅茶苦茶暑くなるから熱中症の危険が高くなるし水の確保が問題になってくる。
東京でウルトラライトのお店を経営してる知人がいるから連絡することもできるよ。
みんなアパラチアン・トレイルやパシフィック・クレスト・トレイルを踏破した連中だ。
東海自然歩道は70年代80年代には日本人ハイカーがたくさん通ってたけど今はそこまででもなくなってしまっていて、近年は西洋人に注目されている。
日本アルプス、熊野古道、四国お遍路も素晴らしいと聞いたことがあるね。
経験豊富じゃないしかなりスローペースな自分でも踏破できたから踏破することは問題じゃないと思う。
グッドラック!

●comment
自分もこの自然歩道を踏破したけど自分の場合は九州の南端から秋田まで歩いたことがあるから長距離ハイキングの経験がそこそこある。
質問があれば何でも聞いてくれ。

●comment
日本にはハニーバン(※アメリカのお菓子)がないんだろ……
これなしでどうやってハイキングが可能なんだ?

ハニーバン
04462
image credit:target.com

●投稿主
↑キットカットがあるから……
それにセブンイレブンやあらゆるものが売られている自販機も。

●comment
↑ローソンやファミマの方が良いぞ。




1都2府8県約90市町村を渡るかなりの長距離自然歩道ですが、日本に来て踏破している人もいるようです。
いくつもの区間に分かれているので一部だけハイキングするのも楽しそうです。