04770

日本語は第二言語として習得するのが難しい言語とされています。
英語と日本語、第二言語として勉強するならそれぞれどの位の難しさなのか海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
現在日本語を勉強中なんだけど、第二言語として英語を習ってる人は英語と日本語それぞれどの位難しいと思う?

●comment
これはゲルマン語派(※ゲルマン祖語から派生した言語。ドイツ語、オランダ語、英語など:wikipedia)、ロマンス諸語(※俗ラテン語を起源に持つ言語。フランス語やイタリア語、スペイン語など:wikipedia)のネイティブ以外に聞かないと駄目だと思う。
自分の場合英語は母国語に凄く似てるからごくごく自然に身に付いたし。

●comment
アラビア語やスワヒリ語が母国語の人の場合どうなんだろうな。
でもそういう人はこの掲示板だと少数派か。

●comment
↑自分の母国語はアラビア語で英語は7歳くらいの時にテレビを介して聞いてた。
今はアメリカの大学で勉強してる。
アニメを見だしたのは18歳の時で、最終的に日本語や日本の文化を楽しむようになった。
正式に日本語の勉強を始めたわけじゃないけど近いうちにやろうと思ってるよ。

●comment
↑まさに探していたような人物だな!
この質問に答えるには英語の習得が”早すぎてる”かもしれないけど、興味深くはある。
日本語の勉強も上手くいくといいね!

●comment
↑ありがとう!
子供の方が言語の習得は早いと思う。
でも一度第二言語を学んだら第三、第四と覚えていくのは比較的楽になると思うな。
だから心配はいらないと思う。

●comment
↑それは同意する!
全然関係性のない言語でもそういう事があるよ。
フランス語を学んでた事が日本語の勉強でも役立ったし。

●comment
自分は母国語がゲルマン語派でもロマンス諸語でも東洋の言語でもない。
で、日本語は自分にとって最も難しい言語になってる。
英語は単語と文法を覚えてそれらを適用すればいいだけだからかなり簡単だった。
シンプルだし、勉強のリソースもたくさんある。
単語は同じなのに意味が違ったり文脈によって発音が違ったりするものがあって最初の頃は混乱したこともあるけどね。
例えばtearとか。
※涙(tear)と引き裂く(tear)は発音が違う
日本語の場合は他の言語と主語述語の順序が違うのが一番難しい。
日本語の前に中国語を勉強してたから漢字はそれほど苦労しなかったな。
日本語は凄く構造化言語なのが良いね。
発音は一貫してるし、文法の肝を習得すれば色んな文を理解できるようになる。
中国語の場合は文法は凄く簡単なんだけど書き順を覚えるのが難しかったし発音が似た言葉が多くて聞き分けるのが大変だった。

●投稿主
>これはゲルマン語派、ロマンス諸語のネイティブ以外に聞かないと駄目だと思う。
これはよくわかる。
学校でスペイン語を勉強したけどアルファベットや文法がほぼ同じだから真面目にやってれば凄く簡単だったと思う。

●comment
環境と教材の違いだね。
英語はそこら中にあるけど日本語はそうでもない。
書き方を知る前から英語の勉強をしてたけど、日本語は全部独学。
とは言え、話すとなると英語はかなり難しくなるね。
実践したことがないから自分の訛りの強い英語を誰も理解できないんじゃないかと怖くもある。
日本語の場合は母国語と発音が似てるからそういう心配は少ないかな。

●comment
↑日本に行った時にそこに気づいた。
英語だとアクセントに慣れてるってところがあるね。
アメリカにはアメリカのアクセントがあって、イギリスも場所によってアクセントが違うし、他にもヨーロッパ、アジア、アフリカ、アメリカからの観光客も多い。
だからアクセントはそんなに問題にならない。
日本の場合アクセントはそこまで大きな差はない
幾つか違いはあるけど、だからこそアクセントの大きな違いは英語圏より日本で大きな問題になるんだと思う。

●comment
↑それは違うな。
アクセントは間違いなくあるぞ。
どの街にもそれぞれの言い方があって、日本のテレビでもたびたび取り上げてるくらいだ。

●comment
↑どちらも正しいように思う。
日本語におけるアクセントの違いはイギリス諸島における英語アクセントの違いと比較できるんじゃないかな。
派生はたくさんあるけどお互い聞き取るのはさほど難しくないというか。
英語の場合は非英語圏の英語話者がたくさんいる事と、西洋の英語圏の国は日本以上に外国人の比率が高いという部分が日本との違いだ。
つまり我々は日本人以上に外国人の話すアクセントに慣れてるという事。

●comment
自分はアメリカ人。
英語アクセントの違いは問題なく理解できると思ってた。
リバプールのタコベルに行くまでは。
4回くらい言い直したよ(笑)

●comment
自分も英語の発音には苦労したな。
小学1年生の頃から英語を勉強し始めたけど高校生になっても字幕なしの英語をかろうじて理解できる程度だった。
今でもテレビ番組を見る時は字幕をオンにしてる。
日本語は勉強を始めて3年だけどドラマやCDも問題なく聞き取れてる。

●comment
自分の場合は英語は最も習得が簡単な言語だったな。
初心者であっても少しの語彙で初心者と感じさせないように会話することができるから、初心者の時に凄く役に立つ。
自分の母国語はフランス語とドイツ語なんでよく似た単語も多いから簡単ってのもある。ラテンアルファベットを使ってるから読書をしてるだけで簡単に上達できるし文脈から意味を推測することもできるしね。
というか、英語はフランス語やドイツ語よりも簡単なんで英語で思考してる位だ。
日本語は自分にとって英語の対極。
信じられないくらい難しい。
西洋の言語と全く似てないから外来語以外は文脈から推測することもできないし、そもそも漢字を知らないから読むこともできない。

●comment
↑ラテン語は覚えるのが滅茶苦茶簡単で全て記憶できる。
漢字は記憶するという点においては一番難しい。

●投稿主
>自分の場合は英語は最も習得が簡単な言語だったな。
シェアしてくれてありがとう。
確かに英語アルファベットのおかげで内容が理解しやすいってのはあるね。
でも日本語は複数の文字(※平仮名、片仮名、漢字の事)を使うシステムだからより難しい。

●comment
みんな人生ずっと英語を学んでる人間ばかりだろうからなかなか答えにくい質問だろうな。
日本語は一般的に(文法、語彙等々)難しいと思うけど、英語もとりわけ発音や句動詞(※動詞+副詞等の組み合わせによって機能するフレーズ:wikipedia)はメチャクチャ大変だ。
自分は16年以上英語を勉強してるスペイン人で、英語を読んだり聞くのは全然理解できるんだけど会話となると最悪で、どう表現していいのか分からないこともある。
日本語は勉強を始めて1年半で日本語検定2級レベルまで理解できてる。
とは言え独学だし日本人の友達もいないから会話は最悪なんだけど。

●comment
面白いな。
自分は文法と語彙は英語よりも簡単だと思ってる。
知らない語彙でも漢字が意味を推測する助けになってくれるし、複数形や完璧な時制(wikipedia)、大文字の使用なんかもないしね。

●comment
奇妙なことに自分の場合第二言語として英語を勉強して、今は英語で日本語を勉強中。

●comment
↑日本語学習の教材は英語が一番充実してるから当然だな。

●comment
↑その通り。
外国語を別の外国語を使って勉強してるのがクールだなって思ったんだ。

●comment
>奇妙なことに自分の場合第二言語として英語を勉強して、今は英語で日本語を勉強中。
自分も同じで英語の教材を使って日本語を勉強中。
英語話者が凄い量の日本語習得の教材を持ってる事に驚いてる。
もし高校生だった時にこの事を知ってたらもっと真面目に英語を勉強してたのに。
数か月前に日本語の勉強を始めて、毎日30分ずつ続けてるところだ。
今は片仮名の100回書き取りをしてる。
かなりスローペースだけど自分にとってはこれが効率的だね。

●comment
自分の母国語はアラビア語。
英語を勉強したのは16歳の時(それ以前に日本語検定5級相当の基本的な英語は知ってた)
まったく一般的じゃなかったし全然違う言語だった。
とは言え技術的な英語に関しては英会話の勉強をする遥か前に知ってたんだけど。
クラスメイトと違って数学の先生やコンピューターサイエンスの教授のいう事も理解できる。
日本語はその反対で、日本語会話は勉強したけど技術/ビジネス関連の日本語には未だに苦労してる。
日本のビジネス用語で難易度高いのは漢字ベースの基本的に短くて発音がどれも似てる単語。
なんだかどれも子音がsh、ch、k、t、sで、母音を適当に入れ替えただけのように感じるんだ。
アラビア語の場合はルーツシステムになってるから音が似てる単語は基本的に同じルーツを持っていて根っこの意味も同じになる。
自分の脳みそはそういうパターンを探してしまうから、漢字システムは完璧に混乱した。
音が似ていて、意味は近かったり近くなかったりするけどお互いに全く関係のないであろう日本語はこんな感じ
shuuchuu、shouchuu、shucchou、choushi、chousa、chuushuu、chuushou、choshu、chusho、chushou……
kaikei、kaiken、kenka、kenkou、kanki、koukan、kuukou、kuuki、kaki、kakou、kako、kiki、kinkan……
まだまだある。

●comment
自分の場合この2つは比較できないな。
英語は学校で勉強して、日本語は独学中だ。
で、それぞれ全く別の勉強体験になってる。
一般的な事を言うと英語の方が簡単な感じはするけど日本語は日本語で驚くくらい馴染みのある要素もある。
自分の母国語は(インド・ヨーロッパ語族じゃない)ハンガリー語だから自分にとっては英語も異質なものなんだけどヨーロッパ言語でもあるから一般的な文化的背景もあって色々楽な部分もあった。
日本語は比較的奇妙な要素がたくさんあるけど文法は英語よりもシンプルだと思ったな。
(”知らない”はハンガリー語も凄く似た機能を持った言葉があるから驚く程簡単に覚えられた)
日本語で一番大変だったのは適切な語彙の組み立てと漢字を学ぶことだったけど、それ以外は他の言語よりも少し難しいと感じるくらいかな。
あと大変だったのは会話の教材が英語やハンガリー語よりも限られている事、音が大なり小なりどれも同じに聞こえるから単語の違いを思い出すのに時間がかかった事かな。
(音の数が少ない=単語の発音のバリエーションが少ないって事だから)

●comment
タイ人で英語をある程度掴めたのは15歳の時で、日本語はしたりしなかったりで1年くらい。
英語は日本語よりも文法が複雑で発音に至っては悪夢だと思う。
書き方を知ってるからと言って正しく発音できるという訳じゃない。
これは英語環境に身を置くことによって解決したけど、それはまた別の話だ。
みんなが英語で苦労してるもう1つの問題は時制。
どの時制を使うのが正しいのか全然わからない。
今は日本語の勉強中で自分の何が悪いのかすらわかってないけど目下のところ一番のハードルは漢字と動詞の活用形かな。
漢字を把握したら勉強も加速すると思うけど。
発音に関しては漢字の発音さえ知ってしまえば英語よりも簡単だね。
日本語はルールは厳格ではあるけど文法の使い方はより緩やかだと思う。
まだ自分がそのレベルに到達してないだけかもしれないけど例外もそんなにないし。
まとめると、どんな言語であれその環境に身を置くというのが一番の鍵だと思う。
今のところそれで上手くいってるよ。

●comment
自分の母国語の文法は日本語と同じ(SOV)だからみんなとはストーリーが違うかな。
残念ながらいくつか例外はあるけど全てが同じだとは思ってなかったし。
加えて自分はインターナショナルスクールで6歳の時から英語を勉強してたからどうやって勉強してたのか覚えてない。
トルコの友達(今はトルコの高校に通ってる)は若いころに英語を勉強してなかったから英語に苦労してるよ。

●comment
母国語はトルコ語で日本語とは語族が同じ(アルタイ諸語)だから仮名と漢字を覚える以外だと会話でも問題はぶつからなかったな。
(発音も日本語とトルコ語はほぼ同じ)






母国語が何か、何歳から勉強したかでもだいぶ変わってくるようです。
更には教材が充実してるかどうかも大きな要素になっている模様。




4053047021
美しい日本語選び辞典 (ことば選び辞典)