04771
image credit:reddit.com

プリンは通常たまごとミルク、砂糖を混ぜて焼いて作りますが、日本では他にゼラチンを用いた焼かずに作れるプリンも人気があります。
海外ではこのゼラチンを使ったプリンの事をジャパニーズ・プリン(Japanese Purin)と呼んでおり、作った様子を紹介していました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
他の写真。
04774

04772

04773
images credit:imgur.com

みんなも知っての通り、デザートは予算内に収める事が出来ても満足する量にはならなくて、単に甘いものへの欲求を収める程度だよね。
でもこのデザートはしっかり満ち足りた気分にしてくれるよ!
なんでかはわからないけど、きっと卵のせいだと思う。
プリンはフラン(※スペインのカスタードプリンのこと)によく似た日本で人気のデザート。
日本には2種類のプリンがあって、1つはベイクドプリン。
こっちは基本的にフランと同じ。
で、今回紹介したのがゼラチンで固めた焼かないプリン!
このゼリーに似たプリンは日本のコンビニでかなり一般的。
※コンビニスイーツのプリンはゼラチンや増粘多糖類(寒天など)を使っているものが多い
それにゼラチンで固めるからベイクドプリンみたいに高脂肪の牛乳や卵をたくさん使う必要もなし。
特に強調したいのが食感はベイクドプリンと違うという事。
食感は伝統的なフランとゼリーの中間位で、口当たりが軽くて滑らか。
カラメルソースは上部にくっついて、残りは甘いソースとなって下に流れ落ちてる。
素晴らしい食べ物だよ!

カップ2つ分の分量:私は2つ作って食べるのが好きで、これでもたったの236kcal
・バニラ・エキストラクトをティースプーン1/4、あるいはバニラビーンズ3粒(3kcal)
・無糖のバニラアーモンドミルクを250ml(30kcal)
より伝統的な味とタンパク質を求めるならこれを無脂肪乳(80kcal)に変えても良し。
私は無脂肪乳かカシューナッツミルク(25kcal)にするのが好き。
・グラニュー糖を20g(77kcal)
・ステビアもしくは甘味料をテーブルスプーン1杯
・卵黄2個(109kcal)
・ゼラチンパウダーを5g(17kcal)

作り方:
1.凄く小さな鍋にテーブルスプーン半分の水に砂糖20gを入れて、中火で泡が立ってカラメルになるまで煮る
この過程では混ぜない事!鍋をゆっくり傾けて攪拌するように
2.カラメルの色が注意深く更にテーブルスプーン半分の水を注ぎ(跳ねるので注意!)再び鍋を傾けて攪拌する。
そしてこれを素早く型に入れる。
伝統的な可愛いプリンがいい時は深い型を使うといいけど、何でも大丈夫
3.ゼラチンの準備。
テーブルスプーン1杯か2杯の水にゼラチンの粉を入れ、10秒ほどレンジにかける。
レンジから出してゼラチンを溶かす
4.カラメルを冷ましている間にミルクの半量を沸騰しない程度に温める
5.卵黄とステビアをかき混ぜ、ミルクが温まったら卵黄に少しずつ混ぜていく。
卵黄が固まらないように注意!
6.混ざったらそれを鍋に戻して弱火で熱し、ねっとりしたカスタードになるまでよくかき混ぜる。
スプーンの背に薄い膜がつくぐらいが目安
7.溶かしたゼラチンをカスタードに混ぜてかきまぜる
8.カスタードの熱を取り、バニラエクストラストとミルクの残りを混ぜる
9.それを型に流し込み、冷蔵庫で最低3時間は冷やす
10.型から直接食べても良いし、お皿に盛っても良し。
お皿に盛る時はカラメルがこぼれないように注意。
11.プリンを楽しんで!😋🍮

●comment
前からフランを食べたいと思ってた。
これは絶対に作ってみる!
ありがとう!

●comment
↑同じく。
これはフランだと思ってた。
フランの代用になれるか試してみないと。

●comment
凄くフランに似てるね。
どの位近いのか気になる。

●投稿主
↑私はフランの代用とは考えてなくて、単純に別の食べ物だと思ってる。
味は同じだけど食感がもっと滑らかでゼリーっぽいから。

●comment
投稿主が言ってるのと同じようにメキシコでもこのゼリー風のバージョンがスーパーに売られてるよ。
アメリカのスーパーでもラテンアメリカ食品のコーナーに売ってると思う。
箱の見た目はjell-o(※アメリカで人気のゼリー)っぽいよ。

●comment
朝起きた時にこの投稿を見つけてランチのデザート用に作ってみた。
無脂肪乳にして、液体のステビアでいいかわからなかったから砂糖に変えた。
これでも178kcalだからかなり良いよね。
私は料理が上手くないからカラメルを作る時に失敗しちゃった。
残りの水を加えたらカラメルが結晶化しちゃって。
それでまた作り直したけど今度は色が濃くなりすぎて、ちょっと苦くなっちゃった。
でもそれなりに美味しくできたけどね。
カスタードを作る時もちょっと失敗して、ミルクを足す前に卵黄をかき混ぜたんだけど加熱する時にちょっとダマになっちゃった。
でも最終的には良い感じになったよ。
レシピをありがとう!
また作るつもり。

●投稿主
↑失敗したのは残念。
カラメル作りは難しいからね。
結晶化させない唯一の方法は混ぜない(2度目の水を入れる時も)で鍋を傾けて攪拌する事!
カスタードについてはとにかくよくかき混ぜて、鍋の底もしっかりこする事だね。
二重鍋を使うとより安全だけど時間はかかるね。
型に注ぐ前にふるいでダマを濾しておくのもありだよ。
気に入ってくれてよかった。
次はもっと上手くいくといいね!

●comment
ありがとう!凄く美味しそう!

●comment
美味しそう!
砂糖の代わりにステビアを使う事は出来るのかな?

●投稿主
↑ステビアはカラメルになる化学反応を起こさないから、カラメルやソース用途に関しては残念ながら無理だね。
カスタードにはステビアを使っても大丈夫だよ!

●comment
↑ステビアを使わずに砂糖だけでも大丈夫?

●投稿主
↑もちろん。

●comment
このプリンでの卵の重要性ってなんだろう?
寒天があるからゼラチンに関しては問題ないんだけど、卵抜きで作ることもできるのかな?

●投稿主
↑それだとただのミルクプティングになると思う。
それはそれでできると思うけど明らかにプリンではないよね。

●comment
プディプディ!


●comment
↑投稿主の画像を見て真っ先に頭に浮かんだのがこれ。

●投稿主
↑誰かがその事を言ってくれるのを期待してた(笑)

●comment
豆乳でもできるかな?

●投稿主
↑できるよ!
ゼラチンで固めるからどんな種類のミルクでも問題なし。
ベイクドプリンでも同じだと思う。

●comment
この投稿を見れて最高にハッピー。
長い間日本のプリンに飢えてたんだけど、アメリカで売ってる場所も見つけられなかったしレシピも分からなかったから。
本当にありがとう。

●投稿主
↑こっちも嬉しい。

●comment
味はフランと同じなのかな?
見た目はフランそっくりだけど。

●投稿主
↑風味は凄く似てるけど食感は若干ゼリー寄りだね。

●comment
ポケモンのJigglypuffの日本名(※プリン)ってここから来てるのかな?

●comment
↑同じことを思った。
なんか納得できる。

●comment
カスタードプティングと同じもの?

●投稿主
かなり似てるよ!
こっちは焼くんじゃなくてゼラチンで固めるんだけどね。

●comment
↑カスタードプティングはカラメルを焦がさないように湯煎で焼かなくちゃいけないからゼラチンを使う方が簡単そうだね。

●投稿主
↑実際にはオーブンで湯煎で焼くのは熱がゆっくり伝わる事でカスタードがダマになるのを防ぐためだね。
カラメルは既に焦げ色がついてるわけだし。
このゼラチンバージョンはもっと簡単だし早く作れるよ。
私は時間がない時にこのバージョンを作ってる!

●comment
シェアしてくれてありがとう。
これは凄く美味しそうだし簡単そう。

●comment
砂糖じゃなくてエリトリトール(※希少糖の一種:wikipedia)でも大丈夫かな。
カラメルは砂糖から作るけど、低炭水化物ダイエット向けにエリトリトールを使えないかと思って。

●投稿主
↑できると思うけど、正直カラメルは風味で重要な役を果たしてるからねえ。
エリトリトールを使うならカスタードの甘味を多めにして、型にカラメルを入れなかったらどうかな。
シュガーフリーのカラメルソースを作って、更にプリンを持ってから上にそれをかけるとか。

●comment
↑それ良いアイディアだね。
ありがとう!

●comment
レシピをありがとう!
2年前に日本に行った時からこのプリンがすっかり好きになっちゃって。
低カロリーで簡単に作れるのもいいね!

●comment
こっちにはカジマキン(kajmaqin)というよく似た食べ物があるんだけど、悲しい事に500kcalもあるんだよね。
※アルバニアのベイクドプリンによく似た食べ物
04775
image credit:youtube.com

●投稿主
↑プリンもクリームを使ってるから高カロリーになりがちだけどレシピで調整できるよ。




日本だとゼラチンを使ったプリンは一般的ですが、海外だとそれほどでもないようです。
あるいはゼリー扱いされてるのかも。
プリンのような味でプリンよりも低カロリーなのも魅力なようです。。




B00HRNNF6Y
神戸フランツ 神戸魔法の壷プリン(R)4個入