04898
image credit:reddit.com

日本では様々なジャズアーティストが活動しています。
海外のジャズファンがコレクションしている日本のジャズアーティストのレコードを紹介していました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
自分のコレクションの中から、日本の70~80年代のフュージョン
自分は昔からジャズの派生は全て聞いてるんだけど、ここ5年くらいはフュージョンにのめりこんでいて、とりわけ日本のフュージョンに嵌ってる。
ここに挙げたアルバムは日本でも久しく埋もれていたんだけど、ネットの普及で世界中のファンが聞くようになって再び脚光を浴びだしてる。

・深町純と21stセンチュリー・バンド:六喩(1975年)
キーボーディストである深町純は70年代に何枚かフュージョンの作品を出していて、1975年に出たこのアルバムはもっともプログレッシブロックが混ざりこんでいる。
迷宮 (MEIKYU)と真空 (SHINKU)が特に顕著だ。
B面すべてを使った六喩は凄く実験的で、A面の中間にある波照間 (HATERUMA)はスムーズなジャズ調だ。

・カシオペア:カシオペア(1979年)
数年前にyoutubeのお勧めでたくさん出ていたから最も知られている作品だと思う。
このバンドの同名アルバムは当時のドラマーが佐々木隆だったこともあり、同バンドの後年の作品とは明らかに違っている。
佐々木隆がより高速で複雑な音を好んでいたのに対し、他のバンドメンバーはもっとスムーズな音を求めていたために彼はこのアルバム作成後にカシオペアを去っている。
どの曲もそういう駆け引きが聞いて取れる。
お勧めは『Space Road』と『Midnight Rendezvous』。

・鈴木宏昌:ハイ・フライング(1976年)
2006年にディープ・ジャズ・リアリティシリーズが出した再版。
(良い状態の初版は凄く高い)
キーボーディストである鈴木宏昌の送るジャズ・フュージョンは凄くファンキーだ。
彼は稲垣次郎のアルバム『Funky Stuff』でも演奏していて、そのアルバムのほとんどの曲を作曲してるからこちらも一聴の価値ありだ。
お勧めの曲は『Scramble』と『Between O&M』。

・高中正義:Seychelles(1976年)
フュージョンギタリスト高中正義の華々しいデビュー作。
彼ののアルバムで好きなところは様々な曲に含まれているトロピカルなスムーズさ。
締めの『TROPIC BIRDS』がキラートラックで、間違いなくこのアルバムで一番賑やかな曲だ。
他にお勧めなのは『トーキョーレギー』、『バードアイランド急行』。

・佐藤 允彦:ALL-IN ALL-OUT(1979年)
彼もまたキーボード奏者だ。
今までに聞いたフュージョンアルバムの中で最高作の1つ。
オープニングトラックは耳に優しいけど残りの曲はどれも焼け付く熱さだ。
佐藤 允彦はほとんどの曲で優れたバックグラウンドキーボードを提供することに従事しているが、他のメンバーは弾けまくっている。
ハーヴィー・メイソンとFrancisco Centenoのドラムとベースのリズムコンビが実に必見だし、ギターの川崎燎も素晴らしい。

・高中正義:虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS(1981年)
ウル・デ・リコ(※イタリアの絵本作家)の書いた7人のゴブリンが虹を盗もうとするけど計画通りに進まないという同名の絵本を元にしている。
物語が進行していく中で素晴らしいフュージョントラックを作っている。
お勧めは『Seven Goblins』と『Rainbow Paradise』。

・中村哲/Splaash:Splaash(1979年)
このアルバムはDiscog(※音楽データベースサイト)でフュージョンのアルバムを探していて鶏のカバーアートに目を引かれた。
それから何曲か聞いてすっかり気に入ったんだ。
このアルバムは徐々にラテンジャズに向かっていき、時には天気予報のBGMぽく聞こえることもある。
凄く強力な音楽性だけどね。

・カシオペア:メイク・アップ・シティ(1980年)
カシオペアの別のアルバムで、最もよく知られているであろうドラマーの神保彰が参加している。
しっかりしたフュージョンのアルバムで、デビューアルバムよりもコヒージョン(打楽器二重奏)寄りだ。
お勧めの曲は『Ripple Dance』と『Twinkle Wing』。

・ザ・スクェア:ラッキー・サマー・レディ(1978年)
1980年代後半から始まったT-SQUAREという名前の方で知られているグループのファーストアルバムだ。
フュージョン、スムースジャズ、後年にこのグループでより目立ってくるファンクが素晴らしく混ざっている
安藤正容のギターが奏でるリバーブ(残響)が凄く好きだ。
お勧めの曲は『Future Fly』と1970年代にカーペンターズが歌っていた曲のカバー曲とも言える『I Won’t Last A Day Without You(愛は夢の中に)』。

●comment
↑ありがとう。
より素敵な夜を過ごせることになりそうだ。

●comment
カシオペアのアルバムはどこで手に入れた?

●投稿主
↑両方ともDiscogのセラーから買った。
『メイク・アップ・シティ』はそんなに高くないよ。
『カシオペア』の方は……結構する。

●comment
カシオペアは最高だ!

●comment
良い説明だった。
詳しく書いてくれたし、良いコレクションだね。

●comment
『虹伝説』はCD版を持ってる。
最近LPを集め始めたからLP版も買わないと。

●投稿主
↑LP版はジャケットが最高なんだ。
自分が買ったオリジナル版はライナーノーツに載ってる絵の折り畳みポスターも入ってる。
最高にクールだよ。

04899
image credit:imgur.com

●comment
↑いかしたポスターだな。
Discogで値段をチェックしてみるかな。

●comment
深町純と21stセンチュリー・バンド大好きだ!
お勧めしてくれてありがとう!

●投稿主
↑いいって事よ。
できればもっとアルバムを出してもらいたいんだけどね。
どうやらこの1枚だけらしい。

●comment
↑凄く好みの音だけに本当に残念だ。

●comment
↑確か深町純は数年前にソロ活動してた時のアルバムを再販してたはず。
まだ簡単に探せると思う。
LITA(※アメリカのレコードレーベル、Light In The Attic)が最近発売した日本のアンビエントボックスにも深町純の楽曲が何曲か入ってる。

●comment
自分も深町純と21stセンチュリー・バンドを楽しんでる。
ベース奏者が素晴らしいな。

●comment
高中正義の『Seychelles』は最高のレコードだ。
まだ聞いた事がない人全員に勧める。

●comment
T-SQUAREも良いぞ(まだ聞いた事がないなら)

●comment
これは凄い。
高中正義とカシオペアのアルバムは本当に名盤だ。

●comment
カシオペアのアルバムは1枚だけ持ってる。
節約するためにブラジルでプレスされたのを買ったんだ。
当時カシオペアはブラジルで人気があって、サンパウロで行われたライブを録音したアルバムなんだ。

●投稿主
↑良いね!
そのアルバムはまだ持ってないけどいつか手に入れたいな。

●comment
ちょうど朝に高中正義の『AN INSATIABLE HIGH』を聞いてたところだ。
良いセレクションだな。

●comment
カシオペア大好きだ!
最近注目されてきて嬉しいよ。

●comment
滅茶苦茶羨ましい。
シティ・ポップと日本のジャズが好きなんだけど高いから……
中でもカシオペアが素晴らしいけど残りも聞いてみたいな。

●投稿主
↑確かにオリジナル版はそのバンドの人気度によって凄く高くなることもあるね。
そうじゃない場合もあるけど。
ラッキーなことに『六喩』と『Splaash』は帯とライナーノーツがついてそれぞれ12ドル(※約1330円)だった。
EMSを使って日本から送ってもらったから20~25ドル(※約2200~2700円)になったけど、安い便を使うと時間がかかるし追跡できないからね。
レコードはクリーニングにかけたら凄く良い音になったよ。
よく知られた人気のあるアルバムは高いけど、単純に音楽を楽しみたいなら日本でCDとして再版されたものが買いやすいよ。
元々カシオペアのデビューアルバムはそうやって買ったしね。

●comment
素晴らしいコレクションだ!
フュージョンに移行する前のサディスティック・ミカ・バンドに在籍してた頃の高中正義が好きだな。

●comment
カシオペアの初期のアルバムを5枚持ってるけど帯が付いてないんだよな。
投稿主はラッキーだな。
ちなみに買って驚いたんだけど『Super Flight』はLP版とCD版で中の曲が幾つか違ってた。
良いコレクションだ!

●comment
『カシオペア』が羨ましい。
いつかレコードに150ニュージーランドドル(※約1万1400円)出せるようになれば。

●comment
喜多嶋修は?

●投稿主
↑正直言われて初めて知った。
自分の持っているアルバムには参加してないみたいだ。
お勧めのアルバムはある?

●comment
↑『弁才天』が好きだな。
後年のは自分の好みからずれちゃった。

●comment
70年代80年代の日本のレコードがここ数年で流行りまくってるのはちょっと驚きだ。
youtubeは最近の音楽界にかなりの影響を与えてるな。






シティ・ポップと同様に日本のジャズもyoutubeなどネットの影響で海外で人気となっているようです。
日本は日本でダイナソーJr.の25年前の曲である『Over Your Shoulder』がチャートインしたりと、時代を超えて過去の作品が発掘される流れがあるようです。
追記:安藤政信→安藤正容に修正。ご指摘感謝です。