05266
image credit:collective-evolution.com

不安障害は人混みで不安を感じて動機や目まいなどの発作を起こす人もいます。
日本を旅行するという人が人混みで不安障害を起こしたりしないだろうかと海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
こんにちは!
11月に友達と一緒に東京/大阪/京都を旅行する予定。
彼女にとっては初めての日本旅行で自分は2回目(とは言っても前回はずいぶん昔だし自分で計画を立てたわけじゃないけど)。
で、その友達は人混みで不安障害が出るんだよね。
状況が完璧に合致すると発作が出てしまう。
彼女は凄く日本旅行を楽しみにしてるんだけど、その点を心配してて。
同じように不安障害で日本を無事回れた人はいないかな?
どうやって対処した?
何が最も難しかった?
なにかコツはある?
もう1つ自分が恐れている事:激混みの列車からどうやって降りるんだろう?
スミマセンと言うだけ?
どんな情報でも感謝するよ!
あらかじめ言っておくと2年前に2人で一緒にニューヨーク市に旅行に行って一番混む時間に地下鉄に乗ったけど彼女は大丈夫だった。

●comment
上から目線にならない上手い言い回しを思いつかないんだけど日本の人口の多い都市の観光名所や鉄道車両、有名な通りや区画はかなり混むことがあるよ。
もし人混みがお友達の不安障害のトリガーになるんなら公共交通網を利用するのはなるべく早朝にした方が良いと思う。
ピーク時間の利用は不安障害があろうとなかろうと嬉しいものじゃないからね。
想像通り郊外/都市中心部間の路線は時間によって混み方にかなりばらつきがある。
自分なら6時半~10時半の利用は避けるかな。
あるいは人の少ない路線(JR以外)を選ぶとか。
不安障害に対するアドバイスは残念ながらできないけど、幸運を祈ってるよ。

●comment
↑ピーク時間の鉄道利用を避けるのは同意!
自分達もできるだけ避けるようにしたし(特に荷物を持ってる時は)、どうしても乗らなきゃいけない時は最後尾に乗るようにしてた。
移動でそんなに時間を取られない場合はピーク時間に敢えて乗らずに1駅分歩いたりもしたね。
(しかもその方が列車に乗れば見られなかった景色が見られた)
とは言え列車は便利だしそんなに歩かずに済むから毎回はお勧めしないけど。
納得がいって時間がある時だね。

●投稿主
↑駅間を歩くのは新たな景色が見られるし良いアイディアだね。
お勧めありがとう!

●comment
↑どういたしまして!
言ったように毎回じゃなくて理にかなってる時だけね。
例えば原宿のキャットストリートを歩いて渋谷に行ったりとか。
予定がない日だったからゆっくり時間を過ごせたし実際にはそんなに離れてなくて、色々クールな場所を見れたと思ってる。
列車に乗る事も出来たんだけど散策するのは素敵だったし、歩いてもそんなに歩くわけじゃなかったから。
もし次の目的地まで徒歩で1時間とかなら実際の距離は徒歩10~15分の距離なのに列車だと乗り換えが必要とかじゃない限り列車と徒歩で迷ったりはしないと思う。

●投稿主
>上手い言い回しを思いつかないんだけど日本の人口の多い都市の観光名所や鉄道車両、有名な通りや区画はかなり混むことがあるよ。
問題なし!
確かに観光名所は混むよね。
でも彼女も人混みの外から眺めたりするのは平気なんだよね。
状況が形を持ち始めるのは彼女が閉じ込められたと感じ始めてから。
6時半から10時半ね。
予定を立てる時に気にしておくよ。
ありがとう。

●comment
↑グーグルマップで駅を検索したらその駅の混む時間がざっくりわかるよ。
パーセンテージじゃないけど棒グラフで見られるから避けるべき時間がだいたい把握できると思う。

●comment
私も人混みに対する不安障持ちで特定の状況で発作が出る。
何がトリガーになるかによるから、その事は彼女と話しておいた方が良いと思う。
私の場合は込み合ってる中で他の人に軽く触れたりしながら目的のところまで移動しようとする場合。
外部刺激を上手くフィルタリングできないことに加えて周囲のノイズや動きを遮断するのも上手くないから時々圧倒されてしまうんだよね。
閉所恐怖症にも似てる感じ。
日本は場所によっては慣れ親しんでるところよりも狭く感じると思う。
でも私達は外国人であるだけに周りの人がよけてくれることもあったね。
超混んでる列車内でもパーソナルスペースを確保できれば大丈夫だった。
通路が狭い小さなお店はかなりストレスだった。
店と店を渡り歩くのが凄く疲れることもあったね。
そういうタイプの場所を移動する時は夫に休憩が必要だと告げて、ローソンとかカフェやミスタードーナツに行くようにしてた。
座れる場所がある所もあるし、そんなに混んでないから。
日本の良いところはアメリカのそういう所と比べて全然うるさくないという事もあるね。
参考になるかどうかはわからないけど、まずは彼女と話をしてどういう場所で不安障害が起こるかチェックする事、静かな場所を探す事だね。
そういう所も賑やかな場所と同じ位素敵だから。
ちなみにニューヨーク市には8年間住んでたんだけど、夫の素晴らしいところはニューヨーク市の観光名所や賑やかな場所に行って人酔いしてしまった時に静かな場所を見つけてコートで自分の周りを覆ってくれること。
カバーしてくれると全てが遠い感じになって落ち着いてくる。

●投稿主
↑返答ありがとう!
凄く参考になる意見だった!
彼女と話をしたけど外部刺激があり過ぎる状態で別なストレス(例えばどこに食べに行こうか?とか)が加わると圧倒されてしまうみたいだ。
彼女は思考が回り過ぎて周囲の状況を排除できないんだね。
自分はその正反対でフィルタリングが上手過ぎるのかも(笑)
コーヒー休憩は確かにありだ!
彼女のことをしっかり気にかけて、上で説明してくれたお店に行った後は休憩するようにするよ。
2人とも食事は大好きだから飲食の回数が増えるのは大した問題じゃないしね。

●comment
妻が重度の不安障害だ。
人混みが大嫌いなんだけど日本は例外だった。
全然心配なくて新宿駅でも大丈夫なくらいだった。
コツはピーク時の列車を避ける事。
自分ですら人が多すぎると落ち着かなくなる。
列車内では彼女と顔を向き合わせて、不安障害が出たら目を閉じて深呼吸させるんだ。
幸運を。

●投稿主
↑それは興味深いね。
友達も奥さんと同じように旅の興奮が不安障害を上回ってくれるかも。
列車内では顔を向き合わせるというのは素晴らしいアドバイスだね。
(母国オーストラリアの列車内でも彼女のパーソナルスペースを確保するようにしてるし効果もあったね)

●comment
私も同じで普段は人混みで不安障害が出るんだけど日本では平気だった。
休日だからリラックスしてるというのもあると思うんだけど人混みがうるさかったりてんでバラバラじゃないからというのもあるのかも。
かなり静かだよね。
列車内は結構大変だったけど私はかなり背が高い方なんであまり閉じ込められた感がなかった。

●comment
私も同じように不安障害持ちなんだけど日本の人混みは予想よりも影響なかった。
言語を理解していないことが周囲の人が話す事に注意を向けない事への助けになったのかも。
東京では可能な限りピーク時間をさけるようにしたし静かな場所やカフェでの休憩もたくさん取るようにしてた。
通りで流れまくるCMソングや広告なんかはヘッドフォンが助けになってくれたね。
列車から降りる場合は周りの人が気を使ってくれるからそんなにトラブルにはならないと思う。
スミマセンというのを恐れずに。

●投稿主
↑ヘッドフォンは素晴らしいアイディアだね!
彼女に言っておくよ。
ありがとう!

●comment
観光客で時間はたっぷりあるんだしラッシュアワーを避けるのは簡単だよ。
観光地も賑やかではあるけど肩と肩がぶつかり合う位混んでるって訳じゃない。
海外旅行者には知られていない地元の名所というのもたくさんあるからそういう場所に行くのもいい考えだと思うな。

●comment
↑これは正しい。
全然混んでない列車に何回も乗ったことがある。

●投稿主
>観光客で時間はたっぷりあるんだしラッシュアワーを避けるのは簡単だよ。
>観光地も賑やかではあるけど肩と肩がぶつかり合う位混んでるって訳じゃない。
混み方の規模を教えてくれてありがとう。
確かに肩と肩が触れ合う位になるとナーバスになるね。
普通の混み方は問題なし。
彼女が興味を持ちそうな静かな場所も探してみる。

●comment
同じく人混みに対してかなり不安障害があるんだけど、どういう訳か外国に行くと全然平気。
(私はアメリカの大都市を拠点にしてる)
お友達も同じだといいんだけど。
人の流れの向きを忘れると問題になるかも。
基本的にみんな左側を歩くんだよね。
もし右側を歩いてしまったら流れに逆らって左側に行くんじゃなくて空間ができるまで待った方が良いよ。
それから超混んでるところでは視点を目的の方向に向けて移動するのがコツ。
馬鹿げたように聞こえるかもしれないけど、周囲の人は視線を見てその人がどこに向かうかを判断して避けてくれる。
人の流れに乗って右に左に流れていくのも簡単。
歩みを止めて何かを見たり、その事で話をしたい場合はまず歩道から離れる事だね。
大きな駅以外だったら人混みはそんなに問題にならないと思う。

●投稿主
↑視点を定めて歩くのは全然馬鹿げたアドバイスじゃないよ!
自分のボディランゲージで周囲の人の動きが変わるのは気付いてたし目的を持って歩くのは凄く良いアドバイスだと思う。
それから立ち止まって見たり話す前に人の流れから離れるのもその通りだね。
(というかみんながそうしてない事に不満だ。通りの真ん中で立ち止まって他の人なんか全然気にかけずに話したりね)
ありがとう!

●comment
妻と一緒に日本旅行をした時は混み始めた時に静かな場所を探すようにしてた。
(結構見つけられる)
移動に関してはプレミアムクラス(※グリーン席)に乗ったら静かだよ。
日本人はフレンドリーで礼儀正しいから妻は日本の人混みは他の国とは全然違うと言ってた。

●comment
自分達も同じ問題を抱えてたけど上手く日本を回れたよ。
可能な限りラッシュアワーを避ける事と、賑やかな場所を移動する時はストレスを溜めない場所で休憩する時間を増やす事だね。
自分達が行った場所は大抵凄く混んでたけど日本人は礼儀正しくて人混みを避けようと押し合ったりしないからアメリカの混み方とは全然違ってた。
ラッシュアワーの時間帯に列車に乗ってしまうとオイルサーディンのイワシみたいな感じになるぞ(笑)
列車から降りるには、降車駅が近づいたら可能な限りドアの側に近づいておくこととスミマセンと言う事。
みんなできるだけ道を開けてくれるよ。

●comment
まだ誰も言ってないと思うけど、日曜に人気のショッピングエリア(原宿や秋葉原)に行くのは避けた方が良いね。
学校が休みだから日曜は人でごった返すから。
日曜はあまり知られてない場所に行くと良いよ。

●comment
↑日曜の事をすっかり忘れてた。
ありがとう!




不安障害と言わないまでも人酔いすることは多々あるので、出来るだけ人混みを避けるに越したことはありません。
言葉の分からない外国は視界や耳から入ってくる情報が減るのでストレスが軽減されるというのは確かにあるかも。