05518
image credit:劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~/京都アニメーション

日本のアニメスタジオはスタジオによって特色があり、それぞれ得意の分野があります。
海外のアニメファンが自分の好みに合う日本のアニメスタジオについて語っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
どのアニメスタジオのスタイルが好き?
自分はシャフトのシュールなところが好き。
TRIGGERと京アニも凄く良いね。

●comment
シャフトで特に新房昭之監督作。
一番好きな監督だ。

●comment
昔のガイナックスとMADHOUSE。

●comment
シャフトはすぐにわかるスタイルを持ってるし、そのスタイルがストーリーを更に際立たせてる。
京アニはクオリティにおいて妥協した事がない。
CGDCT(※Cute Girls Doing Cute Things:可愛い女の子が可愛い事をする日常系アニメの事)だったら動画工房。

●comment
京アニ。
ここのスタイルはまさに自分がアニメに求めてるもの。

●comment
↑アニメを見て暖かい気持ちになりたい時はよく京アニのアニメを見てる。
特に2つの事が信じられないくらいうまいと思う。
繊維状の物体のアニメーション(特に髪の毛と水の動き)とキャラクターのアニメーション。
個人的にとくに後者は比類出来るものがない位だと思う。
キャラの感情の描写が恐ろしくリアルで、馬鹿げてる位繊細な表現に満ちてる。

●comment
↑可愛さだったら動画工房も負けてないぞ。

●comment
個人的に京アニはちょっとキラキラしすぎて鮮やか過ぎでアニメーションが誇張気味なところがあると感じるな。
悪くはないんだけど、とにかく滑らかさを重要視してるというか。
ストーリーボーディング(※ストーリーの映像化)は凄く美しいんだけどね。
アニメーターの訓練も上手いし間違いなく社内のシステムが凄く上手いんだと思う。

●comment
以前:ガイナックスの庵野監督作品
今:TRIGGERの今石洋之監督作品

●comment
間違いなくボンズ。
出来れば『チェンソーマン』のアニメを担当してスケッチ調の絵をグリグリ動かしてほしい。
プロダクション.I.Gも僅差で好き。

●comment
↑ボンズって作品を超えて持つボンズならではのスタイルってあるかな?
最近の作品だと『キャロル&チューズデイ』、『僕のヒーローアカデミア』、『モブサイコ100』があるけど、全然似たところがないぞ。
少なくとも自分にはわからない。

●投稿主
↑確かにボンズは良いスタジオだけどこれといったスタイルはないかも。

●comment
ボンズはスタイルというよりもボンズの好きなタイプの作画があるって感じかな。
爆破シーンとか戦闘シーン。
もちろん『キャロル&チューズデイ』みたいな例外もあるけど、どんなアニメスタジオにも普段作ってる作品と違う作品を作ってるものだしね。

●comment
ボンズは線がスケッチ調で色使いはシンプルだけどコントラストが高い傾向にある。

●comment
TRIGGER。
動きを誇張しまくりの戦闘シーンと全体的な美的感覚が大好き。

●comment
動画工房。
ここの作る可愛いマシュマロ達のために生きてると言ってもいい。

●comment
↑滅茶苦茶同意。

●comment
動画工房なら『プラスティック・メモリーズ』がお勧め。

●comment
ジブリは最高の背景を描くし、他のアニメスタジオに比べてキャラのアニメーションにむらがない。
それにほとんどCGを使わないしフィルターの過剰しようもないし、機械のような物も手描きだ。
色も素晴らしいし背景の人々にもきちんを気を使ってる。
もちろん作品の内容によってはジブリよりも好きなアニメスタジオもあるけど(ジャンルや設定によって)、純粋にビジュアルという意味ならごくわずかな例外以外はジブリが断トツだと思う。

●comment
スタイルという意味でなら昔のガイナックス。
昔のMADHOUSE、虫プロ、カラー、日本アニメーション、スタジオ4℃、ジブリも好き。

●comment
萌え故に動画工房。

●comment
P.A.Works。
どれだけ時間をかけて作らているのかよくわかる所が好き。
TRIGGERも面白く作る方法を心得てるよね。
この2社が好きで、どっちがより好きかは決められない。

●comment
↑P.A.Worksは『Angel Beats!』、『さよならの朝に約束の花をかざろう』が好き。

●comment
嫌いな人も多いだろうけど自分はA-1 Picturesが好き。
A-1のアニメはがっかりした事がないし、アニメーションも最高級だと思う。
『冴えカノ』、『四月は君の嘘』、『かぐや様は告らせたい』、『新世界より』、『ヲタクに恋は難しい』が好き。

●comment
コミックス・ウェーブ・フィルム。(※『君の名は。』など新海作品を手掛けているアニメ制作会社)
ここのアニメーションスタイルに嵌ってる。

●comment
シャフトで決まり。
でも特定のジャンルだったら動画工房や3Hzが素晴らしい作品を作ってるね。
日常系が大好きで、動画工房はそれが凄く上手い。
3Hzは『プリンセス・プリンシパル』と『ソードアートオンライン・ガンゲイルオンライン』をきっちり作ってのけた。
『ライフル・イズ・ビューティフル』で3Hzが日常系をどういう風に作るのか楽しみだ。

●comment
京アニも凄く良いんだけど個人的にはTRIGGERが好き。
主に『キルラキル』が理由で。

●comment
アートスタイルの話だよね?
だったら
・MADHOUSE
・TRIGGER
・ホワイトフォックス

●comment
他の人の挙げてる素晴らしいアニメスタジオ以外だったら自分にとって特別なのはサンライズ。
素晴らしい作品ばかりではないけどアニメ産業において本当にクールで最高に美しいアニメーションを作ろうとしたときは凄い。
『機動戦士ガンダム・サンダーボルト』がその完璧な好例だね。
ジャズと完ぺきにシンクロしたメカの動きはそれ自体が芸術と呼べるくらいだ。
一貫した長期シリーズの好例は『鉄血のオルフェンズ』で、メカの壊し合いを体感できる。

●comment
↑同意。
これは昔の作品にも言えると思う。
『Zガンダム』のアニメーションは素晴らしく滑らかだったし、宇宙空間で変形するメカを見てたらアニメのために実際に変形するメカを作ったんじゃないかとも思う位だった。

●comment
初期のマングローブ……

●comment
京アニは美しい物を作るけど、美しいものが必ずしもいいとは限らないんだよね。
(西洋のカルアーツスタイルは美しくないけど素晴らしい作品を作っているように)
TRIGGERとブレインベースが好きだから個人的なトップはこんな感じ
1.TRIGGER
2.京アニ
3.ブレインベース
4.動画工房

※カルアーツとはカリフォルニア芸術大学のことで、カルアーツスタイルとはカリフォルニア芸術大学卒業者の作るアニメの事。
近年だと『スティーブン・ユニバース』、『スター・バタフライ』、『グラビティ・フォールズ』、『おかしなガムボール』。
主線が太くて顔の形が豆の形に似ているキャラデザが特徴とのこと。

●comment
選んだ作品という意味ではMAPPAが凄く挑戦的だと思う。
『ユーリ!!on ICE』、『BANANA FISH』、『ゾンビランドサガ』、『さらざんまい』など最近の作品はどれも既存のメディアに挑戦状をたたきつけてる。

●comment
J.C.Staff。
『とらドラ!』は心の特別な場所にある。

●comment
ボンズ。
特にオリジナル作品を作る時。
原作付を担当する時に喜ぶ人も多いし、そういう作品もきっちり仕上げてくるんだけど自分はボンズが作るオリジナル作品が好きだ。

●comment
日常系だったら京アニで劇場版はUFOTable。
『Fate/stay night [Heaven's Feel]2』は自分が見た中で過去最高のアニメーションだった。
あとアクションだったら『ジョジョ』のデイヴィッドプロダクションも良いね。

●comment
京都アニメーション、P.A.Works、シャフト。
最初の2社は滑らかで鮮やかなアニメーションと細部へのこだわりが好き。
シャフトはアバンギャルドでユニークなアニメーションが好き。

●comment
一般的な答えじゃないと思うけどボンズの特に『文豪ストレイドッグス』が好き。
このアニメのスタイルが大好きで。

●comment
スタジオリッカ。
5作品程度しか作ってないのは知ってるけどこのスタジオが作った『水のコトバ』、『ペイル・コクーン』、『イブの時間』、『サカサマのパテマ』が好きだから。
あとノイタミナのアニメも好き。





シャフト、京アニ、TRIGGERの人気が高いようです。
動画工房も日常系アニメで確たる名声を築いています。