05524
image credit:overclockers.co.uk

千葉県に本社のある株式会社サイズはPC関連商品を設計、製造、販売する会社で、特にCPUクーラーや冷却系に力を入れています。
海外の掲示板でサイズのCPUクーラーについて語っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
サイズの製品を使ってる人をほとんど見かけないからちょっと語ってみようと思う。
元々はノクテュア(※台湾のPC関連機器メーカー)の大ファンだった。
自分はここのデフォルトのカラーパターンが好きな変人の1人でNH-Uシリーズをずっと使ってた。
最近PCを組み直したんだけど、元々ついてたCPUクーラーがケースに嵌らなかった(240mmのラジエーターがRAMインターフェースのせいで付けられなかった)んでサードパーティーの製品を買う必要が出てきたんだ。
で、AM4(※AMDのZenベースのCPU用ソケット)対応のサイズ・無限Rev.Bをロンドンにあるお店で買ってきた。
ノクテュアのAM4版NH-U12Sよりも20クイッド(※20ポンド、約2760円)節約できて良かった。
実店舗とネットショップの価格差なのにね。
ともかく、家に帰って使ってみたらなんと……

・設置:OK、問題なくつけられた。先に進もう
・組み立て品質:最高級。市販されてるもので最高に入る
・梱包:シンプルだけど必要十分
・同梱品:シリコングリス、磁性ドライバー、ファン用クリップ
・設置の簡単さ:猿でもできるレベル

そして性能を調べてみたら、こっちもなんとだった。
サイズは基本的に巨大なヒートシンクと低速ファンを使う方向性で行ってる。
つまり自分のRyzen5・2600で使った時に音はほとんど聞こえず、最高回転(1250位)でも音がしないくらいだ。
この回転速度は普通だと遅すぎるくらいなんだけど無限の巨大なヒートシンクは放熱させるための面積を広く持っている。
RyzenのPrecision Boost Overdriveもなんなく制御してみせた。
ノクテュアやbe quiet!(※ドイツのPCパーツメーカー)の大きなCPUクーラーの方が性能が上じゃないかって?
それはもちろん。
でも設置の邪魔にならない静音タイプのPCが好きな人はサイズの製品が自分のPCに付くか確認することを強くお勧めするよ。

●comment
Node202(※スウェーデンのフラクタル・デザインの出しているスリムケース)をインテルCPUで組む時はサイズの大手裏剣2が定番だったな。
マウント方法はあんまり好きじゃなかったんだけど、多分その時点でノクテュアに甘やかされてたんだと思う。

●comment
サイズの初代風魔を売る前に死ぬことになりそうだ。
PCパーツに払った45ドルとしては最高の価値があった。
2015年に50ドル(※現在のレートで約5400円)で買ったPhanteks(※オランダのPCパーツメーカー)のTC12DXを用済みにさせたよ。

●comment
不思議と地域差があるよな。
英語圏だとノクテュアとbe quiet!がえらく人気がある。
ヨーロッパだとbe quiet!、サイズ、Alpenföhn(※ドイツEKLの展開するブランド)が人気あってノクテュアの事はこの掲示板に来るまで聞いた事がなかった。

●comment
どのCPUクーラーも性能がほぼ同じになるようにできるだけでかくしてるだろ。
個人的にはでかくてできるだけ安いのをお勧めするようにしてる。

●comment
明日、無限Rev.Bが届くから更に気分が良くなってきた。
ケースに上手く嵌りますように。
ちょうどCPUクーラーのクリアランスぴったりのサイズなんだ。

●comment
これがサイズで組んだ俺のPC。
05519
image credit:imgur.com

●comment
↑迫力のあるエアクーラーが良い感じだな。

●comment
サイズの大手裏剣Rev.Bを持ってるわ。

●comment
最近全く同じCPUクーラーをRyzen7・2700X用に買ったけど今のところ素晴らしいね。
オフセットデザインが他のCPUクーラーでは久しく見ない良さで、設置も超シンプルだった。

●comment
LGA775(※インテルのCPUのソケットタイプ)用にロープロファイル対応のCPUクーラーが必要になった時にサイズの事を知って手裏剣Rev.Bを買った。
パッケージ―が『頭文字D』とか『首都高バトルX』調だったけど、ともかくファンであることはわかったし、15年経った今も元気に動いてる(それに静かだ)。
サイズは本当にお勧めだ。
小売価格が安いしAMDやインテルの現在流通してるほぼ全てのCPUに対応したブラケットも付いてくる。
10種類のソケットに対応できる4種類のブラケットとかね。
凄い事だと思うよ。

●comment
経験豊富なユーザーの間だとサイズの無限はかなり人気だしお勧めにもよく挙がってるぞ。
インテルでnVidiaでMSIでi5にオールインワン水冷クーラーを使ってるような層には知られてないってだけで。

●comment
サイズの手裏剣が好き。
他のCPUクーラーがつけられないような薄型ケースに付けられるから。

●comment
サイズの風魔Rev.Bを使ってるよ。
安いしノクテュアに性能で勝る最高のCPUクーラーだ。

●comment
美しく、かっこよく、静かで安いCPUクーラーと言えばサイズの忍者。

05520
image credit:imgur.com

●coment
↑両側のファンは両方ヒートシンク方向に風を送るんだろうか?
そんだけでかいからかな?

●comment
↑元々は両方ヒートシンクに風を送るようにしてた。
ケースはCPU上部に240mmのファンがあるだけで、後方に排気用のファンが付いてなかったから。
今はIOポート側のファンの風向を逆にして排気ファンに吹き込むようにしてる。
別アングルの写真だけど後方のファンが確認できると思う。

05521
image credit:imgur.com

●comment
↑滅茶苦茶でかいユニットだな!
クラーケンG12水冷ユニットか、良いね!
GPU用にクラーケンX62を導入しようか真剣に考えてる。
CPUにはノクテュア・NH-15DSかな。
今のセッティングはこんな感じ。
1080Ti(※グラフィックカード)の温度はそんなに酷くなくて70℃位なんだけどもっと静かにさせたくて。

05522
image credit:imgur.com

●comment
無限は確かに良いクーラーだけどそもそも2600は熱的要求がそんなに厳しくないからサードパーティーのクーラーでも結構冷えるぞ。
(まあ自分は2600にオールインワン水冷クーラーを使ってるんだけど)

●comment
昔は定番だったな。
クーラーマスター(※台湾のCPUクーラーメーカー)しかなかった頃はみんなサイズの無限2を買ってた。
サイズはカスタマーサポートも凄く良かったな。
新しいシステムに移行しようとしたら無限2用のブラケットを超安い値段で売ってくれた。
このクーラーを色んなシステムで10年くらい使ってたよ。

●comment
2011年に買った無限2は設置が恐ろしく大変だった。
でも変更があったから簡単という事に疑いの余地はないな。
なんでノクテュアやオールインワンを使ってる人が多いのかよくわからない。
無限五、サーマルライト(※台湾のCPUクーラーメーカー)・Macho、EKL・ブロッケン3なんかは性能充分だしオーバークロック時でも静かなのに。
しかもノクテュアは80ユーロ(※約9800円)、オールインワンは140ユーロ(※約1万7000円)するのに上に挙げたクーラーはどれも40ユーロ(※約4900円)台で買える。
正直言うとオーバークロック時でもほぼ無音にしたいならノクテュアしかないと思う。
でも99%のユーザーにとっては上記のクーラーが予算的にもベストチョイスだと思うね。
CPUクーラーは近年どんどん性能が向上してるし、紹介したクーラーはどれもド定番だ。

●comment
サイズはデザインが好きだ。
Mini-ITX対応HTPC(※ホームシアターPC)でロープロファイル対応のCPUクーラーとしてサイズのを使ってるし、サイズのGentle Typhoonは水冷用のファンとしても人気だよ。
サイズのメモリ用ヒートシンクはユニークな見た目になるからクラシック風PC用に使ってる。

05523
image credit:imgur.com

●comment
↑めちゃすっきりしてるな。
かっこいい。

●comment
↑コンチネンタルのデスクトップPCだな。

●comment
ちょい前に誰かが何でだれもサーマルライトについて語らないんだと言って事があったけど、その時にみんなサイズとbe quiet!をお勧めするのに忙しいからだと答えておいたっけ。

●投稿主
↑不思議な事に自分の場合サイズをお勧めする人は全く見かけない(2~3年に1人か2人くらい)けどbe quiet!をお勧めする人はたくさん見かける。
後者は最近設置を楽にするためにCPUクーラーのシリーズを整理したから特によく見かけるようになった。

●comment
ノクテュア、be quiet!、サイズ、サーマルライトのCPUクーラーを静音性で順序付けするならどの順になる?
B450(※AMDのチップセット)のATXマザーでオーバークロックなしで組もうと思ってる。
Ryzen5・2400Gを買うつもりだけど、いずれRyzen7か9にアップグレードする予定。

●comment
↑メーカーよりもどのモデルかだな。
予算とクーラー用のスペースで考えた方が良い。
どのメーカーも長所と短所があるからね。

ノクテュア:とにかくオーバースペック。
ここのファンはとにかく素晴らしいし形状も工業的視点から見て申し分ないけどちょっと高い。
サイズ的にはノクテュアが現行のCPUファンでは一番だと思う。
でも予算的には他にいい選択肢があるかな。
ノクテュアのクーラーがどれも静音性に優れてるけど冷却性能は他のメーカーの同価格帯のクーラーよりも冷えるという訳じゃない。

サーマルライト:バランスが良い
良いファンを使っていてラジエーターがでかい。
完璧さではノクテュアに及ばないけど価格は申し分なし。
ハイエンドモデルのHR-02から分化したMachoシリーズが低価格ファンで成功した。
LeGrand Machoはサイズもでかいし最高のクーラーだ。
どちらも静音PCを組む時に考慮する価値がある。
サーマルライト・True Spiritは静音性では対象外だ。

be quiet!:CPUクーラーとしては比較的新顔で電源ユニットが素晴らしくて評価高い
低価格帯はあらゆる面で特筆すべきところはないけどダークロックモデルはリーズナブルだし黒いラジエーターが好きな人にうってつけだ。
見た事あるよね?

サイズ:ほとんどの製品がお買い得
長い間ハイエンドモデルは手掛けてこなかったけど無限五は120mmファン搭載クーラーの中で一番お買い得だ。
お金をかける予定はないとか小型ケースを持っているならサイズで決まり。
それからサイズは対価格比でのクーラー性能が凄く良い。

他のメーカー:EKLブロッケン3
EKLは(ノクテュアと同じように)オーストラリア発のPC用空冷機器に特化した小さな会社。
※本社があるのはドイツ。ノクテュアはオーストリアのラスコム・コンピュータと台湾のKolink Internationalの合弁会社
基本的にターゲットは欧州市場で名前の付け方で知られている。
ベン・ネビス・アドバンスドは30ユーロ以下(※約3600円)台では最高のCPUクーラーだしブロッケン3は特に静音性において50ユーロ以下(※約6100円)台で買える最高のCPUクーラーの1つだ。

●comment
↑総合的なレビューをありがとう。
ノクテュアのNH-D15を買うつもりで、凄く高いけど静音性を一番大事に考えてるから。
もっと他の価値に目を向けるべきなのかもしれないけど、2004年以降でこれが初めて組むPCだかし、シーソニック(※台湾のPCパーツメーカー)・スノーサイレント(※電源)とか特定のパーツを買うのが楽しみだからね。






CPUの高性能化やゲーミングPCの人気に伴いクーラーも高い放熱性と同時に静音性も求められるようになってきました。
台湾やヨーロッパのメーカーが人気のようですがサイズも評価が高い模様。
CPUクーラーやファン系は少しお金をかけて静音性の高いものにするだけでPCの使用感がびっくりするくらい変わります。




B072PWL5YF
サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II