05472
image credit:garagejournal.com

静岡に本社のある山下工業研究所はコーケンというブランド名で工具を製造販売しています。
日本では知られた名前ですが、海外でも特にヨーロッパで高い評価を得ています。
海外でコーケンの工具について語っていました。

引用元:garagejournal.com

スポンサードリンク



●comment
コーケンの名前を聞いたことがあり好きな人もいるかもしれないけど、ほとんどの人は知らないと思う。
これは初めて聞くアメリカのメーカーではなく、日本のメーカーだ。
日本のメーカーは他にもあるけどコーケンはソケットレンチを専門に作っているところが他とは違う。
世界中で他にソケットレンチ専門のメーカーがあるとは思えない。
新しいメーカーだと思うかもしれないけどもう半世紀以上活動している。
ドイツのプライヤー専門メーカー、クニペックスと同じようにコーケンは日本や世界中の専門家から愛されているソケットレンチのスペシャリストだ。
コーケンの設立者である山下宗一郎は非常にユニークな経歴の持ち主だ。

・1889年、日本の静岡県掛川に生まれる
・1907年、日本で英語を学ぶ(当時は非常に珍しかった)
・1908年、アメリカに行き自動車整備学校を卒業する
・卒業後は6年間フォード自動車でメカニックとして働く
・16年間アメリカに住む
・1925年、フォードが横浜に工場を設立するのを機に日本に帰国する
・1927年、大阪のゼネラルモーターズで働く
・1946年、山下工業研究所(コーケン)を設立

アメリカでメカニックで働くことでMr.山下は当時のアメリカの工具に慣れ親しんでいったのだろう。
おそらくプロト(※アメリカの工具メーカー)の最高にいかしたラチェットレンチを気に入ったんだと思う。
コーケンのスタンダードラチェットは基本的なデザインがプロトと似ている。

Mr.山下の英語力もあって日本の他の国内メーカーと違い、コーケンは海外輸出を主な業務にしていた。
海外で日本の他のメーカーよりもコーケンが知られているのはそのためだ。
例えばニュージーランドは海外で初めてコーケンの工具を目にした国だが、これは1957年の事だ。
他の大きなメーカーが大なり小なりフルラインナップの工具を出している中でコーケンは今もソケットレンチに特化していて、これがコーケンを世界でも特にユニークなメーカにしている。
自動車メーカーが新たなボルトの形状を考えたら真っ先にコーケンが作るだろう。
少なくとも日本では。
コーケンのソケットレンチのサイズは膨大で、他のメーカーが作ってないものも多い。
2012年の時点でコーケンのカタログには7000アイテムが載っている。

興味深い事実:
・カタログには10mmのソケットにも160種類の型番がある!
・一番多く作っているのは1/2インチ角の17mmソケットレンチ
※1/2インチ角とはソケットレンチを差し込む部分のサイズの事で差込角とも呼ぶ
・ドイツのハゼットやヴィーハなどのハンドインパクトドライバーを作っている
・ドイツのツールサプライヤー、グラントのソケットレンチはコーケン製
・ヴィーハの1/4インチ角の通常のソケットレンチの他、インパクト用ソケットレンチも作っている
・イタリアの工具ブランド、ベータにもインパクト用ソケットレンチを供給したことがある
・2011年に日本で60年の歴史を持つ自動車ショーで新しいラインナップであるZ-EALシリーズを発表した
・世界中の工具メーカーと違ってコーケンの工場内はPB SWISS(※スイスの工具メーカー)と同じ位清潔
・コーケンの特徴は常に使用者の要望に沿ったものになっている
つまり、遊びや抵抗が少ない機構になっている


●comment
Zシリーズの3/8インチ角のショートレンチと3/8インチ角の首振りラチェットを持ってるよ。
コーケンの工具はほとんど宝石みたいな仕上がりだけどアメリカでは安くそこらで買える類の工具じゃない。
日本の自動車が走り回ってるんだし日本の工具もそこらで売ってると思うかもしれないけど。

●comment
コーケンは本当に良いね。
船内のやり手エンジニアでコーケンの工具を持ってる人はたくさんいるし、造船所でも見かけたことがある。
工房用に工具を集めてるけど、このスレッドでコーケンの事を思い出した。
ノルウェーでコーケンを扱ってるディーラーを探してみないと。

●comment
コーケンの工具は1本だけ持ってる。
1/2インチ角の19㎜六角用ソケットレンチ。
凄く良いし出来も素晴らしいんだけどイングランドだとそんなに売ってないんだ。

●comment
コーケンの名前は初めて聞いた。
ホイットワースソケット(※昔のサイズのソケットレンチ)が欲しくて注文したんだけど業者は中国製の12角しか扱ってなくて、自分は6角が欲しかったからコーケンのを買った。
まだそんなに使ってないけど凄く良いよ。

●comment
↑凄く良いぞ!
よく使うサイズのをコーケンにしてるけどBritool(※イギリスの工具メーカー)のソケットはもう使う気がしない。
かなり長く持ちそうだ。
コーケンの良いところは6角も12角もあってホイットワースソケットの深いタイプも扱ってる事。

●comment
コーケンの工具が何で特別かというと、最高級の品質の工具を作ってるから。
スナップオンと肩を並べてる。
コーケンの工具を集めてるけど今も増えていってる。

●comment
初めて買ったコーケンは3/8インチ角のマルチラチェット。
最近同僚の持ってるスナップオンとの比較写真を撮ってみた。
自分にとってはコーケンの方が圧倒的に勝ってる。
細部へのこだわりが素晴らしいし仕上げもきれいで、加えて汎用的でラチェットの機構も滑らかで軽い。
05462

05463

05464

05465
image credit:garagejournal.com

●comment
コーケンのラチェットの滑らかさは敵うものがいないと思う。

●comment
ソケットレンチのフルセットを出してるんだろうか。

●comment
↑どういう意味でフルセットと言ってるかはわからないけど、コーケンは全てのサイズのソケットレンチを作ってるぞ。

●comment
いわゆる1/4インチ角、3/8インチ角、1/2インチ角のソケットセット、レンチ、ドライバーの事。
どんなブランドでもそういうフルセットを出してるし、ハスキー(※アメリカの工具メーカー)なんか数種類出してる。
350パーツ付いてくるのもあるぞ。

●comment
↑コーケンはソケットレンチ専門のブランドで、ソケットレンチとそのアクセサリを売ってる。
ドライバー、レンチ、プライヤーなんかは作ってないんだ。

●comment
午前2時に新しい燻製器を組み立てた。
このスイベルジョイントが凄く良かった。

05466

05467

05468

05469
image credit:garagejournal.com

●comment
コーケンの2753 1/4インチ角小型ラチェットを持ってる人はいないだろうか?
日本マニアで技術者の友達へのプレゼント用に探してるんだ。
キーホルダーが付いてる2753PSKRを探してる。
誰か持ってないか興味があって。
ネットにはあまり情報がないんだ。

●comment
↑自分は持ってないけどこれの事かな?

05470
image credit:garagejournal.com

●comment
↑急に自分の欲しいものが見つかったようだ。
みんなよくわからないけどかなり実用的っぽいものをキーホルダーに付けてるもんな!

●comment
コーケンのホイールナット用ソケットを何年か前に買ったよ。
外径が小さいからカスタムホイールのクリアランス用に完璧だ。

●comment
コーケン愛用しまくり。
数百ドル相当のコーケンのソケットが工具箱の中に入ってる。
知り合いでコーケンを使ってるのはディーラーのメカニックだけだ。

●comment
初めてコーケンの製品を買ったよ。
3/8インチ角のZ-EALユニバーサルジョイント。
短いユニバーサルジョイントを探してて、コーケンが作ってたから買う事にした。
愛車の修理中なんだけど昔ながらのユニバーサルジョイントにはうんざりしてたから買う事に決めた。
火曜に注文して今日届いて、着いて数分後に使った。
これこそ自分の求めていたものだ。
性能は本当に感動的だった。
自分の持ってるラチェットにも合ってたよ。

●comment
↑コーケンのボールジョイントユニバーサルについては同意。
自分が持ってるのはどれも数年使ってるけどまだまだ全然頑丈。
特に1/4インチ角のが元気だ。
ダブルスイベルは天才的なアイディアで滅茶苦茶便利。
この道具を生み出してくれたコーケンには大感謝だ。
自動車エンジニア、日曜大工はみんなこれを工具箱に持つべきだと思う。

●comment
コーケンのユニバーサルジョイントを使ってから他の製品も探すようになった。
1つ目を引いたのが首振りエクステンションバー。
ナール加工(※滑り止め用のギザギザを刻んだ加工)をした首振りエクステンションバーがずっと欲しかったから買う事にした。
6本セットを注文した。
昨日届いて今日仕事で使ってみた。
シャフトにナール加工してるより末端にナール加工してる方が使い勝手がいいことに驚いた。
SK Tools(※アメリカの工具メーカー)のサムラチェット(※手回しできるラチェット)を全然使わなくなったくらいだ。
コーケンの方がナールがしっかり立ってるからしっかり締められる。
首振り機能も素晴らしいね。
固定タイプと首振りタイプで迷う事はもうないな。
こんな素晴らしい買い物をしたのは久しぶりだ。
※首振りエクステンションバーとはソケットの角度をある程度傾けられるエクステンションバーの事

05471
image credit:rtstools.com

●comment
↑自分もそういうナール加工について語り合ったことがある。
ちゃんとナール加工されてるとしっかり締められるよな。

●comment
↑コーケンのナール加工は最高。
ソケットにもナール加工を施してほしい位。
エクステンションバーにもナール加工してくれると最高なんだが。

●comment
↑それをされると更に魅力的になってしまうから駄目だ。

●comment
アメリカだとどこでコーケンの工具を買えるんだろうか。

●comment
↑日本のアマゾンがアメリカまで送ってくれる。
ここのメンバーも結構それで買ってるよ。
早く届くし(3~6日)値段も真っ当でパッケージもしっかりしてる。

●comment
正直コーケンの事は疑ってた。
でも先週コーケンの1/2インチ角の6角ソケットを使ってる整備工と一緒に仕事をしたから使わせてもらったんだ。
長い話をまとめると、使ってその良さを認めたらその人がコーケンのソケットレンチを2個くれた。
新品の1/2インチ角の17mmと19mmの6角レンチビット。
サテン仕上げでビット部分が暗灰色で最高にゴージャスだ。
あまりに素晴らしい仕上がりだから使うのが惜しいくらいだった。





ソケットレンチに特化したメーカーであり、その品質やバリエーションの豊かさが海外でも高評価となっています。
一般的なソケットレンチだけでなく様々な種類のソケットを製造しています。




B004IKOGKS
コーケン 3/8(9.5mm)SQ. ソケットセット 22ヶ組 3210M