06188
image credit:youtube.com

日本では自転車を持って列車に乗る時は輪行袋に入れるように定めている鉄道会社がほとんどです。
日本の自転車事情を紹介する外国人youtuber、Rides of Japanが輪行袋とその使い方、列車に自転車を持ち込む際に気を付ける事を紹介していました。



引用元:動画のコメント

スポンサードリンク



※今までに作った動画のコメントで輪行袋に対する質問が幾つかあったために輪行袋を紹介する動画を作ったとの事


自転車で長距離を乗る時は不意に公共交通網を使う事になっても大丈夫なように常に輪行袋を持っていくのだとか。
日本は素晴らしい道がたくさんあるけど東京から行こうと思うと信号なども多いので輪行袋があれば列車に乗せることも可能。
06189


列車に自転車を積む時はスペースの多い先頭車両へ。
06190


紹介するのは日本に住んでいたことがあり現在フランスに住んでいるという友人Julesの作るフェアミーンというブランドで、重さはわずか192.1g
06192


安い輪行袋は日本全国で買える。
06193

前輪を外して収納
06194
images credit:youtube.com


●comment
今年広島から東京へ新幹線で自転車を運んだよ。
確かにこの方法で運べた。

●comment
(※動画で紹介している)フェアミーンの輪行袋は東京での自転車生活を一変させた。
良い製品だよ。

●comment
イタリアにも輪行袋があれば良いのに。
列車は全て自転車をバッグに入れるように定めているから。
妻と一緒にゴミ袋で作ったよ。

●comment
日本で自転車を列車で運ぶ時はカバーしなくちゃいけないというのは知らなかった。
昨日、カナダでそうしてきたばかりだけどこっちだと車両の最前列が自転車用のスペースになってるんだ。

●comment
知れて良かった。
日本には何度か行ってるけど、次は自転車を持っていこうと思ってたから。

●comment
半年前に知りたかった!
日本で自転車屋に行った時はでかい輪行袋しかなかったから買わなかったんだ。
次に買うことにしよう。

●comment
グッドタイミングだった。
1月にまた日本に行く予定だ。
次は山に行く時に100円の輪行袋を使わずに済みそうだ。
ありがとう。

●comment
友達が日本で買ってきてくれたモンベルの輪行袋を使ってるよ。
これがあるとイギリスで列車やバスに自転車を持ち込むのが凄く楽。

●comment
コメント欄の質問がこうして1つの動画になるわけか。
ありがとう、最高の答えだった。

●comment
列車に自転車用のラックがないんだ?

●comment
2020年の5月から新幹線の車両最後尾シートの裏にあるトランクスペースを使う場合はネットでの予約が必要になる。
今はまだそこに自転車を置くのに予約は必要ないけど誰かが先にスーツケースを置く可能性もあるだろうな。
これは事前に自転車の置き場を確保できるという良い面もあると思う。
でも事前に予定が決まってない場合は他の人に場所を取られてしまうかも。

●comment
スイスも列車での自転車の扱いは同じだね。

●comment
輪行袋はホテルや会社内に自転車を持ち込むのにも便利そうだな。

●comment
東京の西にある山を自転車で走ってきたばかりだ。
東村山に滞在してるから青梅まで自転車で走ったんだけど、そのせいで山で自転車に乗る時間はあまりなかった。
次回は時間を節約するために輪行袋を買って列車で行くことにしよう。
今はシンガポールに戻ってる。

●comment
このバッグは凄く良さそうだね。
知れて良かった、ありがとう。
自分はスイスのtranzbag.comで売っているtranzbag roadというよく似たバッグを使ってる。
こっちも良い製品だよ。

●comment
”kaban”というブランドの輪行袋を使ってるよ(笑)
でもフルサスペンション付きの29erなんでバッグを2つ使ってる。

●comment
6年前に買ったモンベルの輪行袋を使ってるよ。
でも上下さかさまにしなくていいから設計が変わったのかも。

●comment
天才的だな!

●comment
輪行袋はどれがお勧めなんだろう?

●comment
フェアミーンがTGV(※フランスの高速鉄道)での輪行を楽にさせてくれる似たようなコンパクトな製品を作ってくれるとありがたいんだが。
TGVだと自転車を乗せるためには車輪を2つとも外し、ハンドルバーとサドルも外してできるだけコンパクトにしなくちゃいけない。
なのでチェーンリングの下部やリアの機構も保護しなくちゃいけなくなるからバッグの重量やサイズはもう少し大きくなってしまうかも。
でもそれでヨーロッパの高速鉄道網で自転車を運ぶのが楽になるなら最高に便利だと思う。
これだったらアヴィニョンとかTGVの路線範囲に住んでる人間がモン・ヴァントゥ(※フランスの山)を自転車で登れるようになる!

●comment
次の旅行で自転車を抱えて歩かなくちゃいけない時用に必要だな。

●comment
動画の半分くらいまでこれが自転車を入れるためのバッグであって、自転車に取り付ける小物用バッグではないことに気づかなかったのって自分だけ?

●comment
これは凄く良さそうだ!

●comment
マウンテンバイク、特に29erのXLフレーム(メリダBIG.NINE500に乗ってる)を入れたいんだけど、どれがいいんだろう?

●comment
輪行袋に自転車を入れて日本の国内線で運んだことがあるよ。
日本の航空会社は輪行袋の扱いに慣れてるね。
サイズを計りもしなかったし、手数料が余計にかかる事もなかった。

●comment
↑自転車イベントのために空路で自転車を運ぶ人も多いからね。

●comment
↑運んでる時に自転車が壊れたりしないかな?

●comment
↑日本の国内線全てではないけど、万が一のためにリアディレーラーを外すように勧められたことがあるね。

●comment
凄く良いね!
自分は旅行に行く時にカバー付きのブロンプトンの折り畳み自転車を持っていくことが多い。
列車やバスに持ち込むのに凄く良いし、カバーをしておけば博物館やお店の中にも持ち込める。
安全だし(外でロックしておく必要がない)、折り畳んでバッグに入れ、ペダルを取れば良いだけ。

●comment
ジョージア州北東部の田舎には鉄道が走ってないけど見てて楽しかった!
景色が凄く良いね。

●comment
輪行袋があれば新幹線に自転車を持ち込むこともできる。
5月にそうしたよ。

●comment
↑新幹線に自転車を持ち込む時は最後尾の席を予約して、席の後ろに自転車を置くようにしてる。
車両内で自転車を置けるのはここだけだから。

●comment
今のところ大型の荷物を運ぶ時に新幹線は凄く良いね。
なんどかコントラバスを運んだことがあるけど追加料金もかからなかった。
でも車両最後尾のスペースを使う場合は予約が必要になると聞いた事がある。

●comment
凄く良いね。
ICE(※ドイツの高速鉄道)やTGVで自転車と一緒に旅行をする時に輪行袋のような物があれば良いのにとよく考えてたよ。
(えー、ドイツは遅延を考えたうえでICEを高速鉄道と見なしていればだけど)
自転車を格納した時の袋の寸法はどの位だろう?
フランス国鉄の場合自転車を格納した際に20×90×90cmを超えないようにという規定がある。
輪行袋はそれに合うかな?
TGVに乗る時に自転車をパッキングしたことのある人はいる?

●comment
東京在住だけどこれで輪行袋を買う事になるかも。
東京北部から南伊豆までキャンプツーリングをした時は凄く楽しかった。
山が眼前にあって是非またやりたいと思ってるんだけど、やんぬるかな、都心部は自転車で走りにくくて。
何故か今まで輪行袋を買ってなかったんだけど、これは考えを変える事になりそうだ。
それ以外のものは全部持ってるし。

●comment
輪行袋は昔からあるね。
アルプス、TOEI、サイクル・ストア・ヒロセなど日本のフレームビルダーはどこも昔から輪行袋を作ってる。
(※自転車ライターの)ジャン・ハイネも何年か前からオーストリッチの輪行袋を使ってるね。
自分も何年か前にルネ・エルス(※フランスのフレームビルダー)の出してるオーストリッチの輪行袋を買ったよ。

●comment
これは日本の事柄であってほしくなかった。
例えばドイツだと自転車用の車両があってパニエ付きの自転車でもそのまま乗り込むことができる。
日本でもできると思うんだよね。
全ての車両でそうする必要はなくて、1時間に1本の割合で最後尾や先頭車両を自転車用車両にした列車を走らせるとか

●comment
イギリスで乗るために買おうかな。
良い解決策になりそうだしフロントホイールを外したらスペースの節約にもなりそうだ。

●comment
日本は美しい国だしサイクリストも多いのに何故サイクリスト用の列車を作らないんだろうか?
アメリカにはあるけど凄く良いぞ。
自転車にカバーをする必要もフロントホイールを外す必要もない。
サイクリストのサインが付いてる車両に乗り込めばいいだけ。

●comment
フランスも同じかどうか誰か知らない?

●comment
↑自転車用のバッグは必要。
リヨンからパリに行く時はゴミ袋とテープで自転車を覆った。
パリに着いて最初にした事が自転車用のバッグを買う事で、大変だったけど安いのが買えたよ。
フェアミーンの輪行袋を買うかな。

●comment
フランスだと列車によるね。
地域の鉄道サービスは自転車用のラックが付いた車両があるし追加費用も必要なし。
(例えばパリ~ノルマンディ間とか)
都市間の長距離列車だったら事前予約と追加料金が必要(パリ~トゥールーズとか)
(料金は10ユーロ位(※約1200円))
TGV(例えばリヨン~パリ)は難しくて自転車をパッキングしなくちゃいけないから自転車用のバッグが便利になるだろうね。






鉄道網が発達している日本では昔から輪行袋を使った旅行が行われているため、様々なメーカーが輪行袋を販売しています。
欧米では自転車をそのまま持ち込める車両もあるそうですが、高速鉄道などでは日本と同じように自転車は覆って持ち込む必要があるようです。