06357
image credit:reddit.com

昨年、埼玉県蓮田市にある中世武士の館跡とされている「新井堀の内遺跡」から巨大な甕(かめ)に入った大量の埋蔵銭が発見されました。
甕の中に入っていた木簡によると26万枚以上あるのではないかとのこと。
このニュースが海外のサイトにも投稿されていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
15世紀の侍の屋敷から陶器の甕に入った何千枚もの銅銭が発見された。

●comment
解説してる記事を見つけた。

●comment
これは元々は1000枚単位で紐でくくられていて、一単位が銀1オンス(※約28g)と同価値になっているのだとか。
桃山時代のものだから紐は腐ってしまっている。

●comment
↑一塊で並んでるように見えるのが多いのはそういう訳か。

●comment
よく見たらまだ残っている紐が見えるな。

●comment
1000枚の硬貨にしては驚くほど価値が低いんだな。
仮に25万6000枚あるしたら今の銀の価値に換算したら4500ドル(※約49万円)程度だぞ。
何世紀も離れてるし経済システムも違うから比較する意味はないんだけど、金属そのものの価格どころか硬貨を作る労力を加味しても銀の方が1000倍も価値を持っている文化があったなんて思わなかった。
ちなみに今の銀の価格は1オンス17ドル(※約1800円)だからペニー(※1セント貨)を作るのにだいたい1.67セントのコストがかかる。
なので1オンスの銀で作れるペニーは1000枚超。
小銭の入った瓶を見るたびに感心してる。

●comment
↑つまりこれは巨大な小銭入れって事なんだな。

●comment
昔の日本では銀は凄い価値を持っていたんだな。

●comment
現代の銀価格は価格操作で低く抑えられてる。
金と銀の価格比と金と銀の産出比を見比べれば銀の実際の価値がわかるよ。

●comment
これは古代日本のジョン・ウィックの屋敷だ。
その金を元に戻しておけ!

●comment
↑侍と忍者に置き換えた日本版のジョン・ウィックを見てみたい。

●comment
↑馬を殺されたのか?それとも盆栽を殺されたのか?

●comment
凄い金持ちが死ぬ前に使い切れなかった金を埋めておいたんだろうか。
家全体を掘り起こしたのかな?

●comment
↑記事によると時の天皇の権力が衰え、武将が地方の国を治めていた15世紀のものだとか。
考古学者は戦乱に備えて埋められていたものだと考えているらしい。

●comment
↑自分はイギリス出身だけどこっちでも同じ目的で埋められていた埋蔵金がたびたび発見されてるよ。

●comment
俺が死んだら墓に金を埋める事にしよう。

●comment
もし自分の敷地に敵が攻め込んできて家族もろとも殺されるとわかっていたら自分だったら財産を埋めて逃げ出すだろうな。

●comment
↑ほぼ全ての動物がそういう本能を持っている。
穴を掘って逃げろ!

●comment
秘匿されたフルーツループ(※レング形状をしたシリアルの一種)か。

●comment
↑青い蛸に見えた。

●comment
自分も最初に写真を見た時はシリアルに見えた。

●comment
カナダドルのペニーが道に落ちてても拾わない(ミネソタ)

●comment
↑カリフォルニアでもよく見かける。

●comment
待て、今でも陶器の壺にお金を隠している人がいるのか?
ゼルダの伝説は嘘じゃなかったのか。

●comment
↑古代日本版の”家の床下に埋めておけば安心”って奴だ。

●coment
クソ、金持ちはいつも財産を隠してしまうんだ。

●comment
ここにいる大金持ちへ。
使い切れないお金は死んだら寄付に回すんだぞ。

●comment
しかし青くなってるな。
どんな科学的出来事が硬貨を青くさせるんだ。

●comment
金貨10枚分くらいの価値はあるかな。

●comment
政府は信用できない。
~15世紀の侍

●comment
~リンクがこのチャットに参加しました~

●comment
その金は壺の中に戻しておけ。
リンクがそっちに向かってるぞ。

●comment
テレビゲームの主人公が中にお金やジェムの入っている壺を叩き割る行為が正当化された気がする。

●comment
全部溶かして銅貨にした方が価値が出るんじゃ。

●comment
↑古銭としての価値の方があるぞ。
銅としての価値は5000~1万5000ドル(※約54万~160万円)位じゃないかな。
仮にこの効果を1枚50セントで売ったとしても5万ドル(※約548万円)の価値になる。
この壺ごと買えるならもっと出す好事家もいるんじゃないか。

●comment
俺がなくしたワッシャーはここにあったのか!

●comment
誰かにとっての宝が誰かにとってのゴミになる、これをインフレという。

●comment
古いワッシャーに見えるな。

●comment
これはどうするんだろうか?
全部取り去って保存するのかな?
移動する前にある程度ばらすんだろうか?
保管後にばらすんだろうか?
そのままにするのかな?
トン単位の重さがあるよね?

●comment
両替機がぶっ壊れそうだな。

●comment
自分としては陶器の甕の方に驚いた。
この位のサイズのボウル一杯に入ったシリアルがあれば……

●comment
当時これだけの資産を持っていた男が使い切る前に亡くなってしまったことを思うと残念だな。

●comment
平ワッシャーかと。

●comment
インフレを加味したらどの位の価値になるんだろうか?

●comment
甕に銅銭がいっぱいまで入っていると仮定して計算してみた。
甕のサイズ
1立方メートルと人のサイズの比較はこの画像を参考にした。

06358
image credit:education.abc.net.au

甕の円周は腕を広げた長さ位だから直径は0.5m位だと想定した。
体積は円筒の体積に近いだろうと考え、高さも0.5m位だと思う。
(0.5 m)^2 * pi * 0.5 m = 0.39 m^3(※0.39立方メートル)

銅銭の密度
この銅銭の密度は8000kg/立方メートルと見積もった

銅銭の重量
8000 kg/m^3 * 0.39 m^3 = 3140 kg

銅銭の価格
金属としての価格:$1.40/lb * 2.204 lb/kg * 3140 kg = $9700(※約106万円)
Quora(※海外のQ&Aサイト)で出されていた価格: $120/kg * 3140 kg = $376800(※約4100万円)

とりあえず自分の計算だと少なくともこの銅銭は9700ドルの価値はあるっぽい。

Quoraで出されていた価値のレビュー
現在の銅($2.67/lb)と錫($7.46/lb)の価値を勘案して再計算してみた。
錫と銅の割合を1:19として計算
(0.95 * $2.67/lb + 0.05 * $7.46/lb)* 2.204 lb/kg = $6.41/kg

6.41ドル/kgと出たのでQuoraで出されていた価格よりはかなり少なくなる。

再計算
上で出した価格で計算してみた。
$6.41/kg * 3140 kg = $20135(※約220万円)

自分の計算だと歴史的な価値は省いて単純に金属の市場価格で見るなら9700~20000ドルの間だと思う。





こちらの記事によると甕を含めて重量は1036kgとの事なので上の計算の1/3位ということになりそうです。
26万枚は日本で見つかった埋蔵銭としては最大の量になるそうです。





B073QJYZ29
〈本物の寛永通宝銭〉 お守り寛永通宝銭 祈願済み (紫白)