06372
©2019 サンドロビッチ・ヤバ子,MAAM・小学館/シルバーマンジム

健康志向の高まりによって日本全国津々浦々にジムができています。
日本のジムの会員費は月々幾らなのか海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本のジムの会員費について。
東京のジムは凄く高くて場所によっては月8000円以上する所もあるし、不思議な事にジムに行く時間や頻度の上限が定められたりしてる。
安いのは公共機関の施設位なんだろうか?
他にも何か選択肢はある?

●comment
ある程度の規模の都市だったら大抵公共のスポーツセンターがあるよ。
武蔵野市のスポーツセンターには1回のセッションが数百円でできるちゃんとしたジムがある。
毎日行く場合は流石にタダとはいかないけど悪くはない。
利用者は大抵年配の人だけど誰が行っても大丈夫。

●comment
↑自分はずっと公共のスポーツセンターに通ってる。
機材は多くないけどジムに行くよりも99%位安く済むから。

●comment
スポーツセンターは会員を募ってるところも多いね。
江東区は半年で1万5000円。

●comment
↑これだな。
東京の2~3区で行ってみた事があってスタッフは最初自分達を観光客と思ってたみたいだけど尋ねてみたら凄く嬉しそうにどれ程安い説明してきた。
で、実際にかなり安かった。
安さは……駐輪場の月会費位。

●comment
公共のスポーツセンターは安い時もあるけど必ずしもそうとは限らない。
どの位の頻度でワークアウトをしてるかを考えた方がいいだろうな。
(週何回するとか、早朝にしたいとか深夜にしたいとか)
そのスポーツセンターが交通の便の良くないところにあるならそこは向いてない。

●comment
↑自分は行きたい時に行けるように会員になってる。
でも夜になるとかなり混むから地元のジムに通ってる。

●comment
ジムの会員費は通常7000~1万5000円台。
豪華なジムでプライベートレッスン付きだと月々2万5000円というのを見たことがあるし、高給取り向けのジムだと入会金が10万円で会費は4万円なんてのもある。
まあこれは流石にやり過ぎだけど。
1度そういうジムの中に入ったことがあるけどジムというよりもホテルみたいだった。
会員が足りなくてすぐに閉じちゃったけどね。

●comment
↑西麻布の近くに住んでた時は最寄りのジムがリーボック・クロスフィットだった。
入会金が3万円で会費が3万円(最低期間は3か月……)
入会する代わりに靴を買ってランニングを始めた。

●comment
↑自分も価格を見せられるまでは入るつもりでいたんだけど。

●comment
>高給取り向けのジムだと入会金が10万円で会費は4万円なんてのもある。
そういうので利益を出せるのはL.A.みたいな場所だろうな。

●comment
↑アメリカの大都市にあるエクイノックスというフィットネスチェーンも同じ位の値段だった。

●comment
確かに日本のジムの会員費は凄く高いんだけど、あまり利益が出てるようにも見えないんだよな。
安い選択肢は行く度に利用料を払うような地元のジムだな。

●comment
↑利益が出てないってのはどこで聞いた?
なんでそういう事になってるのかわかる?

●comment
↑自分は日本のフィットネス産業で2年間働いていて、ジムは顧客でもある。
で、ジムの人から直接聞いたんだ。
仮に土地代のせいでジムの価格が高騰するんだとしたら、土地代の安い田舎のジムは安くなるはず。
個人的には人件費が高すぎるんだと思う。
それから専門家ではなくジェネラリスト(※多方面の知識を持つ人)を採用するジョブモデルを取ってる。
なので、色んなことを少しずつできる人(だけど凄くできるわけじゃない)を何人も雇っている。
トレーナーがコーチではなく清掃をしてる場面を見たことがあるはず。
日本は他の国よりもフリーランスのトレーナーに依存してないんだな。
あと入会勧誘専門のスタッフを置いてるジムもない。
手が空いていれば誰でも入会希望者と話をするけど、ジムの利点についてではなく機材についての説明が多い。
KPI(※重要業績評価指標:wikipedia)や目標もないし明確な責任者もいない。
それからマネージャーは最長勤務者がやってることが多い。
ジム運営やビジネスに向いてる人がマネージャーをしてるとは限らないわけだ。
ただ長く勤めてるからマネージャーになっだけ。
なのでマネージャーとして効率的ではないんだな。

●comment
↑ティップネスに通ってた時は清掃員を雇ってたけど細々としたことはスタッフみんなでやってたな。
入会勧誘専門スタッフがいないのは複雑な割引システム(別のジムにも通ったら会員費が半額になるとか)がない事に繋がってるからプラスだと思う。

●comment
ひたすら歩いて職場に通ってるとジムには通えない。

●comment
ジムの会員になってる日本人はそんなにいないんじゃないかな。
ジムが人気あるように見えないし。
スポーツに嵌るか、嵌らないかに大別されると思う。
中間がないというか。

●comment
↑でも最近だと色んなジムがポコポコ出来てるけどそれについてはどういう説明がつくんだ?

●comment
↑日本のフィットネス産業は世界と比べたらまだ遅れていてアメリカだと既に低価格のジムと高級ジムに分かれている。
日本はまだその中間位で、どこでも画一的な機材が利用されてる感じだな。
フリーサイクル、B-Monster、クロスフィット、オレンジ・セオリーなどと比べても高級ジムの市場はまだ始まったばかりだ。
あと日本のジムの平均メンバーは50代が多くて若者はジムにあまり行きたがらない。
でも新たなフィットネス人気が始まってきてもいる。
女性向けのフィットネスはどんどん増えてきてるよ。

●comment
フィットネスの参加人口は日本が4%なのに対してアメリカとイギリス、ドイツなどヨーロッパの一部では15~18%なのだとか。

●comment
日本は土地代が高いからフィットネス市場も高くなるんだろうな。

●comment
↑日本の場合土地代が安いところのジムも高いぞ。
栃木の小さな町のジムに行った事があるけどそこでも会費は月々1万円だった。

●comment
↑マジか。
自分は九州でジムに通ってるけど月々6000円だし機材もちゃんと揃ってる。
しかも自分の場合正午に行ってるから他にはストレッチをしてる人1人しかいない。

●comment
福井で通ってるジムはフリーウエイト機材がなくて月8000円だ。

●comment
年中無休でやろうと思うと家賃が高くなるんだろうな。

●comment
日本ではジムに通うのがまだまだ人気ではなくて、会員になるのはかなり真剣に取り組んでいて頻繁に通う人ばかりだ。
西洋の低価格ジムだと会員になっても全然来なかったりたまにしか来ない人が25~40%いるから安い価格で提供できる。
それに日本人はプレミアムなサービスが好きだしね。

●comment
神奈川に住んでるけど5年前に刷新された市のジムに通ってる。
最新の機材でトレーナーもついてる。
価格は1回300円!
信じられないくらい安いけど専門のジムに行くと月々1万5000円位取られるんだよな。
(違いはプールの有無位)

●comment
土地代と機材を使うユーザー層の少なさが価格に跳ね返ってるんだろうな。
公共のジムとは比較にならないから基本高級ジム扱いになるし。

アメリカの場合は競合他社との価格競争と会員になってもクレカの利用期限で自動退会になるまで全然来ない人のおかげで低価格化が進んでる。
仕事時間も長いし健康のためじゃなくて趣味のためにワークアウトをするという考えがまずジムに行こうという気にさせない。
なのでジムは専業主婦にターゲットを絞るようになり、ウエイトトレーニングジムはますます高価になると。

●comment
需要と供給だな。
土地代が高いし、まだまだジムに行こうという人は少ない。
なので利益を上げるためには価格を上げるしかなくなる。

●comment
安いフィットネスはランニングだぞ。
(皇居の周りが人気だ)

●comment
自分が行ってるところは8000円で確かゴールドジムが月1万1000円のはずだからそれよりも安い。
正直高すぎるとは思ってない。
トレーナーがたくさんいるし色んなフィットネスが出来てヨガ教室もあるから。
トレッドミルだけしか使わないならかなり高く感じるかもね。

●comment
日本のジムは凄く高いけどサービスが凄く多いと思う。
自分が行ったジムはどこもサウナとお風呂があったし、中には日焼けマシンとマッサージチェアがついてる所もあった。
今通ってるジムにはプールがついてて年中ほぼ無休で営業してる。
ただ、自分が一番欲しいフリーウエイトマシンがないんだよね。
月5000円で営業開始は8:30~、休みは金曜と日曜なんだけどアパートのすぐ隣で温泉スタイルの風呂が付いてるから気に入ってる。

●comment
プライベートジムで月8000円って高いか?
東京だったらかなりお得だと思うんだが。

●comment
↑アメリカだとプラネットフィットネスは月10ドル(※約1085円)から。
ここは安いけど30ドル以下(※約3200円)のところもたくさんある。
ただしビジネスモデルが全然違うんだと思う。
安くすることで全然いかない人も加入するし、退会はしないで週末だけ通おうと思っている人も残るんだと思う。

●comment
自分ちの近くにあるB-Fitというジムは会員費月3300円で年中通えるぞ。
マシンしかないんで入会してないけど。

●comment
浦安には1日100円で24時間営業してるジムがあるぞ。
ただし前金で3か月分払う必要がある。
たぶん似たようなジムは全国にあると思う。

●comment
自分が通ってるところは月5600円。
ただし札幌でそのジムは狭い(でも年中無休!)




日本も安いジムが増えてきていますがフィットネス大国アメリカと比べるとまだまだユーザー人口などは少ないようです。
自分の所だと公共の施設に行けば幾つかの機材が無料で使えるけど行ったことはない……



B07ZLJ7DP5
『マッスル・アンド・フィットネス日本版』2020年1月号