06398

慣用句や日常的に使う言い回しは言語学習の初期に習うものではありませんが、使えると非常に便利なものが多数あります。
もっと早く知りたかった日本語の慣用句や言い回しは何なのか日本語を勉強中の外国人が語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
”こんな便利なものを何でもっと早く知っておかなかったんだろう?”と思うような日本語の言葉や言い回しは何?
自分の場合は”とりあえず”。
この言葉を知る前に1年くらい日本語の勉強をしてたんだけど今では会話の中でしょっちゅう使ってる。

●comment
自分は”ところで(by the way)”とか”ちなみに(同じくby the way)”。
”ところで”を言いすぎてるなと感じたら”ちなみに”に切り替えてる。

(より正確に言うなら”ちなみに”はそれまでの会話の内容に対して新たな情報を足す場合に使って、”ところで”は新しい話題を切り出す時に使うんだけど、それほど大きな違いは感じない)

●comment
最近日本人の友達に”it's on me”という意味の”奢り”という言葉を教えてもらった。”next round is on me(次は俺の奢りね)”みたいな感じ。
友達と飲みに行く時に奢りあうことが多いからそういう時に便利だ。

●comment
↑”奢りますよ”と言われた事がある!
これも良いよね。

●comment
使用方法は”とりあえず”と似てるけど”~はさておき”。
意味は”setting X aside, ~”
例:実現できるかどうかはさておき、まずは新商品のアイデアをみんなで出してみよう。(Let's not worry about whether we can do it or not and focus on coming up with ideas for our new products.)

今週習ったんだけど、”とりあえず”は自分の体験だとなんかネガティブな意味を含むことがある感じがするから代わりに使うのに良さそうだった。

●comment
”さすが”
君ならこういう素晴らしい事をするよ的な意味。
例えばたけし君が先生に花を持っていき、みんながたけし君がそういう事をする人だと知った時に”さすがたけし君”となる。
”さすが”は凄く便利だし日本にいるとたびたび耳にする。
日本人は他者のために何かをするのが好きだから。

●comment
↑英語の”that's so~”に近い感じがするけど、それ以上の意味も持ってるのかな。
凄く興味深いね。

●comment
”~らしい”と”~っぽい”の使い分けを説明できないかな?
自分が訳するとどっちも同じような感じになるんだけど”~っぽい”の方が子供っぽいというかカジュアルな感じ?

●comment
↑~っぽいの定義はこんな感じ。

1.多く含まれる構成物や含有物の説明、付けられた名詞に酷似した特徴や性質の説明に使う。望ましくないもの、不快なものに使われることが多い。
例:「埃っぽい」「熱っぽい」「色っぽい」「子供っぽい」など

2.色を帯びている、あるいは単純にその色であると説明する時に使う。
例:「赤っぽい」「黒っぽい」など

3.表面レベルで顕著な性質や特徴を説明するために形容詞に付け足される。
例:「荒っぽい」「安っぽい」など

4.すぐそちらへ向かいがちな強い傾向を示す時に使う。
例:「飽きっぽい」「怒りっぽい」など。

●comment
あの、えっと、何だっけ。

●投稿主
↑すぐに思い出せないなら書かなくてもいいよ。

●comment
↑列車の中で笑わせないでくれ。

●comment
単品:料理を注文する時に。
それだけで頼む時やセットメニューに付け足す時に。
例:Big Mac menu + a cheeseburger.(ビックマックセットとチーズバーガー単品)

●comment
もったいない。

●comment
どうも。
日本語初心者は”どうも”について習う必要がある。
”どうも”は日本語初心者が”ありがとう(ございます)”と言いがちなんだけどそれだとしゃちほこ張り過ぎる場面に完璧な言葉だ。
”どうも”はその他にも”Hi”や”Thanks”、”Bye”という意味でも使える。
マジで滅茶苦茶便利なんだけど全然習うことはない。

●comment
↑ありがとう。
いつも”ありがとうございます”と言ってるんだけど、場合によっては長すぎてぎこちないと感じる時もあった。
これが丁度良いみたいだ。

●comment
ヤバイw。
あらゆる場面で使える。

●comment
↑末尾のwが重要だな。

●comment
”あっという間に”。

●comment
↑似たような意味の”いつの間にか”という言葉もあるけど、こちらは予想外という意味合いを持ってるね。

●comment
↑誰かモニカという主人公が登場する『いつのモニカ』という本を書いてくれ。

●投稿主
>あっという間に
ありがとう。
調べてみた!
関西弁だと”あっちゅうま”と言うみたいだね。

●comment
かなり初期に習った言葉ではあるけど”微妙”と”ヤバい”はかなり便利だと思う。
あと、英語に簡単に訳せる言葉や言い回しはないと思う。
こういう言葉は普段英語では表現できないことを表現できると思うな。

●投稿主
↑いいポイントだね。
”微妙”はiffy(いまいち)だったりそんなに良くない時に使うとしか知らないんだけど他に使う方法があるのかな?

●comment
↑”iffy”として使うことが多いけど”subtle”や”slight”という意味も持ってる。
良いか悪いか明確な区別がない時にも使うね。
”微妙”で表現できるものは多岐にわたってる。
天候、人間関係、服のちょっとした違い、料理の味、決定できない事項等々。
英語だと必要だったらそれぞれの状況に対して説明する言葉があるけど日本語は全て1つの言葉を使う。
かなり多用途な言葉だ。

●投稿主
↑これは凄い!

●comment
”用事がある”。

●comment
数年間日本に住んでた時にいつも必ずレストランで落ち合う友達がいた。
その時にレストランの店員にいつも”友達がここに来てるはずなんですけど”的な言葉を使ってたんだけど、ドラマを見たらみんな”待ち合わせ”という単語を使ってた。

●comment
↑それで言い回しとして完成してるの?
入っていって”待ち合わせ”と言うだけ?

●comment
↑”待ち合わせです”でも大丈夫。
個室に案内されるようなちょっと高級なところの場合は”すみません、待ち合わせをしているんですが…”と言ってもいいね。
そうしたら予約した時の名前を聞かれるよ。

●comment
”めっちゃ”
英語の”a lot”を使う場面に完璧にフィットする。

●comment
”とりあえず”の代わりに”とりま”を使う方がクールなんじゃ?

●comment
”実は”を使ってる。
会話の途中で考えを変える時に便利だよね。

●comment
結構前に習ったんだけど動詞+過ぎるが革新的だった。
便利過ぎる。

飲み過ぎた:I drank too much.
暑過ぎ:It's too hot.
食べ過ぎじゃない?:Aren't (you) eating too much?
言い過ぎだ:(You) said too much!
遅すぎるでしょう:It's probably too late.
ちなみに”~過ぎ”は名詞で”~過ぎる”は動詞となる。

●comment
一応。

●comment
>とりあえず
よく耳にしてたけど意味は知らなかった。
ありがとう!

●comment
友達が上手くできない時に自分に投げかけてくる言葉がある。
この言葉は助けにならない同僚とか、自分の立場に立ってくれない上司、埒のあかない仕事相手に使えると思う。
その言葉とは、”どうしましょうか?”
これを言えば自分1人の問題ではなく、みんなの問題になる。
上手くいくかどうかはわからないけど、これはかなり巧妙な言語操作だと思う。






日常的によく使うのに学習時にはあまり教わらない言葉というのも多々あります。
”どうも”はあらゆる場面で使える言葉の1つです。