00132
CC0 1.0

京都や大阪に押されがちですが奈良県も近畿地方で人気の観光地です。
日本旅行のハイライトが奈良だった人たちは現地でどんなことをしてきたのか海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
奈良が日本旅行のハイライトだったと思っている人たちは奈良でどんなことをした?
奈良で1日過ごそうと思っていて、宿のある奈良公園の近くを観光しようと思ってる。
神社仏閣は既に京都でたくさん見てきたけど奈良もそんな感じっぽい。
(庭園と鹿以外だと)
何が奈良を旅行のハイライトにした?
奈良の良いところはどんなところ?

●comment
鹿に餌をあげた事(大の動物好きな友達が喜んでた)、寺社や博物館に行った事、餅屋(※中谷堂)を見た事、ゲーセンに行ってダンスゲームで友達にJポップやボーカロイド曲を踊らせた事(最高難易度に設定した)

●comment
美しい鹿とお寺がある。
素敵で平穏なところだよ。

●comment
串揚げと樽酒を知ったことかな。

●comment
餅屋がある。
毎時間、餅屋が餅をついてる様子を見ることができる。
その日売る餅の量によるけど午後3~4時までやってるよ。

●comment
↑奈良の餅に匹敵する餅はないね。
天国みたいなもちもちっぷりだったから6個入り1パックしか買わなかったことを後悔してる。

●comment
その餅屋って中谷堂だよね?
これを言いに来た。
絶対に自分の日本旅行のハイライトだ。
15分で餅を搗きあげる日本で一番早い餅つき屋の餅つきを見るだけじゃなくて餅自体も日本の他の場所で食べたどの餅よりも遥かに美味しかった。

●comment
自分の旅行のハイライトは適当に入った駅近くの豚カツ屋。
長い行列ができてたからきっと美味しいだろうなと思ったんだ。

●comment
↑日本でのレストランの選び方だな。

●comment
美しい鹿の写真をたくさん撮ったこと。
博物館に行ってお寺を散策したこと。
美しかった。

●comment
↑平和で禅を感じるよね。
1日散策してお寺や史跡を見て回って小さくて大人しい鹿に餌をあげた。
素晴らしかったな。

●comment
↑大人しい?
別の奈良に行ったのかな?

●comment
東大寺は単なるお寺じゃなくて凄い迫力だった。
あの規模の木造建築は度肝を抜かれるぞ。
見逃しちゃいけない。

●comment
真っ先に東大寺を見に行った。
数週間後に更に見るためにまた行く予定。

●comment
↑自分の答えも東大寺だ。
日本には美しい場所や興味深い場所がたくさんあるけど東大寺の大仏が一番印象的だった。
建物の中の雰囲気は壮大且つ神秘的で、ミケランジェロのダビデ像を見た時のように背筋が震えたね。
自分の人生でホールに入って美術品を見た時の体験はこの2つが双璧だ。

●comment
↑同じく。
東大寺は世界最大の木造建築なんだよな。
京都にも本当に美しい寺院があるけど自分にとっては規模がかなりの影響を持ってるから東大寺の軒先を見上げるのはサグラダファミリアを見た時と同じ位ゾクゾクした。

●comment
>真っ先に東大寺を見に行った。
同じく。
2回目に行った時もやっぱりその規模に息を呑んだ。

●comment
東大寺好きだ。
元々奈良は鹿を見に行く目的だけで、東大寺も大仏も気構えができてなかった。
ゴージャスだった!

●comment
黄色い帽子をかぶった子供たちを話をした事。
子供達は英語の練習として質問を用意してたんだよね。
可愛かったし礼儀正しかったよ。

●comment
↑これは自分も凄く驚いた。
アメリカ出身なんだけどこっちだと見知らぬ人に話しかけてはいけないと教えられてる。
1人で奈良を回ってたんだけど5組を超える子供たち(数は1人から10人くらいまで)が近寄ってきて英語の授業の一環として質問してきたよ。
みんなお土産として小さな折り紙や自分たちの名前や出身地を書いたラミネート加工された栞をくれた。
みんな凄く礼儀正しかったし、あの子たちが思っている以上に素晴らしい思い出になったよ。

●comment
↑素敵だね。
学校の旅行のためにこういう授業を用意している英語教師の1人として会話や贈り物を楽しんでくれた事やを嬉しく思うよ。
子供たちの中にはこれを素晴らしい機会だと思っている子もいるけど、ほとんどの子供はそこまで前向きではないんだけどね。
英語を話したり、見知らぬ人と話をするのにはみんな及び腰だから。
学校旅行の一大イベントではあるけどね。
で、戻ってきたらみんな出会った”おかしな外国人”について話をしてるよ。
”変な名前だった!”とか”変な顔だった!”とかね。
教師たちは子供たちの近くにいて安全に気を配ってるよ。

●comment
↑自分がその中で一番おかしな顔をしたおかしな外国人であることを願ってる。
面白いね。

●comment
>黄色い帽子をかぶった子供たちを話をした事。
自分も同じ。
子供たちからもらった折り鶴を今もポーチに入れてる。
その折り鶴を見るたびに笑顔になる。

●comment
奈良の夜更けに灯る提灯。

●comment
東大寺はまさに世界の驚異だし、東大寺単体で奈良を訪れる価値がある。
日本で最も印象的な寺院だといわれてる位だ。
奈良公園や二月堂、春日大社など東大寺の周囲にある他の寺院や施設もゴージャスだね。
京都はある程度の規模を持った都市だし、奈良の方がのんびりしてて田舎だ。
平城京、薬師寺、唐招提寺、西大寺なんかの地域は京都とも全然違うよ。

●comment
↑昨日東大寺に行ってきた。
大きさが非現実的だったと思わないか?
写真じゃ全然それが伝わらない。

●comment
↑東大寺に行った時は自分の撮影技術の拙さを恨んだ。

●comment
↑東大寺の中は良い写真を撮るために後ろに下がれるスペースがないからね。
他の人を一緒に移してスケール感を出すのがお勧め。

●comment
しかも東大寺の大仏は焼けて再建する前はもっと大きかったんだとか。
大仏と大仏殿だけじゃなくて周りのお寺や門、庭園も巨大だ。

●comment
↑初めて見た時は自分のちっぽけな意識が吹っ飛ぶくらい驚いた。

●comment
奈良は魔法のような感じだった。
奈良公園内にあるザ・ディアパーク・インに泊まって、ミニマルな宿だったんだけど朝起きて窓を見たらすぐ外に鹿がいた!
公園を散歩して鹿に餌をあげて、お寺や酒蔵に行って、アーティストから直接作品(絵と陶器)を買ったし、素敵な地元民とも知り合えた。
元々は1泊だけだったけど結局2泊したよ。
奈良は大好きだし旅行のハイライトの1つで、是非また行ってみたい。
ただ、自分達が行ったのは観光客が少ない冬だったということは言っておくべきだろうな。
夏はもっと混んでると思う。

●comment
↑自分達もザ・ディアパーク・インに泊まったよ。
奈良に泊まることで良い旅行になったし観光客の少ない時間に散歩したり公園の周りを自転車に乗るのが楽しかったな。

●comment
12月の奈良マラソンに参加したけど最高に素晴らしかった。
公園や寺社を回るだけで楽しいよ。
美味しい料理もたくさんあるしみんなフレンドリーだ。

●comment
奈良には2年住んでたけど今でも好きな場所だ。
公園は奈良公園の他にもたくさんある。
奈良はチェック欄を埋めるために行く場所でも次の目的地の途中で立ち寄る場所でもない。
公園は観光客がいなくなった夜が素晴らしいから1泊するのも良いぞ。
夜にまったりする場所として好きなのは二月堂で、ここは日中でもほとんど人がいない。
春日大社は海外の旅行者から無視されがちだけど凄く大きな神社だ。
日本のラーメン屋で特に好きなのは奈良ラーメン(彩華)で、奈良中に店舗がある。
若草山のハイキングも良いぞ。
奈良は夏になったら燈花会が開かれる。
1月頭には若草山の山べりに火をつける山焼きが行われるけど凄いぞ。
鷺池でボートに乗って池の真ん中にある浮見堂の写真を撮るのもお勧め。
それに奈良市そのものも良い。
桜の時期の吉野山に行ったらびっくりするぞ。

●comment
お寺や公園に加えて奈良駅から公園までの道も散歩に凄く良かった。
可愛いお店がたくさんあったし最高に美味しいカレーを食べた。

●comment
↑そのカレー屋は何てお店?

●comment
↑若草カレーというお店。
4種類のカレーを選べるセットを頼んだ。
気に入ったのはブラウンラムカレーとビーフカレー。

●comment
↑自分もそのお店のことを言いに来た。
1年経った今もこのお店のラムカレーが話題に出てくる。

●comment
みんなの意見に加えて駅で見つけたプリンが凄く美味しかった。
思っていたよりも高かったけど信じられないくらいの美味しさだった。
(1日中歩きまわって甘いものが欲しかったんだけどドーナツやソフトクリームなんかは閉まってた)
まほろば大仏プリンというお店。
絶対に食べてみてほしい。
自分達が行ったのは駅にある店舗。

●comment
↑そのプリンに1票!
色んな味があって美味しいよね。

●comment
春日山原始林を歩いた事。

●comment
森の中を歩いて山の上まで行った事だね。
奈良の眺めが素晴らしかったし、そこにも野生の鹿が歩き回ってた。
最高の一瞬だった。
座って日の入りを眺めてた。





奈良での様々な思い出を紹介しあっていました。
鹿や大仏だけでない、京都や大阪とも違う魅力が奈良にはあります。
奈良に行ったら必ず奈良漬けと柿羊羹を買うようにしています。




B07HWLZTT8
奈良まちはじまり朝ごはん3 (スターツ出版文庫)