00605

日本語学習の関門は漢字だというのが一般的な考えですが、実はカタカナの方が大変なんじゃないだろうかと海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本語学習のラスボスは漢字ではなくカタカナの速読だ。
まあこれはそこまで真剣な意見ではないんだけど『ゼノブレイド』の新作を買って遊んでたらカタカナを読むのが凄く大変だった。

このゲームで唯一の問題がそこで、特にステータスやスキルに関連するポップアップテキストを素早く読むのが大変で、そういうのはほとんど片仮名で書かれているんだ。
で、自分は一目でそれを読み取ることができない。
英語で書かれていたら読めるんだろうけど、日本語を勉強中なもんで。
漢字に関しては大抵の字は一目で読めるんだけどカタカナ(あと平仮名の長文もかも?)となるとね。
文字の半分位を読んだところでテキストボックスが非表示になってしまうんだ。
メニューも素早くスクロールしてると読めないから停止してアイテムを1つ1つ読まなくちゃいけない。
日本語は何年も勉強してるけどなかなか見につかないのがこれだ。
確かに自分の日本語の読解は英語の読解よりも遅いけど、そこまで文を読むのが遅いって訳じゃない。
特に日本語検定の読解だったら全然大丈夫。

●comment
これは日本語学習で特に面白い部分だと思う。
自分は漢字に慣れ過ぎてその字が平仮名で書かれると苦労するようになってしまった。
あと片仮名文字もそれが英語のどの言葉に相当するのか発音するのにちょっと考える必要がある。

●comment
↑現在ジブリ映画をマラソン中でスタッフロールに来たらできるだけ読むようにしてる。
1週間以上勉強してきたけど辛うじて”プロデューサー”が読めただけでも達成感があったよ。

●comment
↑アイマスをやってるからその言葉はわかる。

●comment
なんでローマ字は読めるのにカタカナになったら読めなくなるんだろうな。
”producer”とか。

●comment
↑練習と繰り返しで読めるようになると思うよ。
”レストラン”、”タクシー”、”カラオケ”なんかは日本全国で見かけるから単語全体を一目でわかるようになった。
”プロデューサー”も同じ。

●comment
↑これだな。
とにかく読みまくる事。
英語の”karaoke”だって初めて目にした時はどう読んでいいかわからなかったはずだ。

●comment
最悪なのはファンタジー世界で比較対象が全くない場合。
今は日本語版の『オズの魔法使い』を読んでいて”マンチキン”や”オズ”は簡単に分かったんだけど”エメラルドの都”や”ウィンキー”は把握するのに時間がかかった。

●comment
漢字との組み合わせじゃないと仮名文字は無意味な文字の羅列として映ってしまうんだよな。

●comment
カタカナ語は全て外来語と言う訳じゃないから読めはするけど意味は分からないという場合もあるな。

●comment
未だに”シ”と”ツ”、”ソ”と”ン”の区別がつかない。

●comment
平仮名は早く読めるんだけどカタカナとなると不可能だ。

●comment
anki(※日本語学習の教材)にカタカナを読むための練習があるぞ。
全てカタカナで書かれた1000語のカードが入っている。

●comment
だいぶ気分が晴れた。
自分だけが上手くいってないわけじゃなかったらしい。

●comment
秘密を教えよう。
読むのが上手い人は全てを読んでるわけじゃない。
英文でも技術のある人は例えば”glacier”という単語を見た時はその輪郭だけを捕らえて1文字1文字読んでるわけじゃないんだ。
(だからその文字を認識することなくミススペルを指摘することができる)
日本語の場合は当然馴染みのない仮名文字よりも漢字の方が認識しやすい。
(仮名文字の意味を掴むのに手間取ってる場合はなおさら)
練習を繰り返せば上達していくけど英文同様の速度で読めるようになるのはかなり難しいぞ。

●comment
自分はネイティブの英語話者だけど娯楽番組の高速で流れていく英文字幕を読むのは結構大変だ。
驚くことに漢字の方が早く読めるんだけど、これは自分の頭の中で変換しないで済むからなのかな?
漢字の場合は最初に意味から知って、あとで振り仮名を覚えたからだろうか。
カタカナを読むのは3回の変換(仮名と音声を紐づけ、外来語と実際の英語を結び付け、それをコンセプトに分解する)を必要とするから早く読むのは悪夢のようになる。

●comment
会話でも混乱することが多い単語は外来語がほとんどかな。
外来語だったら簡単に意味が分かるだろうと高を括ってた。
今じゃそれに打ちのめされてる!

●comment
自分も同じ問題を抱えてたけど『ポケモンGO』を日本語でやるようになったらポケモンの名前はみんなカタカナだったから凄く助けになった。
読めば読むほどわかるようになるよ。

●comment
どうやら自分がおかしいわけじゃないようで良かった。
カタカナだけ読むのが遅いと気付いた時は凄く辛かった。
カタカナに詰まっていて漢字に進めないんじゃないかと思ってた。

●comment
カタカナの読みは漢字や平仮名に比べてかなり遅かったけど日本に数年間住むことで強制的にカタカナのある環境に身を置くことで劇的に上達した。
まだ平仮名よりも読むのが遅いし”理解”という点においてはまだまだなんだけど。
(音はわかるんだけどその単語の持つ意味を理解するのに時間がかかる)
でも一般的なカタカナ語は漢字と同じように形を覚えることで読めるようになった。
例えば”ラーメン”はたくさん見てきたから文字の形状を覚えた。
練習したいならカタカナの単語帳を使うのが良いと思う。

●comment
↑全くその通り。
”単語の形を覚える”というのはカタカナを早く読むための核であり、日本語ネイティブもそうやってるはず。
英語の単語だってみんなそうやって読んでるんだしね。
よく目にする単語は形状を覚えるんだ。
実際この投稿だって文章を1文字1文字読んでるわけじゃなくて脳が単語全体の形状から判断しているだけのはずだ。

●comment
自分もカタカナを読むのが下手。
スターバックスとかで注文するのに凄く時間がかかっちゃう。
カタカナを読む時間が作れるように自分の前に行列ができていてほしいくらい。

●comment
前に日本語でゲームをしようとしたことがあるけどその準備ができてなかった。
(初心者で漢字を数語知ってた位)
カタカナを早く読むどころか漢字が全然読めなかった。
打ちのめされたよ。

●comment
自分もカタカナの読みは問題あるね。
1年間読む練習をしたら平仮名は一目で読めるようになった。
でもカタカナは本当に躓いてる。
あと漢字は50語くらいしか知らないからもっと勉強しないと。

●comment
残念ながらカタカナが楽になることはない。
日本人でもカタカナを読む時はゆっくりになるくらいだから。

●comment
自分もこれは前から気付いてた。
これが難しいのは理解するために自国の言葉に翻訳する必要があるからだと思うんだけど複数の言葉を翻訳するのに時間がかかったりそもそも訳が間違ってて理解するのに躓いてたりするのが半分くらいある。
一般的なカタカナ語のパターンを知ってその文字を覚えていけば楽に読めるようになると思うよ。

●comment
カタカナは書くのもね。
何故カタカナの”タ”の書き方を忘れてしまったのか未だに納得できてない。
読む速度を上達する方法としてはスピードリーディングのサイトを使って認識速度を高めるという手もある。
これは英語で効果あるんだけどカタカナでも役に立つと思うな。

●comment
『ゼルダの伝説』を何度もプレイしてた。
カタカナで関西弁が読めるのは他にないからね。
東京にある某タイレストランを除いては。

●comment
これはほんと大変だよな。
今週は何度もこのことを考えてた。
音にして読むのに2倍か3倍の時間がかかる。

●comment
『ペルソナ』シリーズはカタカナ語がたくさん出てくるんだけど他の文よりも読むのに少し時間がかかった。
音声が助けになってくれることもあったけど。

●comment
これは同意できる。

●comment
これは絶対に読むのが遅くなると思う。
漢字よりもカタカナの方が知ってるけど、漢字の場合は”ああ、これは夢という字だからDreamという意味だな”とすぐにわかるんだけどカタカナの場合はよりシンボル的で平仮名や英語ほどに馴染みがない。
例えば初めて『DA PUMP / P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~』のタイトルを読んだ時は漢字と違って一語一語音にして読まなきゃいけなかった。

●comment
カタカナはマジで大変。
何度か読み直して日本語での発音が英語でのそれと違うと気付いた時なんかは特にそう。
”マラソン”と”marathon ”は最初苦労してて、”マラソン”って食べ物かなにか?って感じだった。

●comment
今一番苦戦してるのは日本語のオノマトペ。
あまりに多すぎるしどれも専門的で便利過ぎる。
しかも地域的なものだってあるのにそれでも日本人はみんなその使い方を知ってるんだ。
青森弁のオノマトペについて聞いても”なんとなく”わかってるし。
何年もかけて熟語や動詞を学んでも日本人はそれを全部無視して高度な語彙をオノマトペに変換してしまう。
本当にひどいし、同時に美しくもある。

●comment
↑その通り。
日本語を勉強し始めた時は漢字が一番難しい部分だと思ってた。
それは違った。
オノマトペや”びっくり”、”はっきり”、”ぴったり”、”まったり”などの言葉の方が遥かに難しかった。







長いカタカナ語は日本人でも苦労する部分があります。
ちなみに日本で一番長い植物の名前はアマモの別名であるリュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ、魚類ではミツクリエナガチョウチンアンコウ、昆虫ではオガサワラチビヒョウタンヒゲナガゾウムシだそうです。
wikipedia:長大語
追記:ポッポアップ→ポップアップに修正。ご指摘感謝です。





4797393440
大人の語彙力ノート 誰からも「できる! 」と思われる