00694
image credit:reddit.com

オープンソースの3DCG制作ソフトであるBlenderは世界中にユーザーがいます。
海外のとあるユーザーがBlenderで日本の小路を再現していました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
ようやく日本の路地が完成した!

Finished my Japan alley scene finally! More pics in comment :) from r/blender


●comment
レンダリングにどの位かかった?
どんなグラフィックカードを使ってる?
自分のしょぼいGTX1050じゃレンダリングが終わる前にご臨終しそうだな。

●投稿主
Google Colab(※グーグルが提供している機械学習プロジェクト)の助けも借りて2日くらい。
メインシーンは1000フレームくらいでそれ以外に雨とボリューメトリクス(※体積測定)に600フレーム。
1フレームのレンダリングは3~6分くらいだね。
グラボはRTX2060Super、それにRyzen2600とメモリは16G。
レンダリングのサンプル数は64でインテル・デノイザーを使ってる。

●comment
↑本当に凄い作品だ!
デノイザーはアニメーションに向いてないと思ったんだけどそれは古いバージョンなのかな?

●投稿主
↑デノイザーは素晴らしいし今だとアニメーションでも安定してると思う。
実物大サイズまでズームしないと違和感は出てこないと思うな。
あとアニメーション用にデノイザーを使う場合はランダムシードオプションを使わないこと。
あとあえて完璧さを減らすために背景に少しだけノイズを混ぜることをお勧めする。

●comment
こりゃ凄い!
最初から最後まででどの位の時間がかかったのか聞いてもいいかな?

●投稿主
↑このプロジェクトは3月から始めたけど一回諦めた(笑)
先月最後までやろうと決心して自由時間に作り始めたんだ。
実際の時間は1か月くらいかな。

●comment
どうやったらこんなのが作れるんだ?

●comment
↑同じく。
自分はローポリの立方体で満足してる。

●投稿主
>どうやったらこんなのが作れるんだ?
シーン単体のことを言ってるならまずはメインとなるオブジェクトを基本的な形状で配置していって、それから繰り返し使える大きなディテールを追加していくというのを何度も繰り返していったんだ。
レイアウトが完成したら更にディテールを追加していく。
大まかなテクスチャが完成した時点でシーンを確認できるように早めにライティングを入れるようにしてる。
あとはやるべきことをチェックリストにしていくのもかなり便利だよ。
自分の場合は面倒だからgoogle keepを使ってる(笑)

00695

00696

00697

00698

00699
image credit:imgur.com




●comment
↑チェックリストは確かに便利だね。
大きなサイズの絵を描く時は真似させてもらうよ。

●comment
作り方はそれなりにわかってるつもりだけどこのビジョンが描けない。
コンセプトを作るのに何かお勧めはあるかな?
頭の中のシーンを形にすることができないんだ。

●comment
↑まずは写真をたくさん見ると良いんじゃないかな?
どんな種類のシーンが好きなんだ?
インスピレーションを得るならPinterestが良いよ。
それから作品の中に含めたいオブジェクトをリスト化していく。
投稿主も言ってるように最初に大きなオブジェクトやテクスチャ、基本的なライティングを用意してから細かい部分を作り込んでいく。
細かい部分はそれこそ無限にあるからね。
あと既に作ったことのある物を整理して再利用するのも良いと思う。
ライブラリが増えるほど作るのが早くなるからね。

●comment
本物なのか3Dなのかわからなかった!
素晴らしい作品だ!

●comment
↑唯一これがBlenderだとわかるのは木の葉だな。
(タイムラプスなのに物体の動きが普通の速度なのは置いておくとして)
葉っぱはリアルにしようと思うと一番の難敵なんだよな。
やらなくちゃいけないことがたくさんあるし滅茶苦茶小さい。

●comment
自分が最初に気付いたのは敷石だな。
他の部分に比べて解像度が少し少ない気がした。
でも素晴らしい作品だよね。
敷石だけ変位が大きくて深すぎるのかも。
自分は専門家ではないけど最初に気付いたのがそこだった。

●comment
素晴らしい!
3DCGを勉強してどの位になる?

●投稿主
↑3Dモデリングを勉強して1年半くらいだと思う。
とは言えその前にUnity3Dの経験があったからBlenderに触れる前に3Dの知識はあったんだけどね。

●comment
↑木の葉が自然に風で揺れるように見せるのって難しい?

●投稿主
木とか鉢植えのことかな?
木はボーンと葉っぱのアニメーションができるアドオンのサンプル(Blenderについてくる)を使ってる。
鉢植えに関しては空白とノイズテクスチャの回転で動かすディスプレイス・モディファイヤ(※テクスチャを元にオブジェクトの形状を変化させる機能)を使ってる。

●comment
↑本当に良いできた!
風で小枝がもう少したわんだらよりリアルになっただろうな。

●comment
Lo-Fiヒップホップの動画にぴったりだな。
なんであれこういう3DCGはMVにぴったりだと思うんだ。
素晴らしい作品だ!

●comment
レンダリングはBlender(Cycle)?それともOctane(※レンダリングアプリ)?

●投稿主
↑Cycleでレンダリングしてる。
サンプル数は64でインテル・デノイザーを使ってる。

●comment
本当に素晴らしいな!
チュートリアルのドーナツを作った後でいきなりこれを作ったとか言わないでくれよな。

●comment
↑むしろこの後にドーナツを作るんだろう。
一歩一歩だ!

●comment
リアルすぎて凄い。

●comment
ただのタイムラプス動画ってことはないよな。
大した技術だ。

●comment
Blenderを使い始めてどれくらい?

●投稿主
↑1年半くらいだね。

●comment
↑5年くらいの経験があるのかと思ったぞ。
グッジョブだ。

●comment
レンダリングだけで1年くらいかかりそうだ。

●comment
凄いなんてもんじゃないな。

●comment
これは本当に美しいな!
Blenderの経験はあるけどこれは本当に難しい作品だぞ。

●comment
雨のシーンが本当に凄いな。

●comment
先生、教えてください。

●comment
これは凄い!
背景の植物の動きをもう少し早くするともっと良くなるかも。

●comment
早朝の色合いが特に良いな。
日光で背筋が震えてきた。

●comment
雨の表現の仕方を覚えたくなった。
素晴らしい作品だ。

●投稿主
↑雨のシーンはダイナミックペイント以外はこれの動画のパーティクルシステムを参考にしてる。
波紋はイメージシークエンスを使っていて、この動画ではオーバーレイで雨を追加してる。



●comment
↑雨が大好きだからこれからはチュートリアルのドーナツにも雨を追加することにしよう。

●comment
京都の先斗町か祇園の路地かな。

●comment
日本が懐かしくなってきた!

●comment
Blender2.9の宣伝動画に使うべきだな。
凄すぎる。

●comment
”へえ、凄く良い写真だなって……なんで光が動いてるんだ?ひょっとしてBlenderで作ったのかよ!”ってなった。

●comment
実物だと言われたら信じてたと思う。

●comment
これをレンダリングしようとしたら自分のノートPCだったら火を噴いてしまうだろうな。

●comment
馬鹿げた質問だけど、1から作ったモデルと他から持ってきたオブジェクト/イメージの比率はどの位?
なんでこんなことを聞くのかと言うと自分のBlenderの腕前は全然だから。

●投稿主
↑90~95%のモデルは自分で作ったものだよ。
雨粒など前に作ったモデルを改良したものも少しある。
植物はCGTraderとBlend Swap(※フリーの3Dオブジェクト配布/共有サイト)からダウンロードした。
それ以外は全部自前だね。






京都市東山区の鶴屋定家という宿がある通りを再現したということですが、かなりのリアルさです。
Blenderを始めてからまだ1年半と言うのも驚きです。



B01MSLUPT6
Blender 3DCG モデリング・マスター