00700
ⓒサンライズ

日本のアニメの中には日本以上に海外で人気が出たものがたくさんあります。
またその逆に日本では大人気だけど海外ではそうでもないアニメもあります。
日本と海外で人気度が違うアニメについて海外の掲示板で語り合っていました。

引用元:reddit.com

スポンサードリンク



●投稿主
日本と西洋で人気度が全然違う作品といえば何だろう?
まず幾つかの例から始めたいと思う。

西洋でのほうが人気が高い作品:『ヘルシング』。これは(※OVA)の『Hellsing Ultimate』が人気が出たからというのも理由の1つで、地上波版の『ヘルシング』は西洋のアニメファンからかなり人気があるけど、日本で人気があるかどうかは知らない。

日本で人気:エヴァ以前のロボアニメは大抵そうだと思うけど『マクロス』がその最たるものだと思う。
『マクロス』シリーズはアニメ、サントラ、映画、30本近いゲームなど日本で大人気のシリーズだけど日本国外ではあまり知られていない。

●comment
『トライガン』がアメリカで人気なこと、『聖闘士星矢』が南米で人気なことは言っておくべきだな。

●comment
↑自分の母国ブラジルだと『聖闘士星矢』は『ドラゴンボールZ』と『幽遊白書』と同じ位人気だ。
どれも地上波で放送されたから金持ちでも貧乏でも見てきたから。

●comment
↑子供の頃のビッグ3と言えば『ドラゴンボールZ』、『聖闘士星矢』、『セーラームーン』だったな。

●comment
>自分の母国ブラジルだと『聖闘士星矢』は『ドラゴンボールZ』と『幽遊白書』と同じ位人気だ。
面白いことにチリだと『幽遊白書』はあまり知られてないんだよな。

●comment
『名探偵コナン』は日本で最も人気があるアニメの1つだけどアメリカだと知られてない。
全く知られてないという訳じゃないけど成功とは言い難いな。
あと『ドラえもん』もそうだ。

●comment
↑面白いな。
ヨーロッパだと『名探偵コナン』も『ドラえもん』も大人気だ。
(『名探偵コナン』は人気だった、かな)

●comment
↑カタロニア(スペイン)だと『名探偵コナン』は今でも人気で劇場版23作と地上波の900話がカタロニア語で吹替されてるぞ。
近々の劇場版2作はカタロニア語とスペイン語で劇場公開もされた。

●comment
↑『名探偵コナン ゼロの執行人』を劇場に見に行ったけど満員だったわ。
今でも人気だね。

●comment
南米だと『名探偵コナン』も『ドラえもん』も人気だ。

●comment
日本で人気だけど西洋だとそうでもないと言えばアイドルアニメだな。

●comment
↑『ゾンビランドサガ』は例外かもしれない。
でもこれは放送開始時点でどんなアニメになるのか予想できなかったからだろうな。

●comment
自分が唯一見たアイドルアニメが『ゾンビランドサガ』で、大好きになった。

●comment
>日本で人気だけど西洋だとそうでもないと言えばアイドルアニメだな。
一般的にはそうかも知れないけど自分は西カナダに住んでいてこっちだとアイドルアニメはかなり人気ある。
地元のアニメイベントでは毎年「Idol Showcase」というショーをやっていて10~15グループぐらいがアイドルアニメのカバーを披露してるよ。
『ラブライブ』が多いけど『うた☆プリ』みたいな男性アイドルをカバーしてるグループもいる。

●comment
『THEビッグオー』。
日本では人気が出なかったけどアメリカで大人気だったから2期が作られたんだとか。

●comment
↑これだね。
またの名を”巨大ロボに乗ったブルース・ウェイン”。
今でも好きなロボアニメだ。

●comment
『ワタモテ』
4chanで人気が出たからアニメ化した。
これは作者も言ってる。
確か単行本に4chanへの謝辞が載ってたと思う。

●comment
『競女!!!!!!!!』は日本よりも西洋で人気があるよな。

●投稿主
更に追加しよう。

西洋で人気:
『Ghost in the Shell』は日本でも人気があるけど、西洋では一般人でも見ていてアニメは大人の試聴に耐える娯楽であるという位置を確立する助けとなった点で革命的だった。

『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』
世界中で大人気のシリーズでアメリカで最も人気があるアニメだ。
メインストリームとなった数少ない作品の1つであり、南米では更に人気がある。

議論はあるだろうけど『ベルセルク』。
日本でも人気の青年漫画ではあるけど、アメリカは暗くて暴力的で男性的な作品が大好きだから『ベルセルク』はその訴求にマッチしていて史上最高の漫画の1つと言われてる位だ。
何故議論の余地があるかと言うとこれはネットでの評価だから。

日本で人気:
魔法少女アニメ。
ただし『セーラームーン』と『まどか☆マギカ』は例外。
西洋では魔法少女的なものが好かれたことがないと思う。
特にアメリカでは顕著だ。

●comment
『Deadman Wonderland』。
1クールアニメにもかかわらずアメリカのケーブルテレビで何度も放送されてる。
西洋で人気があるという証拠になるだろうな。

『Fate』は西洋よりも日本で人気で、アニメの『マーベル』、『ハリーポッター』的な位置にある位だ。
この作品は西洋にかなり影響を受けていて単語やコンセプト、キャラなんかは西洋の有名作品、果ては人物まで取りいれているけど、西洋ではニッチな人気に留まってる。

●comment
『あしたのジョー』
こっちだとあまり知られてないけど日本には銅像が3体ある。

●comment
エヴァ以外のガイナックス/TRIGGER作品は日本よりも西洋で人気があるように見えるな。

●comment
『サザエさん』は日本だと全国区だけど日本国外だと全然だ。
日本の一般人にアニメについて聞けばほぼ必ず『サザエさん』が上がるだろうな。
世界最長のアニメシリーズでもあるんだけど西洋で知っている人は全然いない。

●comment
『テニスの王子様』と『ドラえもん』は西洋での『ハイキュー!!』と同じ位日本で人気がある。

●comment
『天空のエスカフローネ』は日本ではあまり知られていなくてロボアニメファンでも知らない人がいるくらいだ。
でも西洋ではかなり人気でロボアニメの古典として讃えられることもある。

●投稿主
↑これだね!
これも挙げようと思ってた。
日本ではよくあるアニメの1つとして評価も中くらいで、次第に忘れられていった作品だった。
でも西洋ではカルト的な人気の古典になってる。

●comment
↑それはちょっと違うな。
『エスカフローネ』はテレビ東京で最高視聴率9%を出してるし、平均視聴率では当時の競合だった『ガンダムウイング』なんかよりも上だったんだ。

●comment
日本よりも西洋で人気という作品なら『カウボーイビバップ』、『トライガン』、『REDLINE』が思い浮かぶな。
日本で人気な作品だったら『名探偵コナン』、『ドラえもん』、アイドルアニメ、『ワンピース』かな。

●comment
そんなに多くは知らない。
インドだと『ラーマーヤナ ラーマ王子伝説』(※日印合作のアニメ:wikipedia)は凄く人気だ。
ヒンドゥの伝承をベースにしていて祝日に放送されるのを大人も子供もたくさん見てた。
自分も10回は見たかな。
日本だと見たことがある人は稀だ。

●comment
↑自分が初めて見たアニメはインドの祖父の家に行った時にテレビで流れてた『忍者ハットリくん』。
数年経つまで他のアニメは全然見てなくて、『忍者ハットリくん』がアニメそのものだと思ってた。

●comment
↑インドで人気のアニメと言えば『クレヨンしんちゃん』、『ドラえもん』、『キテレツ大百科』、『パーマン』、『べるぜバブ』、『ドラゴンボールZ』、『ナルト』、『ブリーチ』だな。

●comment
2012年までは『ジョジョの奇妙な冒険』もそうだったと思う。
わずか数年で自分の周りの人間は誰もが知るようになった。

●comment
『ガンダムウイング』が思い浮かんだな。
日本だと普通の評価で前作の人気には及ばなかった。
アメリカだと『ガンダムウイング』は新世代のファンにとってロボアニメの入門作だ。
今のファンには『ガンダムウイング』の評価は低いけど、それでもアメリカ人にとっては子供自体の午後に見ていたアニメとして凄く懐かしさがある作品だと思う。

●comment
『日常』がそうじゃないかな。
西洋だと大人気だけど日本では不思議とあまり人気がない気がする。

●comment
↑2012年にNHKで再放送されてそのバージョンのディスクが発売されるくらいに人気があったぞ

●comment
90年代に子供だったドイツ人はみんな『がんばれ!キッカーズ』を知ってる。
題材がサッカーだということもあるけど、ドイツでは『キャプテン翼』があまり受けなかったからというのも人気の理由にあるかな。
『がんばれ!キッカーズ』は続編が作られなくて『キャプテン翼』の方は『キャプテン翼 ROAD TO 2002』で注目されだしたから今は事情が違うけどね。





『忍者ハットリくん』はインドで大人気で2012年にはインド向けに再アニメ化も果たしています。
海外での人気によって続編が作られることになった作品もあります。




B088HKSXTY
プリンセスコネクト! Re:Dive 1 [Blu-ray]