01191
"File:Candlesticks.png" by Albert Callisto is licensed under CC BY-SA 4.0

株など金融取引では価格の推移を見るのにローソク足チャートが使われています。
これは元々江戸時代に米取引で使われたと言われていますが今では世界中で使われています。
ローソク足チャートの見方を紹介した動画や画像を見た海外の反応です。



引用元:動画のコメント

スポンサードリンク



●comment
たったの5分で信じられないくらい有益なことを知れた。

●comment
8年前の動画だけど同じ内容を扱った他の動画よりも遥かに優れてるな。

●comment
テクニカル分析とローソク足チャートの読み取りは投資の世界の占星術みたいなものだ。

●comment
↑そんなことはないぞ。
占星術は歴史的なデータやトレンドを元にしていない。
ローソク足チャートを見ればもっと色んなことが分かる。

●comment
大学で受けた経済学の講義よりもこの5分の動画の方が参考になった。

●comment
他のチャート分析から変えようと思ってた所でローソク足チャートのことを知った。
凄くわかりやすくて参考になったよ。

●comment
これを見るまでローソク足チャートのことが全然理解できなかったから助かった。
緑が良くて赤がその逆くらいにしか思ってなかった。

●comment
ローソク足チャートは頭を掻きむしりたくなる位難しかった。
この動画を見て前よりもだいぶすっきりしたよ。
それからようやく用語がわかった。

●comment
自分が理解できたことが信じられない。
ありがとう。

●comment
疑問の答えだ。
ありがとう。

●comment
急に投資のことがわかった。

●comment
これでようやく初心者レベルのことが理解できたよ。

●comment
これは凄い。
こういうのは大好きだ!

●comment
これが最初の一歩という奴だね。

●comment
すっきりしていてポイントを押さえている。
自分のような初心者にもわかりやすい。
ありがとう。

●comment
素晴らしいチュートリアルだった。
ローソク足チャートのことは知ってたけど2016年後半から投資を始めたところなんで自分の技術を磨きたいと思ってたんだ。

●comment
凄い動画だった。
投資の新人なんだけどかなり理解できた気がする。
ありがとう。

●comment
シンプルだけど正確なチュートリアルだった!

●comment
素晴らしい動画だったけどヒゲについての説明があまりなかったのが残念。

●comment
オープンプライス(※始値)とクローズプライス(※終値)ってなに?
始めたばかりなもんで。

●comment
ローソク足チャートを見る時はどの時間軸にするべきなんだろう。

●comment
この戦略はローソク足チャートでのみ有効なんだろうか?
他のチャートでも使える?

●comment
この戦略はかなり明確でわかりやすかった。

●comment
ローソク足チャートは為替でしか使えないんだろうか?
株式にも使える?

●comment
ローソク足チャートは理解するのが難しくて最大の懸念だった。
動画をありがとう。

●comment
ボリューム(※出来高)はどうなんだろう?
価格に影響あるんだろうか?
買おうと思った時はボリュームを調べて平均よりも高いかどうか確認するべき?



引用元:reddit.com

●投稿主
ローソク足チャートのビギナーズガイド



●comment
ローソク足チャートって日本でできたんだ?

●comment
そう!
日本の米取引で考案されたんだ。

●comment
↑その銘柄はなんだ?
月まで届くくらい値上がりしそうなんだが。

●comment
↑300年くらい前に考案されたんだよ。
もっと前かも。
考案した人は既に月まで行ってるだろうな。

●comment
↑凄えな。

●comment
かなり参考になった。
他の人と同じように自分も投資は新人で恥ずかしながらヒゲの見方を知らなかった。

●comment
迷信的な儀式と瞑想でローソク足チャートを操作できるか取り組んでる所だ。
できたら動画を作るよ。

●comment
ローソク足チャートってどうやって読むのか前から気になってた。

●comment
この動画が必要だった。

●comment
このシシカバブの串についてる肉の部分はボリュームだと思ってた。
肉の量がそのままボリュームを表しているのかと。
全然違うんだな。

●comment
今までこういう動画を見てこなかったのが信じられない。

●comment
このろうそくは良い匂いがしそうだ。

●comment
↑味も良いかもな。

●comment
動画のサムネはなんで緑なんだろう?
基本的には赤なんだと思ってた。

●comment
↑四角の上辺と底辺は始値と終値を表してる。
もし色が一色だけだったら始値よりも終値が上がってるかどうかがわからない。
緑は底辺が始値で上辺が終値、赤は底辺が終値で上辺が始値を意味している。
本質的には緑が価格上昇、赤が下落を表してる。

●comment
自分の持ってる銘柄は最近真っ赤だぞ。




引用元:reddit.com

●投稿主
ローソク足チャートのインフォグラフィック

01248
image credit:reddit.com

●comment
チャートの中でもローソク足チャートが好きだ。
作ってくれてありがとう。

●comment
こういうのが必要だった。

●comment
普通のcandlesticksとどういう違いがあるのか教えてくれないか?
読んでみたけど違いが分からなかった。

●comment
Japanese candlesticksをCandlesticksと呼ぶ場合もあるんだ。
元々日本の米取引で使われていたからCandlesticksは全部日本が元になってる。
平均足はより正確なCandlesticks。
(唯一の違いは見やすくするために始値と終値の位置が修正されている点)

●comment
始値と終値はどういう働きがあるんだ?

●comment
これは素晴らしい。

●comment
今まで見方を知らなかったからかなり参考になった!

●comment
素晴らしいデザインだ。
使いこなすのは簡単ではないけど大したもんだ!

●comment
なんでローソク足と呼ばれているんだろう?

●comment
ローソク足ってわかりやすいと思ってたけど違ってたみたいだ。

●comment
”price rejected”、”price kept”ってどういう意味?

●投稿主
↑”price rejected”というのは終値の価格とその時間内での最高値との差だね。
※上ヒゲ、下ヒゲの長さのこと

●comment
shooting star(※上ヒゲが長い形。流れ星)は弱気(※bear)でhammer(※下ヒゲが長い形。トンカチ)は強気(※bull)だぞ。
※日本の場合トンカチと流れ星はどちらも上ヒゲが長い形を呼び、下ヒゲが長い形はカラカサと呼ぶ






江戸時代に日本で作られたチャートが今では世界標準のチャートとなっています。
相場の反転を見極めるのに便利だと世界中のトレードで使われています。





4778317238
図解でわかる 14歳から考える資本主義