01325
TTTNIS, Public domain, via Wikimedia Commons

EV化の波は近年ますます広がってきていて日本の自動車メーカーもこぞってEVを発表しています。
マツダも2025年までに13車種を電動化して投入すると発表しました。
EV向けの独自プラットフォームを導入し、2025年までにEVを3車種、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車をそれぞれ5車種発売する予定となっています。
マツダのEV化方針に対する海外の反応です。


引用元:reddit.com


スポンサードリンク



●投稿主
日本のマツダは2025年までに電動車を13車種発売する。

●comment
電気版MX-5を出してくれ。
用意はできてる。

●comment
↑錆び錆びのロードスターNBとシボレー・ボルトをトレードした。
ロードスターNBは惜しかったけどボルトも気に入ってる。
でも電動版MX-5が出たらボルトと交換するぞ。

●comment
↑自分もボルトが愛車だ。
でも妻はMX-5の赤を見るたびにEVバージョンが出たら次の車はそれにしたいと言ってる。

●comment
ほとんどはハイブリッドだろうな。

●comment
普通のサイズのSUVも含めてほしいぞ。
MAZDA3が愛車だったけど今は家族がいるからスペースが必要なんだ。

●comment
今はマツダ・CX-5に乗ってる。
マツダのマーケティング戦略は素晴らしいし信頼性や安全性も高い。
ただBEV(※二次電池式電気自動車:wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/二次電池式電気自動車)市場への参入は消極的なように感じる。
ハイブリッド版CX-5にはそれほど興味をそそられないかな。

●comment
EUでハイブリッドモデルを出してなかったっけ?
レクサスだったかな?
ラインナップをハイブリッドに変えるだけならぱっとしないけどEV向けのプラットフォームは行けるような気がする。

●comment
↑MAZDA6、MX-5、CX-3、CX-5はICE(※内燃機関)のみだったはず。

●comment
>EUでハイブリッドモデルを出してなかったっけ?
マツダがヨーロッパでハイブリッドモデルを出したことはないよ。
自分が知る限りマツダがハイブリッドモデルを出してるのは日本市場だけなはずだ。
MAZDA6のハイブリッドとMX-30。
(MX-30は欧州市場だとEVモデル)

なのでそれはたぶんマイルドハイブリッドのことだと思う。
これは基本的にはICEで停車時にはエンジンが切れるけどどんな速度であれ電力だけで動くということはない。

●comment
2年前のスタンスから大きく変わったな。

●comment
急げ急げ。
大好きなブランドだし次の車は電気にしようと思ってる。
(PHEVが好みだ)
今乗ってるのはもう12年目なんだよ。

●comment
マツダは3台乗り継いできてるけどアメリカのEV市場に食い込めるかどうか。
進歩があったのは嬉しいけどちょっと遅れているな。

●comment
素晴らしいね。
MAZDA3が愛車だから電動版が出たら疑問の余地なく買うつもりだ。

●comment
時代だな。

●comment
EV版MAZDA3はよ。

●comment
↑他の日本車メーカーの傾向から見るにほとんどがハイブリッドモデルになってその残りがEVになるんじゃないだろうか。

●comment
こうなることはわかってた。
2016年の時点で小飼雅道社長は2019年にEVを出すと言っていたわけだし。
戦略的なタイミングが遅れただけだ。


●comment
2016年のMAZDA6に乗ってるけど是非ともEV版を見てみたいね。
BEVモデルのCX-5なんかホットケーキみたいに売れまくるだろうな。

●comment
↑BEVモデルのCX-5で価格がテスラ・モデルYやフォード・マスタング・マッハEと同等だったら走行距離さえよければ北米で最も売れるEVになるだろうな。

●comment
↑同意する。
マツダのデザイン方針やインテリアが好きだ。

●comment
電動、つまりハイブリッドだろうな。

●comment
>ハイブリッド3車種、プラグインハイブリッド5車種、EV3車種が来年スタートし、ターゲットは日本、EU、北米、中国、アジア。
※引用記事より

電動というのはEV、PHEV、BEVのことだな。

●comment
↑つまり11車種のうち3車種がEVってことか。
ハイブリッド(HEV、PHEV)が受けてたのは5~10年前だから比率は逆にすべきだと思うな。
夢物語なのはわかってるけど。

●comment
みんなマツダが規模の小さな自動車メーカーであることを忘れてる。
マツダは何十年も前にエンジンを完成させていて、それこそがマツダの作れるコンポーネントなんだ。
もしいきなりEVに舵を取ったらただのEV組み立てメーカーになってしまう。
それなら他のメーカーや電子機器大手から部品を調達するだけだ。
あるいはトヨタの技術を使ってEVだと謳うか。
EVになんら思うことはないけど車好きとしてそれでは残念過ぎる。

●comment
屋根の低いEVを頼む!

●comment
>マツダ、2030年までに製造する全ての車に電動化を組み込み、バッテリーとEVの比率を以前に発表した5%から25%に引き上げる
つまり内燃機関のみの車はもう作らないのか。
これはかなり良いと思う。
もちろん2030年より前に始めることもあり得るだろうね。
BEVも大幅に増えてるし。
マツダのPHEV5車種がどうなるのか楽しみだ。

>マツダはEV用のスケーラブルプラットフォームを開発、2025年から2030年までの間に幾つかのモデルを出す予定
これは現行アーキテクチャの次世代版の開発のように見える。
”SKYACTIV EV Scalable Architecture”と呼んでるわけだし。

●comment
↑その途上にあるロータリーEV技術もかなり面白そうだ。
ロータリーエンジンは問題もあるけどレンジエクステンダー(※電気自動車に搭載する発電機:wikipedia)としてならその問題の多くを排除できるし普通のピストンエンジンよりもエネルギー密度が高いしね。
記録的な熱効率性を持った次世代のPHEV専用エンジンとどういう風に競合するかはわからないけど有望なように見える。

●comment
ハイブリッドロータリーエンジンは是非見てみたい。
電気エンジンはトルク不足などロータリーエンジンの問題にかなり役立つと思う。

●comment
↑面白いコンセプトだと思う。

●comment
>つまり内燃機関のみの車はもう作らないのか。
マツダはエンジン車6車種を出す予定だぞ。

●comment
>来年EVを3車種だす
人気のセグメントだったらたくさん車が出るかもしれない!

●comment
↑そうはならないんじゃ。
バッテリーを持ってないから。

●comment
↑バッテリーはトヨタから提供される。
マツダはトヨタとBEV技術を共有してる。

●comment
今マツダに乗っているけど高級ブランドだと思う。
EVモデルを出すなら乗る。

●comment
↑自分もだ。
後2~3年で買い替えが必要になるMAZDA5に乗っていて、MAZDA6に変えようと思ってる。
でもEV版のCX-5かCX-7が出るならそっちにしたいな。






マツダもいよいよEVに本格参戦となりました。
北米で人気があるメーカーだけにどのようなEVになるのか楽しみにしているようです。




B091KF7V7P
MAZDA FANBOOK (マツダファンブック) Vol.018 [雑誌]